仕手株ネット管理人 さん プロフィール

  •  
仕手株ネット管理人さん: 仕手株ネット
ハンドル名仕手株ネット管理人 さん
ブログタイトル仕手株ネット
ブログURLhttp://shitekabu.net/
サイト紹介文無料で銘柄情報を配信中!勝てる銘柄をタダで!仕手株・急騰銘柄、裏株情報、仕手ならお任せ!
自由文仕手株・急騰銘柄に強い投資顧問会社を検証!急騰銘柄、裏株情報、仕手ならお任せ!http://shitekabu.net/

多数の投資顧問の口コミも募集中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/01/27 15:20

仕手株ネット管理人 さんのブログ記事

  • 日経平均は大反発。資源関連株が広く買われる!
  • 本日の東京株式市場での日経平均は反発し前日比228円31銭(1.39%)高の1万6693円71銭で終えた。石油国際機構(OPEC)の減産合意を受け、28日の原油先物相場が急伸し、投資家の心理に好転した形となった。外国為替市場の円安・ドル高傾向も支援材料となり資源関連株や輸出関連株など広く買われる場面も見られた。日経平均プラス寄与度トップはソフトバンクで日経平均を20.56円押し上げ。次いでファーストリテイリングが16.92円 [続きを読む]
  • 個人主体の相場で中小型株にシフトされるか?
  • 本日の市場は買い先行の展開となりそうです!28日の欧米市場は上昇。注目されていた石油輸出国機構(OPEC)の非公式会合では、原油生産量を制限することで合意した。実質の減産合意となったことが好感され、NYダウは続伸で25日線を回復しました♪また9月末の要因から機関投資家は積極的に動けない事により海外勢の需給要因や先物市場に動向に振られやすくなっています♪また買い一巡後はインデックスに絡んだ主力銘柄から、次第に [続きを読む]
  • 日経平均は大幅反落。原油価格の下落から円高に振れる。
  • 日経平均は反落となり前日比218.53円安の16465.40円となった。欧州発の金融システム不安がくすぶり、国内の長期金利の低下を背景に金融株が売られ、相場全体を押し下げた。また27日に9月末配当の権利取りを狙った買いなどで高値で終えた反動で、終日安い水準で推移した。また日経平均のマイナス寄与度トップは18.46円の押し下げでKDDIがトップ次いでソフトバンクが15.57円となり、日経平均プラス寄与度トップはコナミHDで日 [続きを読む]
  • 日経平均は反落スタート。円高推移や原油価格の下落などが嫌気。
  • 日経平均は反落した。現在の日経平均は前日比の205.31円安の16478.62円で推移している。米国株は反発しているものの、為替の円高推移や原油価格の下落などが嫌気されていることから東京株式市場は売り優勢で取引が開始となった。また個別銘柄では好決算などにより注目を浴び、今後の株価動向に期待される銘柄は東宝 上期経常を44%上方修正。★ディップ 上期経常を30%上方修正・最高益予想を上乗せ、通期も増額、配当も2円増額。 [続きを読む]
  • 日経平均は続落。円高一服感からやや下げ渋る場面も。
  • 日経平均は続落。54.15円安の16490.41円(出来高概算10億5000万株)で前場の取引を終えている。物色の流れとしては円高一服の中輸出関連の一角が買い戻されているが、強気にはなりづらい状況である。米大統領候補による第1回討論会を受けた米国市場の反応を見極めるのと、石油輸出国機構OPEC)とロシアのエネルギー相による非公式会合の結果もあるため、当面は強きな姿勢は見られ無い為、低位株などの個人主体の売買が中心となりそ [続きを読む]
  • 日経平均は続落。円高傾向で輸出株崩れる。
  • 日経平均は続落。141.45円安の16612.57円(出来高概算6億6000万株)で前場の取引を終えた。理由としては前週末の欧米株市場は総じて軟調だったことや、WTI原油先物価格の急落や、日米の金融政策会合の通過後にドル安・円高傾向にあるこが原因の一つとして考えられる。また日経平均は25日線に上値を抑えられる格好から、5日線レベルまで下げてきている。価格帯別出来高では商いが膨れている16600-16700円の水準であり、強弱感が [続きを読む]
  • バイオ関連、人工知能(AI)関連が軒並み堅調!
  • 東京株式市場の前場の日経平均は下げ渋り前営業日比20円安の1万6700円台後半万で下げ幅を縮小する場面が見受けられた。外国為替市場での円高・ドル安の進行が一服しており1ドル=101円近辺で推移している。また個別銘柄ではシンバイオ製薬がノーベル化学賞候補として注目されており大幅な上げ幅を記録している。また厚生労働省による人工知能(AI)を使った新薬開発の後押しの発表によりブレインパッドロゼッタFRON [続きを読む]
  • FOMCは予想通り据え置きが決定。今後の相場の見通し!
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)での大方予想通り政策金利を0.25-0.50%に据え置くことを決定した。会合終了後に公表された声明では、労働市場における需給関係の引き締まりや経済成長の加速が指摘されたが、雇用、家計支出、企業設備投資、インフレに関する見解は前回(7月26-27日)とおおむね同じ内容。しかし本日、米国市場で9月の利上げは見送られたが年内での利上げの可能性は高いと見られており、引き締め環境下では上値を [続きを読む]
  • 日経平均は前日比315円高と急反発!残るは米国FOMCの結果待ち。
  • 東京株式市場での日経平均株価は反発して前日比315円47銭(1.91%)高の1万6807円62銭で終えた。日銀が13時過ぎに長短金利操作付き量的・質的金融緩和を導入すると発表。この事から金融政策の枠組み変更を受けて長期の金利が上昇し金融機関の収益悪化が後退する事の見方から銀行などの金融株に買いが入り全体を押し上げた形となった。個別では菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループなどが商いを伴 [続きを読む]
  • 日経平均は反落。金融政策決定会合を前に様子見!
  • 本日10時の時点の日経平均は前日比37.03円安の16455.12円で推移している。米国株、原油価格が小幅な上昇と小動きだった事から東京市場も小動きでのスタートとなる。また本日の東京株式市場は日銀の金融政策決定会合や米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えている事から様子見ムードとなる展開が予想されます。また三井不動産住友不動産などの大手不動産株が優勢となっている。今日の後場取引期間中に日銀の金融政策決定会 [続きを読む]
  • 今週の東京株式市場注目ポイント!
  • 本日の日経平均株価は日米の金融政策を巡って神経質な値動きとなりそうだ。20〜21日に開催される日米の金融政策決定会合前後には短期筋の思惑で値幅が大きくなる事も想定される。しかし米利上げなどの想定外の事態にならない限りは激しい値動きは短期収束する事が予想されるとの見方もある。また今週、株価の動向に直結されるであろう注目スケジュールは以下のスケジュールとなる。。9月19日(月):中不動産価格、欧経常収支、米N [続きを読む]
  • 日経平均は3日ぶりに反発。アップル関連株連日人気!
  • 日経平均は3日ぶりに反発。米国株高を好感し買いが先行したものの、明日から東京株式市場が3連休に入る事や週明けに日米金融政策イベントが控えている事などから売りと買いどちらも手控えムードとなった。またこれまで軟調な展開を続けいた銀行株が見直し買いが入ったほか、「ポケモンGOプラス」が発売開始から2時間で完売した事が伝わり任天堂が後場から切り返した他、アップル関連のTDKやアルプス電気が買われた。個別では、SH [続きを読む]
  • 日経平均は続落。3連休前の株式相場は明日も続落が予想される。
  • 東京株式市場での日経平均は続落し日比209円23銭(1.26%)安の1万6405円01銭で終了。為替相場が円高・ドル安に振れて、主力の輸出関連株の収益が目減りするとの懸念が広がった事と、来週の日米金融政策の決定イベントを控えた3連休とあって、一段とポジション調整売りが優勢となった事が原因とされる。一方個別銘柄では7日に「スーパーマリオ」の新作をiPhone向けに配信することを発表した事を受け、任天堂 が引き続き高 [続きを読む]
  • アップル関連への物色が強まる!
  • 本日の日経平均は売りで始まり、始値は前日比101円82銭安の1万6512円42銭で寄り付いた。理由としては、前日の米国株と原油先物の下落で投資家心理が悪化した物だと思われる。また朝方の外国為替市場で円相場が1ドル=102円台と円高・ドル安方向へ振れ重荷となっている。これによりファーストリテイリングソフトバンクの売りが先行している。またテーマ株ではアップルの「iPhone7」の好調を背景にアップル関連が引き続き物色される [続きを読む]