一之瀬彩 さん プロフィール

  •  
一之瀬彩さん: ニッポンの教育談義
ハンドル名一之瀬彩 さん
ブログタイトルニッポンの教育談義
ブログURLhttp://uicc1070.main.jp/com/
サイト紹介文Education&Technologyに関する記事を中心に綴っている福岡市発の教育ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供437回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2013/01/28 10:10

一之瀬彩 さんのブログ記事

  • 【中2理科】雨や雪のでき方
  • 雨や雪のでき方について学びます。雲や霧のでき方についても復習しておきましょう。 復習【中2理科】雲のでき方・フラスコ実験 雨や雪のでき方 雲をつくる水滴や氷の粒は大きくなると上昇する空気の流れ、いわゆる上昇気流では支えら... [続きを読む]
  • 【中学歴史】正徳の治(新井白石の政治)
  • 正徳の治(新井白石の政治)について学びます。幕府の儀式を整えたり、綱吉の政治(【中学歴史】徳川綱吉の政治)から政策を変更し、貨幣の質を戻したり、金銀の流出を防ぐため貿易を制限したりしました。詳しくみていきます。正徳の治(新井白石の政治)徳川綱吉が亡くなった後、6代将軍家宣(いえのぶ)が、その側近として登用したのが、儒学の師でもある新井白石と間部詮房で、彼らが行った政治が正徳の治です。高校入試では、 [続きを読む]
  • 【中学英語】byを使わない受動態
  • byを使わない受動態について学びます。byを使わないときは、大きく2つの時です。1つは、by〜の省略。もう1つは、by〜以外の前置詞を使う受動態です。byの省略行為者を特に言う必要がないとき、一般の人たちを指すときや行為者がはっきりないときに、byを省略します。<行為者を特に言う必要がないとき>English is spoken in many countries. (英語は多くの国で話されています。)<行為者がはっきりないとき>Our house was bui [続きを読む]
  • 【中3理科】減数分裂
  • 減数分裂について学びます。減数分裂は、生殖細胞を作るときに起こる特別な分裂です。減数分裂生殖細胞(植物の精細胞や卵細胞、動物の精子や卵)が作られるときに、染色体が半分になる減数分裂が行われています。染色体の数が半分になって生殖細胞どうしが受精し、染色体が対になるので、子の染色体の数は、親の染色体の数と同じ数になります。生殖細胞<植物>卵細胞(雌の生殖細胞)は、子房の中の胚珠の中にできます。精細胞( [続きを読む]
  • 【中学歴史】徳川綱吉の政治
  • 5代将軍徳川綱吉の政治について学びます。17世紀後半に登場する人物で、徳川綱吉が政権についたときから元禄時代が始まります。徳川綱吉の政治徳川綱吉は、儒学、仏教を奨励しました。儒学綱吉は、儒学の中でも、秩序を重んじる学問である朱子学を奨励しました。武断主義から文治主義への転換となり、各藩にも波及して藩校が各地に建てられ、朱子学は、学問の中心となりました。文治主義・政治は、法で支配していく世の中に変え [続きを読む]
  • 【中学英語】比較の文の書き換えとその他の表現
  • 比較の文の書き換えについて学びます。入試やテストでも頻出されるにも関わらず、正答率が低いところですので、周りと差をつけるのにはもってこいです。比較の文の書き換え比較級=比較級Tom is younger than my father. (トムは、私の父より若いです。)=My father is older than Tom. (私の父は、トムより年上です。)比較級=原級Tom is younger than my father. (トムは、私の父より若いです。)=My father is not as you [続きを読む]
  • 【中3理科】物理分野(力・運動・仕事・エネルギー)のまとめ
  • 中学3年生で習う理科物理分野(力・運動・仕事・エネルギー)のまとめです。入試や実力テストも、頻出度は高く差がつきやすい単元でもあるので、しっかり身につけておきたい単元となります。物理分野(力・運動・仕事・エネルギー)力のつり合いと力の合成というはたらき力のつり合いの条件「2つの力の大きさは等しい」「2つの力は(同)一直線上にある」「2つの向きは反対である」などの学習をしました。そのほか、力の合成や力 [続きを読む]
  • 【中学歴史】建武の新政
  • 建武の新政について学びます。鎌倉幕府が滅びたのち、後醍醐天皇が始めた政治体制です。建武の新政後醍醐天皇が天皇中心の新たな政治を始めますが2年ほどで終焉します。貴族(公家)中心の政治だっため、武士の不満が高まったのが原因です。後醍醐天皇は、それまで政権回復を目指し鎌倉幕府打倒を計画していましたが、2度失敗、隠岐(島根県)に流された経験があります。そのときは、幕府に不満の武士たちに助けてもらったにも関わ [続きを読む]
  • 【中1数学】近似値と誤差(真の値の範囲)
  • 真の値の範囲について学びます。近似値と誤差の理解が必要です。近似値…測定値や四捨五入して得た値のように、真の値に近い値のことです。誤差…近似値と真の値の差のことです。(近似値−真の値)近似値と誤差ある数nの小数第2位を四捨五入して、近似値を求めると、7.9になりました。このとき、nの値の範囲を不等号を使って表せ。また、誤差の絶対値は、どれくらいと言えるか。nの値の範囲今回、nは、7.85以上7.95未満になるので [続きを読む]
  • 【中学英語】betterを使う比較級・bestを使う最上級
  • betterを使う比較級・bestを使う最上級について学びます。大きく3つの基本例文のカタチをおさえておきましょう。betterを使う比較級・bestを使う最上級like A better than BI like summer better than winter.(私は、冬より夏のほうが好きです。)のように、2つを比べて「BよりAの方が好きだ」というときに使います。like A the best of(in)I like summer the best of all the seasons(私は、すべての四季の中で夏が好きです [続きを読む]
  • 【中3理科】エネルギーの保存と利用の効率
  • エネルギーの保存と利用の効率について学びます。さまざまなエネルギーについては、こちら(【中3理科】さまざまなエネルギー)で確認しておきましょう。エネルギーの保存と利用の効率エネルギーが移り変わる前後でエネルギーの総量は保存されることをエネルギーの保存と言います。消費したエネルギーに対して、利用できるエネルギーの割合をエネルギー変換効率といいいます。たとえば、電球形蛍光灯と電球形ダイオード(LED) [続きを読む]
  • 【中学歴史】執権政治の背景と実際
  • 鎌倉時代の執権政治について学びます。源頼朝の死後、有力な御家人をまとめた北条時政が執権の座に就き、以後、北条氏が実権を握っていくわけです。執権政治はじめは政所の長官を執権と呼んでいましたが、しだいに,侍所の長官も兼ねるようになり、幕府政治の中心となっていきました。そんな折、北条氏がつぎづぎと御家人を倒して実験を握っていきます。政所と侍所の長官となった北条氏に対抗できる御家人はいなくなり、代々続く、 [続きを読む]
  • 【中1数学】最頻値
  • 最頻値について学びます。最頻値(モード)は、資料の値の中で、もっとも多く現れる値のことを言います。ポイントは、階級に14以上〜20未満などのように幅があるときは、度数分布表では各階級の真ん中の値(=階級値)で答えます。1... [続きを読む]
  • 【中学歴史】摂関政治
  • 摂関政治について解説です。摂関政治とは、天皇が幼い時には「摂政」、成長すると「関白」として実権を握る政治です。 摂関政治 入試などテストで問われるのは、1000年以降全盛を迎える藤原氏による摂関政治です。1016年、藤原... [続きを読む]
  • 【中1数学】中央値(メジアン)
  • 中央値について学びます。中央値は(メジアン)は、資料の値の大きさの順に並べた時の中央の値です。ポイントは、与えられた値が偶数個のときと奇数個のときの求め方の違いです。 中央値(奇数個のとき) 次のような、あるクラスのグル... [続きを読む]