エンディングノート書き方・終活講師 赤川なおみ さん プロフィール

  •  
エンディングノート書き方・終活講師 赤川なおみさん: エンディングノートが書けない悩みを解決します
ハンドル名エンディングノート書き方・終活講師 赤川なおみ さん
ブログタイトルエンディングノートが書けない悩みを解決します
ブログURLhttp://ameblo.jp/saigomoegao6668/
サイト紹介文エンディングノートが書けないお悩みはエンディングノートの書き方専門家の赤川なおみにお任せください!
自由文エンディングノートが書きたいのに書けない!書いていたのに止まった!
あなたのエンディングノートが書けないお悩みは
エンディングノートの書き方専門家、エンディングノートナビゲーターの赤川なおみにお任せください!http://profile.ameba.jp/saigomoegao6668/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/02/02 10:24

エンディングノート書き方・終活講師 赤川なおみ さんのブログ記事

  • 愛媛・松山で前田めぐるさん・一色麻生さんと茶話会決定です!
  • 先日福山で、前田めぐるさんをお招きしてセミナーを開催して1週間。本を通しての出会いは、まだまだ続いております。 つないでくださったのは、愛媛県松山市を中心に活躍しておられる、キャリアコンサルタントの一色麻生さん。 前田めぐるさんをお招きしてのワークショップ型読書会を企画され、新聞に紹介記事が掲載されました。 書店さんではめぐるさんの本が平積み&チラシの設置まで!次々と行動されて、時間 [続きを読む]
  • 困っている?困っていない?迷走する女性の片付け問題
  • 11日(木)は、4月よりスタートした公民館での月一講座「らくらく終活」の2回目でした。 前回の講座で、みなさんが口を揃えて悩みは片付け!とおっしゃったので、そのことについて、実際の事例や問題になりそうなことを交えてお話を。地域差、性格でも大きく違う問題点片付けについては、大ヒットした"断捨離"から、整理収納術、ライフオーガナイズ、ミニマム思考、、、いろいろあります。 ダイエットと美容、そして片付 [続きを読む]
  • 話す・聞く・繋がる大切さをダブルケアで再確認
  • 昨日のダブルケア&お薬手帳活用術のコラボお茶会は、札幌から介護コンサルタントでダブルケア専門家の野嶋成美さんをお迎えして、ワイワイ楽しく開催しました。ダブルケアは特殊じゃないよ私自身も、今回お話をうかがうまでは「ダブルケアは親の介護と子育てを同時に行うこと」だと思っていました。 今回のコラボお茶会に参加してくださったみなさんは、子育てはひと段落&子育ては関係ないかな?というみなさん。 は [続きを読む]
  • ダブルケア&お薬手帳活用術のコラボお茶会開催します!
  • 前日告知になってしまいました・・・ 明日4月29日(祝)に広島県福山市でダブルケア&お薬手帳活用術のコラボお茶会を開催します! 今回ダブルケアのお話は、札幌在住の介護コンサルタントとして活躍されている野嶋成美さん。 活動の中でも、特にダブルケアに力を入れておられます。 今回は、ある本・ある方を通じてアメブロでつながり、トントンとお話が進んで、なんと半月足らずで明日のコラボお茶会が決定い [続きを読む]
  • 認知症で困るのは誰?認知症を正しく知ろう
  • 先日、手芸店のレジで見かけたおばあちゃん。 たぶん、認知症がゆるやかに進んでいるのだなぁ・・・と、感じた瞬間がありました。 きっと、みなさんも見かけているのでは?認知症でも日常生活を送るどうも、認知症=何もできないというイメージを持っておられる方が多いように思います。 しかし、実際には、心筋梗塞や脳血栓のように「突然倒れる」というようなものではなく、かなりの段階を経て認知症は進行して [続きを読む]
  • 自立と依存は繋がっている
  • みなさんは自立するという言葉を聞いてどのようなイメージが浮かびますか?なんでも自分でできる自分で生きることを完結できている状態人に依存することなく生きていけるそんなイメージでしょうか? 子育てしていると、自立するというのは、学校を卒業して就職するとか、家を出て一人で生活するとか、そんなイメージもあります。 私も、つい先日までは自立と依存は、相反するものだと思っていました。依存とは?依存( [続きを読む]
  • ザ・ノンフィクション 女50歳!輝きたい私 から考える
  • メールで通知を受けるようにしている「認知症情報」から飛んできたこのテーマ。 今日のブログタイトルは、本日、民放で放送される「ザ・ノンフィクション」のタイトルです。 はて?認知症の情報なのにこのタイトル?なぜ?と思った方、いらっしゃいますか?自分の夢と介護と事前情報によると、50歳の女性が認知症を発症したお母様の介護と、ご自身のやりたいことを両立して生きておられる様子を紹介する内容。 こ [続きを読む]
  • らくらく終活@福山市新市公民館がスタート!
  • さくらもチューリップもたんぽぽも!みんな綺麗に咲いて、ようやく「春」って感じの毎日です。 さて、今年度は新たな取り組みとして「らくらく終活」という、毎月1回・一年間の連続講座を始めることになりました。 これは、福山市の公民館で開催されている事業の一つなのですが、新市公民館さんでは「新市コミュニティカレッジ」という年間プログラムが開催されています。 今年は、13講座が開講され、200人以上の [続きを読む]
  • 女性が自分の墓を買う時代に通ずる気がしたこの回答
  • 今や、女性が「夫と同じ墓には入りません」と言う方は6割を超えたと聞いて、そういう時代よね〜と思っていました。 が、それは最近いきなりなったのではなく、少しずつ少しずつの蓄積だったのか〜と、再認識したこの記事。「妻が両親の介護をしません」ベストアンサーに選ばれた回答 このタイトルから見ると、その妻を批判しそうなものですが、まぁ中を読んでみてください。あ〜〜〜〜〜そうよね〜〜〜〜あるある〜〜 [続きを読む]
  • 最期の時の過ごし方「家族に迷惑をかけない」は正解か?
  • 家族に迷惑かけたくないんですこの言葉もよく聞くのですが、どういう意味の迷惑なのだろう?と、いつも思ってしまいます。 迷惑をかけることは悪いことでしょうか?迷惑をかけないことが、家族に求められていることなのでしょうか? 自分の意思を貫くこと昨日ご紹介したこちらのブログ「エンディング・ノートでも終活セミナーでも学べない!〜離島に学ぶ本当に豊かな『終活』」 本当の意味での終活という視点では [続きを読む]
  • エンディングノートに書いたから大丈夫。ではない終活
  • 自分の最期を、どこでどのうに過ごすのか。終活セミナーでも、このブログでも、色々とお話したり書いたりしてきました。 そんな中、こちらのブログを見つけました。「エンディング・ノートでも終活セミナーでも学べない!〜離島に学ぶ本当に豊かな『終活』」 現代の常識?ならそれはムリでしょうと、きっと言われることも、真剣に考え向き合えば、本当に幸せな時間と最期を迎えることができるのだと、このブログを読ん [続きを読む]
  • エンディングノートを普及するということ
  • 朝ドラも最終回。今日から新年度、という方多いですね。エンディングノート普及協会は、2013年1月に発足したのでこれまで新年度は1月でした。 が、来月5月からのステップアップを控え、今期より4月が新年度となることになりました。ということで、昨日〜今日にかけていろいろ考えました。 エンディングノート普及協会発足当初2010年にコクヨのエンディングノートが大ヒットしたこともあり、少しずつ「エンディングノー [続きを読む]
  • 小金地区社協さん(松戸市)で人生のしまい方セミナーでした
  • 3月28日(火)は、千葉県松戸市の小金地区社会福祉協議会様主催の終活セミナー「人生のしまい方」セミナーでお話させていただきました。 人生のしまい方・・・って結構重いタイトルなのでは?と思いましたので、冒頭に「今日は難しいお話しも、重い話もしないつもりです」と前置き。 いつもお話しさせていただきますが「そろそろ人生のしまい方を・・」なんて言いますが、そろそろっていつから?という話。 生物は [続きを読む]
  • 孤独死と食生活と生前の人間関係
  • ちょっとショッキングですが、こちらのネットニュースを目にしました。http://news.livedoor.com/article/detail/12840025/ 孤独死の問題は様々な要因がありますし、実は今の世の中では「特別なことではない」と思っています。 孤独死=身寄りがないおひとりさま とイメージされがちですが、そうとは限りません。 孤独死はおひとりさまだけではないこのニュースの男性も、身寄りがないわけではなく、 [続きを読む]
  • 終活は「まだ大丈夫」と「我が家は大丈夫」が命取り
  • 終活について、講師としてはいろいろなケースを例にあげてお話させていただきます。 しかし、残念ながら「そうだよね」と頷いてくださっていても「私のことだ!」と思う方は少ないようです。 Q:終活はいつから始めらたよいのですか?A:気づいた時から、今日から始めてください。人生の最後に向けて・・・なんて、いつが最後かわからないですよね?ず〜〜〜っと先のことかもしれないし、明日かもしれないでしょ?「お [続きを読む]
  • アルツハイマー病と仕事と仕事仲間
  • 社会人になって3年目の息子に車で送ってもらうと、あれこれ話す時間ができます。もともとよく喋る子で、車でも一人でしゃべります。そんな息子から、最近2回ほど社内のアルツハイマー病を発症した方の話題が出ました。少しずつミスは増えていたらしいのですが、最近では立ち上がりや振り返りなど、足元の動作にも影響があるらしいのです。それで、治療に専念するとのことで休職されると。1度目に息子から聞いた時には、ミスが増え [続きを読む]
  • エンディングノート&お薬手帳活用法@枚方市
  • 昨日は大阪は枚方市でお話をさせていただきました。 お部屋の関係で定員は40人。キャンセル待ちも出ましたとの担当者さんのお話に、感心の高さが伺えます。 みなさん「学ぶぞ!」という雰囲気でお集まりくださいました。 今回のテーマは「エンディングノート活用術〜あなたらしく今を生きるために〜」 みなさん、エンディングノートを書いてみたい、書いた方が良いのでは?でも、何からすれば?そのようなお [続きを読む]
  • 聞いておけばよかった‥をなくす終活&エンディングノート
  • エンディングノート普及協会を立ち上げようと思ったのは「聞いておけばよかった」をなくすには、エンディングノートに書いてもらうのが良いのではないか?という思いがありました。 もちろん、今でもそれは変わっていませんが、活動の中でエンディングノートを書くのは難しいエンディングノートはなかなか書けない書けないから問題点も見えない書けないまま「聞いとけばよかった」がやってくるという問題が、はっきりとして [続きを読む]
  • 2017年終活・エンディングノートの書き方講座は福井から
  • 2017年も終活講座、エンディングノートの書き方講座の講師ご依頼をいただいております。今日は、昨年末にお問い合わせをいただいた、福井市内で開催されたリフォーム展さまイベント内でのお話しでした。福井は、昨年秋にあわら温泉に行ったくらいで、福井駅に降り立ったのは初めて。街のあちこちに残る雪を見て「すごい雪ですね」と言うと、みなさん「全然ないよ」とおっしゃる。けど、これです(汗)1mはありましたよ。今回は、リ [続きを読む]
  • 2017年の目標その1「やりたいことをやる・読書の時間を確保する」
  • 新年を迎え「今年の目標は何にしようか?」と考えていたところに、娘が「TSUTAYAのポイントがつく券、今日までだった!」と言うので慌ててTSUTAYAへ。 といっても、娘は「年末にこの券をもらうのに雑誌を買ってるから、もう買うものがない」と言います。そこで、何か面白そうなものはないかしら?と店内をウロウロ。TSUTAYAと言っても私が見るのは本の方です。 結構本屋さんをウロウロするのは好きなのですが、買っても [続きを読む]