ロージー さん プロフィール

  •  
ロージーさん: 押し花画廊
ハンドル名ロージー さん
ブログタイトル押し花画廊
ブログURLhttp://osbn4196.blog.fc2.com/
サイト紹介文押し花、時々水彩画のブログです。花や美術、音楽の話題も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/01/31 16:44

ロージー さんのブログ記事

  • 善福寺公園のスイレン
  • 善福寺公園の下池のスイレンが綺麗です。モネのスイレンのイメージで行くと、池にビッシリ、という感じです。でも、ひとつひとつ見ると、やっぱりモネ! 濃いピンクのが多い。アメンボも一緒に撮れました。白も清楚でステキです。淡いピンクも可愛い。黄菖蒲も咲いていました。地面も見逃さないで。ヘビイチゴが可愛く顔をのぞかせていました。これも押し花にできます。上池では、しゃくなげが咲いていました。ひときわ鮮やかな赤 [続きを読む]
  • 小さなバラの額2
  • この前と同じ大きさの21額で、もうひとつバラの額を作りました。バラはやはりミニバラとして売られていたもの。裏表が違う色になっているので、組み立てると風情が出ます。バラは中心が肝心なので、何重にも重ねたら大きくなり、26額でも良いくらいになってしまいました。でも、用意してたのは21額だったので、それに合うデザインに。前回のルドゥーテ風だと、窮屈なので、ヴィクトリア時代のカードに良くあるような、クラシ [続きを読む]
  • ミュシャ展
  • 先日、六本木の国立新美術館で開催中の「ミュシャ展」を観てきました。ミュシャ・・・と言えば、アールヌーボーを代表する、チェコの画家。特に華麗なポスターで有名ですが、今回の目玉はなんといっても、ミュシャ晩年の超大作「スラブ叙事詩」20点が見られることです。正直、その大きさにびっくり。圧倒されてしまいました。ずっと以前から本では見て知っていましたが、本物を見て、本で見るのとは大違いと思いました。見上げる [続きを読む]
  • バラの季節
  • さわやかな五月・・・・と言いたいところですが、真夏のような暑さ。せっかく咲いたバラも、ぐったりとしてしまいます。今年はあまり手入れをしなかったので、咲きが悪かったのですが、それでもカクテルは相変わらず華やかに、マチルダは可愛らしく咲いてくれました。カクテルマチルダどのおうちの庭も、今が最高でしょうか。きょう通りかかった新しい住宅地では、まるで競い合うかのように、バラが咲き乱れていて、しばし見惚れて [続きを読む]
  • 小さなバラの額
  • バラが咲き始めましたね! 庭さきにも、お花屋さんにも、バラがいっぱい。さすが花の女王という豪華さです。大きなバラ、スプレーバラ、どれも綺麗に押し花になりますが、園芸店で売っている、ミニバラも小さな作品づくりに最適。黄色とオレンジ色の鮮やかなミニバラで、小さな額を作ってみました。21額ですから、ハガキより少し大きめなくらい。でも、そう思えないほど存在感があるのは、バラのおかげです。中マットぎりぎりの [続きを読む]
  • 蝶々のような花!
  • まさに蝶々のような花! ガウラ・ロージー・ジェーンという名の花です。押し花にしてみました。色も綺麗なままです。押しあがったマーガレットと並べてみました。大きさも蝶々にちょうど良いでしょう?(マーガレットは小さめのです)野に咲く花を沢山集めて、この花を飛ばせて、ナチュラルな額を作りたくなってしまいます。 [続きを読む]
  • パステルでクリスマス・ローズ
  • ちょっと久し振りの更新になってしまいました。次回のレッスンのため、パステルを使った作品を作りました。私の初めてのパステルの作品は遠くに山が見える風景画でした。でも今見ると、いろいろアラが見えて、参考になるかな? と思い、急きょ花瓶の作品を作ってみた・・・というわけです。思いついてから3時間余りで仕上げたので、いろいろ細かいところは気になりますが・・・。でもパステルとクリスマス・ローズって、なかなか [続きを読む]
  • 可愛い花
  • 先日Oフラワーパークに行ってみたら、春の花がいっぱい! 家にもいろいろな花が咲き始めていたので、たくさんは買うつもりはなかったのですが、やっぱり春の花は可愛い! どれもこれも欲しくなってしまいます。マーガレット、ベロニカ、バーベナ、ミニバラ、そしてエーデルワイス(ヒマラヤという名前がついています)など、買ってしまいました。ちょうど風景画が仕上がったので、今度は、小さくて可愛い作品が作りたくなって。 [続きを読む]
  • 満開の桜
  • 桜、満開ですね! 先日書いた武蔵関の線路沿いの桜、電車の中からも見事でした。もっとお花見をしたいところですが、去年と同じく、桜の作品を作っていて、なかなか時間がとれません。これは去年の作品。善福寺公園の下池の桜をイメージして作ったものです。あふれるばかりに咲く桜のイメージは出てるかと思いますが、ちょっと背景が単純過ぎたかな? と思いまして、今年は少し背景に工夫をして作っています。ところが構図が難し [続きを読む]
  • 桜の季節
  • 東京での桜満開が発表されたので、自転車で武蔵関公園に行ってみました。まだ5分咲きと言ったところでしょうか? 都内とは言え、微妙に差があるようです。でも、水に映る桜は美しい!これから満開になるのが楽しみです。水辺に咲いていたすずらん水仙。可愛い!ここは公園内も桜が美しいのですが、出て線路沿いに歩いて行く道の桜もなかなかのものです。西武新宿線とのツーショット。電車と桜、良く似合います。 [続きを読む]
  • ガラスフレーム
  • ガラスフレームで作品を作ってみました。全体がガラスでできているので、密封後ガラス面が鏡のようになり、写真にどうしても指などが写ってしまいますが、ガラスのキラキラ感や銀色の模様などはわかるでしょうか? これは、押し花フレンドのカリキュラム教材になっていて、体験教室向き・・・なのかも知れませんが、しっかり密封できますし、出来栄えもかなり豪華なので、教室での授業に取り入れるつもりです。スタンドを使い、テ [続きを読む]
  • ガーデンテラスで
  • 紀尾井町ガーデンテラスで開催の東京インフィオラータ、行ってきました。朝からの強風で、花の道がちょっと可哀そう。そしてガーデンテラス内で行われた押し花絵コンテスト、とっても春らしいステキなブーケがいっぱいでした。私も出展していました。 オリンピックを意識して、日本のカラーである白と赤を基調に、金メダルへの期待を込めて、水引風の金色の紙をあしらってみました。選手の躍動感を感じさせるような、和のクレッセ [続きを読む]
  • モーツァルトが好きになった
  • 押し花などをしながら音楽を聴くようになって、少し曲の趣味が変わりました。相変わらず好きなのはクラシックですが、以前あまり好んで聴かなかったモーツァルトを繰り返し聴くようになりました。「モーツァルトさん、聴かず嫌いでごめんなさい!」モーツァルトが好きでなかった・・・・というと、クラシックファンの方から怒られそうですが、子供の頃弾かされた「きらきら星変奏曲」が好きになれなかったこと、不安な目の治療の時 [続きを読む]
  • 人物画デッサンの講習を終えて
  • 人物画デッサンの講習が、2月で終わりました。初めての人物画、モデルさんを描くのはとても楽しい経験でした。(顔は最終日での課題だったので、この時点ではできていません)まだ何もわからないから楽しいのかも知れません。たった8回の講習でしたが、形をとるという点では、今までになく集中した授業でした。風景と違い、人物は、ちょっとの狂いが自分自身の目でわかってしまいます。木なら、枝が少し長くてもそれなりの絵になり [続きを読む]
  • 押花芸術展 「雨の日って楽しい!」
  • 押花芸術展も終わりましたので、作品を掲載します。アジサイのグラデーションが水彩画とぴったりだろうと思い、制作しました。絵の具は使わず、薄和紙をちぎって、トレーシングペーパーの下に入れ込み、水彩画風に仕上げてあります。雨が降ってきて、お母さんの代わりに、お兄ちゃんが幼稚園にお迎えにきてくれた、そんな小さな女の子のつぶやき「雨の日って、楽しい!」を、タイトルにしました。アジサイの咲く中、ちょっと照れく [続きを読む]
  • お雛さま
  • 3月3日、ぎりぎりで間に合いました。できたてほやほやのお雛様です。お内裏様はビオラ、お雛様はカーネーションでできています。その他、ぼんぼりはカーネション、その下に、右近の橘、左近の桜も入れてみました。空には桜、春爛漫です。花の形を生かして作るので、結構難しく、時間もかかりました。でもできあがると可愛さもひとしお。飾ったとたんに、春がやってきました。毎年飾るのも楽しみ! やっぱりお雛様があるのって、良 [続きを読む]
  • 押花芸術展 明日から
  • 明日3月2日から5日まで、池袋の芸術劇場5階ギャラリーにて、第16回押花芸術展が行われます。リンクはこちらから。もし機会がございましたら、是非ご覧になってください。入場は無料です。今回のテーマが「四季への想い」なので、私は梅雨をテーマに水彩画タッチの作品を作りました。「雨の日って楽しい!」というタイトルの、ちょっと可愛らしい作品です。作品展が終わりましたら、こちらでも掲載しますね。昨年はできなかったので [続きを読む]
  • ミュシャのチョコレート
  • 娘が旅行先のプラハで買ってきてくれた、ミュシャの絵を使ったチョコレート缶がとてもおしゃれ。flirtと書いてありますが、どうやらこの絵のタイトルのようです。意味は辞書では「いちゃつく」とか「浮気」とか出ていますが、実は日本語に訳すのは難しいらしいです。この女性の意味深な表情から、どうでしょうね? それにしても、大人の雰囲気のお菓子の缶です。アルフォンス・ミュシャと言えば、アールヌーボーを代表する、チェ [続きを読む]
  • 世界らん展出展作品 「水簾に咲く」
  • きょうで「世界らん展」も終わりましたので、作品を掲載します。使ったのは、デンファレです。デンファレって、とても美しい花なのに、最近輸入ものだと一束で350円、とか、ずいぶん手に入りやすくなりました。でも、ビニールにぎゅうぎゅうに入れられた花を開けてみると、傷んだ花ばっかりだったり、花束にしても、全然不似合いな菊やカーネーションと一緒にされたり。ちょっと可哀そうな使われ方のような気がしてなりませんで [続きを読む]
  • バレンタインには、バラの花
  • きょうは、バレンタインデー。ところで、バレンタインに女性からチョコを贈るのは、日本独特だそうです。前に本で読んだことがありますが、アメリカでは男性からプレゼントされることが多いとか。特に赤いバラが好まれているようです。 バラは、愛を伝えるには、最高の花ですものね。そんなわけで、きょうは、バラで作ったコサージュです。できた押し花を、一枚ずつ帯電防止フィルムで挟んで、アイロンで型を整えて、束ねて、と結 [続きを読む]
  • らん展、行ってきました
  • らん展に行ってきました。思ったとおり、大変な人でした。こちらは、今年の日本大賞。ひときわ高い位置に飾られていました。さて、私の作品は・・・、押し花作品は、全部で26点。一番はじの下段だったので、良く見える場所です。結構綺麗だった・・・かな?受賞された作品は、さすがでした。ストーリーが感じられるというか。それと比べると、私の作品は、ちょっと地味だったかも知れません。でも、写真に撮っている方もいました [続きを読む]
  • ウッドマグネット
  • 生徒さんから作ってみたいとの要望があり、試作品を作ってみました。これが、作ってみると可愛い! それにとても作りやすいのです。体験教室向きかな? と思っていたのですが、授業でも積極的に取り入れたいと思いました。帯電防止フィルムはピカピカした感じが、ちょっと・・・・と思っていましたが、このマグネットに関しては、とても馴染みが良いのです。木の上ですから、デザインする時も花がずれません。大きさもそこそこあ [続きを読む]
  • 世界らん展、2月11日から
  • 東京ドームで開催される、世界らん展日本大賞、今年は2月11日から17日までです。今年も作品を出展しています。昨年よりかなり大きめ。郵送ができないので、F20という大きいバックを用意して、頑張って運ぶことになりそうです。雪などが降らないことを願うばかりです。これは、昨年出した作品。カトレアとブドウです。カトレアの白があまり綺麗に出なかったので、今年は反省を込めて、別の花ですが、美しい色をめざしました [続きを読む]
  • 人物画デッサン
  • 冬の間だけ、人物画デッサンに通っています。以前通っていた風景画の先生は、人物画を多く描いていらしていて、あの小磯良平氏の門下生です。最近は人物画のデッサンも教えていらっしゃると聞いて、どうしても習いたくて冬の講座を取ることにしました。人物画には、とても興味がありましたが、描くのは初めてです。クロッキーブックだの、コンテだの、世界堂で調達し、ドキドキしながら通っています。きのうは二回目。若くて美しい [続きを読む]
  • 可愛いテーブルハンガー
  • ちょっとしたプレゼントって、意外に難しいものです。手作りの品は喜ばれるけれど、時には重たく感じられたりして。その点、押し花小物は可愛くて、プレゼントにぴったり。でも、すぐに変色してしまうとがっかりですよね。それで、まず自分で作ってみて、どのくらい色が持つかどうか、試しています。結果、優秀と思えたのは、以前掲載したことのある印鑑ケースと、ミニコンパクトでした。使った花が色持ちが良かったこと、バックな [続きを読む]