wakana さん プロフィール

  •  
wakanaさん: 百姓の田舎暮らし
ハンドル名wakana さん
ブログタイトル百姓の田舎暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wakana522000
サイト紹介文信州佐久で28年、米、小麦、蕎麦、そしてもろもろの野菜を作りながら田舎暮らしを謳歌しています。
自由文長い信州の冬は、大好きな薪ストーブ(Regency)とともに暖かく過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供385回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2013/01/24 12:18

wakana さんのブログ記事

  • お盆は過ぎたけど、2個目の大玉スイカ収穫
  • 残暑というより、秋進む、という感じでしょうか。今日も秋雨模様で、すっきりしない一日でした。陽気だけはどうすることもできないので、仕方が、せんがね…。そんな中、畑の方は何とかかんとか苗を植え、種を播きましたが、どうなるんでしょうね。片付けついでに、残ったデンスケスイカ、2個目ですが、収穫しました。1個目はお盆前の11日で、約9.8。今回もビッグサイズで約9.5舛△蠅泙靴燭諭いやー、すごいです。中身の赤も鮮 [続きを読む]
  • 大きくなったかな
  • ソバ花が咲き始めて、これから我が蜂たちの採蜜行動も盛んになって、蜜も溜まって、それを頂く、ということになるんですね。いやー、大いに楽しみです。悲劇的なこともあった今年の養蜂人生ですが、まあそれはそれとして、残った蜂群たちにがんばってもらいたいものです。で、現在元気な6群中、小さくて、一番気がかりだった孫分封群ですが、徐々にですが、ようやく大きくなり始めたようです。通常の群れに比べると、かなり勢いは [続きを読む]
  • 開花宣言
  • 温度が上がらず、昨日咲くかなと思っていたソバ花ですが、今日午後一番花を見つけました。信州佐久の花見、今日から始まります(微笑)。大雨や大風がないことを祈って、しばらくは癒しの風景を味わいます。 [続きを読む]
  • ソバ花、開花直前
  • 秋の長雨のような陽気になってます。お盆とともに、佐久の夏は終わりでしょうかね。この雨のせいで、畑が湿っていて、秋の野菜の準備ができません(泣)。困りましたね。一方で、ソバ畑のほうはグングン生育して、ボリュームアップ。遠目に見てもいい感じになってます。そしていよいよ花が咲きそうになってます。例年20日ころですから、やや早いかな。雨も適度に降るならいいのですが、大雨になると大変です。ちょっと心配になって [続きを読む]
  • 浅科どんどん祭り
  • 今日は昼過ぎから、お祭りの手伝い。千曲川の河原に小さな池を3つ作って、養殖ニジマスを放ち、それを子供たちに獲らせるイベントの補助員を務めました。かなりの人出で、予想以上に賑わってましたね。一人5尾までという制限付きでしたが、上手な子は、何尾も捕まえてましたね。そういう子は、やはり気構えが違うというか、とにかく魚獲りへの意欲が感じられましたね。見ていて楽しかったです。一つの小池に、3尾だけウナギが放 [続きを読む]
  • 網戸の張り替え
  • お盆休みで帰省した息子に頼んで、網戸の張り替え。何かキッカケがないとできない仕事ですよね(笑)、こういうのって。前から網は買っておいたんですが、なかなかやらなかった作業。ちょうど息子がいるんで頼みました。3枚張り替え、きれいになってよかったね。ハイ。 [続きを読む]
  • 御柱を見に行く
  • お盆休みで帰省中の息子を交え、かみさんと三人で珍しくドライブ。時期が時期だけに、混まないルートを通る場所選びで、行ったのは諏訪大社。自宅から80分ほどのところにある諏訪神社総本社で、上社本宮と下社秋宮と春宮。あの御柱のお姿を見に行きました。お盆の込み合う時期にもかかわらず、ここは割合と静かで、人並みもなく、じっくり参詣するには、とてもいい雰囲気でした。建立されてから2年目の御神木も屹立し、オーラを放 [続きを読む]
  • お盆に間に合ってよかった。スイカ収穫
  • 毎年栽培しているデンスケスイカですが、これがお盆前にうまく収穫できる年とそうでない年があって、なかなか難しんですが、今年はドンピシャで間に合いました。特に大玉のデンスケスイカは超ビッグサイズ。計量すると約10キロ。これまでで最高の重さですね。切ってみると、その鮮やかな赤色が眩しいくらいです(爆)。味はもちろん、甘くておいしいです。いやー、上手くいきましたね。大成功です。小玉スイカも2個とれました。デ [続きを読む]
  • モチ米、網掛け
  • 蒸し暑い一日。夕方過ぎからポツポツと小雨が。畑にはいいですね。コシヒカリは穂がすっかり出そろい、風さやかもほぼ揃ってきました。平年より五日ほど進んでいるようですね。で一番早いモチ米ですが、そろそろ穂が垂れてくるころ。そうなると雀の攻撃が一斉に始まります。モチ米を作る農家も激減したせいで、この田んぼなどはそのままでは、いい餌場になります。小さい田なので、前面に網掛けして鳥害を防ぎます。これで安心・安 [続きを読む]
  • 屋根裏群、消滅
  • 人生にいろいろあるように、養蜂人生にもまたいろいろな出来事が起きます。今年の6月、8群(+屋根裏群)という、素晴らしい陣容でスタートした2017年のノラファーム養蜂でありましたが、以来2か月経って、1群が全滅、そしてさらにもう一群も危機的状況、そして今日新たな悲劇が。あの屋根裏群が消滅していたのです(大泣)。何せ場所が場所だけに、そう頻繁にはチェックできず、下方から仰ぎ見て、蜂が飛んでいればOKという [続きを読む]
  • ソバ栽培、年々難しくなってくる
  • 台風の余波で、何とか旱魃傾向は脱して、畑も少しは湿って、全体にボリュームも増してきました。が、後から撒いた部分ですが、出芽してきたとはいえ、これがよくないです。原因は鳥害です。スズメ、ハト、そしてカラスと、けっこうなスペースがやられてます。昔はソバ栽培なんて、素人でも問題なくやれたんですが(微笑)、この数年は、そうはいってられなくなってます。まずは陽気の変化ですね。とくに集中豪雨的なのが頻繁にありま [続きを読む]
  • ほどほどがいいんですが…
  • 昨夜やっと雨が少し降って、おかげでソバ畑もちょっとは生き返ったようです。後から撒いたところもようやく出芽してきました。ただ、台風の接近で、この後、どれほどの雨になるか気になります。何事もほどほどっていうのがいいんですがね…。さてどうなるでしょうかね。 [続きを読む]
  • 夏の蕎麦
  • 完全に旱魃状態で、畑の土はガチガチになってます(泣)。雨雲が我が地域をよけて通っていきます。後から撒いたソバが発芽しません。なので、雨乞い代わりに、条件の最悪なこの時期に、夕食に一打ちしました。常温保存のひねソバ(古ソバ)ですから、それはもう寛容な気持ちで味わいましょう(爆)。焼きナスやら枝豆やら、蕎麦膳の添え物は豊富にありますから、まあいいかな。二日前に挽いた粉ですが、歩留まり5割という贅沢な製粉なん [続きを読む]
  • 作って食べて、食欲旺盛
  • 暑い日になりましたが、微風があって、それなりに快適です。これで朝夕は十分涼しくなりますから、さすが信州佐久ですね。ということで、畑の野菜が盛沢山の季節をですから、ここは大いに作って食べましょう。今日はまずは季節の定番ポテトサラダを作り、サンドイッチでいってみました。入れる具は、タマネギ、トウモロコシ、ピーマン、枝豆、インゲン、そしてキュウリにハム。塩コショウして、マヨネーズであえます。食パンを軽く [続きを読む]
  • 蜜源花畑
  • 夏ってのは、いろいろ花はたくさん咲いているようなんですが、アカシアのように、まとまって咲く蜜源花がないだけに、蜂にとっては、餌が不足するといわれてますが…。そこは蜂に聞いてみないと本当のところは分からないのですが、まあ花がたくさん咲いているほうがいいわけで、近くにある100坪ほどの畑が草薮になるまえに、耕耘してきれいにしてから、古ソバを撒き、さらに耕耘しました。これでうまくいけば、きれいなソバ畑に [続きを読む]
  • キンリョウヘン株分け
  • 分封群れをゲットする最高のアイテムがキンリョウヘン。最近では人工ものの匂い袋も出回っていますが、そこはそれ、やはり本物の花がいいでしょうね。とはいえ、これは花が咲いて初めて価値のあるアイテムですから、何としても花が必要なわけです。ところが、これがかなり難しいんですね。花芽が出てもうまく咲く保証はないわけで、そのまま枯れる場合も多々。なので、11月頃になって、できるだけ花芽を付けた鉢があるほうがいいわ [続きを読む]
  • 小腹がすいたら、これだね
  • 今日は朝夕涼しくて、何だか秋のよう。まあなかなか予想が立てづらい陽気になってます。まだジャガイモ掘りが残ってるんで、少しづつやってますが、これってけっこう重労働ですね。今日の分は、豊作でした。で、とにかく身体を動かす日々なんで、腹が減るんです(笑)。そういう時は、パンを食べますが、今ならやはりこれでしょう。枝豆握りとキュウリの糠漬け、そして自家製のトマトジュース。いやー、とにかく美味いのです。満足で [続きを読む]
  • 風景が出来てくる、ソバ発芽中
  • 27日〜29日に播いたソバが、4日目から芽が出始め、全体として発芽が揃いました。今年は、湿り気が十分あるせいか、芽の出方はいいようです。畑の手前側には用水路があり、そこに沿って、今年は例年以上に百日草の花壇を増やし、(20日過ぎに咲く)白いソバ花とのコラボで、ちょっとした景観ができるはずです。わずか90坪ほどの狭いスペースですが、短い夏のひと時に、花と虫たちが、ここで自然の壮大なドラマを演じるわけで [続きを読む]
  • パン焼きの10年
  • 先ほど食パンが焼きあがりました。昨日挽いた、新麦+小麦ブレンドのパンです。(二次発酵後の)釜伸びからしてすごいんですが、焼き上がりもまたさらに膨らんで、国産パン小麦でもこんなに伸びることに感激です(微笑)。しかも自家製粉の全粒粉ですからね。ホント驚きです。味も格別、言うことなしの手作りパンです。我が家のパン作りも、本格的にやり始めてから10年でしょうか。昔はパン小麦なんてなかったですから、地粉(中力粉) [続きを読む]
  • 風さやか、走り穂
  • コシヒカリはすでに出穂が盛んですが、晩稲の風さやかはもう少し後、かなと思って、2回目の追肥をしていたら、圃場の真ん中辺りに穂が出てました。いわゆる最初の出穂、走り穂というのですね。昨年まで風さやかを作っていた田んぼから、今年はこの田に替えて作ってますが、1反(300坪)に少し足りないくらいの圃場ですから、多収米風さやかの本領が発揮されれば、ここでも軽く700祖兇┐砲覆襪呂(微笑)。 [続きを読む]
  • 今年も咲きました
  • やや遅れましたが、今年もコーヒーの花が咲き出しました。昨年はたくさん咲いて、見事試飲4杯という快挙を実現しましたが、さすがにその反動で、今年は花芽も少な目です。まあそれでも1杯くらいは飲みたいですよね(微笑)。純信州佐久産の実生苗も、順調に育ってます。にほんブログ村 ライフスタイルブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • 毎日食べられる幸せ
  • 午後から小雨模様。一応昼前にソバ撒きしましたが、ちょっと過湿になってしまわないかと心配です。この雨続きで草は伸び放題。家の周りも大変なことになってます。で、夕方雨が止んだところで草刈り作業。汗だくです。終わった後は、畑のあちこちに植えてある枝豆を適当に引っこ抜いて食卓に。この時期、ご飯というより、枝豆どっさりの枝豆ご飯が欠かせません。豆の甘さと旨さに感激しながら食べてます。毎日こんな枝豆が食べられ [続きを読む]
  • 出穂始まる
  • 佐久の陽気も最近はずいぶんと変わってきて、7月中の出穂も珍しくなくなったようですね。昨年と同様、田んぼを見回ると、ガンガン穂が出てます。こうなると、出穂日(田の半分くらいで出穂)は、8月4日くらいかな。となると、温度にもよりますが、昨年並みだと、稲刈りは9月23日開始。こりゃ、間違いなく作業は9月中に終わって、新米出荷ですね。まったく、あっという間の2017年米作り、となりますね。(写真はナガコガネ [続きを読む]
  • 梅雨空復活ですが、撒き方始め
  • 予報をチェックすると、明日から完全な梅雨模様。暦の上では、撒き時に入ってますが、雨はまずいですね。一か八かですが、とにかく撒き始めました。昨年の大凶作で、蕎麦打ちのテンションがぐーんと下がったままです(泣)。お天道様頼みですから、こればっかりは仕方がないのですが、蜂は十分用意しましたから(笑)、今年はなんとか取れてほしいですね。 [続きを読む]
  • 援農草刈り(続)
  • 梅雨明け宣言、撤回ってことになりそうな陽気が続いてます。蒸し暑い一日でした。今日も朝からガンガン刈って、夕方5時に終了。さすがに疲れましたが、これで2回目の援農はめでたく終わりました。どの田んぼも、もうすぐ穂が出そうになってますね。この分なら、稲刈りは9月23日くらいからになりそうで、9月中には間違いなく新米食べられますね。ハイ。 [続きを読む]