wakana さん プロフィール

  •  
wakanaさん: 百姓の田舎暮らし
ハンドル名wakana さん
ブログタイトル百姓の田舎暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wakana522000
サイト紹介文信州佐久で28年、米、小麦、蕎麦、そしてもろもろの野菜を作りながら田舎暮らしを謳歌しています。
自由文長い信州の冬は、大好きな薪ストーブ(Regency)とともに暖かく過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供383回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2013/01/24 12:18

wakana さんのブログ記事

  • 唐箕は、百姓の必需品
  • 朝から晴れたんで、新麦の地干し。いい感じで乾いて、それに伴い、麦らしい飴色に変わっていきます。で、ある程度乾いたところで、唐箕で風選してゴミ取り。その後また地干しして、最後に再度風選して出来上がりとなります。昔は木製の大きな唐箕でしたが、さすがに運ぶのが大変なんで、10年ほど前にこのスチール製のに替えました。麦でもソバでも豆でも、とにかくこれを使えばきれいになっていいです。百姓の暮らしに唐箕は欠か [続きを読む]
  • 雨の日は
  • 旱魃気味の陽気が一転、昨夜来雨がたっぷり降って、いいお湿りになりました。畑の作物が生き返ったね。ということで、野良仕事はできず、公務をこなし、家でパンを焼き、3時過ぎ、ようやく雨が上がって、ならば畑の仕事。トマトの雨除けハウスを設置したり、野菜に追肥したり…。で、昨日脱穀した小麦は、写真のように機械庫で雨除け中。明日はまた好天との予報が出てるんで、一日地干しして、しっかり乾かしますね。晴れが続くよ [続きを読む]
  • 無理やりですが
  • 明日はほぼ間違いなく雨のようなんで、ちょっと早いんですが一部脱穀しました。稲架に2段にして掛けているんで、上側はかなり乾いてます。ので、上側だけでも脱穀。機械もいい具合に動いてくれて問題なく作業できました。あとはいつものように、古い叺(かます)を敷き、これに分けて天日干しです。乾くと、一枚で3舛曚匹砲覆蠅泙垢ら、これだけで40繕瓩あります。まあまあ取れてますね(微笑)。小分けにしてあるんで、移動も楽で [続きを読む]
  • かかるかな
  • 麦刈り後明日で5日目。好天が続きどんどん乾いてますね(写真左)。予報によれば21日から雨続きの陽気になるらしい。となるとですね、天日乾燥していても意味がないので、ここは思い切って早めに脱穀、天気を見て地干し、というのが麦栽培でのスタイル。で、さて、古物ものの脱穀機のご機嫌はというと、一年ぶりの始動ですが、おー、すんなりエンジンがかかりましたね。これなら問題ないでしょう。明日午後から脱穀するかな。 [続きを読む]
  • 麦刈りの日(続)
  • 曇り空の一日。旱魃気味ですが、来週半ばには梅雨らしく雨予報が出てます。その前に麦刈り終わらせましょう。ということで、残り半分、連作障害が出て、出芽不良、生育不良のゆめかおりの刈り取り作業。イマイチ気合が入りませんが、こういうこともあるということで、しっかり作業。左側は今日の分。ちょっと情けない麦で、右と比べるとその差は歴然ですね。毎年同じ場所で造り続けてると、こんな現象も起こります。まあそれでも終 [続きを読む]
  • さて解凍するかな
  • 旱魃気味だが、畑の作物が賑やかになっている。キャベツ、アスパラ、ブロッコリー、エンドウ、これに新タマネギ。そしていよいよキュウリが出てきた。となると、昨年11月に冷凍した糠床を冷凍庫から出してきて解凍開始だ。4月下旬までタクアン漬を食べていて、その後はしばし休憩で、そして待望の糠漬け登場だ。これで食が進むこと間違いなしだね(喜)。 [続きを読む]
  • 昼は安曇野でも、夜は公務2連発
  • 朝早くからチャーターバスで、Kボタの展示会へ。北アルプスが間近に迫る穂高地区での開催。山々にはまだ雪がしっかり残ってました。それにしても、この地域の田んぼの土質は砂地。風に舞う砂埃がひどかったですね。大麦があちこちで栽培され、試乗機で刈り取り実演が行なわれてました。一番受けてたのが、ドローンのデモ飛行かな(微笑)。あまりに暑くて、頭がぼーっとするほど。帰路はいつものように大王わさび園に寄って休憩タイ [続きを読む]
  • 麦刈り
  • 例年より進んでいるのか、パン小麦が刈り取り色になってるんで、ではやりますか、ということで昼前から作業開始。いつものように30年ものの一条刈りバインダー始動です。最後はなぜか2条刈りのバインダーも使ってA小麦終了。残り半分は連作障害気味のゆめかおり。これはもう少ししてからですね。落穂もしっかり拾って、雀除けの網も掛けて夕方終了です。出来はいいですね。麦干しってのは、今やホント見かけなくなりましたから [続きを読む]
  • これが最後の一瓶
  • 昨年8月、2箱分の採蜜をして採った貴重な蜂蜜約10(写真右)も、10か月経ってついに最後の一瓶となりました。コーヒーに入れたり、パンに塗ったりと、我が家の食卓には欠かせない食材であります。今年は7群もいますから、さぞ大量の蜂蜜が採れることを期待して、昨年産の一瓶を味わいたいと思います(微笑)。白っぽく結晶化しているのは、純粋蜂蜜の証でしょうね。新麦パンが焼ける7月初めには新しい蜂蜜搾れるかな。 [続きを読む]
  • 理由を見つけて、焚きます
  • 涼しい一日でした。最高温度が20℃、最低は9℃。風も冷たく、梅雨寒という感じでした。夕方を過ぎてさらに寒くなって、室温は19℃。おー、これは温度的には問題なしですね(笑)。それにもう一つ理由があるんで、堂々と焚きますね(爆)。蕎麦つゆを作るんです。これなら理由として最高でしょう。田植えが終わってもうしばらく経つんで、一打ちしたいところ。なのでまずつゆの準備です。もちろん蕎麦茶も沸かしますよ。ということ [続きを読む]
  • 麦秋の候となりました
  • そうこうしているうちに、我がパン麦はすっかり黄色くなって、今まさに麦秋の候であります。例年よりはやや早いかな。まあそれでも小麦は早刈りが一般的なんで、今週末には刈り取りしてもよさそうです。何だか朝夕は涼しくて、難しい陽気となってますが、一応すでに梅雨入りしているので、日和見しながら、一気に作業ですね。 [続きを読む]
  • 予期せぬ作業でしたが
  • 実は先週、この地域を突風が荒れ狂いまして、我が薪山は一部倒壊しました。一応風対策として、かなりの重量の石や材木を載せてはいるんですが、何せすごい風でして、立っているのも危険なほどでした。佐久のどこかでは雹も降ったようで、短時間とはいえ、それなりの被害は出たようです。で、我が家の薪山もですが、しかたがないので、片付けついでに、いろいろ整理・整頓もして、すっきりくっきりとなりました。今日などは、昼の暑 [続きを読む]
  • 今日は蜂の日
  • 5月12日から始まった今年の分蜂期も終了し、ようやく全体として落ち着いてきたようなので(微笑)、今日は昼前、時間をかけて巣内の掃除やら撮影やら、そして手直しやらと、蜂の日(笑)にふさわしい作業をしました。我がノラファームには、宝の山とも言うべき屋根裏巣がありますから、ここから確実に巣別れしてきます。はっきりとはしませんが、今年は3回は分蜂したようです。で捕獲は2群。まあまあですね(喜)。その他、越冬群が [続きを読む]
  • 本当にこれが最後の補植です
  • 田植えからすでに2週間たって、田んぼも、力強い青田に変わってきてます。我が家の草刈りもぼちぼちやって、畦際がきれいになると、また植えたくなります(笑)。苗がないと思ったら、ありました。一箱田んぼの隅に残ってました。で、植えました。2週間の違いは今は大きいですが、いずれ追いつきます。60〜70株(180本〜210本)植えました。ちょうど一坪分かな。これで玄米にして約2.2繊白米なら2舛任垢ら、ご飯だと3 [続きを読む]
  • 枯れ木に花が
  • 甲信地方は昨日梅雨入りとなって、今日はどんよりした曇り空。風は涼しくて、草刈り作業には好都合。第一回目の援農草刈り最終日で、26枚8haを、3日間3.5人で作業。これで一段落ですね。朝食前に田んぼの見回りが日課ですが、田植え20日目の田んぼの様子。気持ちのいい風景ですね。田植えに続く援農草刈り、そしてその間、蜂の分蜂群捕獲と、毎日慌ただしく過ぎてましたが、明日からようやくちょっとは余裕がもてるかな。 [続きを読む]
  • 100m走、5本分だ
  • 午前中は援農草刈り、午後は公務。でこの長い畦ですが、100m超ありますか。自走式草刈り機で行ったり来たりの5回分。けっこうしんどいですね。午前中3枚(8反)分だけの作業でしたが、疲れましたね。畦の途中、伸びた草の中にこんなものが。マガモの巣です。草刈り機の音に驚いて親鳥が飛び立ちました。卵は7個。きれいになったんで、無防備になって、これはまずいかな。 [続きを読む]
  • 田植えは疲れるけど、草刈りもね
  • 援農草刈り一日目。今年は草が繁茂していて、例年になく重労働。午前3.5時間、午後3.5時間で、印のある田んぼのうち、6枚、合計1.5ヘクタール分の畦草刈り終了。明日、明後日と、作業継続。この一回目の援農草刈りが終わって、ようやく一段落だな。疲れた。 [続きを読む]
  • 我が家の廃墟に
  • 世の中廃墟ブームとかで、あちこちでいろいろ紹介されてますが、実は我が家にも廃墟が。新規就農した1986年から20年くらいの間、鶏を飼ってまして、最盛期には20羽もいたでしょうかね。まあそれなりに楽しんでいたわけですが、なにせ、冬は寒さのため産卵率が激減して、何のために飼ってるのか分からなくなりまして(爆)、それでもぐっとこらえ、我慢して飼い続けましたが、10年ほど前ついに止め、鶏小屋だけが残りました [続きを読む]
  • 焚いたついでに
  • 昨夜も今朝も冷え込んで、当然のごとくストーブを焚いたわけですが(微笑)、ただ暖をとり、湯を沸かすだけではもったいないので、甘酒を作ることに。昨年大量に製造し、冷凍保存した麹に適量の水を加え、ストーブの上に。60℃を超えないように、下に網など敷いて温度調節。8時間もすれば天然の甘味、上質の甘酒が出来上がります。夏場は冷やして飲むのが最高。栄養豊富で言うことなしです。ということで、我がノラファームおすす [続きを読む]
  • 畦際がきれいになると
  • 田んぼの草刈り作業継続中です。今日は、風さやかを植えた田んぼ。1反までいかない小さな田んぼで、しかもいびつな形。植えづらい田んぼで、補植作業にも手間取りました。ここの畦は、どういうわけか、草も激しく繁茂していて、作業が大変でした。で、畦際まできれいに刈ると、けっこう空きが目立ちますね。形が形だけに、大きな機械ではうまく植えられません。とくに畦際はです。このままでも、まあいいか、とも思うのですが、そ [続きを読む]
  • すっかり朝型人間に
  • このひと月の農繁期を過ごしたせいで、冬から春にかけ夜型人間だったのが、見事に変貌し、すっかり朝型になりました。5時前に起床し、朝食前に一仕事。今はせっせと畦草刈りです。朝飯を食べ、コーヒータイムの後も草刈り。昼過ぎに終え、昼食、休憩後は畑の仕事で、早々に終了。ようやく農家らしくなりましたね(微笑)。夜は9時を過ぎると眠くなって、映画鑑賞などとてもできません。やっぱり、草刈り作業は早朝に限りますね。ハ [続きを読む]
  • 公務二連発
  • 午前中は野良仕事。午後からは二つの会合に出席。カメラを忘れたんで、その写真はなし(笑)。これとは関係ないけど、今日の二枚ということで、新しく入った蜂の巣の写真です。クレマチスが満開で、なかなか派手でいいかな(写真上)。新しく巣箱を4つ置きましたが、その周辺の美化にも当然努めるようになり、庭はきれいになります(写真下)。合計6つの巣箱の見回りに忙しくなって、それなりに大変ですが、まあ楽しいかな(微笑)。今の [続きを読む]
  • 暑い時には
  • 今日も暑い日でした。真夏の陽気ですね。まだ5月というのにです。いやはやです。この暑さの中、我が蜂たちは小さな箱の中で塊になってるんですから大変ですね。で、そういう時には対策を打ってますね。旋風活動班というのがちゃんといるんです。尻を箱中に向けて、羽を高速旋回させてます。その暑さに応じて数が変わりますが、とにかく蜂扇風機になる部隊がいるわけです。すごいですね、偉いですね。自己犠牲そのものです。こうい [続きを読む]
  • 草刈り開始
  • さてさて、田植えも棚田の補植が終わり、完全終了ですが、すぐに草刈り作業、始めなければなりません。田んぼ12か所と隣接の農道ですから、それはもう大変な面積です(泣)。ということで、早朝から、今年度の草刈り作業スタートです。作業は大変ですが、朝は気持ちがいいです(笑)。 [続きを読む]
  • 田植え疲れが抜けないけど
  • 休日にしたいのはやまやまですが、仕事がいくらでもあって、気を抜けません(苦笑)。それでもやっぱり2週間食べてないパンが食べたくて、朝一で製粉。とりあえず一回分の600槌圓い燭箸海蹐巴翆任掘即セッティング。1時間半の捏ねと一次発酵の間に、米の発送準備。最後の予約米20袋を土蔵から出してきて、荷札など貼って、集荷の電話連絡。これで我が家の2016年産米は完売です。ありがとうございました(喜)。で、しばしの [続きを読む]