わたくし さん プロフィール

  •  
わたくしさん: 世界恐慌 日本財政破綻は本当に起こるのか
ハンドル名わたくし さん
ブログタイトル世界恐慌 日本財政破綻は本当に起こるのか
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/itimanjikan/
サイト紹介文政府債務危機に関する本百冊を読んだ上での結論とは   投資に一万時間かけた男のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/01/23 19:04

わたくし さんのブログ記事

  • 「ファイナル・クラッシュ」は本当の話です
  • みなさん、もしできたら身近な人、ちょっと知り合った人、道を尋ねたついで、コンビニの新商品を聞いた後、思い切って頭がおかしいと思われてもいいと覚悟を決めて聞いてみたらでどうでしょう。こう聞くのです。当座預金に振り込まれた額が増えるほど出口に向かう時、逆ザヤが多くなって大変なことになりますよね。まあ99%の率で、こいつ何言ってんだ、頭おかしいのかと思われます。でもいうまでもなく、頭がおかしいのは、この [続きを読む]
  • ちょっと息抜き、火事だ歳出149兆円だ・公約GDP1500兆円説
  • にほんブログ村真面目一辺倒だけでも肩がこるし面白みに欠けるのでここでちょっとブレイクタイムとして、お笑いをまじえて初心者に現実を気づいてもらいましょう。以前も「悲しいとき」という記事で風刺をまじえて初心者に分かってもらおうとしました。まったく単純ななアプローチが説得力をお持つこともあります。警察の防犯番組に出て万一強盗に入られたときの対処法を語る刑事ーーこんな時は「強盗だー」と大声を張り上げても強 [続きを読む]
  • 三島由紀夫氏の〜わが友ヒットラー〜を考察する
  • にほんブログ村最近、書きたいことがありすぎるので、ひとつづつ整理していかないといけないのですが、あちこち話が飛んでいます。臨時に考えたことがあったので一応記しておきます。三島由紀夫の作品で、わが友ヒットラー、というものがあると最近知りました。ウィキペディアをクグルと、こうあります。以下わが友ヒットラー著者三島由紀夫 発行日1968年12月10日 発行元新潮社 ジャンル戯曲 『わが友ヒットラー』(わがともヒット [続きを読む]
  • 電子書籍の参考文献&今まで読んだ本もメモしておく
  • にほんブログ村このブログは私のブログなので、誤解されたり気に障る表現が多少出てくるかもしれませんが、ある程度自由に書きたいことを書かせていただくことにします。今までやはり電子書籍と言えども本を出版する立場(予定)なので、大っぴらで好き勝手な表現は控えていた部分もありますが、やはり本音を言わないと匿名ブログの意味がないし、また読者の方にも真実が伝えきれないと思います。電子書籍を書くために参考にした本 [続きを読む]
  • 怒れる若者的正当な怒りを爆発させる ウンコダニ三橋信者をさらす
  • にほんブログ村非常に汚い言葉を使って気が引けますが、以下の汚い性格丸出しのダニ、三橋信者がしつこくコメントを寄せてきているので、晒させてもらいます。後に時間があるとき必ず追記 改正して文を正しますが、さすがに激烈な怒りがこみ上げてきたので晒します。なぜここまで怒っているかというと ここ数回の記事でマイウェイやその他 踏み込んではいけない 人間の領域〜〜 まあ今は説明が長くなるので以下さっさとヒット [続きを読む]
  • 福島の原発と日銀の異次元緩和と私の臭気問題、根本は、どれも一緒
  • にほんブログ村共通点は、気づかないように、漏れ出しているという事でしょうか。この3つすべては現場にいる人間、または、いることができなくても少なくともイメージ、想像できる人間以外分からないということです。本来の目的とは違う意図でやっているかもしれないということを深く洞察する人間しか気づけないということです。福島に住んで人生を変えられた方や子供に病気が発生しても認めない政府に怒りを覚え、異次元緩和をや [続きを読む]
  • 経済大崩壊後すべての法律、習慣、常識が影響を受け激変する
  • にほんブログ村先ほどテレビでゴミが、お宝に変わるというリサイクルの番組の中で職業自称トレーダーという60歳過ぎの女性がいました。この方の自宅も映し出されて注目していたのは、案の定、本の山どころか本棚も本すらも見当たらない。もちろん、ほかの部屋にはあるかもしれないが、おそらく、これ系の人間を本、雑誌ネット、巷でも見ているので根幹の金融や経済学などを深く知っている可能性は低いだろう。(極めて低い)まあこ [続きを読む]
  • 真実を言っている少数派だからこそ、できる戦略
  • 先日、いわゆるリフレ派と呼ばれるある有名人の講演に足を運んだ。目的は一つ、日本財政は今現時点で完全無欠に全く言い逃れできないほどに詰んでいてトランプの政策の効力が切れるころは、まぎれもなく世界恐慌を意味している。そのことを何度政府機関〜特に財務省、日銀〜にどれだけ説明責任をしようが何度電話しようが金太郎飴と同じ対応で終わる。その確率は99.9999999999999999999%位。どんなに説明の [続きを読む]
  • ボケたのはソロスでなく大衆投資家
  • ご存知の通りソロスがトランプ相場で1000億円以上損失をこうむり、さすがにボケが始まっているなどの記事をよく見かけます。巷では、1000億円の損失といっても総資産の5%程度で、ソロスにとっては大した額ではないとか言われていますがその通りでしょう。様々ないきさつはともかく、ソロスはブッシュの選挙戦でも自己資金を使って働きかけブッシュ当選を(違反でなく)阻止しようと躍起になっていました。それは、ソロスの本に書 [続きを読む]
  • 名曲マイウェイから読み取る日本破綻との関係②
  • にほんブログ村本当は、このマイウェイのことも重いネタだし、本当の本質を含有しているものだけどよほどの情勢の変化なりがなければ書かないと決めていたのです。では、なぜ書いたかいうと、散々言っている内々のこと以外にも、大きなことが二つがあったからです。一つはソロスが逮捕されるとかの件。もう一つが有名ブログが○○サイト指定になって削除されてしまったこと。この後者の件は、たぶん削除後1か月たったとしてもせい [続きを読む]
  • 名曲マイウェイから読み取る日本破綻との関係①
  • にほんブログ村いままでは、あまり好きではなかった曲です。歌詞が深いので日本語訳は、いろいろあるようです。ユーチューブ動画でのポールアンカ版でもフランクシナトラ版でも、私や母の人生を思い返すと思わず歌詞に目が止まってしまう強烈な印象を感じたのです。作詞はポールアンカの様ですが、これは何か実体験があって人の受け売りでは書けない歌詞なんじゃないかと思えたのです。大事なポイントは、この歌は「私の道だとか人 [続きを読む]
  • なぜ経済分野だけが、これほどまでに遅れているのか
  • にほんブログ村その理由の多くを占めているのが自然科学ではなく、実験のできない社会科学の分野にあることです。それと官僚や政治家が実際に経済政策を運営するので、これらの人間たちの不完全な理解や意図的な私利私欲と関係してしまうからです。そこで前々から強く思っていた格闘技の分野の変遷 発展から今現在の形を振り返ることで、如何にいまだに経済分野の、分野では惨状的バカさ加減が幅を利かせてるのかを考えてみます。 [続きを読む]
  • なぜ資産防衛をする以外ないのか
  • 経済や経済学派の起源からいままでのこと、プロセスや仕組みを識者レベルで理解するには、どれだけ効率的に勉強しても最低1000時間以上はかかるでしょう。英語や他分野の学問では、かなり知識が系統立てられているし、あるレベルに行くまでのカリキュラムは、それなりにできていると感じます。でも経済学は、それぞれの学派が存在していることでわかるように社会科学なので自然科学と違って厳然と系統立てられているわけではないで [続きを読む]
  • ゴキブリが本性を現し動き始めた
  • にほんブログ村たびたびブログで介護問題とその後のことを書いてきました。桜田さんから頂いた、非常に貴重なコメント欄の考えと、それに対する自分の考えは、今のところ一つだけ掲載しました。残りの3つに、まだ返答していないのは2つ理由があって、すべて自分の考えを書いてしまうと本を書くこをとを明かしてしまう事(ちょっとせこいですが)もう一つの理由は、いままで伏せていたことでもある介護後のごたごたで自分を苦しめ [続きを読む]
  • 道脇裕氏の考えから、この世のすべての構造が見える①
  • にほんブログ村前回記事でビりギャルに詰まっている貴重な考えに対して追記するという予定でしたが、話が前後してわかりにくくてすみませんが、前回記事でも書いた初めて緩まないネジの開発に成功した道脇氏の驚愕の思考について、いろいろ書きたいと思います。この方の考えや、今まで自分が思っていたことを様々に統合して考えていくと、地球、宇宙、経済、人体、果ては発明や、企業家、最終的にはインフレデフレ論争の答え、すべ [続きを読む]
  • 映画「ビリギャル」に詰まっている貴重なこと
  • にほんブログ村先日テレビで映画「ビリギャル」を放送しているのを見た。2~3年前の映画で、本も出版されていたのは知っていて、ほんのちょっとパラパラ読みした程度だったけどあらすじは知っていた。学年びりの学力で猛勉強の末、たった1年(だったと思う)の勉強で偏差値を40上げて難関の慶応大学に合格したという話。初めの30分は見なかったが、たぶんまだ不良で、ふらふらした生活を送り、おやじさんからは冷やかし程度で塾に行 [続きを読む]
  • 今の馬鹿馬鹿しい相場を乗り切る方法
  • にほんブログ村日本時間15日(木)未明にFOMCで米利上げがあるかどうかの発表がある。もう市場は、利上げがあることをを織り込んでいるようで、すでに次の焦点である来年の利上げペースがとうなるか。2回なのか3回なのか、イエレン議長がどんな示唆をするのかということに注目が集まっているようだ。トランプ勝利後のダウは、調整知らずの連騰で19800ドル台にのせた。その最大の要因は結局、大衆投資家、もしくはキャリア [続きを読む]
  • 無が全ての有を含んでいる
  • にほんブログ村こんなに長く更新していない理由は、このブログを見ている一部の思慮深い人くらいしか気づいていないと思う。注意深く観察し取り囲む物事の中からどこに本質があるのかと真実を見抜こうという性質を持った人でないと今の虚実入り組んだ経済やマーケットを見通せないでしょう。もちろん自分だってこんな今現在の市場がどうなるかなんて短期でも中期でさえ予測は難しいです。しかし、長期ではほぼ確実に、わかります。 [続きを読む]
  • 変な5種競技があったらチャンピオンになれる人は多いのかも
  • にほんブログ村どんな人だって自分なりの得意なジャンルがいくつかあって、一つ一つはとても誇れるレベルではないけど勝手に5種競技を作ればチャンピオンになれるという人は多くいるのではないか。自分の場合・英語(今は中断していますが、時間が取れれば、たぶん英検1級は取れると思う。誰でもそうですが) ・自転車(昔これにかけていたので国体級の記録を出した) ・腕立てと懸垂 ・経済学(特にオーストリア学派の知識)・ [続きを読む]
  • 日本最大のだまし登場
  • にほんブログ村はい、また日本最大のだまし高橋洋一氏の登場です。M橋氏と2代巨頭です。もうここまでひどいと、反ってきれいな言葉で解説するほうが国民に失礼でしょう。なので、すげえなコの詐欺師!よい124に対し、悪い3という評価は この国民の頭が、おかしいから国が、おかしくなったのか、国がおかしいから頭が、おしくなっのかを表している。では、借りた人間の借用証書が資産といっているがその人間が自己破産して返 [続きを読む]
  • 日銀総括的検証のバカバカしさ
  • にほんブログ村昨日の日銀の総括的検証は、ただ延命しているだけで、どっちにも動けないというだけなのを細かいことを言ってごまかしているだけという内容だった。確かに細かい金融の作用は、いろいろあるだろうけど大局を見れば、もうできることは何もなくて動けないというだけ。なんかいろいろ解説、議論しているのを見ていると昔の金曜日、猪木が延髄ゲリで試合を終わらせないといけない。スポンサーのため、生放送のため8時47 [続きを読む]