東進大分大道校 さん プロフィール

  •  
東進大分大道校さん: 東進衛星予備校大分大道校ブログ
ハンドル名東進大分大道校 さん
ブログタイトル東進衛星予備校大分大道校ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/oita-omichi/
サイト紹介文大分大道校でしか味わえない時間をトコトン満喫してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供871回 / 365日(平均16.7回/週) - 参加 2013/02/01 18:05

東進大分大道校 さんのブログ記事

  • 受験算数。…小5受験生の皆さんへ☆「平均と面積図」
  • 先日の花野先生が書いた記事です。中学受験についての記事ですぜひお読みください。↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓小5受験クラスの算数。平均は合計÷個数 で求められますが平均と来たら、合計が重要。合計=平均×個数。平均×個数 ・・・かけ算長方形の面積=たて×横 ・・・かけ算面積図が使えます。常に、面積図の描き方の手順がわかるように丁寧に指導します。面積図の正しい描き方、正しい手順で描くことで、その問題の意 [続きを読む]
  • 刺激の連鎖
  • 15:10からの数学特訓が始まる前・・・今回の大分県合同模試の結果を踏まえ、これからどのように学びを進めていくのかなど、担任の川元先生からの叱咤激励が☆彡生徒たちも、真剣なまなざしで、川元先生の話に聞き入っていました。さらに一皮むけつつある感じが伝わってきます。私は、昨夜から、実際に採点された生徒の答案と小問ごとの正答率とにらっめこ。自分が担当している英語の答案の作成状況と、他教科の答案作成状況との比 [続きを読む]
  • 中3受験生ガンバレ!〜合同模試の結果。結果にこだわる、こだわらせます!
  • 中3大分県合同模試の結果が出ました。個人別の成績帳票は、もう少し後になりますが、とにかく得点や偏差値、志望校判定が出ました。私たちも、結果にこだわり指導し、生徒たちにも、結果にこだわらせました。総合順位3位と5位‥‥ここまできたら1位を取らせたかった。常に向上心を持ち、次は必ずや‥‥、そして、入試本番では必ず、という想いで、明日からの指導もいつも通りに点睛塾の熱誠指導で中3受験生たちをグイグイ引 [続きを読む]
  • てんせいたより☆2017年9月号です
  • てんせいたより☆9月号です。夏期講習真っ只中で時間の無い中、夜中や休日を利用して少しずつ作っていきました。既に19日(土)から、塾生たちに9月分の授業料袋と共に配布開始しています。スケジュールやご連絡も書いておりますので、保護者様も必ず一読下さいますよう、今一度お願い申し上げます。いつも通りに、塾生たちの頑張っている姿、明るく楽しく元気良く学習に励んでいる塾生たちの笑顔の写真もたくさん載せています。 [続きを読む]
  • 受験算数。
  • 高校生への数学指導よりも、中学受験を目指す小学生たちへの受験算数の指導の方が、難しいなぁ…と、思います。使えるアイテムが少ない中で、それをうまく組み合わせ、問題を解き進めなくてはならない点。さらに、指導する側が気を付けなければならないのが、説明の言葉。高校生のほうが語彙力がありますから、説明する側も、説明する際の言葉選びが簡単です。しかし、受験算数…相手は、小学生…ですので、説明のための言葉選び [続きを読む]
  • 基本ほど、難しいんですよ。
  • この、ごちゃごちゃした絵…先日、高校生へのLive授業(英語)での解説の図(?)です☆高校生だけでなく、中3集団クラスの生徒たちにも、毎年話すのですが、goとcome、tekeとbringの違い・・・この4つとも、基本的な英単語であって、とてもよく目にするものなのですが、この4つの単語は「話題の中心」がどこに置かれているのかによって使い分けねばならず、意外と難しいものなのです。話題の中心は、どこなのか?そして、近づく [続きを読む]
  • 中高一貫校etc....
  • 大分県内の中3受験生のみなさん…学力診断テストはどうでしたか?自分が今持っているすべてを、出し切れましたか?結果が返却されるまで、時間がかかりますので、即復習し、自分の弱点をつぶしていく学習を行ってくださいね。出題範囲をみてみればわかりますが、今回は、前学年までの学習内容が中心。3年生で学ぶ内容の多くが、入試での重要テーマでもありますので、前学年までの苦手分野克服を早急に行い、3年生の学習内容は、 [続きを読む]
  • 小学生の基礎学習指導・中学受験指導も点睛塾にお任せ下さい。
  • 小6受験クラス。毎日全力で指導しています。中学受験指導は、生半可な知識、生半可な気持ちではできません。毎年、新たな受験生たちを迎え、常に全力で指導し、経験を積み重ねていきます。常に向上心を持ち、もっと良くなるように反省し微調整していっています。その上で、今年の受験生たちの能力の程度や性格、現在の状態を常に考え意識しながら指導しています。昨日よりは今日、今日よりも明日、良くなるように、生徒たちが [続きを読む]
  • 生徒たちの姿に…
  • 舞鶴高校1年でインターアクトクラブに所属しているKさん(大分西中卒)☆先日の台湾研修のレポートを作成していました。スマホには、Kさんと台湾の高校生たちが英語でディスカッションしている様子を撮影した動画も。みせてもらいましたが、こういった経験ができるのは、とてもうらやましいものです☆彡Kさん曰く…台湾の高校生たちは、英語が上手でびっくりした!日本国内だけではなく、世界の同年代との交流の中で、よき刺激を [続きを読む]
  • 仲間たちと切磋琢磨して自分を鍛える
  • 夏講後半スタートの昨日もいつも通りに、朝イチから夜最後までフルで全力指導を行いました。9時20分から21時45分までエンジン全開で生徒たちと真剣勝負。 唯一授業が入っていなかった小6受験クラスの昼食時間にも、生徒たちがお弁当を食べ終わるとすぐに前の時間の算数・計算テストの解説をしましたので、結果的に朝から夜まで連続12時間以上立ちっ放しのフル稼働でした。 向陽中や岩田中・大分中に合格させるだけ [続きを読む]
  • 夏期講習後半戦スタート!
  • 夏期講習後半戦が、今日からスタートしています。前半戦と同様に、開校と同時に、中3受験生たちが登校を☆集団クラスの生徒たちは、15:10からの数学特訓までは、2階の東進の自習室や職員室で、自分の行うべき学習を、コツコツと継続中です。個別指導の中3受験生たちも、間津先生、馬見塚先生、生嶋先生とともに、学習を継続中です。それぞれの学びの場で、それぞれの仲間たち、担当教師とともに、今日からも、切磋琢磨です♪ [続きを読む]
  • 主体的に。
  • 自分の進むべき道を決めるのは、自分自身。私達は、アドバイスもしますし、しつこくフォローもします。しかし、自分の道を切り拓くのは、生徒たち自身・・・私たちが道をお膳立てし、生徒たちがその道を進んでいく・・・そんな主体性のない人生には、絶対にさせたくないのです。東進大分大道校の担当として何でもかんでも、1から10まで教えてしまわないのは主体性を養う指導をしたいから・・・主体性が身につかないまま、社会人 [続きを読む]
  • ”前向きな悔しさ☆”・・・点睛塾の教師(正社員)たちは結果にこだわります。
  • 今朝の花野先生の記事↓↓↓花野先生がこの想いでいてくれることが点睛塾としてありがたいですし助かります。 点睛塾の教師たち(=正社員たち)もきっと同じ想いで、毎日全力で頑張ってくれているならば、生徒たちも安心して勉強に専念できます。花野先生の今朝の記事の冒頭にある、・・・何とかなるさ・・・この言葉、嫌いではありません。ただし、何とかなるさ・・・で終わるのは、大嫌いです。何とかなるさで終わる=自分では行 [続きを読む]
  • 前向きな悔しさ☆
  • 何とかなるさ・・・この言葉、嫌いではありません。ただし、何とかなるさ・・・で終わるのは、大嫌いです。何とかなるさで終わる=自分では行動しない=誰かが何とかしてくれる・・・という他力本願での「何とかなるさ」は単なる責任転嫁。うまくいかなかったら、他責になることが見えています。何とかなるさ・・・何とかする!うん!何とかしてみせる!!という強い気持ちをもって、日々行動している人達が、結果を出すと思って [続きを読む]
  • 受験算数を「経験する」ことで、中学・高校数学で差がつきます。
  • 生徒たちに、授業を受けてもらう、受けさせるという感覚ではなく、生徒たちに、授業に参加してもらう、参加させることを意識しています。板書するにも、生徒たちに発問し、答えてもらい、生徒たちといっしょに、一つの板書を完成させていきます。手間を省いて、3問、4問を一度にホワイトボードに板書すると、ゴチャゴチャしてわかりづらくなるし、式と答えしか書けなくなります。・・・式と答えでイイのなら、板書する必要は無いです [続きを読む]
  • konasu
  • 『こなす』という言葉…課題をこなすので、いっぱいいっぱい。と、高校生達がよく言います。この場合の『こなす』は、与えられたノルマを、うまく処理するという意味での『こなす』です。あくまでも『処理する=終わらせる』ことに意識の中心がおかれているといったレベル。このレベルの『こなす』では、意味がありません!『こなす』を漢字で書くと、『熟す』。そう、『こなす』は、『じゅくす』ことなのです。習った技術を、思う [続きを読む]
  • ぐるぐると。
  • 多くの場合、学校の課題であったり演習問題であったりが思考訓練の場ではなく、終わらせるという作業の対象になってしまっています。自分の得手不得手を確認することも目的の一つである学校の課題や演習問題をとにかく白紙が嫌だから、誰かに聞いて丸写し・・・や×がつくのが嫌だからと、誰かに解いてもらう・・・こういった状況に落ちっている子ども達が多いのです。これは「正しい努力」にはカウントされませんので当然、結果 [続きを読む]
  • 総量。
  • 勉強した?という質問に対して、子どもたちはうん。○ページした!やうん。○問した!うん。○時間した!と、こたえることが多いと思いますが、もう一歩踏み込んで、今日、何を知った?今日、何が出来るようになった?と、問いかけてみてください。うん。○ページした!やうん。○問した!うん。○時間した!は、作業的な学習になっていることが多くそれは、結果にはなかなか繋がらないのです。結果は努力に比例する。結果の差は [続きを読む]