なお さん プロフィール

  •  
なおさん: ロサンゼルス不動産の世界・修行日記
ハンドル名なお さん
ブログタイトルロサンゼルス不動産の世界・修行日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/tsululu/
サイト紹介文ロサンゼルスでの国際結婚の日常、現地人目線の暮らしや観光に役立つような情報の共有を目指して投稿中
自由文経歴
1年で帰国予定で来たアメリカで大学院へ行き、仕事を始め、結婚。これからもこの国にお世話になりそうです。

外国語大学卒業後 渡米

オハイオ州の大学で日本語教師 (J-1ビザ)

ウエストバージニア州の大学で日本語教師
TESOLの修士号取得 (F-1ビザ)

ロサンゼルスへ引っ越しELD / ESL講師として働き始める (OPT - H-1Bビザ)

米国人の彼と結婚 (グリーンカード取得)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2013/01/26 08:07

なお さんのブログ記事

  • LA近郊で流星雨観測キャンプ
  • お友達のお誕生日と流星雨(MeteorShower)がロサンゼルスで観測できる日がちょうど重なったので、ジョシュアツリー国立公園(Joshua Tree)の隣町、Yucca Valleyへ週末キャンプに出掛けました。 まずは、LAから車で2時間弱のWhitewater Preserveという自然保護区に立ち寄り川遊び。ロサンゼルスの内陸部の夏は砂漠気候で、湖や川に行くか、標高の高い所へ行かないと自然を楽しめないほど暑くなります。 更に走ること30分ちょっと [続きを読む]
  • パームスプリングスの回転ロープウェイと絶景
  • ロサンゼルスから2時間弱のPalm Springs(パームスプリングス)に向かって出発!東(内陸部)に向かって走ると、どんどん乾燥し、暑くなってきます。 着いたのはMt. San Jacinto(サンハシント山)にあるPalm Springs Aerial Tramway(パームスプリングス・エリアル・トラムウェイ) 。標高差1800メートルの距離を360度回転しながら上るロープウェイの麓の駅まで駐車場からは、シャトルバスで移動。 帰りの夜景も美しかったですが、上手 [続きを読む]
  • 14時間の初デートから2年
  • 大学時代、留学生として日本で知り合った主人と、2015年の夏に6年振りに再会したのは、彼がいとこの結婚式のためにロサンゼルスを訪れていた時です。 実はこの頃、1年半に渡ってアメリカで主流のオンラインデーティングを通して多くの男性にお会いしつつも、心惹かれる人に会うことができず、「もう私は恋をすることはないんだ。」と諦めていた頃でした。 そんな話をずっとし続けていた時に母に送った再開時の写真。「とっ [続きを読む]
  • デンバーとボルダー郊外の住宅事情
  • デンバー(Denver)とボルダー(Boulder)は 30mile/48km離れていて、車で40分程。平日のラッシュアワーでも1時間。ロサンゼルスの大渋滞の中の通勤であれば、15miles/24kmでも1時間はかかるので羨ましい限りですね。 そのデンバー&ボルダーの中間にある郊外からは、どちらへも30分弱。どちらの街にも通勤可能で、デンバー市内よりも家の敷地が大きく取れるため、次々に新しいコミュニティ(集合住宅)が誕生しています。その中でも下記 [続きを読む]
  • ヨガに何を求める?スタジオ・先生の選び方
  • 大流行のヨガを日常的に取り入れている人も多いですが、皆さんのヨガを行う目的は何でしょうか。 スタジオやインストラクターによっては、スピリチュアルな音読をクラスで行なったり、日常生活での心の持ちようを説く方もいらっしゃいます。 私のヨガは主にエクササイズ目的のため、パワーヨガのスタジオに通っています。パワーヨガはヴィンヤサ(vinyasa)とアシュタンガ(Ashtanga)スタイルを基にアメリカで作られた運動量の高 [続きを読む]
  • お家でLittle Sheepの火鍋
  • 旅行で外食が続くと、帰って来てから野菜不足を解消するまでは和食が多め。その中でも仕事のある日は、野菜を切るだけで良い鍋料理が楽&主人もお鍋大好きなので、月に2回は登場。 昨日はついに大好きな火鍋をお家で。H-Martで見つけたLittle Sheep(中国系の火鍋のチェーン店)のスープの素を購入。お店にも一度だけ行ったことがあるのですが、出て来る具材に不安を覚えたので、お家で揃えた食材を使って食べた方が安全かな…と [続きを読む]
  • アウトドア好きの夢の街 コロラド州ボルダー
  • 木の多いデンバー市内を少し離れると、こんな乾燥した牧草地が広がります。写真の奥にそびえ立つのは、もちろんロッキー山脈。 デンバー市内から走ること40分。ボルダーへやって来ました。人口10万人ちょっとの、山の麓にある自然に囲まれた美しい小さな街です。冬はスキー、夏はラフィティング、カヤック、ロッククライミングを楽しめるアウトドア好きには最高のロケーションであり、保守派州ばかりのアメリカの内陸部では貴 [続きを読む]
  • アパート&コンドミニアムのトレンド コロラド州デンバー
  • アメリカと日本ではアパートとマンションの意味が違うことを、日本にお住いの方はご存知ではないかもしれないので、最初に。Apart (Apartment):日本のアパートとマンションMansion:家に噴水、プール、テニスコートがあるような大豪邸Condo (Condominium):分譲マンションうっかりマンションに住んでいると英語で言ってしまったら、億万長者と思われてしまいますね。 デンバーでは、近年の人口増加に合わせて郊外には一軒家が [続きを読む]
  • LAより住み良い街を探そう!
  • 現在ロサンゼルスに住んでいますが、日本人が安心して外を歩けるような地域での家は安くても驚きの8000万円。 その地域でローンを組んで平均的な生活をするには世帯収入は2000万円ほど必要という数字が出ています。 ロサンゼルスの平均住宅価格と平均世帯収入を考えると、夫婦揃って高収入でないと、安全して暮らしていけないのが現実です。 もちろん何が「安全」かは人によって違いますが、日本で育った私にとっての定義 [続きを読む]
  • Brentwoodでお誕生日ランチ
  • Brentwood(ブレントウッド)に義母のお誕生日ブランチに行ってきました。出掛ける2時間前に知らされたので、ケーキを用意できず、昨日のピザのトッピングを使って無花果ルッコラサラダを持って出発。 ランチの後は、お家のプールで私は日光浴。ロサンゼルスという都会のど真ん中に、こんな小さい公園みたいなお家。最高の贅沢だと今日初めて思い、なぜロサンゼルスの裕福な人達が皆こぞって山の上に住むのか理解できた気がしま [続きを読む]
  • 無花果の季節?ゴルゴンゾーラピザ作り
  • イチジクの入っているサラダやピザには目がありません。イチジクとチーズの絶妙な甘さと塩っぱさの組み合わせがたまりません。 去年の秋頃から、どこかに売っていないかと探し回っていたのですが、全く見かけないので諦めかけていたら、6月後半ごろからお店に並び始めました。夏秋が旬のため、ちょうど店頭から消えた頃から探していたようです。 南カリフォルニアでは南国フルーツが年中売られているので、夏の果物はいつでも手 [続きを読む]
  • 日本製包丁へ買い替え&木製まな板の危険
  • 今まで使ってきた包丁が、上手く研いでこなかったからか、切れ味が悪くなってきたので包丁を買い換えることに。 インターネットで調べた結果、ドイツと日本のブランドがアメリカではシェフにも使われる包丁ブランドとして有名なことがわかりました。 日本の包丁だと、「貝印」の「旬」という高級ラインと、以前コモンるみさんのブログで紹介されていた「グローバルナイフ」が有名なようです。アメリカのキッチン雑貨で有名なWill [続きを読む]
  • スモールトーク力は知識と経験で決まる?
  • 主人の中高のお友達がポートランドからLAに遊びに来ていたので、私も参加してきました。何でもカップルで参加するアメリカ文化。日本なら、学生時代のお友達に会うのにわざわざパートナーを連れて行かないのではいでしょうか。 ちょっとしたブランチから、結婚式や同窓会まで。何でも同伴なので、その場で会った人と瞬時に会話の共通項を見つけ、上手にスモールトーク(世間話)が出来る会話力が問われます。これは日本でも同じでし [続きを読む]
  • Netflix 日本語吹替と字幕対応に?!
  • 日本へ帰国中、Netflix(ネットフリックス)を開くと、Netflix Japanのコンテンツが観られ、当然ですがアメリカ版と違って日本の映画やお笑い、ドラマが充実していて、大興奮。 週末の朝必ず観ていた「ママレード・ボーイ」も発見!メイコちゃんとなっちゃん先生が大好きでした。小学1年生だった私達が、一体このストーリーのどこに共感できたのかわかりませんが、学校でも女の子は皆観ていました。懐かしい。 2013年に始ま [続きを読む]
  • 低温調理器具 "Sous-vide"ご存知ですか?
  • 到着を心待ちにしていた低温調理器具(Sous-vide)は、アメリカでは一家に一台のスロークッカーの進化版と言えるでしょう。 ChefSteps社のJoule 横には鍋縁に固定できるクリップがあり、底はマグネットになっているので、お鍋に強力にくっ付き調理中も動きません。 使い方も至って簡単。まず調理したい食材を選びます。 次にレシピを選択。今日はポークチョップにしました。 最後に焼き加減を、写真を見ながら選びます。何品 [続きを読む]
  • 家の売却 プロに頼むメリット(後編)
  • 日本からの投稿が続いていましたが、本日よりロサンゼルスからお届けします。また宜しくお願い致します♪今日は、前回から時間が経ってしまった家の売却をプロに頼むメリット(前編)の続きです。 簾をアメリカのお家でも最近見かけます。 6. 買手のターゲット層を絞る立地や価格、間取りから、どういった人に適した物件かを判断し、購入してもらえそうな人達に絞ってマーケティングができる。 7. 高く売る家の所有者が家を売 [続きを読む]
  • お野菜いっぱいのプレートランチ
  • じゃじゃーん。色んな副菜が乗った彩り鮮やかなワンプレートランチを食べてきました。 4種類のデザートまで付いて驚きの1680円。こんなお得ランチがロサンゼルスにもあれば良いのになぁ〜。日本は、レストランの数が多いので価格競争が激しいからか、お手頃価格なお店が多くて嬉しいです。 一緒に行ったのは、中学時代に一緒に陸上部で3年間走ったお友達。市役所の職員さんと、看護師さんとして働くお母さんになった [続きを読む]
  • 日本の住民税はどうされていますか?
  • アメリカで永住権を取って住んでいらっしゃる方達は、皆さん日本での保険・年金・税金など、どうされていらっしゃいますか。 ちょっとグレーな部分も多く、公に書きにくいトピックなのか、意外にもインターネット上に経験談や情報が少ないのです。 私は2009年に渡米後も、毎年国民年金や住民税を払い、確定申告を行なってきましたが、昨年永住権を取り今後もアメリカに住むことになったので、住民税の手続きに行ってきました [続きを読む]
  • 江原道ファンデーション & 眉ティント
  • 以前、ニッキさんのブログで紹介されていた江原道のリキッドファンデーションを日本で購入! アメリカでも同じ色味でセフォラやNordstromで取り扱いがあり$62。日本では4600円なので、日本で買った方がお得。今回はブラシ付きのセットが最後の1箱だったので更にお得でした! 113番のオークルを購入。この色番が黄色味の強い日本人の肌色に合うのか、他の商品でもたくさんありました。 白浮きせずにすっと肌に馴染み、軽 [続きを読む]
  • 江原道のファンデーション & 眉ティント
  • 以前、ニッキさんのブログで紹介されていた江原道のリキッドファンデーションを日本で購入! アメリカでも同じ色味でセフォラやNordstromで取り扱いがあり$62。日本では4600円なので、日本で買った方がお得。今回はブラシ付きのセットが最後の1つだったのでラッキーでした! 113番のオークルを購入。白浮きせずにすっと肌に馴染み、軽いつけ心地で良さそう!テカリ感もなく、ややマットな仕上 [続きを読む]
  • 旧東海道宿場町と工場見学
  • 父の会社の工場がある三重県へ主人と一緒に招待してもらいました。一生懸命主人に英語で説明して回る父。 トヨタさんは自動車だけでなく、フォークリフトも製造されていたんですね。私は後ろをふらふらついて回りながら記念撮影。 面白かったのが、こちらの塗装マシーン。帯電させた塗装用の粉を、製品に吸い付かせるそうです。 先ほどの粉が着いた製品を高温で20分程度焼くと、粉が瞬時に溶けて焼き固まる仕組み。 品質管理の [続きを読む]
  • 初めての日本の披露宴
  • 今回の帰国の目的、弟の結婚式が無事に終了しました。 テーブルの上に置かれていた緑がポイントとなり、とっても爽やかな会場でした。 薄暗い会場に、母は「暗いわねぇ」「いや、欧米風にしてるんだよ。」と父。笑 あまりにキレイな照明の雛壇だったので、会場が空になってから、従姉妹夫婦と交代で記念撮影。翌日当人達に聞くと、「スポットライトが当たって、主役になれて楽しかった。」とのこと。確かに舞台に立っている感満載 [続きを読む]
  • 梅雨入り後も晴れ続きの大阪で、梅田へお出掛け
  • 大阪は梅雨入りしたと聞いていたのですが、到着してから3日経ちましたが雨にはまだ降られていません。 地下鉄の駅まで歩いて5分かからない実家ですが、夏の暑い時期は駅まで歩くだけでも汗ビッショリ。今は比較的まだ涼しいので快適に過ごせています。 着いた翌日まず向かったのは「まつ毛エクステ」ロサンゼルスではお手入れし続けると、月に安くても$100近くかかります。 日本ほどお店がないので価格競争がないのと、ど [続きを読む]
  • 振袖を着て良いのはいつ迄?
  • 今から弟の結婚式に出席するため、夫婦揃って今年2回目の日本へ。 招待状が届いた時、招待主が両家の父親だけだったことに、少し驚きました。アメリカも最も正式な招待状の場合は、Mr. & Mrs. James William Smithのように父親のフルネームだけが表示されます。(鈴木太郎夫妻、と同じことです。) アメリカでは日本以上に、強く女性権利を主張する世の中の流れですから、"Mrs. 男性のフルネーム"なんて男尊女卑だという声も聞こ [続きを読む]
  • なぜ日本人は有給を取らない?
  • 「日本人は世界的にみて働き者だ、休みが少ない。」とよく日本で聞きますが、祝日の数も、有給休暇の日数も、実はアメリカよりもずっと多いです。 昨年、日本で労働者1人当たりの有給取得日数の平均は8.8日。法律の規定により6年半以上働いている人は、最低でも20日は取れるそうなので、半分以下。消化率は確かに低いですね。 アメリカでは、法律で有給の日数は定められていませんが、10日間程度もらえる労働者が大半。 日本 [続きを読む]