黒くま さん プロフィール

  •  
黒くまさん: 黒くまカフェ
ハンドル名黒くま さん
ブログタイトル黒くまカフェ
ブログURLhttp://kurokuma-medee.seesaa.net/
サイト紹介文海外生活、留学、旅行、モンゴルの野生動物に関する情報を提供します。現在モンゴル南ゴビ在住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/02/01 16:53

黒くま さんのブログ記事

  • ゴビのハクチョウ
  • なかなか更新が出来ず、一か月も前の話になってしまいますが…ウランバートルからモンゴルに帰ってくる道中で見つけた小さな水場にやってきたオオハクチョウたち。4羽いたので一緒に渡ってきたんでしょうか。場所はドンドゴビの近く。まだまだ渡りの途中です。…と言うことはもしかしたら南ゴビにもハクチョウが…!?と思いダランザドガドの水場に行ってみると…いました!でもいるのは1羽だけ。しかも首に「E58」と書かれた青い [続きを読む]
  • バード&スターウォッチングツアー
  • さて、今回は宣伝です。急遽、2017年夏のツアーの参加者を募集します!どんなツアーかと言うと…「モンゴル・南ゴビ バード&スターウォッチングツアー」 野鳥と星空、夏のモンゴルの魅力をどっちも楽しんじゃおう!というプランです。【募集日程】2017年6月26日(月)〜7月1日(土) 5泊6日※成田発着直行便今回のツアーは日本の星空の専門家、及びモンゴルの地元の野鳥専門家が随行する専門的なツアーです。また地元在住の日 [続きを読む]
  • タヒバリ?ヨーロッパビンズイ?
  • 春の渡りが始まろうとしている南ゴビ。少し前のアカツクシガモに続き、こんなんがやってきました。今年初観測です。しかし、、、詳しい方誰か教えてください。タヒバリ類なのは分かるのですが…これはタヒバリなんでしょうか?ヨーロッパビンズイなんでしょうか?それとも…?Paper+Design クリスマス ペーパーナプキン ドイツ ロビンズイングリーン コマドリ 鳥 ドット 紙ナフキン ランチサイズ 10枚価格:378円(税込 [続きを読む]
  • 渡りの始まり
  • モンゴルも極寒の時期が過ぎ去り少しずつ少しずつ春に近づいています。ゴビは嵐の時期。しかし穏やかな日は結構な暖かさです。例年よりも暖かくなるのが早いような気がします。そんな陽気のせいか、ゴビにも今年は少し早めに渡り鳥の第一陣がやってきました。アカツクシガモです。この鳥についてはコチラで以前ご紹介しました。まだ水場も氷が張っており過ごすにはあまり快適ではないように思えますが、、、今年もペアで渡ってきて [続きを読む]
  • シャティーンアム渓谷
  • 南ゴビの近くにあるゴルワンサエハン山脈には数えきれないほどの渓谷があります。一番有名なのはヨリーンアム渓谷。南ゴビを訪れる観光客のほとんどが訪れる大きな渓谷です。他にも、ドゥングネーアム渓谷、ハウツガイティーンアム渓谷、モハルシウェーティーン渓谷などなど…今回友人たちと行ったのは、シャティーンアム渓谷というところ。観光客はほとんど行かない渓谷ですが、ダランザドガドから一番近い渓谷です。一面が氷に覆 [続きを読む]
  • ゴビならではのお菓子&飲み物
  • ある知り合いのところに行ったときに見つけたものさて、これはなんでしょう?ちなみにニンニクではありません(笑)答えは…ラクダの乳から作ったキャンディー?キャラメル?みたいなもの。スーン・チヘル(С??н чихэр)といいます。まだ作りたてで固まりきっておらず柔らかくて美味しいです。…がラクダの乳に慣れていない人には結構ハイレベルかも(笑)ちなみに四角く固めたものがコチラもらってきたものはすべて相方にあ [続きを読む]
  • モンゴル五大家畜
  • 以前にもこのブログでモンゴルの家畜の数をご紹介しましたが、そういえば少し前に2016年の統計が出ていましたのでご紹介します。2013年、2015年の統計についてはコチラ2016年統計は以下の通り家畜総数: 6154万2000頭〈内訳〉ヒツジ:  2785万3400頭ヤギ:   2557万2200頭ウマ:    363万4900頭ウシ:    408万0300頭ラクダ:   40万1300頭なんと初の6000万頭台です!2015年と比べると、9.9% 約559万頭の増加です。 [続きを読む]
  • ゴビならではの肉料理(!?)
  • 最近食べたゴビならではのご馳走♪食べかけ&うまく写真が撮れていないのですが…こちらは黒くまがモンゴルで最も好きな種類の肉・部位です。分かりづらいですが、これはラクダの心臓です。いわゆるハツというやつです。これがなんで美味しいかというと、何よりも食感が最高!といっても一般には流通しない珍しい部位なのでゴビの田舎でしか食べられません。ウランバートルではほとんど手に入らないです。黒くまもこれまで食べたこ [続きを読む]
  • 冬のモンゴル 天気いろいろ
  • エレン〜ウランバートル、そして南ゴビに戻ってきて少し経ちますが…ウランバートルの話を少し。ウランバートルの大気汚染の問題はかなり前から大きな問題になっていますが、最近ののウランバートルにはバス停ごとにこんな広告が。これはPM2.5 の値なのかPM10の値なのかどちらかは分かりませんが物凄い数値が出ています。あの大気汚染で有名な北京の数値が… 352ウランバートルが… 645その中でもバヤンホショーと言う地区がなん [続きを読む]
  • エレン再び
  • 前回エレンホトに出国してからあっという間に一か月、ビザの手続きもなかなか進まず、先日再度エレンホトに行ってきました。再び、南ゴビから往復バスで20時間&列車で30時間の旅です。しかも今回はビザの期限が中国の春節と重なってしまうために少し早目に出国。といっても春節の前日からは中国側の国境が封鎖になってしまうため、前々日封鎖ギリギリの滑り込み出入国です。エレンの街並みも春節の準備で賑わっていました。実は、 [続きを読む]
  • エレンホトのオススメ?お土産
  • 今回行ってきたエレンホト市はシベリア鉄道も通るモンゴルとの国境都市。モンゴル人にとっても一番身近な外国、さらにはモンゴルで売られている商品の仕入れ先としても有名な都市です。中国→モンゴルに行く車、バス、列車にはとにかく大量に仕入れた商品を持ち込むモンゴル人が。黒くまたちもエレンホトに行った際にはモンゴル人ほどではありませんが(笑)毎回いろいろ買ってきます。モンゴルに売っているものでもかなり安く買えた [続きを読む]
  • プチ海外旅行!?
  • モンゴルに戻ってきてからも少しバタバタしていた黒くまたちですが…結局ビザの更新が出来ず一旦モンゴルを出国しなくてはならなくなりました。しかし日本にはつい最近帰ったばかりだし、ロシアはビザが必要だし、他の国には時間とお金の問題が…ということでモンゴルの南の国、中国へ行ってきました。一旦モンゴルを出国して観光ビザで再入国、その間にビザの手続きを、というわけです。モンゴル在住でビザの問題に悩まされたこと [続きを読む]
  • 帰ってきてからのイロイロ…
  • 今年の冬は寒さを逃れて日本でゆっくり…のはずだったんですが、予定外に早めにモンゴルに、そしてゴビに帰ってきました。モンゴルに帰ってきたのは12月の初め。今年は11月でも結構寒さが厳しく、戻ってきた時も日が沈むと気温は大体−25℃近く。街のあちこちではこんな感じで屋外スケートリンクが作られています。こちらは街の中心を流れるセルベ川。川も底の方までカチコチになってしまうため、冬の間はスケートリンクです。なぜ [続きを読む]
  • ゴビの田舎の田舎
  • 日本に戻る数日前…ちょっと田舎に泊まりがけで行ってきました。でも今回は田舎と言っても周囲に遊牧民さえも誰〜〜もいない本当のド田舎、草原に宿泊です。朝晩はかなり冷え込むようになっていましたが、月が沈んだ後の夜中に見た星空は感激ものでした。それで、朝からド田舎ならではの貴重な光景を見てきました〜。まずはアルガリ。モウコガゼルの群れ群れでこんな風に休んでいる様子も。とにかく大きな群れで数えたら600頭を超 [続きを読む]
  • ジャパン・バード・フェスティバル JBF2016
  • 今、日本に来ています。と、いうのも↑↑↑に参加するため。JBF ジャパン・バード・フェスティバル2016 です。年に一度、千葉県我孫子市で開かれる鳥をテーマにした日本最大級のイベントです。黒くまは今、南ゴビで野鳥・野生動物の研究、通訳&ガイドを行っているのですが、野鳥繋がりで昨年から参加させていただいています。モンゴルの南ゴビに拠点を置き野鳥・野生動物ツアーを行っている観光会社として参加します。今回はモ [続きを読む]
  • モンゴルの動物・野鳥たち その9 アイベックス つづきのつづき
  • 少し時系列が逆になりますが…初めてアルガリの撮影をしたすぐ直後、見渡す限りの草原で駆け回るガゼルを見る少し前、アイベックスの群れに遭遇しました。このブログでも何度もアイベックスのことは紹介していますが、やはりこの日は少し違っていました。…というのも今回初めてこんな写真が撮れました。めちゃくちゃ近いです。いつもなら車が来るとあっという間に岩山を駆け上り逃げてしまうのですが、この日はなぜか我々の周りで [続きを読む]
  • モンゴルの動物・野鳥たち その13 コウジョウセンガゼル つづきのつづき
  • 前回紹介したアルガリを見た当日、道中コウジョウセンガゼルの群れも見ました。いつもなら1日に数頭の群れを見ることが出来ればいいくらいなのですが、この日は様子が違っていました。見渡す限りの草原のあちらこちらにコウジョウセンガゼルが走り回っています。右を見ても左を見ても前を見ても遠くにガゼルたちが見えます。ちょうどいい餌場になっていたのでしょうか…。この時期(秋:9月)のコウジョウセンガゼルはアルガリやア [続きを読む]
  • ゴビでスイーツ
  • 前回日本に一時帰国してから早9か月…今回も冬の間少し日本に戻る予定ですが、持ってきた日本食のストックも尽き、今が一番日本食に飢えている黒くま&相方です。最近では買ってきたヤギ肉を塩ゆでして食べたり(もちろん塩以外の香辛料も加えますが(笑)モンゴル人と一緒にヤギの頭を茹でたり、内臓スープを飲んだり…いつも以上にモンゴルどっぷりの生活を楽しんでいます。そんな中どうしても耐えらなくなった(笑)相方がお店でこ [続きを読む]
  • モンゴルの動物・野鳥たち その35 アルガリ
  • これまで、ゴビの山岳地帯に生息する野生のヤギ、アイベックスについては何度かご紹介しました。モンゴルの動物たち その9 アイベックスモンゴルの動物たち その9 つづき アイベックス月の谷冬のヨリーンアム渓谷そして、遂に、、、3年越しで野生の羊、アルガリをご紹介します!なぜこんなに掛かってしまったかと言うと、とにかくアイベックスと比べても生息数が少ないから…やっと紹介出来る写真が撮れました。残念ながら大 [続きを読む]
  • 冬支度
  • 刻一刻と冬に近づいているモンゴル何でも山の方では8月末に結構な積雪があったとか。南ゴビはモンゴルの中でもかなり暖かい地域ですが、それでも朝晩の冷え込みはかなり強くなってきています。南ゴビの中心、ダランザドガドで基本、10月1日から温水の集中暖房が始まります。基本と言うのは、毎年来たり来なかったりなんで(笑)で、9月も中旬にして何故か我が家のアパートの周りで大掛かりな配管工事が始まりました。いろいろ疑問や [続きを読む]
  • ゴビの夕陽
  • 実はブログを開設して初めてトップページの画像を変えてみました。ゴビらしい写真ということでラクダと夕焼けです。ここ何度か夕陽をバックにラクダのシルエットが映り込むような写真を撮ろうとチャレンジしているのですが、これがなかなか難しい。。。ラクダの群れがちょうどいいところにいなかったり、夕日が沈むタイミングで雲が出てきたり、今の時期ダランザドガド周辺では夕日は山に沈んでしまうためなかなかシルエットになら [続きを読む]
  • ゴビの虹
  • 先日の雨の後、我が家の目の前に現れた虹です。まだ暗い雲が立ち込めているのでそれほど綺麗な虹ではないですが、虹の根元から根元までくっきり見えるのはここモンゴルならではです。写真には写っていませんが、実はこの虹、二重の虹です。主虹、副虹というらしいです。広角のレンズでも入りきらなかったため、主虹だけ写しました。この二重の虹、結構珍しいと言われているようですが、黒くまが今年見た虹のほとんどが(4,5回?) [続きを読む]
  • モンゴルの動物・野鳥たち その8 カベバシリ つづきのつづき
  • モンゴルの動物たち その8 カベバシリモンゴルの動物・野鳥たち その8 カベバシリ つづきまたカベバシリか、、、と思わずにしばしお付き合いを。前回の「つづき」でやっとカベバシリらしい写真を撮れた、と喜んでいたのですが、今度は本当の本当の「カベバシリ」です。最初の出会いから2年、2年越しの夢の実現です。それでは魅惑の珍鳥カベバシリギャラリーをどうぞ。こんな風に岩の隙間を覗きながら、見つけた虫を引っ張り出 [続きを読む]
  • トヨタ車ならぬトヨタ馬!?
  • 世界中どこも同じかもしれませんが、モンゴルでも日本車への信頼は厚いです。その中でも一番人気なのはトヨタ車。5月に田舎に行ったときこんなトヨタ車(馬!?)を見つけました。アップで。草原で車がぬかるみにはまってしまい近くを通りがかった遊牧民に助けを求めたのですが、そのとき彼が乗っていたのがこの馬。どこの誰の馬か識別するための焼印なんですが、こんなところにまでトヨタ信仰が(笑)焼き印 フルオーダー焼印 ロ [続きを読む]
  • モンゴルの家畜の数
  • 2年ちょっと前、モンゴルの家畜総数が4500万頭!!という話をこのブログに載せました。(こちらの記事です。モンゴルの動物たち その7 ヤギ)さて、それから2年、モンゴルの家畜事情はどうなったのかと言うと…今さらですが2015年の統計を見つけてきたのでご紹介します。まずは、2013年はこんな感じでした。家畜総数: 4507万5700頭〈内訳〉ヒツジ:  2003万6600頭ヤギ:   1919万6700頭ウマ:    261万6200頭ウシ: [続きを読む]