ららら さん プロフィール

  •  
らららさん: 塾なしで中学受験に挑戦しました 〜記録と体験談〜
ハンドル名ららら さん
ブログタイトル塾なしで中学受験に挑戦しました 〜記録と体験談〜
ブログURLhttp://jyukunashi.net/wp/
サイト紹介文ベネッセの中学受験講座を使って塾に行かずに自宅で受験勉強した体験談。模試の公開も。
自由文お金をあまりかけることなく塾に行かずに自宅で受験勉強しました。併願校の栄東中学校のこと、通信教育、模試、使った問題集などのレビュー、雑感などをつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/02/03 00:35

ららら さんのブログ記事

  • ゆるく過ごした中学受験生の夏休み… 《体験談》
  • 我が家は本当に受験するのかしないのか、あやふやだったというのもあって、6年生でものんびりした夏休みを過ごしました。6年生の夏休み 《体験談》あえて旅行に行った理由↑上で大型旅行に行ったとありますが、行先は海外です。海外は滅多に行けるところではありません。3年かかりでお金を貯め、タイミング的には家族で行くのはこれで最後になるかもしれないな、と思って行きました。あえて6年じゃなくても5年でも良かったのかも [続きを読む]
  • 下の子では同じように中学受験は無理…かも 《体験談》
  • 誰にでも同じようにはできない、中学受験上の子の時にはなんとか自宅学習で中学受験をすることができましたが、下の子には無理…かもしれません。といっても、まだまだ年の差があって中学受験を考えるような年頃でもなく、普通に地元中学でもいいと思ってます。やりたいと言わなければそのままにしようと思ってます。親が教えるのは無理…と思える時々聞きます。親が教えるとケンカになってしまってダメだからプロ(塾や家庭教師な [続きを読む]
  • イライラの原因 《体験談》
  • 今だからこそ穏やかな気持ちでブログを書いていられるものですが、前のブログを少し読み返してみると、当時イライラしていた様子が自分の口調に少しずつ現れているなあと思いました。学習塾に行っているケースであれ、塾なしであれ、子どもの勉強でイライラしないなんて無理です…。(そしてそれは現在進行形でもあったり…)でも振り返ってみれば分かる、イライラの原因、並べてみました。時間を守らない自主性に任せるのが理想だ [続きを読む]
  • 一家に一冊?、中学受験案内
  • あの、よくある電話帳のような分厚い中学受験案内。結構はお値段するし、必要かしら?と悩むことも多いのではないでしょうか。場所を取りそうなほど大きいし、今やネット社会だから知りたいことはすぐ調べられるし。学習塾に通っていれば、たいてい置いてあるだろうし。便利なのがなんと路線図偏差値一覧表は模試を受けたらもらえるし、なんなら各塾からダウンロードもできちゃう。どうしてもこの電話帳からじゃなくても構わない情 [続きを読む]
  • チャレンジ中学受験講座4年生から5年生へスパイラル学習
  • 少しネタが尽きてきたので(忘れてきたとも言う…)、前のブログから引用して4年生から5年生の中学受験講座が届いたときの感想を転記してみようと思います。チャレンジ中学受験講座の4年生をやっていた時、正直、こんなにあっさりしていていいのかな〜…と不安だったのは否めません。今振り返ってみると、なんとなくやっているのでも、それで正解だったんだな、と思います。5年生の中学受験講座ぱっと見。やっぱりなんだか今までよ [続きを読む]
  • 中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ
  • テレビの中学受験特集などでは優秀児の御三家合格のような、ちょっと雲の上の子と思えるようなパターンの子が紹介されがちですよね。自分の子と違い過ぎて参考になりにくい…もっと現実的な一面が見たいのに。中学受験をはじめる前にそんなパターン例をみることができる漫画があります。中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ 日経BPムック 日経DUALの本最難関を目指す過程や中堅校、公立中高一貫校などを目指す4家族の例を漫 [続きを読む]
  • 受験するの?とまわりの人に聞かれるとき 《体験談》
  • 私は自分からまわりの人に受験するとは言いませんでした。しかし、4年生、5年生ごろから娘は友達などに中学受験に興味があることを自ら話していたようです。そのため、私は時々受験するの?と聞かれることも増えるようになり、ちょっとずつはぐらかせていたものの、6年生後半ではついに認めることとなりました。本当に受験するか謎だったのではぐらかす中学受験したいのではなく、中学受験講座の勉強がしたいという変な動機ではじ [続きを読む]
  • 自宅学習での中学受験に必要不可欠なのは子どもの意思
  • 中学受験のきっかけが親の意思だったり、子どもの意思だったり、さまざまなケースがあると思いますが…。少なくとも、私は自宅学習で中学受験をするならば、絶対的に必要なことは子どもの意思だと考えています。そんなことは当たり前と思われるかもしれませんが、一一応思ったことを…。理由その1:中学受験はマイナーであること通っている小学校によるかもしれませんが、中学受験自体はわりとマイナーなことです。他の子どもはし [続きを読む]
  • のんびり自宅学習での中学受験スタイル《体験談》
  • 中学受験と聞くと、学習塾にびっちり通う夜遅くまでびっちり勉強とにかくお金がかかる習い事などはセーブもしくは全部辞めて受験まっしぐらのスケジュールとなる休みの日も勉強中心というイメージです。私もそうでしたし、多分、そんなにイメージから間違ってはいないかと思います。ただ、必ずしも中学受験=上記のイメージ というわけでは無いです。色んなパターンがあって、そのうちの一部が上のイメージのスタイルとなっていま [続きを読む]
  • 全国統一小学生テスト5年生6月 《テスト》
  • 娘が5年生の6月に全国統一小学生テストをの試験を受けた結果です。教科点数(前回)偏差値(前回)平均点順位算数114/150(90)61.0(56.2)89.42391/26203国語109/150(141)60.8(67.2)79.93933/24566理科84/100(85)65.0(67.9)60.81232/22083社会88/100(85)65.8(62.9)60.0768/216022教科223/300(231)62.2(64.1)169.32890/245663教科307/400(316)63.5(66.5)231.92080/245474教科395/500(401)64. [続きを読む]
  • 芦田愛菜ちゃんPart2
  • 以前にも芦田愛菜ちゃんのことを記事にしたのですが、⇒芦田愛菜ちゃん芦田愛菜ちゃん驚いたのが、全然隠さないんだな、ということです。きっと芦田愛菜サイドでも「あ、別にいいですよ」なんて言っているようにオープンですよね。テレビでも週刊誌でも。さらに、早稲田アカデミーの広告にも採用。早稲アカに通っていたことを隠さないところが堂々としていて好感もてます。1日12時間勉強したとか、王貞治さんの言葉を励みにしたと [続きを読む]
  • ライブ授業でのライバル
  • ふと思い出したこと。ベネッセの中学受験講座では、算数のライブ授業(受験算数ウェブ授業)がありました。確か最初はモニターで募集してて、それに当選したので試したのが最初でした。ipadを使ってのライブ授業でしたが、ipadはベネッセから貸し出してもらい、ipadを持ってなかった当初はスゴイ画期的なアイテムだ!と思ったのを覚えています。(その後、モニターを経た受験算数ウェブ授業はパソコンでのやり取りになりました)そ [続きを読む]
  • 全国統一小学生テスト、6月に開催
  • CMなどで有名なので聞いたことがあると思いますが、全国統一小学生テストが6月に行われます。今年平成29年は、6月4日日曜日です。我が家は、中学受験を急に考え出した時、とりあえず受けてみるか、と受けてみたテストでした。申込みは4月28日(金)からとなっております!以前にも記事に書いたので詳しくはこちらの記事から⇒全国統一小学生テストの申込み⇒四谷大塚の全国統一小学生テストのホームページはこちら Copyright [続きを読む]
  • 4年生から6年生までの3年間のやる気推移 《体験談》
  • 中学受験は4年生からはじめると、6年生まで続けることになります。3年間も…異常な世界です。しかも自宅学習となると、周りは中学受験勉強してないのに、自分だけがという特殊な環境になるわけで。なかなか、難しいわけです。そんな娘のやる気推移グラフを作ってみましたが、こんな感じ。4年生前半今までにないちょっと難しい取り組みにワクワクしていたので、やる気十分でした。中学受験講座の内容が少ないので親としてはちょっと [続きを読む]
  • 下剋上受験第9・最終回 《テレビ感想》
  • 佳織ちゃん、いつの間にか偏差値60へあんまり勉強の過程の描写が薄いからどうしてそんなに偏差値が上がったかよく分からないんですよ…。ホームドラマの部分はよく描けていると思いますが!(でもこの部分ってほとんどドラマオリジナル要素ですよね?)何をどうやって成績が上がったかそこが知りたい部分なのに!ドラゴン桜のぱくりと言われてもいいからそこが見たかったなあ。第二志望の学校へ桜葉学園には落ちてしまいましたが、 [続きを読む]
  • 親が中学受験経験者じゃなくてもなんとかなった
  • 自宅学習での中学受験は「親が経験者じゃないと無理」、とか、「親が勉強を教えられないと無理」、などと聞くことがあります。私も、何の本か忘れてしまったのですが、中学受験をするための親向けの本を立ち読みしているときに、そう書いてあったのを見たし、ほぼすべての本が「どの塾にするか」という塾前提の視点でしか書かれてなくてちょっとムっとしたことがあります。経験して思ったのは、中学受験は親が教えられるとか経験者 [続きを読む]
  • 5年生の後半から首都圏模試
  • 模試の結果を報告すると書いておいて、いまだ書いてなくてすみません。少し間を置きたかったのでご了承ください。今年から徐々に小出しに出していきます。まずは、四谷大塚主催の全国統一小学生試験の5年生の時の結果と、5年生の後半から首都圏模試を2回受験したので、それらをまず報告していく予定です。5年生の立ち位置を知るために…ベネッセの中学受験講座をのんびり続けていた当時、立ち位置をそろそろ知る必要があるな、と思 [続きを読む]
  • 「下剋上受験」第7・8回 《テレビ感想》
  • レビューが滞っていてすみません。塾なし中学受験の経験の共通点があるので、ドラマを楽しみにしています。※原作は未読です。下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!親子のぶつかり合い7回目は、父、精神を患い倒れるの巻。お父さんは真剣に考えるあまり娘に衝突するように。佳織ちゃん、「偏差値上がらなくてごめんなさい」とか、かわいそうで…。8回目は家族のことを想うあまり佳織ちゃんが「もう [続きを読む]
  • 「下剋上受験」第6回 《テレビ感想》
  • 自宅学習で中学受験を試みた家庭の立場から、毎週視聴を楽しみにしています。といいつつ、レビューがおざなりですみません。下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!まりあちゃんの偏差値は68どこの塾で出したものかは分かりませんが、リアルにすると面倒くさいだろうから、あのドラマの世界では一つしか塾がないのでしょう。桜葉学園も架空だし、それはそれでいいと思います。まりあちゃんの徳川父、 [続きを読む]
  • 「下剋上受験」第5回 《テレビ感想》
  • ちょっとレビューが遅くなりましたが、下剋上受験のテレビ感想です。間が開いてしまい内容があまり覚えてなく。ちょっとリアル感ないドラマ当初からリアル感ないのは分かってましたが…。桜葉学園の過去問を一緒に解いた佳織ちゃんとまりあちゃん。まりあちゃんが過去問全問正解だったらしくてへこむ佳織ちゃん…の回。過去問を5年生の時点で解くって!まあダメではありませんが…。あと、ドラマや漫画でよくある満点設定って!公 [続きを読む]
  • 芦田愛菜ちゃん
  • すでに噂で流れていたようですが、ニュースでも難関中学合格のことが記事になりましたね。芦田愛菜、超名門私立中に合格 昨夏から芸能活動セーブで1日12時間の猛勉強 女優の芦田愛菜(12)が、都内の名門私立中学に合格し、今春から進学することが10日、分かった。同中学は、偏差値70を超える首都圏では最難関校の一つとして有名。芦田は、女優業のかたわら、大手の中学受験予備校に通い、見事にサクラを咲かせた。昨夏 [続きを読む]
  • 中学受験特集のテレビ 《テレビ感想》
  • 中学受験の特集をするテレビをいくつか見ました。スッキリ日テレ朝の番組。開成中学校の子たちだったかな?ちょっとうろ覚えですみません。1日5時間勉強?休日は10時間?とか言っていた気がします。誕生日に大きなホワイトボードはこの番組だったけ(次のビビットだったらすみません)。ホワイトボードいいよね、欲しいな〜あったら便利だな〜と思っていた時期ありました。ビビットTBS朝の番組。開成と桜蔭の子。オリラジあっちゃ [続きを読む]
  • 制服採寸(地元公立・進学中)《体験談》
  • 中学に合格し、いよいよ進学先が決まると制服採寸がありますね。娘の場合、公立に行く可能性もあるので、公立中学校と進学先中学校、両方の制服採寸をしました。公立中の場合は小学校でまず、公立中の場合は制服がバザーに出ることがあり、それも狙ってました。娘は直前まで公立に行くのか?と迷わせていたのでいざというときのためにバザーで制服を手に入れておきたかったんですよね。しかし、バザーでは出遅れて入手できず。。結 [続きを読む]
  • 英検4級受験、合格
  • 娘、1月に英検4級を受験、合格しました。準備は約2ヶ月12月に英検4級の受験を持ち掛け、1月22日の試験で無事合格しました。英検4級は中学2年生相当で、英検5級にした方がいいかとも思ったのですが、「まあ、受かるだろう」という甘い読みで4級にチャレンジさせました。同級生は英検3級以上がチラホラ娘のまわりですが、すでに3級、準2級と持っている子も多いようです。私のときとは違って、英語に関していえば娘の [続きを読む]
  • 「下剋上受験」第4回 《テレビ感想》
  • 2月3日に放送された金曜ドラマ「下剋上受験」4回目の感想です。主演は阿部サダヲさん。奥さんは深田恭子さんが演じています。原作は未読です。下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!旅人算旅人算の相対速度とやらを説明するのが困難なお父さん。お友だちに付き合ってもらってなにやら金八の舞台のような川の堤防で実験。なんとなくつかんだ様子。しかし、友だち、いいやつばかりだなあ....岡田浩 [続きを読む]