トリトン さん プロフィール

  •  
トリトンさん: 疾風の如く
ハンドル名トリトン さん
ブログタイトル疾風の如く
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/toriton17
サイト紹介文「美人画」と「弓道」の日記です。自分の日々の生活の出来事を好きに書いております。
自由文おおらかにのびのびと生きたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2013/02/04 08:59

トリトン さんのブログ記事

  • 美人画「黒髪の娘」
  • 同じ日に2枚目です。おなじみの和服姿の娘。ラフ。自分で描いてなんですが、好きなタイプです(笑)たとえ写真があっても、誰を描いたのかわからないところが強みです。だって、似顔絵が描けないんですから・・ [続きを読む]
  • 美人画「金色の瞳」
  • 顔には、黄金比というのがあるそうですが、普段は、あまり意識してはいません。結局、絵と言うのは、描く人の感覚の世界であり、美しいと感じる顔も、きっと、人それぞれ・・。国籍や年齢、好みの顔だって違います。万人が好む顔があるかもしれませんが・・・自分にはわかりません。骨格などの基本はあっても、あくまでそれは基本。結局、自分が美しいと納得できる顔を描くしかないのかもしれませんね。 [続きを読む]
  • 久々にゆったり(笑)
  • 久々にゆっくりしている。何の予定もないお休みです。明日は稽古があるけど、それ以外は特になし。本当に久しぶりな「ゆったり」・・先ほど、本を4冊、ネットで注文しました。ポチッと買い物はよくあるけど、少しはまとまった読書もしたい。絵も弓道も、コツコツ努力精進していればいいと思いますが、急にうまくもなりませんので、本当に今日できることをコツコツです。最近、ブログを更新していないのも、絵を描いてるからですね [続きを読む]
  • 美人画「シーリーンの花」
  • タイトル「シーリーンの花」とは、チューリップの事です。これは、ペルシャの伝説からとったものです。昔、ファルハドという青年は村長の娘シーリーンと恋をした。村の井戸が枯れたのでファルハドは井戸を掘り始めた。あまりに我を忘れて井戸を掘ったので、水は沸いたのだけども、気が付くとシーリーンは死んでいた。悲しんだファルハドは崖から飛び降り死んでしまう。そのとき流れた血がチューリップになった。そこまで無我夢中に [続きを読む]
  • 肩のラインを修正。
  • ほんのちょっとした事なんですが、気になっていたので、修正を加えました。首から肩のラインを変えて、絵が落ち着きました。自分としては、こちらのほうがいいように思います(笑)絵は、大きくなるほど難しいです。えんやこら! [続きを読む]
  • 「武人」鉛筆画
  • えーと・・・(笑)なんて言ったらいいのかな・・。いつもの美人画ではなく、強いて言うなら「武人画」?武人を描いてるから、そういうことですね。いわゆるカンフー映画好きの方は、とっくに知ってるでしょうけど、あの「イップマン・葉問」(序章の続編)を見ていて、つい描いてしまいました。昔から、あの手の映画が死ぬほど好きなのですが、美人画と限定しなければ、こういう絵も出ては来ます。早い話が、気分転換ですか。漫画 [続きを読む]
  • 美人画「無題」
  • 毎度、似たようなアングルでございますが(笑)ちょっとした課題みたいな感じで、こういうアングルで描いております。・・っていうか、この角度からの顔が好きなのですね。まあ、そういうわけで、凝りもせずアップしておきまする。 [続きを読む]
  • ドアを開けない。
  • アパートのドアを、誰かにノックされると、「はあーい!」と元気よく返事をして、すぐにドアを開ける自分がいました。でも、最近は、それはやらないようにしています。返事はするのですが、まず「何でしょうか?」と聞くのです。特に4月は、いろんな客?がやってくるので、ドアを開けずに聞き返します。都会生活なら、誰でもやっている当たり前のことですが・・自分はやってませんでした。すぐにドアを開けると、何者かもわからな [続きを読む]
  • 「モアナと伝説の海」を観る。
  • 予告編を観た去年から、必ず見に行こうと思ってました。南国の世界が元々大好きだし、この映画の海の映像も見たかった。海の映像は、確かにものすごく綺麗でした。最近のCG技術は、もはやぶっ飛ぶ!ものがあります。ただ、内容自体は、もうひとつ起伏がなく、ちょっと退屈(笑)まあ、伝説の海ということで、ある種のファンタジー世界であり、ちゃんと冒険もしてるし、ディズニーらしい怪物が出るんだけど、あと一歩、しっかりした [続きを読む]
  • 鉛筆画「無題」
  • 綺麗に・・丁寧に描こうと思うあまり、思ってたような表情にはなりませんでした。綺麗なのも丁寧なのもいいんですが、肝心の表情がイマイチではね・・(笑)つまり、なかなかすんなりいい絵は生まれてこない。まだまだ未熟ということなのですよね。では、コツコツ頑張りましょう。 [続きを読む]
  • 「醍醐芳晴・永山裕子 二人展」に行く。
  • 今日(日曜)は、朝6時半から、野川にウォーキング&ジョギングに出る。ピッチングフォームを未だに研究している自分がいる。もう投げることはないんだけど、しょうがないね(笑)バッティングフォームも、未だに素振りとかして研究している・・。帰宅したら、すでに8時半になっており、朝飯をサクサク食べて弓道場へGO!!右肩に違和感があったけど、そこそこの数を引く。以前から悩みの種だった妻手の緩みが徐々に改善されては [続きを読む]
  • 多摩川沿いの見事な桜
  • こうしてみると、本当に春です。まだ夜は少し寒かったりしますが、春ですね。昼間は、わりと暖かいので、皆さん花見です。多摩川沿いの堤防では、散歩やジョギングをしてる人たちも、たくさん見かけます。風が強くて、気圧の変化で、頭痛など出てたりもしますが、これからは、日も長くなり、活動時間も長くなるというわけです。さあ、新たな目標をしっかり設定して、頑張っていきましょう!!モンハンなんかやって、時間をつぶして [続きを読む]
  • 野川の桜・散歩道。
  • 野川の桜たちが、雨にも負けず咲いています。この写真は川上(調布)方向を写したものです。こちらは、川下(狛江市)方面です。早朝には、いろんな人が野川沿いを散歩しています。なかなか気持ち良い写真が撮れていました。自分で見ても、心地よい写真です(笑)桜のトンネルは続き・・さらに下っていきます。まだもう少し桜を見ていたい春です。それでは、また [続きを読む]
  • 「プレイボール 2」スタート!
  • あの少年漫画の名作「プレイボール」の2が始まった。不滅の金字塔「キャプテン」の続編が「プレイボール」である。作者は、ちばあきお氏だが、ご本人はご逝去されているので、それを受け継いだのが、コージイ・城倉さん。読んでみたが、絵を実によく似せて描いている(笑)よっぽど好きで、影響も受けていないとあそこまでは描けない。プレイボールの終わりあたりから描いてるのも嬉しい。ただ、あの漫画には、致命的な部分があっ [続きを読む]
  • 「プレイボール 2」スタート!
  • あの少年漫画の名作「プレイボール」の2が始まった。不滅の金字塔「キャプテン」の続編が「プレイボール」である。作者は、ちばあきお氏だが、ご本人はご逝去されているので、それを受け継いだのが、コージイ・城倉さん。読んでみたが、絵を実によく似せて描いている(笑)よっぽど好きで、影響も受けていないとあそこまでは描けない。プレイボールの終わりあたりから描いてるのも嬉しい。ただ、あの漫画には、致命的な部分があっ [続きを読む]
  • 久しぶりの朝稽古〜的前へ。
  • 弓の稽古がおろそかになっていましたので、今朝は個人利用で稽古しました。そこでも、飽きもせず巻藁なんですが、いい感じにはなってきています。充分に?出来る限り引き絞って引くと、巻藁に深く突き刺さります。つい先日は、巻藁を貫いて、矢が半分ほど向こう側に出てしまいました。そこで、割と感じが良かったので、的前に立って引いてみました。的を付けずに、会がどれだけあるかを見るためでしたが、引き絞って5〜6秒はあっ [続きを読む]
  • 楽描き。
  • せっかくの日曜だけど、雨です。その雨で、どこにも出かけないので、暇つぶしに、サラリと一枚描きました。こういうのは楽〜に描いたから、楽描きといいます。春の雨で、桜が、これ以上散らなければよいのですが・・。晩御飯を美味しく食べながら、映画「イップマン 序章」を観ました。とてもい映画ですが、この作品では、日本軍が悪役です。まあ、そういう時代だったから仕方がないけど、イップマンは、物静かで節度があり、非常 [続きを読む]
  • 「百年祭」と「百(もも)」
  • 曽祖父(ひいじいちゃん)が亡くなって、今年がちょうど百年ということで、うちの田舎で、親戚筋を集めた「百年祭」が、3月25日に行われた。没後百年・・それを祝っていただける曽祖父は、実は、立派な方である。それというのも、金光教というのがあるが、それを宮崎に広めた人物だからだ。それで、金光教会が、曽祖父を祭り、その子孫に集まってもらって祭典を行った。もちろん、親族が多く集まったのだが、本家の長男である自 [続きを読む]
  • 多摩川沿いの桜。
  • 和泉多摩川あたりの桜です。実は、もうちょっとですね。咲いてるところは咲いてますが、もう少しです。それでも、強い風が吹くと、ひらひら〜っと桜吹雪が舞い散ります。週末は、曇りや雨らしいので、早めの桜見物がいいかもしれない。多摩川にも、春がやってきました。 [続きを読む]
  • 稽古に励む。
  • 今夜は、久々に弓道場で稽古しました。10日近く休んでいました。頭の中が、絵の事ばかりだったのと、それに関わるイベントがいくつかあったからです。でも、一段落して、ようやくまた弓の稽古が出来ます。外に巻藁を出して、これまでやってた事を忘れていないか、ちゃんと体がやれているかをチェックしながら引きました。そして、新しい試みをいくつかやってみました。なんだか今は、技術的なこと以上に、精神面が重要になってき [続きを読む]
  • モデル撮影をしました。
  • もう何度目かな・・モデルさんを呼んで撮影するのは・・。だから、手慣れた感じで撮影を行いました。今の時代、美人の映像は、ネットでいくらでも手に入りますが、やはり、好きなポーズをとってもらうには、モデルさんが必要です。最初は、桜の前で着物美人という企画でしたが、諸所の事情で実現せず、その代わりに、アルフォンス・ミュシャの画集からポーズを選抜して、それを、モデルさんにとってもらったんですけど、これが、な [続きを読む]
  • 金土日美術館で模写する。
  • 美人画研究会の企画で、金土日美術館行って来ました。金土日美術館は、岩田専太郎氏の原画が展示されている希少な処。そこを貸し切り、原画の前に立って模写するという貴重な体験が出来ました。まったくなんとありがたい企画でしょうか美人画家として、最大限に尊敬する人の原画を模写できるとは精鋭12人で、皆さん真剣にスケッチブックに鉛筆を走らせます。あっという間に時間が過ぎていきました。7枚描きましたけど、そっくり [続きを読む]