selinee さん プロフィール

  •  
selineeさん: 隣の芝生
ハンドル名selinee さん
ブログタイトル隣の芝生
ブログURLhttp://sc21130.blog.fc2.com/
サイト紹介文専業主婦、ママ友もいない、没頭出来る趣味も無い、毎日引きこもってネットの日々・・
自由文専業主婦歴5年、幼稚園生一人っ子育児中のアラフォーです。ママ友もいない、完全インドア引きこもりニートです。
こんな毎日でいいのかな、隣の芝生が虹色に見えて仕方無い。なのに今日もネット漬けの日々・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2013/02/05 15:59

selinee さんのブログ記事

  • 家庭訪問
  • スポンサーリンク家庭訪問当日ー、昨夜からうまく寝付けず、何度もトイレに起きては水を飲みを繰り返し、ほぼ睡眠不足のまま6時起床。予定通り、例の和菓子屋で練り切りを調達し、担任がやって来るまでの時間の殆どを掃除に費やした。普段から綺麗にしておけば、こんなに慌てることもないのだけれど。来客が無い我が家にとって他人が家に入るのは一大事。どこをいつ見られているか分からない。水回りー、キッチンなど見ることもな [続きを読む]
  • 得意なことという難題
  • スポンサーリンク最近、放課後メンバーと遊ばなくなったと思い聞いてみたら、どうやら皆それぞれ塾へ行き始めたとのことだった。「私も、塾行こうかな。」友達が行くから行くーなんて軽はずみにOK出来るはずもない。本当に勉強がしたくて一人でも行くという意思が無ければ意味が無いし、こちらが頼んで行って貰うものでも無い。「みんな、お母さんに行けって言われたんだって。OOも、ママにどうせ行けって言われるならもう行こ [続きを読む]
  • ランクアップ
  • スポンサーリンク子供会のお手伝い、重い腰を上げて参加して来た。結果、行って良かった。たまたま来ていたメンバーが良かったのもある。お手伝いは、基本来られる時に来られる人というスタンス。後は役員が仕切るのだが、イベント当日ではない準備段階では、その役員も予定があれば他の役員に仕事を託す。今回、あまり顔なじみではないけれど恐らくベテランママさんである6年生の役員ママと、素敵ママ、それに酒井さんにあまり私 [続きを読む]
  • ドカ食いと風水
  • スポンサーリンクまたやってしまった、ドカ食い。今週にあれこれある憂鬱な予定を前に、ストレスが溜まっていたからだ。子のおやつにと買い置きをしていたポテトチップス、しかもロングを1本すべて。それに、お徳用チョコクッキーを三分の一。アーモンドチョコを5粒にサイダー500ml1本。コーヒーもミルクをたっぷり入れたものを3杯。当たり前だが、体重計のメモリを目にしため息をつく。ようやく腹いっぱいになったのに、 [続きを読む]
  • 終わらないハードル
  • スポンサーリンク憂鬱な予定を控えていると、折角の休日も台無しだ。素敵ママからの連絡で、子ども会のお手伝いの要請。正直、OKの返事をしたもののうまくその場に馴染めるか不安しかない。気晴らしに、子と一緒に今日はショッピングに出掛けることにした。お茶くらい出来たらいい。次から次へとハードルが続く。毎回それを飛び越えたり、躓き転んだりしながらも先に進まなくてはならない。生きるということは、そういうことだ。 [続きを読む]
  • 家庭訪問の準備
  • スポンサーリンク次から次へと嫌なことが目白押しの4月。GW前の来週は家庭訪問がある。そして、PTA総会もあり気が重い。毎度のことだが、お茶菓子はどうしようか迷う。結局悩んだところで煎茶に和菓子と落ち着くのだけれど、それでもどうしようかあれこれ悩む。今度の担任も、男性。年は私より下だと思う。子の情報では結婚していないらしいが名門大学出身らしく、それを聞いただけで憂鬱になる。そもそも教師は苦手だ。向か [続きを読む]
  • 主君と家来
  • スポンサーリンク昨日の外出で神経を使い果たし疲れ果ててしまった今日は、家の中に引きこもることにした。しかし、子が帰宅し遊びに行った後、卵が切れていたことで外出をしなくてはならなくなった。夕飯がチキンカツだからだ。衣を付けようとしたところで気が付いたのだから、メニュー変更も考えられない。顔見知りに会うのが嫌で、マスクをしてさっと買うべきものだけカゴに入れてレジに向かう。会計を済ませてそそくさと店を出 [続きを読む]
  • 不純な動機
  • スポンサーリンク敬語ママ紹介のボランティアの説明を聞きに、区役所へ。散々迷った挙句、再度勇気を出して電話を掛けたところ、タイミングが良かったのか電話主はとても感じが良かった。先日とは大違い。本当に同一人物なのかと疑ってしまう。指定された一室に出向くと、予想外の出来事に身がすくんだ。私以外に何人もこの説明を聞きに来た人々がいたのだ。入口付近に長テーブルが置かれており、受付のような女性二人が私に気が付 [続きを読む]
  • 鼓舞
  • スポンサーリンク自分で決めたことなのに、いざ、その時を前にすると足がすくむ。うまくいかないイメージに支配される。あるがままの私を受け入れて、無理し過ぎない程度に、しかし多少頑張ろうと決めた。運が悪いだけだって思っていたし、それで自分を肯定して来たけれど、最近になってそれは違うことに気付き出した。人の倍、頑張らないとダメなんだって思う。受け身のまま都合良く目指す環境を手に入れることが出来る人なんて選 [続きを読む]
  • 30万の出費
  • スポンサーリンク歯科矯正の費用。歯科医いわく、なかなか子の矯正が思い通りにいかず、抜歯も検討するとのこと。そしてまた新しい矯正器具を作ることになり、30万以上掛かると言われて度肝を抜かれた。夫が費用を出してくれることになったとはいえ、この金額は言い出しにくいものがある。また、30という金額を提示された時の私の表情が余程深刻そうに見えたのだろう、歯科医の方から分割でもOKだと申し出てくれた。子の歯並 [続きを読む]
  • ぼっちママ宣言
  • スポンサーリンク肝心の役員決めだが、今年も空振りに終わった。立候補が驚く程いたのだ。公平にあみだくじ。そして、外れた。残すところは5年生、そして最高学年という重責だ。早速、委員になった母親らは保護者会の後に別部屋で集まりがある。こうして選ばれた彼女等は顔見知りが増え、そしてママ友を作り、どこにも属さない私は取り残されて行く。委員になった人達は、皆が皆知り合いだったわけでもなさそうで、はじめましての [続きを読む]
  • お約束の自己紹介
  • スポンサーリンク担任の自己紹介が終わると、お決まりの保護者自己紹介。事前に何を言うか決めてはいたものの、やはりとてつもなく緊張してしまう。スネ夫ママやボスママの視線があるのもその一因だが、それでもこういう場は何度経験しても慣れないし、逃げ出してしまいたいのが本音。「では、自己紹介を兼ねてお子様のことなど一言よろしくお願いいたします。」何度も練習していた台詞を心の中で繰り返すあまり、他の母親の声など [続きを読む]
  • 「誰のママと話してたの?」
  • スポンサーリンク「ねぇ、ママは誰のママと話してたの?」保護者会から帰宅し、留守番していた子が放った第一声の言葉だ。まさか、誰とも話していないなどと言えるはずもなく、「うん。色々・・」曖昧な答えを返してその場をやり過ごした。昨日は丸一日寝込んで過ごした。子は給食も始まり、下校は午後だったこともありそれが出来た。神経を使い過ぎてどっと疲れ果てたのだ。早過ぎも遅過ぎもしない時間を狙って教室に出向くと、既 [続きを読む]
  • 母、一人脳内会議
  • スポンサーリンク小春日和。こんなに清々しく爽やかな天気だというのに、私の頭の中は午後から始まる保護者会のことで一杯だ。家の中が、マイナスオーラで充満している。スネ夫ママやボスママらの私に当てつけるかのような親密な空気。明らかにこちらを意識した彼女の冷たい視線は、私をどこまでも下に落とす。対人スキルの高いボスママー、そして一人では恐らく何も出来ない癖に、たまたま彼女の一番のママ友だという理由で、学校 [続きを読む]
  • オールB
  • スポンサーリンク新学年になり、今更だが子の通知表。期待し過ぎは良くないと常日頃自分に言い聞かせてはいたが、実際それを目の当たりにすると頭と心はちぐはぐだ。綺麗に並んだオールB。それを見て、安心するよりがっかりしたのが正直な気持ちだ。Z会をしていること、自宅で割と勉強を見てやっていること、返ってくるテストの点。周囲と比較した相対評価ではなく絶対評価だと知ってはいても、何ともすっきりしない結果だった。 [続きを読む]
  • 見ず知らずの男の子
  • スポンサーリンク欝々な気分はやはり抜けないけれど、美しいものを美しいと思う心は捨てたくはない。ひとり、お花見をして来た。昨日は曇りがちだったものの、雨が降らないだけまし。本当は、午前授業で早帰りだった子と出掛けたかったのだが、子は子で久しぶりに放課後メンバーと遊ぶというのだからそれを遮るわけにもいかなかった。新しいクラスにはまだ馴染めていないらしい。私と同じ。でも、私と違うのは、別の居場所を見つけ [続きを読む]
  • 4月行事の鬱ごと
  • スポンサーリンク子供会のお手伝い。春休みに誘われたのだが、実はドタキャンしてしまった。あのー、集会所からぞろぞろ出てくる仲良さげなママ連中を思い出すと、あの輪の中にどうしても自分が入って行けるだけの度胸が無かった。実際、生理になり腹も痛く、それを理由に断った。体調不良といえば、角が立たないーそう思ったからだ。しかし、断った後はずっと悶々としていた。馴染めなくても一人ぼっちでも、とにかく子の為、そし [続きを読む]
  • 現代のプリンセス
  • スポンサーリンク相変わらず、鬱状態から抜け出せないが、南国のアニメーションCMがテレビから流れてくると、少しだけ気分が晴れる。子と春休みに観に行ったのは、「モアナと伝説の海」。サプライズだったので、事前に券を購入していたのだが、子が観たかったのは違うもので、それを知った時は少々がっかりした。もうディズニーという年でもないのか?この間までは、ドリーを観て喜んでいたのに・・どうやら子が気になっていた映 [続きを読む]
  • スポンサーリンク一日中、新クラスの名簿を眺めていた。どうせなら、全く面識のない人々ー挨拶程度で害の無い人々と同じクラスだったら良かった。寄りによって、あの大嫌いなスネ夫ママ、そしてボスママコンビと一緒になってしまった。それから、苦手なEちゃんママ。そしてその取り巻き達。Eちゃんママとスネ夫ママらは、素敵ママを介してすっかりママ友だ。確率の問題で、なぜ、なりたくない人間とくっつくのだろう。そして、ス [続きを読む]
  • 前向きになんてなれない
  • スポンサーリンク子の新クラス発表に、愕然。落ち込み過ぎて、当分立ち直れそうもない・・・心機一転、頑張ろうと思っていたのに、私は本当に人間関係運が悪いと思う。昔から。いや、運を悪くしているのは自分だとも分かっている。どうして普通に振る舞えないのだろう。必要以上に構えてしまう。そして、挙動不審になり周囲から距離を置かれるのだ。新クラスの名簿を子に見せられつつ、子の声が遠くなって行く。興奮気味に新しいク [続きを読む]
  • カラーストーン
  • スポンサーリンク私は、母の気に入りのアクセサリーにはなれなかった。肌身離さず身に付けておきたい、生涯の宝物にはなれなかった。地味で安いカラーストーン。ダイヤモンドの原石かもしれないと磨かれ続けていたけれど、いつまで経っても輝かないただのちっぽけな石ころでしかなかったのだ。そうして私も磨かれ続けているうちに、勘違いをしていたようだ。自分は何者なのかーと、無意味な疑問を自らに投げ掛け続けて来た。私は「 [続きを読む]
  • 実家訪問
  • スポンサーリンク実家へ行って来た。手土産は、いちごタルト。子は、義実家とのスキー旅行もあちらの体調不良などでキャンセルになり詰まらない春休み。なので、久々に祖父母宅に行けることと、春休み中、家族以外接触が無かったこともあり新鮮なのか、ウキウキした様子。私はそれに反して気が重い。電車とバスを乗り継いで、ようやく到着。玄関脇にあるチャイムを押すと、父が出て来た。「いらっしゃい。」一回り小さくなった父。 [続きを読む]