Masatoshi Oota さん プロフィール

  •  
Masatoshi Ootaさん: それが適度なくらいの満足感。
ハンドル名Masatoshi Oota さん
ブログタイトルそれが適度なくらいの満足感。
ブログURLhttp://haiagareore.blogspot.jp/
サイト紹介文車の維持と写真が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/01/29 17:59

Masatoshi Oota さんのブログ記事

  • ZC33Sスイフトスポーツ登場!! 
  • 3代目となるスズキ『スイフトスポーツ』が9月13日に発表になりました。ボディサイズは輸出用はスイフトと同等にワイドになり3ナンバー化、初めてのターボエンジンとなる1.4リットル直噴「ブースタージェット」を搭載し、「圧倒的な動力性能と、エキサイティングなハンドリングを実現した」フラッグシップ・ホットハッチに仕上がった。ボディサイズの拡大も新型の目玉だ。幅広いニーズに対応するためスイフトが5ナンバーサイズをキ [続きを読む]
  • 速度警告音の件
  • 以前に記事でクレームレベルの欠点の要因の105km/h以降の速度警告音がガンガン鳴りまくる件です。http://haiagareore.blogspot.jp/2017/08/blog-post.htmlその速度警告音の件ですが、原因がわかりました。原因は・・・。意外なものでレーダー探知機でした。今現在、ミラータイプのレーダー探知機に買い替えましたが、それまでは軽トラに付いていた探知機を間借りしていましてそれを仮で取り付けていました。それで、そのレーダー [続きを読む]
  • スイフトの走りはなかなかのもの。
  • ようやく、自分の時間ができたので、スイフトもオドメーターが2000kmに達したので、ここぞと言わんばかりにスイフトにムチを入れに温泉地へ。今回は秋田の乳頭温泉へ。高速〜峠道と走って来ましたが、何やら違和感が・・・。 高速道路を走った時のこと。追従クルコンのMAXが115km/hでレーダー探知機の車速読みで110km/hになるんですよ。この状態で走行車線、追い越し車線共に問題なし。欲を言うとクルコンのMAXが130km/hであれば [続きを読む]
  • スイフトが来てから1ヶ月半所有して改善したい箇所
  • スイフトが納車されてから1ヶ月半、1300km経ちました。でも、やはりここは改善したい点を何点か紹介します。外観ですが、現状ではややチグハグな感じは否めないですね。腰高感はAWDモデルなので仕方がないですが、ホイールや車高の調整で如何用に出来る。でも、配色に関しては要改善かなって思います。例えばドアミラー。スイフトのピラー部分がブラックアウトされたのは今から12年ほど前。ZC/ZD#1Sというモデルから現行型 [続きを読む]
  • 遂に本命のZC33Sスイスポが現る!
  • 遂に・・・やっと出ましたね。本命のスイスポZC33Sが。 スズキは2017年9月12日から開催されるフランクフルトモーターショーで、新型スイフトスポーツを世界初公開すると発表。日本での販売は翌年の1月だろうとみています。エンジンはエスクードの1400ターボの馬力アップ版。気になるのは駆動方式。FFは無論のことなんですが、AWDモデルも登場する可能性もあるそうです。http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/special/teas [続きを読む]
  • 新しい相棒 スズキ スイフト納車!!
  • 契約から丁度1ヶ月、6月23日納車!ようやくお披露目です!(^^)ZD53S スイフト ハイブリッドRS セーフティーパック+全方位モニター仕様です。外観は賛否両論はあるとおもいますが、実際所有してみると・・・やはりスタイルは微妙ですけど若干の手直しをすればそこそこはイケる・・・はずです^^;それでも、グリルの赤ラインとドアミラーは黒くしたいですね。欲を言うとピラー部分が黒く縁取りされてる車なので、それ [続きを読む]
  • 私がスズキのスイフトを選んだ本当の理由
  • 次期愛車のSUZUKIのスイフトの納車まで後数日となりました。どうしてこの車を選んだ理由を教えたいと思います。 1 住居環境の変化による車のダウンサイジング化レガシィでもそんなに大きく感じはしませんでしたが、10年も乗ると様々な環境の変化があり、それに対応せざろうえない状況に陥り止むなく車のダウンサイジング化を決めました。ただ、軽自動車は絶対嫌で、セカンドカーで趣味性の高い車や軽トラや軽バンを徹底的に弄り倒 [続きを読む]
  • SUZUKI SWIFT試乗!次期愛車はこの車になりました!
  • 次期愛車はSUV車と言ってしまいましたが、予算の関係上無理になりそうです^^;諸経費込みで300万オーバーはちょっと無理だった・・・^^;それで、ふと思い出しましたが、レガシィの購入時、乗り換えを考えてる時で必ず出てくる車があるんです。その車は・・・SUZUKI SWIFT!スタイルは無難ですが、走りは軽快でしっかりしてる。実際、アウディA1と比較までしてた程ですからね。TOYOTAのC-HR辺りはニュルブルクリンクで走り込んだと謳 [続きを読む]
  • TOYOTA C-HR試乗! まだ熟成不足は否めない感じ・・・
  • レガシィを手放すことにより次の車をどうするか葛藤していましたが、次の車はSUV車にすることに決めました。理由としては、自宅がド田舎であることと冬に乗るのが多い故にそこそこの車高と走破性が高めの車がマストアイテムであること。実用性と世界的なトレンドに乗るという意味でもSUV車が最適だと判断しました。候補としては、SUBARUのXV、フォレスター。MAZDAのCX-3、SUZUKIのHUSTLER辺りを検討していますが、CX-3は今現在ディ [続きを読む]
  • 本気で乗り換え検討中
  • 我がLEGACYも早22万kmを突破したんですが、最近、エンジンの調子が致命的に悪くなっています。最近ではこのランプが点いてきた・・・。スバルの方曰く原因を特定するのに相当時間がかかるとのこと。最近ではエキマニの遮熱板が腐食してるのかカタカタ鳴ってる始末で、もうだめかな・・・と思い次の車を検討中。輸入車で考えて車屋に寄ってきました。ルノーカングーがお出迎え(^^)家族持ちだったらノアやセレナよりこれでしょうね。 [続きを読む]
  • 軽トラにLEDヘッドライトと作業灯のLED化を敢行!
  • 前々から取り替えたいと思ってた軽トラの燈火類のLED化でしたが、やっと実行に移すことにしました。交換したLEDヘッドライトはPHILIPSの物です。バルブ交換は非常に簡単で電球の交換が出来る方なら10分はかからないでしょう。ただ・・・問題はコントロールボックスの設置。これには非常に悩みました。助手席は余裕でしたが、問題は運転席。スペースがあると思えばワイパーのリンクに当たり、配線も考慮するとブレーキやエアコンの [続きを読む]
  • 次期愛車が意外なところで決定!!w
  • 色々次期愛車について候補を挙げて来ましたが、どうやら次期愛車が決まります。しかも!名変込でタダで!wその車は・・・DBA-GG8。フィットシャトル15X AWDです!http://www.honda.co.jp/auto-archive/fitshuttle/2015/実はこの車、私の父親の車でして親父さんが高齢になられたので譲ってもらうことになりました。しかもほぼ無料でね(^^)ちなみに、装備はKENWOODのカーナビ、クルーズコントロール、ESPもあります。 [続きを読む]
  • 次期愛車候補固まる!
  • レガシィも20万キロを超えても調子はすこぶるいいです!(^^)出来れば25万キロまで乗りたいもんですでも、次期愛車も考えないといけない・・・。税金の問題、保険は今はだいぶ安くなってきてますが、諸々のリスクも考慮しないといけない。後、予算の問題も。ついでに言えばレガシィは車がちょっと長いんです・・・^^;それらをシビアに見極めた上で候補が固まってきました!まずは、スバルのフォレスターX-BREAKもう既に現行モデ [続きを読む]
  • 我がレガシィとの最後のロングドライブ
  • 我がレガシィも既に20万kmを超えて既に21万km。購入してから私だけで20万kmを走破してしまいました^^;最近では走行ノイズも酷くなって結構疲れる車に・・・。来年は持たなさそうなのでここで区切りをつけるためにこの車での最後のロングドライブを決行!と、言ってはいますが、単純に“ぶらりドライブ”です(^_^;)パーキングでAE86と遭遇。やっぱり4A-Gはいい音するね~(^^)更に走って車を停めたらコペンローブに遭 [続きを読む]
  • 2代目ホンダNSX ようやく登場
  • ホンダは、スーパースポーツモデル『NSX』を26年ぶりにフルモデルチェンジし、8月25日より受注を開始し、2017年2月27日より発売する。新型NSXは、高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド SH-AWD」を搭載。ミッドシップにレイアウトした3.5リットルV6ツインターボエンジンに、クランクシャフトと直結したダイレクトドライブモーターと9速DCT、前輪の左右を独立した2つのモーターで駆動するTMU(ツイ [続きを読む]
  • AudiA1試乗!!ドイツ車は一味も二味も違う!
  • やっと満を持してアウディA1に試乗しました!試乗したのは1.0のスポーツバック。外観は大き過ぎず小さ過ぎない、それでいて全長も短いから私のような住宅事情を抱えている人からすれば適度な小ささでいいですね〜。コクピットは実にシンプル。それでいて機能性は抜群!ただ…リアシートは正直ダメ。お尻の収まりはいいんですが、上半身は完全に直立状態で更に頭がガンガン当たります(~_~;)小学校低学年までの子供なら [続きを読む]
  • スバルLEVORG C型6月に登場!遂に待望のLEVORG STIも!!
  • レヴォーグは2014年6月20日から販売を開始。基本設計は4代目インプレッサをベースとしており、更にスポーツセダンのVA系WRXと同時開発・共通設計化することで経営資源の効率使用が図られている。ボディサイズは日本の道路事情と取り回し性を熟慮し、5代目レガシィツーリングワゴンより全長を100mm短縮し、全高を70mm低くすると同時に、ホイールベースを100mm短縮した。2015年4月16日に一部仕様変更でマイナーチェンジ B型を [続きを読む]
  • 新型インプレッサ、ニューヨークで新型発表!
  • 富士重工業は、米国・ニューヨークにて開催中の2016年ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新型「インプレッサ」の北米仕様車を世界初公開した。第5世代となる新型「インプレッサ」は、富士重工業が中期経営ビジョン『際立とう2020』において次世代モデルの第1弾として位置づける戦略車である。新型「インプレッサ」の開発に合わせて全面刷新したプラットフォーム“SUBARU GLOBAL PLATFORM”を採用することにより、ボディ・シャ [続きを読む]
  • 【重要】「レヴォーグ」など計約8万台をリコール
  • スバルのLEVORG、WRX、現行レガシィ、アウトバックでリコールが出ました。上記3車種のような箇所ではありませんが、フォレスターXTにもリコールが出ました。フォレスターに関しては世界各国で起こりうる事態なので和文だけではなく英文でも書かせて頂きます。 富士重工業は17日、ステーションワゴン「レヴォーグ」など3車種、計6万3598台(2014年5月―15年9月に製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に [続きを読む]
  • スズキIGNIS試乗!次期愛車はコンパクトカー?
  • 無事にレガシィはタイミングベルト交換をしてようやく1つの目標でもある20万kmを突破しました!( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチですが、あくまでこれは次の車を探す延命措置に過ぎないのでそろそろ次の車を探そうと思います。まず、使用用途と駐車環境なんですが、現状、我が家には車が3台あり更に住居環境からしてもレガシィだと長さが意外と仇となってきてるんです。本来ならフォレスターやQ3といったSUV系も検討していたんで [続きを読む]
  • 劣化箇所をリフレッシュ(外装編)
  • どんな車でもそうなんでしょうけどまだ乗るからには劣化箇所を直さないといけません。まずはホイール。もはや腐食してしまい挙げ句エア漏れも・・・。これをBBSのホイールに換えました。入れ替え、装着。実はこのホイール、現行型からは4代前、私の車からでも2代前のBGレガシィの純正品なんですよ。しかも、最初期のB.specモデルのね。もう23年も前のホイールなんですね。R32GT-RやステージアのRB26搭載車と [続きを読む]
  • アイドリング不調の原因を探る。その2
  • つい先日、アイドリングが上がるというトラブルを追求しました。http://haiagareore.blogspot.jp/2015/12/blog-post.htmlスロットルも洗浄してエアフロセンサーも交換。でも相変わらず上がる・・・。自己診断も全然問題なし。もしやと思いアクセルペダルを試しに引っ込めてみると見事にこの症状が収まるんです。もしかすると・・・と思い、たまたまヤフオクでアルミペダル仕様のが出ていたので落札、購入。こんな大雪の最中ですが [続きを読む]
  • GRB/GRF故障診断データ
  •  GRB/GRFの故障診断データです。本来ならOBD2コネクター使用の故障診断機があればリセットも出来るので更に効果的です。最近では相当安く手に入れるようになりました。ですが、路上を走って不意の故障も多々にありますのでこれを見て参考にしてもらえれば幸いです。ちなみに、DTCとは“Diagnostic Trouble Code”の略です。 【DTC表示モード】以下の手順でコンビネーションメーターのDTC表示を行うことができる。注意:下記手 [続きを読む]