田舎ももんが さん プロフィール

  •  
田舎ももんがさん: まほうのじかん
ハンドル名田舎ももんが さん
ブログタイトルまほうのじかん
ブログURLhttp://ameblo.jp/inakamomonga/
サイト紹介文動物やペットがくれた癒しのひととき。まほうのじかん。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/02/03 19:20

田舎ももんが さんのブログ記事

  • 浜錦と高頭パール
  • 去年高頭パールの育成(僕に言わせると研究)に一緒に参加した浜錦です。そういえばこんな子もいます。 こういう浮気はもうできません笑 浜錦といわれる金魚はもう昔の浜錦との血縁関係にないのではと思ってしまいます。そして高頭パールと血縁が深いのではと個人的に感じています。別筋というほど系統もないでしょうし。 私がかつて高頭パールを繁殖させたときに普通鱗の稚魚を育てたんですがブログの読者の方に「素晴らしい浜錦 [続きを読む]
  • 一品種にこだわるべきか
  • 今までも二年連続で金魚を繁殖させたことはあったがその時は自然産卵だったので数が全然少なかった。 今は人工授精。まともに成功すると千匹の稚魚が孵る。 それが二年連続。ここまで苦しむとは思っていなかった。 他の方どうされてるんでしょうか?際限なく飼育規模が広い方だけじゃなく僕のようなただのサラリーマンの一部屋、繁殖って方は毎年どうしてんだろ?なんて思ったりして。 将来的には一品種に絞って専念するのがいい [続きを読む]
  • 備忘録
  • 備忘録2014年いまの住居に引っ越してきたとき金魚は相当減らして一部の親以外は知り合いにあげたりしてきた。 その年に桜東f2が産まれました。桜東f2のときはプラ舟は使わず水槽二本で一軍と二軍を育てていたような気がする。 翌年の繁殖を見据え高頭パール親魚を買う。 2015年にはその高頭の繁殖に失敗。外国産だったため四季の移ろいを金魚に感じさせるのが難しかったのが失敗要因。その親の高頭も死亡し更には桜東f2も結構落 [続きを読む]
  • キャパシティ
  • 我が家の金魚の設備を。 プラフネ80一本60cm水槽三本トリートメント槽 そして我が家の金魚は 桜東2016年産東錦2017年産東錦親群高頭パール(今年繁殖失敗) 考えてみれば二年連続で金魚の子引きをしたことはなかったので金魚が過密になってきています。キャパシティ(容量)を超えています。 今はまだ大丈夫ですが今年の東錦が大きくなってきて1軍漏れの金魚をホームセンターに持っていくまでのストック槽が確保できて [続きを読む]
  • 孵化から一週間の金魚の稚魚
  • 孵化から一週間の金魚の稚魚です。先週の金曜日に孵化したのでちょうど一週間です。まだ尾の開きがわからないので選別は二週間先かなあと思いますまた孵化数ですが大変多いです。例年言ってますがちいさな金魚には無限の可能性があります。親をゆうに飛び越えて名金魚になれる金魚だって育て方次第ではいるはずなんです。血統だけはいいはず…の金魚。親はさっぱりだけど…の金魚。毎日お世話していこうと思います [続きを読む]
  • 孵化しました!感謝!
  • 今朝から孵化が始まりました。月曜に産卵しまして今日は金曜。5日目の孵化です。 水槽は無加温なので少し涼しかった今週はこのくらいなんでしょうね。 まだちゃんと泳ぐことができずに水槽につかまっています。 明日あたりにお腹が減って泳ぎだすので初めてのエサをあげようと思います。 うちではゆで卵の黄身を溶いたものを最初のエサにあげています。あとはブラインシュリンプです。 ブラインは孵化器を今日作ったので明後日から [続きを読む]
  • 産卵から誕生にカウントダウン
  • 6/12産卵の金魚の卵無事授精していたようでお目目が見えてきました。 あと2日か、3日で孵化してくれると思います。受精率は高く95%くらいだと思います。 本当によかったです。 さてこの卵がなかったら…今年はどこかから稚魚を導入しようかと考えていました。 ただ稚魚で買うとハネをつかまされる可能性が高い。。。 私は品評会は目指していませんがそれでもやっぱりいい子を育てたいんです。 以前有名なブリーダーさんから購入した [続きを読む]
  • 諦めてからの…金魚
  • 昨日の記事にいいねしてくれた方、たくさんいらっしゃってありがとうございます!私のように月に数回しか記事を書かないものに10件もいいねが付くということはこれはありがたいことだとしみじみ思います。 しみじみ思っているのは…諦めちゃダメですね。絶対に諦めちゃダメなんです。 というわけで 我が家でどうしてもみたかった金魚の卵、大漁です!今朝産まれました! ただ…品種が高頭パールじゃないんです(笑) 三月から準 [続きを読む]
  • ほぼ諦めました
  • 高頭パールの繁殖のために空けておいた水槽に東錦を入れてみました。 高頭のほうはまったく産む気配がなく今シーズンはほぼ諦めました。 良いオスがいるのにメスを揃えられなかったことが今回の敗因です。 かの志村さんでもオスを3匹、メスを50匹種親確保してるんですって。 うちではそれは無理ですがもう少し揃えておかなければいけなかったですね。 コチラが反省の高頭ちゃん。 高頭パールは繁殖しなくても安価で手に入ります [続きを読む]
  • 育成は進んでます
  • 今年の繁殖は暗礁にのりあげてますが。。。 去年産まれた桜東の育成は着々と進んでます。といっても五月から始めたんですが。飼い込みはプラフネで。エサは人工飼料を自動給餌機で落としアカムシも与えています。年明けまで小柄だった子たちもこの一か月でグングン成長しています。 もう種親と同じくらいの体格になってきています。 うーん頼もしい。 これから病気に気をつけつつ秋まで育成を進めて順調なら来春にこの金魚たちを親 [続きを読む]
  • ほほう。君ら産む気ナシだね
  • 一か月待ってみましたが全然産みません。 昨秋の判定でメスともくろんだ本命ちゃんが待てど暮らせど産みません。 オスは仕上がっているのですが卵がなければ人工授精ができません。 …気づいてたけど君ら産む気ナシだね。 これは新しいメスを迎えたいところですね。というのは来春以降の繁殖を見据えた話です。 今春はこのメンバーでいくしかないのでまさかの一発に神頼みしかないようです。 ここでお魚のイラストの話を。 ホーム [続きを読む]
  • お久しぶりです。産んでません。
  • お久しぶりです。今年は高頭パールの繁殖を目指し、三月から準備してましたがタイトルどおりまだ産んでません。 最近ようやく追尾をしだしたのでまだこれからかなあと。 産卵した後に向けて水槽を一本空にしてスタンバっているんですがね。こればっかりは産んでくれるのかくれないのかわかりませんね。 [続きを読む]
  • ツチフキ
  • ツチフキのイラストを書きました。学名 Abbottina rivularis日本の淡水魚ですが最近は減少が著しく分布域が狭まっていると指摘されています。かつてたくさん生息していた淀川では1994年以降発見されていません。 [続きを読む]
  • ウグイ
  • ウグイのイラストを書きました。学名 Tribolodon hakonensis日本中の淡水域でほぼ見ることのできる魚で馴染みのある方もいらっしゃると思います。ボクも川釣りで初めて釣ったのはウグイでした。そして連れて帰り家で飼ってたこともありました。たしか小学校のクラスでも飼ってたな。そして毎週土曜に水替えしてたな〜。まだ週休二日が隔週だったんですよ。懐かしいな。繁殖期には朱色のラインが特徴ですね。 [続きを読む]
  • アカメ
  • アカメのイラストを書きました。学名 Lates japonicus眼が赤く輝くことが大きな特徴の日本固有種。高知県から宮城県にかけての沿岸部に生息しています。河口などの汽水域にもよく生息しますが、純淡水域には姿を見せません。幼魚はアマモ場に生息することでも知られています。 [続きを読む]
  • 難しいこと、だからやろう
  • 今年に入ってから金魚の記事をまだひとつも書いていないことに気づきました。 1/31ですが皆様あけましておめでとうございます。 私のポリシーは親よりいい子を育てるという一点です。 これがなかなか難しいことです。 まず繁殖させなければ子はとれません。計画的に自分が狙った親同士の子をとらなくてはなりません。 私の金魚は今三世代目まで。繁殖させるだけなら狙い通りできるようになっています。&n [続きを読む]
  • カムルチー
  • カムルチーのイラストを書きました。学名 Channa argus原産はアムール川以南のロシア沿海地方、朝鮮半島・中国まで分布しています。国内には1920年代に朝鮮半島から持ち込まれました。外来魚です。別名 雷魚、英名はスネークヘッドでも有名。 [続きを読む]
  • ニジマス
  • ニジマスのイラストを書きました。学名 Oncorhynchus mykissこちらの原産は北米、カリフォルニア南部からアラスカ南部、カムチャッカにかけて分布しています。養殖が盛んで重要な水産魚種である一方自然水域への放流、定着が問題となっています。 ニジマスは2009年に書き直しを行っていましたが(未発表)それから8年が経過してどうしても気に入らなくなり、また書き直しを行いました。2013年時点であと数 [続きを読む]
  • コクチバス
  • コクチバスのイラストをかきました。学名 Micropterus dolomieu dolomieuこちらも言わずと知れた外来魚原産は北米五大湖周辺から北米中東部。流水への適応性が高くまた低水温にも極めて強い。在来魚の食害が懸念されています。オオクチバスよりも口が小さく口の後端は眼の直下を超えないことで区別されています。 [続きを読む]
  • 2016 振り返り
  • 2016年の振り返りをします。私生活はさておいて金魚のなかでは桜東が産卵したことでしょう。三世代目の稚魚たちを育成してまた来年の育成が楽しみです。 また高頭パールの育成記録をつけた年でもありました。育成に使った子は自家産ではなくよそから購入したちいさな金魚。 でも小さな金魚には無限の可能性が隠されています。それが私のポリシー。 もっと頻繁に記録を残せればよかったですがまあ、こんなもんで [続きを読む]
  • 今年の親魚です
  • 久々に載せますが今年の金魚の親たちになります。 こっちみてるのがオスあっち向いちゃってるのがメス(f2) 両方ともに三歳魚なんですがメスのほうはすっかり衰えてきています。やっぱり卵を産むってことはエネルギーを使うってことなんですかね。 今年いい子をたくさん産んでくれたメスf2には感謝してます。 来年の金魚の繁殖は桜東はお休みして高頭を予定しています。 桜東は再来年にむけて育成をし [続きを読む]
  • カワマス
  • カワマスのイラストを書きました。 学名 Salvelinus fontinalisこちらも外来魚。原産は北米大西洋側。体や背ビレの模様が大変複雑で描きがいのある魚でした。まだまだ外来魚を書いていこうと思います。イラスト図鑑は残りわずかなんですがなかなか進まない。ジレンマはありますがマイペースに一歩づつ。 [続きを読む]
  • オフシーズン、てぬき
  • 我が家は寒冷地なので9月くらいからもうオフシーズンなのです。 エサも一日1回ごく少量を与えるのみ。 気をつけていることはスポンジフィルターのエアが止まってないか気をつけてるだけ。 仕様なのか知りませんがよく止まるんですよ。テトラのスーパーフィルター。 1日くらいなら問題ありませんが。 オートマッティック [続きを読む]
  • 教祖様とその金魚。その後
  • うさん臭いおっさんの金魚旧品種名で某オークションに出てますね。 「違いは明らか」と高らかに謳ってたのに教祖様の手を離れるとこの扱いですか。 いえこれが順当な取扱いなのかもしれませんね。それでも買い手ついてないし。 本当にいろんな種名がつけられる金魚の世界ですが固定化された金魚に敬意をはらって交配してほしいと思います。 1世代とってもう新種というのは素人の世界だけにしてほしいのです。 [続きを読む]