へぇこいた さん プロフィール

  •  
へぇこいたさん: 妖怪うぃき的妖怪図鑑
ハンドル名へぇこいた さん
ブログタイトル妖怪うぃき的妖怪図鑑
ブログURLhttp://www.youkaiwiki.com/
サイト紹介文妖怪うぃきより沸き出でた妖怪図鑑。なるべく解り易く簡潔に魑魅魍魎を紹介しますうしし
自由文図鑑ではない妖怪話の妖怪うぃきは⇒http://youkaiwiki.hateblo.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/01/29 08:48

へぇこいた さんのブログ記事

  • 大妖怪展で希望と絶望の真珠庵本
  • 大妖怪展(江戸東京博物館の)行ってきた話にん!はいこんちは。大分更新間隔空いてますが、ともかく妖気が足りんとか言い訳しながらも妖怪好きなのは隠しきれません。夏は妖怪だとか幽霊だとかが一番盛り上がる時期。なんだか妖怪展みたいなのも色んな所でやってるようで、池袋では水木しげるのなんたらをやってるみたいですし、江戸東京博物館でもやってるようですし――と、日々通勤途中にチラ見してたんですが、ちょとその内容 [続きを読む]
  • 泥田坊のせい
  • 田返せ田返せ時間を返せ。光陰矢の如しとはよく言ったもので、とある方からあまりにもこのブログが更新されないもんだからと「入院してますか?」とメールを頂き、ハッと我に返って見れば二か月ほど放置してしまっていた。ちょっと仕事でまた偉くなって多忙になったのもあるけれど、それよりもこういう時は便利な妖怪さんに背負っていただくことにしたいので、とにもかくにも全ては泥田坊のせい、なのである。ブログなんてもんは [続きを読む]
  • 泥田坊のせい
  • 田返せ田返せ時間を返せ。光陰矢の如しとはよく言ったもので、とある方からあまりにもこのブログが更新されないもんだからと「入院してますか?」とメールを頂き、ハッと我に返って見れば二か月ほど放置してしまっていた。ちょっと仕事でまた偉くなって多忙になったのもあるけれど、それよりもこういう時は便利な妖怪さんに背負っていただくことにしたいので、とにもかくにも全ては泥田坊のせい、なのである。ブログなんてもんは [続きを読む]
  • ぬっぺっぽうの裸体をぷにぷに絵解き
  • ぬっぺっぽうの裸体に挑む大分間が空いたが、前回は見越に挑戦してまたも大失敗。今回は裸にする前からすでに裸なぬっぺっぽうに挑戦。まずはR指定されそうなほどに全裸なぬっぺっぽうさんをご覧あれ。ザ・メタボなぬぺっぽうさん。泣く子も全力でジム通いしたくなるような容貌である。すけべさん、そこはアゴだよふはは!――まず、この鳥山石燕によるぬっぺっぽうは、青坊主がそうであったように『百怪図巻』を参考に描いたもの [続きを読む]
  • ぬっぺっぽうの裸体をぷにぷに絵解き
  • ぬっぺっぽうの裸体に挑む大分間が空いたが、前回は見越に挑戦してまたも大失敗。今回は裸にする前からすでに裸なぬっぺっぽうに挑戦。まずはR指定されそうなほどに全裸なぬっぺっぽうさんをご覧あれ。ザ・メタボなぬぺっぽうさん。泣く子も全力でジム通いしたくなるような容貌である。すけべさん、そこはアゴだよふはは!――まず、この鳥山石燕によるぬっぺっぽうは、青坊主がそうであったように『百怪図巻』を参考に描いたもの [続きを読む]
  • 見越を見越して絵解き
  • 見越を頑張って絵解きまたまたコメント欄にてリクエストを頂いたので、期待を裏切らない(でいたい)僕なのでしっかり応えるべく今回は「見越」を絵解きしたいと思う。見越、つまりは見越入道のことで、見上げればどんどん大きくなる系の妖怪であり、黄表紙でも人気キャラクターだったとかなんとか。妖怪検定を一度でも受けたことがある方なら、その類似妖怪の多さに辟易した経験もあるだろう。で、肝心の鳥山石燕の絵では、「見 [続きを読む]
  • 見越を見越して絵解き
  • 見越を頑張って絵解きまたまたコメント欄にてリクエストを頂いたので、期待を裏切らない(でいたい)僕なのでしっかり応えるべく今回は「見越」を絵解きしたいと思う。見越、つまりは見越入道のことで、見上げればどんどん大きくなる系の妖怪であり、黄表紙でも人気キャラクターだったとかなんとか。妖怪検定を一度でも受けたことがある方なら、その類似妖怪の多さに辟易した経験もあるだろう。で、肝心の鳥山石燕の絵では、「見 [続きを読む]
  • 『画図百鬼夜行』青坊主をがんばって絵解き
  • 青坊主絵解きさて今回はコメント欄にもリクエスト(と僕は受け取った)を頂いた青坊主。とりあえず絵を見てみよう。一つ目の坊主が首をかしげるようにこっちを見ていて、後ろには小屋が建っていてヤカンが覗いている。背後にはツブツブが気になる謎の木。当然、さっぱりわからんので、足掛かりにwikiを見てみると、「青臭い坊主っていう洒落じゃねぇか」と書かれている。そこで、無理やりに進まずにそこに焦点を絞っていろいろと [続きを読む]
  • 『画図百鬼夜行』青坊主をがんばって絵解き
  • 青坊主絵解きさて今回はコメント欄にもリクエスト(と僕は受け取った)を頂いた青坊主。とりあえず絵を見てみよう。一つ目の坊主が首をかしげるようにこっちを見ていて、後ろには小屋が建っていてヤカンが覗いている。背後にはツブツブが気になる謎の木。当然、さっぱりわからんので、足掛かりにwikiを見てみると、「青臭い坊主っていう洒落じゃねぇか」と書かれている。そこで、無理やりに進まずにそこに焦点を絞っていろいろと [続きを読む]
  • 妖怪「網剪」絵解き
  • 『画図百鬼夜行』根性絵解き「網剪」編貴様はエビなのかなんなのか?全くもって意味不明で、まともな答えが出せそうにもない予感がプンプンする妖怪「網剪(あみきり)」さんと今回は戦いたいと思います。まずはその正体不明のフライングザリガノイド、網剪をご覧あれ。転がっている団扇と、枕(?)。涼しげな簾がかかっているその真下に、空飛ぶザリガニのようなバケモノの姿。さて過去に僕が書いた記事を見直すと、どうやら [続きを読む]
  • 妖怪「網剪」絵解き
  • 『画図百鬼夜行』根性絵解き「網剪」編貴様はエビなのかなんなのか?全くもって意味不明で、まともな答えが出せそうにもない予感がプンプンする妖怪「網剪(あみきり)」さんと今回は戦いたいと思います。まずはその正体不明のフライングザリガノイド、網剪をご覧あれ。転がっている団扇と、枕(?)。涼しげな簾がかかっているその真下に、空飛ぶザリガニのようなバケモノの姿。さて過去に僕が書いた記事を見直すと、どうやら [続きを読む]
  • 貧乏神はなぜ神なのか
  • 貧乏神(びんぼうがみ)桃鉄ならば、ちょっと近くにいるライバルに特急カードでも使って一気になすりつけに行って、たかがゲームなのに数時間の間はマジに険悪になるすごいヤツ、キングボンビーが当然思い浮かぶ。とにかくよいイメージは全く無いのが貧乏神である。一般的なイメージでは、ぼろぼろの服を着て杖をついているおじいちゃん――だろうか。それが来てしまったら、福は逃げどんどん貧乏になってしまう。だが、なぜかこ [続きを読む]
  • 貧乏神はなぜ神なのか
  • 貧乏神(びんぼうがみ)桃鉄ならば、ちょっと近くにいるライバルに特急カードでも使って一気になすりつけに行って、たかがゲームなのに数時間の間はマジに険悪になるすごいヤツ、キングボンビーが当然思い浮かぶ。とにかくよいイメージは全く無いのが貧乏神である。一般的なイメージでは、ぼろぼろの服を着て杖をついているおじいちゃん――だろうか。それが来てしまったら、福は逃げどんどん貧乏になってしまう。だが、なぜかこ [続きを読む]
  • 妖怪はどのように生まれたのか?
  • 妖怪誕生の瞬間はいこんにちは。今更ながら――って感じのタイトルですが、その点に焦点を絞り込んだ記事は書いてなかったような気がしますので、唐突ですがちょっとまとめたいと思います。妖怪の定義なんていうものは相変わらず「できない」ものというのは知っているかと思うのですが、定義はできないけれども妖怪というものはしっかりと古くから機能してきました。例えば河童が「水辺には近づくなよ!」と子供たちに諭す為に便 [続きを読む]
  • 妖怪はどのように生まれたのか?
  • 妖怪誕生の瞬間はいこんにちは。今更ながら――って感じのタイトルですが、その点に焦点を絞り込んだ記事は書いてなかったような気がしますので、唐突ですがちょっとまとめたいと思います。妖怪の定義なんていうものは相変わらず「できない」ものというのは知っているかと思うのですが、定義はできないけれども妖怪というものはしっかりと古くから機能してきました。例えば河童が「水辺には近づくなよ!」と子供たちに諭す為に便 [続きを読む]
  • 『画図百鬼夜行』自力絵解き〜震々編〜
  • 震々を絵解き前回はおとろしの絵解きに挑戦しまして、おとろしの全くない絵解きになり、この企画やっぱりダメなんじゃねぇか、なんて初回から思ってしまった自らを戒め奮い立たせるためにも、今回は読者さんがくれたコメントの助力もあり、比較的「それっぽい」絵解きができそうな震々(ぶるぶる)にてなんとか汚名返上といきたいと思っております。ではまず震々の絵から。コイツは『今昔画図続百鬼』に描かれている妖怪ですね。 [続きを読む]
  • 『画図百鬼夜行』自力絵解き〜震々編〜
  • 震々を絵解き前回はおとろしの絵解きに挑戦しまして、おとろしの全くない絵解きになり、この企画やっぱりダメなんじゃねぇか、なんて初回から思ってしまった自らを戒め奮い立たせるためにも、今回は読者さんがくれたコメントの助力もあり、比較的「それっぽい」絵解きができそうな震々(ぶるぶる)にてなんとか汚名返上といきたいと思っております。ではまず震々の絵から。コイツは『今昔画図続百鬼』に描かれている妖怪ですね。 [続きを読む]
  • 『画図百鬼夜行』根性絵解き〜おとろし編〜
  • 『画図百鬼夜行』を自力で絵解き絵として描かれるようになった妖怪達の、その原点とも言われているのが鳥山石燕の描いた『画図百鬼夜行』なのは言うまでもありますまい。言ってるけど。で、これまた知る人ぞ知っている、石燕がとても遊び心に溢れた翁であり、描いた絵には様々な洒落が込められておりそれを解くのも『画図百鬼夜行』を読む上での一つの愉しみとなっています。さて、この絵解き、生半可な知識では到底できるもので [続きを読む]
  • 『画図百鬼夜行』根性絵解き〜おとろし編〜
  • 『画図百鬼夜行』を自力で絵解き絵として描かれるようになった妖怪達の、その原点とも言われているのが鳥山石燕の描いた『画図百鬼夜行』なのは言うまでもありますまい。言ってるけど。で、これまた知る人ぞ知っている、石燕がとても遊び心に溢れた翁であり、描いた絵には様々な洒落が込められておりそれを解くのも『画図百鬼夜行』を読む上での一つの愉しみとなっています。さて、この絵解き、生半可な知識では到底できるもので [続きを読む]
  • さる、する
  • あけましておめでとうございます。相変わらずのブレの大きいよくわからん妖怪ブログではございますが、今年もどうぞよろしくお願い致します。さて今年は申年だそうです。サルの妖怪と言えば、心読んじゃうサトリとか、あるいは凶暴極まりないヒヒなんかもサルですね。まぁ干支なんていうのは元を辿ると全く動物は関係ないんですが、妖怪と一緒でキャラ化されてる方がわかり易いのであけましておめでケツカラブッシャァァァァ! [続きを読む]
  • さる、する
  • あけましておめでとうございます。相変わらずのブレの大きいよくわからん妖怪ブログではございますが、今年もどうぞよろしくお願い致します。さて今年は申年だそうです。サルの妖怪と言えば、心読んじゃうサトリとか、あるいは凶暴極まりないヒヒなんかもサルですね。まぁ干支なんていうのは元を辿ると全く動物は関係ないんですが、妖怪と一緒でキャラ化されてる方がわかり易いのであけましておめでケツカラブッシャァァァァ! [続きを読む]
  • 逆に
  • だから商業施設っつぅのは嫌だとあれほどーーというわけで今年はーーじゃないのか。来年は、元旦から出勤である。それも単に僕が任されている店が巨大な商業施設内にあるからで、その施設内の店舗は揃って巻き添えで元旦からへぇこらお客さんに頭下げねばならんのである。僕の店舗はアパレルとかじゃないからまだマシらしく、元アパレル従業員のバイトの話だと、福袋詰め込み作業とかで大晦日の夜も帰れるか怪しいほどーーらしい。 [続きを読む]
  • 逆に
  • だから商業施設っつぅのは嫌だとあれほどーーというわけで今年はーーじゃないのか。来年は、元旦から出勤である。それも単に僕が任されている店が巨大な商業施設内にあるからで、その施設内の店舗は揃って巻き添えで元旦からへぇこらお客さんに頭下げねばならんのである。僕の店舗はアパレルとかじゃないからまだマシらしく、元アパレル従業員のバイトの話だと、福袋詰め込み作業とかで大晦日の夜も帰れるか怪しいほどーーらしい。 [続きを読む]
  • 化け銀杏の精
  • 化け銀杏の精(ばけいちょうのせい)外を歩けば至る所に黄色の葉を茂らせたイチョウの樹が立っている。秋冬の風物詩として見れば美しいと思えなくもないが、夜に寒々とした風に煽られて靡くイチョウの樹というのはなかなかに不気味であったりもする。そんなイチョウの樹も、化けて出ぬわけがない。特にイチョウの樹は寺の樹であるからだとか、神聖な樹であるからだとか、水木先生の妖怪大全によれば根が水分を吸いすぎて家によく [続きを読む]
  • 化け銀杏の精
  • 化け銀杏の精(ばけいちょうのせい)外を歩けば至る所に黄色の葉を茂らせたイチョウの樹が立っている。秋冬の風物詩として見れば美しいと思えなくもないが、夜に寒々とした風に煽られて靡くイチョウの樹というのはなかなかに不気味であったりもする。そんなイチョウの樹も、化けて出ぬわけがない。特にイチョウの樹は寺の樹であるからだとか、神聖な樹であるからだとか、水木先生の妖怪大全によれば根が水分を吸いすぎて家によく [続きを読む]