edicola さん プロフィール

  •  
edicolaさん: イタリア ローマの新聞屋さん
ハンドル名edicola さん
ブログタイトルイタリア ローマの新聞屋さん
ブログURLhttp://ameblo.jp/edicola/
サイト紹介文イタリア旅行、ローマのお散歩、イタリア料理、学んだイタリア語、芸能など書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供331回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2013/01/28 09:15

edicola さんのブログ記事

  • めばちこ、めいぼ、Oftalmico 目の塗り薬
  • 2日ほど前から目の中に異物感があって、 なんともないだろうとほっといたら、 今日、目覚めたら右目が腫れていた。 めばちこだ。これは方言?目イボ。ものもらい。 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)っていうのねー。 イタリア語では、Orzaiolo Orzoって麦だから、そうだよねー。 なんで麦なんだろうね? 薬局に行って病状説明をしたら、 まぶたを上にあげてみ―って言われて、 自分できゅっとしてみたら、 膿もイボもないから直ぐ治るよ― [続きを読む]
  • ジュゼッペ・ヴェルディの2つの肖像画
  • こないだのボルディーニの展覧会で観た絵について、、、、 繋がりが知りたかったので、調べてみました。 ボルディーニは初め、 ヴェルディの右腕の指揮者のムツィオと、 1882年頃に、パリにある "Mère Morel" で出会い友人でした。 ボルディーニはヴェルディのファンで、 彼に近づきたいために、 ヴェルディの仕事仲間の友達のエマヌエーレ・ムツィオ Emanuele Muzio さんに頼んで、 1884年のクリスマスの日、ジェノヴァのヴ [続きを読む]
  • フランカ・フロリオの肖像画について
  • フランカ・フロリオの肖像画について 調べました。 今回の展覧会のメインの展示だったので。 実物大くらいの大きい絵です。221×119,4 cm フランカ・フロリオさんは、 貴族の家系で、Regina di Sicilia シチリアの女王 と言われる方。 ベル・エポック時代 Belle Époque のイコン的存在の彼女は、 4か国語を上手に話し、優雅で美人、パレルモの社交界の中心人物だったようですね。 その為、多くの男性を魅了したようで、 始め [続きを読む]
  • アントニアッツォ・ロマーノのついて勉強中
  • 今まで、ローマやローマ郊外の散策中に何度もアントニアッツォ・ロマーノの作品に出会ってきた。ウィキペディアなどで調べて勉強しているけれど、 それ以外でも、見かけたんだけど思い出せない。 確か、ジャニコロの丘の上の教会や、 他にもローマ郊外。。。 ガイドブックなどにも載ってない場所なんで、 忘れないように、ページを作ってメモするようにした。 これ↓私のホームページ アントニアッツォまとめ。https://edicola.am [続きを読む]
  • ブラッチャーノのランチはフラスケッテリーアで酔っぱらい
  • ブラッチャーノの続き。 ブラッチャーノの湖周辺でも、一番の観光地ですからね。 外国人観光客も多かったです。 というか、ハイシーズンで10人位しか見てないから多くないか。 お洒落なレストランがいっぱいありましたね。 いくつか行ってみたいお店がありましたけど、 一人だし、 フルコースランチをするには、贅沢過ぎるかなと、 ランチはフラスケッテリーアに決めました。 フラスケッテリーアって、居酒屋みたいな感じで、安く [続きを読む]
  • 週末のブラッチャーノの旅をまとめたのと、夏休み計画。。。
  • 週末にブラッチャーノに行ってきたのを、 少しづつまとめています。 昨日書いた教会や博物館を営業時間調べたり、何が展示されてるか翻訳してたら、 またブラッチャーノに行きたくなった。 周辺にもまだまだ見どころあるし、次は車だな。 観てきたのを調べて勉強してるんですけど、 お城は難しいので、後回しにして、 次回はランチについて書きます。 今までのまとめは、私のホームページ旅まとめの ブラッチャーノのページへ。 ブ [続きを読む]
  • 湖とお城の町、ブラッチャーノに行ってきた。
  • ローマから電車で1時間ほどのブラッチャーノの町へ。 平日なら30分に一本、休日なら、1時間に一本くらいで運行してます。 私が乗ったヴァッレ・アウレリオ駅(地下鉄A線も通ってる)からは2.60ユーロで安い! 帰りはトゥスコラーナ駅で下りました。 電車も空いてて冷房も効いてて楽ちん。 駅を下りて、 線路を歩いて渡ります。 ブラッチャーノは三度目くらいなんですけど、 いつも夜中に来てたし、 アペリティーボしたくらいで、 [続きを読む]
  • ラツィオ州のローマ郊外からの出土品メモ
  • ローマ北部のポッジョ・ミルテートっていう、 ローマ人の敵、サビーニ人が住んでいた辺りで発見された遺跡。 紀元前5世紀のギリシャ美術の影響を受けて作られた、ローマの珍しい紅い大理石でできている、女性が水を入れた壺を頭の上に乗せている像。 綺麗な朱色をしていました。 そんなに大きくはないサイズでした。 プラエネステのフィーブラhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%8 [続きを読む]
  • アングイッラーラ出身の彫刻家、イニャツィオ・ジャコメッティ
  • アングイッラーラ出身の彫刻家、イニャツィオ・ジャコメッティ についてと、 この町の丘の上の教会についてを、 私のホームページ、アングイッッラーラ・サバーツィアのページに追記しました。 良かったらこちらをどうぞ。 噴水も彼の作品。 ローマでも作品が見られます。 テヴェレ川の中洲、ティベリーナ島にある教会の前にあるオベリスクもそうです。 四面のニッチに聖人像が入っている珍しいデザイン★ 素敵でしょ! 他にも [続きを読む]
  • ぬいぐるみ TY と、カノーヴァの落書き
  • マクドナルドでお子ちゃまセットを。 お目当てのライオンくんゲット。 お目々が大きい。 このTY ってメーカー、ラブラドールレトリバーの大きめのぬいぐるみ持ってる。 相方くんが私にくれた初めてのプレゼント。 どこにしまったっけ?。。。汗 http://www.ty.com/ アメリカの会社のなんだね。 個人的にはイタリアのTrudi というメーカーのぬいぐるみの方が好きなんだけどね。 カノーヴァの工房があった場所周辺をうろついてた [続きを読む]
  • アングイラーラのミネラルウォーターと噴水と要塞
  • ティオーネ社の公式HPより アングイッラーラには泉が湧き出るところがあって、ローマでも時々見かける天然の微炭酸のミネラルウォーターがあるんです。 こんなヴィッラの遺跡もあったんですって。こちらから拝借、参考 一般公開は特別なときしかしてないそうです。 今日は、お水についてと、要塞と城門と塔について、調べました。 興味がある方は、 私のホームページにてまとめましたので、こちらをどうぞ。 [続きを読む]
  • アングイッラーラの考古学ゾーンと中世後期の家並み写真集
  • アングイッラーラの目抜き通りを歩き、この町のドゥオーモに着いたら、 ミサ中だったので、周辺散策。 右に進む道があったので下っていくと 広場 Piazza Magnante に着いた。 ローマ北へ行くとに多く残っている中世の家並みが可愛い町です。 ヴィテルボやティボリの記事で書いたね。 この広場、 こうゆう透明パネルがありました。 考古学ゾーンなんでしょうね。 何かわからなかった。 後でインフォでこの町のパンフレットもら [続きを読む]
  • ウェイイの神殿見学と、この場所からの出土した神様達
  • 前から来てみたかったエトルリア人の神殿のある場所へ。 入り口でニャンコがお迎え。暑いねー。 前回訪れた時は,閉園時間で残念だったので、 今回は頑張って早起きしました。 お昼遅く出かけると暑いしね。。。 一般入場料は2ユーロ。 思ったより小さかった。 もらったパンフレットやネットで見た時は、 遺跡に何やら鉄の柵がある写真で、 来てみて、神殿の大きさや形を再現したものだとわかった。 よく見たら、神殿のデコレーシ [続きを読む]