headbadboy さん プロフィール

  •  
headbadboyさん: Atsushi'sブログ〜アラサーサラリーマンの育児blog〜
ハンドル名headbadboy さん
ブログタイトルAtsushi'sブログ〜アラサーサラリーマンの育児blog〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/headbad1984/
サイト紹介文仕事・育児・家庭の両立目指して精進中のアラサーサラリーマンのブログ。育児や日常などを思いのままに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/01/28 18:51

headbadboy さんのブログ記事

  • 日経ビジネス 2017.02.20号memo 〜リーダーには委ねる力も必要〜
  • 日経ビジネス2017.02.13号から気になる記事をピックアップ。【時事関連の記事】「特集」行きたい大学がない をピックアップ。立教大学総長 吉岡氏の記事が印象に残った。引用開始-----------------------大学を減らすとか文系廃止なんてことを進めていけば、明らかに日本の教育レベルは下がるし、日本の産業の力も落ちていく。欧州がいまだに何だかんだ言いながら、それなりに強いのは古典や伝統を大事にしてきているから。--- [続きを読む]
  • ジャパネットたかた社長高田氏からの学び
  • ジャパネットたかた社長のとあるインタビューから学んだことをまとめる。話の中でいろいろと学べた中から3つをピックアップする。まずは、自分の強みとなる軸を作ることだ。高田社長の強みはトークにあるが、その根底には親のカメラ屋で働きカメラに関する専門性を培ったことがある。カメラを店頭で営業するにあたり、知らない人にもわかってもらって買ってもらうためには、わかり易い言葉で伝える必要があり、その訓練を積み重 [続きを読む]
  • 日経ビジネスを整理してきた効果
  • 振り返れば日経ビジネスを購読し始めてのは2010年か2011年頃で、evernoteにアウトプットし始めたのは2011年2月。2014年2015年には、毎週インプット&アウトプットを習慣するようになった。2015年、2016年の一時期は、資格勉強や転職活動、また、2016年10月からはBBT大学への入学とあり、日経ビジネスのインプットとアウトプットが出来ていなかったけど、かれこれ継続して6年程になる。その結果として、会社においては企画や提案書 [続きを読む]
  • 日経ビジネス(6/27号)memo 〜下げるべき生損保の垣根〜
  • 日経ビジネス6/27号から気になる記事をピックアップ。【時事関連の記事】『敗軍の将、兵を語る』からアルマダ社長 三浦氏 の記事をピックアップ。無添加をうりにしていたアルマダ社の石けんに防腐剤が入っていて、合計26万個を回収せざるを得なくなった事象についての内容だった。防腐剤が入っていた原因は、アルマダ社が指示し、石けんを製造していた製造委託会社員が防腐剤を入れていたことである。2012年に石けんにカ [続きを読む]
  • 日経ビジネス(6/13号)memo 〜ローソンの変化を要チェック〜
  • 日経ビジネス6/13号から気になる記事をピックアップ。【時事関連の記事】『特集 JT かすむ未来図 M&A巧者の苦悩』をピックアップ。世界的に健康志向が進んでいるため、たばこ市場の成長が狭まっていて、日本でもJTが苦しんでいるといった記事であった。まず、業界が縮小・成長余地がなくなることについてだけど、これはどの業界でも起こりうるこだろう。これまでも当たり前のように、多くの業界・会社で市場が小さく、また、 [続きを読む]
  • 【読書メモ】風と共に去りぬ③
  • 2016年に読んだ本5冊目。『風と共に去りぬ③』(マーガレット・ミッチェル氏著)2月は何かと集中力がなく、1冊を読むのに1ヵ月近くもかかってしまった。読書は自分の中でやることの優先度がまだまだ低いこと、集中力がないと持続してできないことがわかった。年始に、今年は毎週1冊ペースで読むと目標を立てていたけど、それも全くダメ。集中力はようやく復活してきた感があるから、3月以降は毎日読書するようにする。 [続きを読む]
  • 日経ビジネス(2/22号)memo 〜住宅は資産ではなく消費材〜
  • 日経ビジネス2/22号から気になる記事をピックアップ。【時事関連の記事】『特集』 家の寿命は20年 〜消えた500兆円のワケ〜 をピックアップ。住宅は資産ではなく消費材。この点について日本の住宅事業が書かれいてた。20年経過すれば建物の価値はゼロになるのが現状であること、国・不動産業界・金融業界にとって新築購入の方が都合が良いから一向に中古住宅売買が活性しないこと、日本の総世帯数5245万戸に対して総住宅数は60 [続きを読む]
  • 日経ビジネス(2/15号)memo 〜往復書簡に意見が掲載された!〜
  • 日経ビジネス2/15号から気になる記事をピックアップ。今回の往復書簡に自分の意見が掲載された。往復書簡に投稿したのは2回目で、前回も掲載されたから、自分の意見が掲載されたのは2回目。やっぱり自分の文書が掲載され、人に読まれていると思うと嬉しい。他のところでも自分の書いたものが使われるようになりたいと感じた。【時事関連の記事】『テクノスコープ』から「洗濯が家事から消える」とピックアップ。洗濯物の洗浄か [続きを読む]
  • リーダーとは人を元気にできる人のこと
  • GLOBIS知見録で、中谷彰宏氏の「リーダーとマネージャーの違い」について勉強した。これまで、リーダーとマネージャーの違いは、何とくなく、リーダーは方向性を示せる人で、マネージャーはリソース(ヒト・モノ・カネ・情報)を管理出来る人と理解していたがが、今回新たなことを多く学べた。●そもそもリーダーとは中谷氏の話から学べたのは、リーダーとは人を元気に出来る人のことだ。つまり、元気にできるから周りがついてい [続きを読む]
  • 強いチームの作り方
  • 先日購入した日経ビジネス「部下を持つ人の教科書 課長塾」の4章「強いチームの作り方」から学んだことをピックアップ。●チームである訳はシナジー効果それは、頭数を超えるシナジー、メンバー数以上のパフォーマンスを求めるからチームがある。この視点はまったく欠けていた。これまでは、業務を遂行する上で、人を育てる上で必要な人員を配置しチームを結成するといった視点しかなかった。●リーダーに必要な Beの設定力チー [続きを読む]
  • 日経ビジネス(2/1号)memo 〜影響力の武器〜
  • 日経ビジネス2/1号から気になる記事をピックアップ。【時事関連の記事】『特集 普通の会社はやっていない 凄い売り方』をピックアップ。売れない時代に消費者の心をつかむためには、したたかな営業が必要である。それを実践するのに役立つのは、ロバート・B・チャルディーニ氏「影響力の武器」があるようだ。影響力には7つあり、コントラスト効果・社会的証明・コミットメントと一貫性・希少性・権威・好意・返報性があり、こ [続きを読む]
  • 会議の心得・テクニック
  • 先日購入した日経ビジネス「部下を持つ人の教科書 課長塾」の3章「会議の達人」から学んだことをピックアップ。効率よく会議をすることについては、ある程度情報収集などはして実行していることもあったが、改めて意識を変えるべき点が整理できた。良い会議となるための前提としては、以下の点がある。・会議を開催する前提として、会議の目的、資料の事前配布、参加者の資料内容理解 会議するにあたり、参加者の認識レベル、も [続きを読む]
  • 日経ビジネス(1/25号)memo 〜人間が考えたことは実現する〜
  • 日経ビジネス1/25号から気になる記事を3つピックアップ。【時事関連の記事】『敗軍の将、兵を語る』からワタミ創業者 渡邉氏の記事をピックアップ。この記事は2008年に起きたワタミ従業員の過労死自殺訴訟に関する渡邉の見解に関する記事だった。気になったのは、2000年にワタミが東証に上場し店舗や人員の拡大に伴い、従来は蜜に連携が取れていたトップと社員のコミュニケーションが希薄になった。その中で企業理念も希薄になっ [続きを読む]
  • 人財・人在・人材・人罪
  • 先日購入した日経ビジネス「部下を持つ人の教科書 課長塾」の2章「リーダーの心得とテクニック」から学んだことをピックアップ。●マインドとスキルを高める当たり前のことだが、リーダーになるためには周りからの信頼が必要であり、それらを得るためには人望が必要である。人望の根源は信頼と尊敬で、信頼と尊敬の根源は高いマインドとスキルである。これらがないと、リーダーとしての方向性をメンバーに伝え、チームが同じ方向 [続きを読む]
  • 組織変革の真実 〜事業変革をするのは課長クラスである〜
  • 先日購入した日経ビジネス「部下を持つ人の教科書 課長塾」から、まずは、1章「組織変革の真実 人を動かして成果を上げる極意」をアウトプット。記事は、岸英光氏と中竹竜二しの対談形式となっていた。中竹氏のフォロワーシップ論については大分前に学び、とても勉強になっていたから、今回の記事も興味深かった。記事を読んで、これから実行していこうと捉えたことをは主に3つ。まずは、「かも」を肯定的に使うこと。「かも」 [続きを読む]
  • 日経ビジネス(1/18号)memo 〜人に見られることでプロ意識は高まる〜
  • 日経ビジネス1/18号から気になる記事をピックアップ。今回はメイン『無気力社員0計画 強い現場の100の知恵』を読んで、なるほど!と思った点と、実行することに決めたことをピックアップ。まず、なるほど!と思ったのは、「見られることで、仕事への誇りやプロ意識が高まる好循環が生まれる」ことだ。新幹線の清掃を行っているJR東日本テクノハートTESSEIは、清掃員の服装を明るい赤色にして目立つようにしたり、お客様から [続きを読む]