波ウサギ さん プロフィール

  •  
波ウサギさん: ひとり 着物ひろめ隊
ハンドル名波ウサギ さん
ブログタイトルひとり 着物ひろめ隊
ブログURLhttp://mizumitu1357419.blog.fc2.com/
サイト紹介文着ない間に箪笥の中で派手になるのは残念、着まわし、繰り廻しで、着尽して見るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/02/05 16:36

波ウサギ さんのブログ記事

  • 長めの単衣博多帯を二部式帯に変えたもの   結んでみた 
  • 5月24日の仕度きっと、引き抜き結びがふさわしいのであろう単衣の博多帯を二部式帯に変えたものを結んでみました結んでみると余りの簡単さに拍子抜けした、こんなに簡単に折れ線も出ず綺麗に結べるなら、もっと早くに二部式にすれば良かった、絹だからと躊躇していたのがアホみたい服についてる洗濯表示に従って、長年丁寧に手洗いしていたものが、たまたま洗濯機で洗ってみたらなんとも無かったときの拍子抜けと、長年のあの苦 [続きを読む]
  • 黒地紬単衣 X 若い頃の羽織を二部式帯に変えたもの
  • 5月23日の仕度着物    黒地正絹紬単衣 線の模様帯     白地に赤色で麦と蝶の模様 羽織を二部式帯に帯揚げ   紺色長スカーフ帯締め   水色  爽やかさ狙いこれはこれで、好みの仕度   私としては満足、満足残念! 蝶の模様が一つしか出ていない。。。もっと注意すれば良かった。。。残念!訪問有難うございます [続きを読む]
  • 正午の茶事  主菓子は自作 薯よう饅頭 作り方付き
  • 正午の茶事では、先生にお願いして 薯よう饅頭 を作らせていただきました (よう、の漢字が出せない 笑)480グラムのこしあんを15等分して丸めておく早めに丸めて、周りを少し乾かしておくと包餡がしやすい左から、すりおろしたつくね芋65グラム、上新粉80グラム、上白糖110グラム計量は正確に、お菓子は計量が重要つくね芋に上白糖を混ぜ込み良くなじんだら、上新粉を3回程に分けて混ぜ込むこの時生地をちぎると [続きを読む]
  • 正午の茶事  お客様の装い  
  • 細かく素材とかをお聞きすれば、このブログの充実具合も違ってくると思うけれど昔聞いたことがある茶席での禁じ手の話題の一つに、着物の話題があったと覚えているので、見た感じだけを書いています紺色小紋単衣 X 博多帯かな?濃い色の着物を赤の入った帯で引き立てている白地にブルーの幾何学模様単衣 X 更紗唐草帯(夏素材)着物地の裏側は連続した観世水の模様が入っていて凄くオシャレピンクの鮫小紋一つ紋単衣 X ブル [続きを読む]
  • 正午の茶事  お客様の装い  殿方の袴姿は超カッコイイ!
  • お茶会の時のただ一人の殿方、この方は袴付けで見えることが多いのですが、今回はカメラに撮らせていただきました着付けもご自分でされたそうです正座された姿も取らせて頂きました、 凛々しい殿方は袴を着けると二段階ほど、無条件で男前があがるように思う(無条件でと言うのは随分失礼でしたね)息子たちと同年代の方なので、うちの子も袴の一つも身に着けるようになれば良いのにと思うけれど <和>の事にまるで興味が無くて [続きを読む]
  • 正午の茶事 松の絵羽柄羽織からの帯 初めて結んでみた
  • 夫姉の松の絵羽柄羽織を九寸名古屋帯に作り変えたもの、結ぶ機会が無くてそのままのなっていたので結びました今回は勝手方も水屋もすべて先生と先生の息子さんが準備されたお茶事で、懐石料理、初炭、中立、濃茶、後炭、薄茶、の順で進んでいく一番基本のお茶事です着物    化繊単衣付け下げ  帯     夫姉の羽織を九寸名古屋帯にしたもの帯揚げ   白地にピンクの鈴の縫い取り帯締め   新橋色冠組  長襦袢    [続きを読む]
  • 引き抜き結びがふさわしいのであろう博多帯を二部式帯に変えた
  • 毎回うまくむすべなかった博多帯を二部式に変えました測ってみると十尺(380センチ)元々は引き抜き結びの帯だったのでしょう、引き抜き結びは上手く結べないので二重太鼓のようにして結んでいたけれど、長さが微妙に足りなくて先日はお太鼓に折り目の線まで出てしまい、とうとう二部式帯に変えました正絹の帯を二部式に変えるのは決心が要ります胴部分を五尺、お太鼓部分を五尺(折り曲げて二重にして二尺五寸の仕上がり)上の [続きを読む]
  • 既製品の化繊袷を単衣に変えた緑の着物 X 紺色麻の葉と唐草の柄帯
  • 5月17日の仕度  最高気温22度着物    既製品の袷を単衣に変えた着物帯     紺色麻の葉と唐草柄 化繊 二部式帯帯揚げ   ピンク これだけが正絹帯締め   白地に連続した小さな彩 化繊帯にハリがありすぎて、結びにくくて二部式帯に変えたもの正絹の物を切るのは少し勇気が必要だけれども。。。。二部式にしてからは結びやすくて、お太鼓の形も好みの形に作り易くて嬉しい訪問有難うございます [続きを読む]
  • 既製品の化繊 袷 着物を 自分で単衣に変えた緑の着物 
  • 5月16日の仕度  最高気温20度最高気温は20度だったけれど、この季節一度単衣を着てしまうと、もう袷には戻れない着物    既製品の袷を自分で単衣に変えたもの      既製品を単衣に変えるのは大変だった、二度としない帯     緑色に白の博多帯帯揚げ   グレー小花刺繍帯締め   ピンク毎回上手に結べない帯、結ぶたびに手こずっているのに今回は折り線までが出てきて最悪のお太鼓(恥)今度こそはこの [続きを読む]
  • 緑色横段柄化繊着物 X 叔母の羽織からの帯
  • 5月13日の仕度  最高気温21度21度だと少しの事、暑すぎることもなかったです着物   緑色横段柄化繊着物   袷帯    叔母の羽織を作り変えた帯 ピンクに紫の雲帯揚   黄緑色に緑の楓帯締め  着物が袷だったので軽快な感じになるよう寒色にしてみた最近はお尻のカバーのつもりで、お太鼓を心持ち大きめにしていますこれはこれで好きな仕度になりました訪問有難うございます [続きを読む]
  • お稽古の主菓子  卯の花
  • 5月10日のお稽古の主菓子加賀市の菓子司 <丸福>さんの生菓子  <卯の花>白いきんとん餡から中の緑の餡がうっらと見える、芯は小豆こし餡もう <卯の花>の季節なのね。。。菓子から季節の移り変わりを知り、実感することも多いです毎回毎回書いているけれど、美しくて、美味しい ??10個からの注文に応じてもらえます訪問有難うございます [続きを読む]
  • 黒色単衣紬 X 薄紫色唐草柄露芝帯
  • 5月10日の仕度   最高気温24度お茶のお稽古でした、内容は運びの濃茶と薄茶重ね茶碗のお稽古のつもりが、普通の濃茶の用意をして茶室に入ってしまい、急きょ濃茶のお稽古に変更、最近ボンヤリが過ぎて困ってしまう、致命的なボンヤリ 苦笑着物     黒色の単衣の紬 正絹ながら洗える帯      薄紫色唐草柄入り露芝模様 化繊帯揚げ    ピンク色を含んだグレー   邪魔しないもの 帯締め    濃い赤紫 [続きを読む]
  • マイブームいまだ去らず 最近の悩み 羽織のまま? 帯に変える?
  • 昭和の丈の羽織を九寸名古屋帯に変えるマイブームまだ続いていて、黒地の松の絵羽柄羽織を九寸名古屋帯に変えてからは、この羽織をどうしょうか迷っています長さは二尺(76センチ)最近の長羽織は最低でも100センチはあるので、羽織っていても何だか気恥ずかしくて、10センチほどだけでも丈を出せないかと見てみると、身頃の縫いしろは六分(黄色のマチ針)、襟先は七分(ピンクのマチ針)で、丈だしは絶望残るは帯に変える [続きを読む]
  • 今季 初単衣   ブルーの化繊 水玉で流水柄
  • 5月5日の仕度  最高気温25度今月の中頃までは化繊の袷で乗り切ろうと思っていたけれど、余りの暑さに負けて今季初の単衣を着ました着物     ブルーの流水柄化繊単衣帯      娘の頃の羽織を二部式帯に変えたもの帯揚げ    ピンクを含んだグレー   邪魔しないもの帯締め    ブルー衽付けのあたりがツレたように見える、このツレ具合はいかにも <化繊ですヨ>のツレに見えるのでアイロンをあてて何とか [続きを読む]
  • 袷と単衣  私の分岐点の気温は22度か23度みたい
  • 5月4日の仕度    最高気温は26度化繊の袷ではメッチャ暑かった、和装ブラジャー、胴は木綿のうそつき襦袢、化繊の袷、これだけなのにメッチャ暑かった垂乳根の母必須の和装ブラジャーが暑さを増しているのかな?明日もこの気温なら単衣の着物にするつもり、我慢できない何日か前に老婦人が熱中症で亡くなられた記事も出ていたから用心しなきゃ(熱中症で死ぬかと思った体験あり)着物    緑色横段柄化繊着物 袷帯   [続きを読む]
  • 赤い小花の紺色紬 X 白地に赤の麦と蝶二部式帯(羽織より)
  • 5月3日の仕度  最高気温25度昔自分で仕立てた羽織を、二部式帯に変えたものを結びたくて、袷の着物だけど映りの良い紺色の紬を着たらとても暑かった化繊の袷なら汗になっても洗えるから、次回から月の中ごろまでは化繊の袷で乗り切ろうと思っている着物   赤い小花の紺色紬着物 帯    白地に赤色の麦と蝶の柄 帯揚げ  ピンクを含んだグレー帯締め  ブルー帯の柄の季節を考えて、5月になるのを待ちかねていて結 [続きを読む]
  • 緑色横段柄化繊着物 10回の着廻しを一気に振り返る
  • 4月30日の仕度が10回目でした忘れていたついでに(ついでの意味が自分でもわからんけど、笑)10回分の着廻しを一気に。。。’14,11,11  小風呂敷利用の二部式帯’16,10,26  クリーム色唐草柄紬帯’17,1,4  紫色ツボ柄九寸名古屋帯’17,1,5  六角柄キラキラ名古屋’17,1,6  綴れ帯’17,1,7  霞柄綴れ帯 ’17,1,8  クリーム色市松柄化繊帯’17,1,10   [続きを読む]
  • 小ぶりな福梅に入った 可愛い干菓子
  • 可愛い干菓子頂きました  菓子の銘は聞き忘れた あちゃー??加賀市の菓子司  <山海堂> さんの干菓子はっきり撮影できるように、千歳盆にのせてみましたお正月に食べる福梅より少し小ぶりな最中皮の中に、1センチほどの竹の落雁、同じく1センチほどの押し物の梅、松葉、金平糖3個、そして占いの紙が入っていた  どれも可愛いこの最中皮は、昔金沢で食べていた福梅のように、中心が加賀百万石のお殿様の家紋 <剣梅鉢 [続きを読む]
  • 緑の横段柄化繊着物 X 天女と鹿と木立の帯
  • 4月30日の仕度   最高気温な27度こんな日は汗になっても平気な化繊でしょう着物    緑の横段柄化繊着物帯     緑の天女と鹿と木立の柄   母の友人より頂く帯揚げ   グレー帯締め   ピンク緑 X 緑 の取り合わせは、時々しているみたい記録するようになってからやっと気付いた  笑帯の柄をアップで。。。  訪問有難うございます [続きを読む]
  • クリーム色に緑の葉柄大島紬 X 耳長ウサギの二部式帯
  • 4月28日の仕度着物    クリーム色に緑の葉の柄大島紬帯     小風呂式を利用した 耳長ウサギの二部式帯帯揚げ   若草色に青楓 地紋はムジナ菊帯締め   ピンク耳長ウサギが可愛いのと、地の青色に雪輪の模様が穏やかな感じを与えるからか、全体の印象が柔らかい感じがする松の絵羽柄名古屋帯のクッキリ、キッパリの印象よりも、私には似合っているように思うこの取り合わせも悪くはないけれど。。。私には強くあ [続きを読む]
  • 松の絵羽柄帯 あとから分かった とってもガッカリな事実
  • 夫姉からの松の枝柄九寸名古屋帯を着用するためにいくつかの着物を合わせてみたけれど、どれも合うものが無い試しで置いてみた取り合わせのいくつかを紹介赤い小花の柄紺色紬、秋になら着られそうな取り合わせ緑の横段柄化繊着物、おさまり過ぎのように思うレンガ色たたき柄化繊着物、こちらも秋にふさわしい様に思う着物自体が秋色なのに帯の黒が強く当たるクリーム色に緑の葉の柄大島紬、色のコントラストが強すぎる一気に秋のよ [続きを読む]
  • お稽古の主菓子  つつじ
  • 4月26日のお稽古の主菓子加賀市の菓子司 <丸福>さんのきんとん   (大のきんとん好き 見立ての発想が好き  (。・ω・。)ノ? )  銘は<つつじ> 小豆が乗っているので <岩根つつじ>かと思っていたら <つつじ>だった、銘はそれぞれが考えて付けます白あんの芯に、周りが抹茶味のきんとん、大粒な小豆、細かなすいのうで濾した白とピンクの餡抹茶味のきんとんと芯の白あんのバランスが良くてとても美味しかった、 [続きを読む]
  • 化繊緑色横段柄着物に葉と実の柄二部式帯 何だか見たことのある仕度
  • 4月26日 雨の日の仕度着物     化繊緑色横段柄   雨の日は化繊でしょう帯      母の羽織を二部式帯に作り替えたもの帯揚げ    若草色帯締め    サーモンピンクの冠組4月5日に着た、夫姉からの着物はよく似た色だけれど、帯締めの色を変えてみましたほんの少しだけれど暖かくなってきてるから。。。4月5日の仕度 着物の色がほんの少し黄色が強いでも、ほとんど同じにしか見えない   笑訪問有難う [続きを読む]
  • 松の絵羽柄 一つ紋黒羽織を九寸名古屋帯に変えるの完成!  いい感じなのョ
  • 折り筋を目立たなくするため、右側と左側では縫いしろの幅をわざと違えてある表側の柄マチ針でしるした折り筋がうっすらと見えているけれど、左右の縫いしろを均等にしていたら、あと2センチ内側に折り筋が出てもっと目立っていたと思うこの位置ならばお太鼓の縫いしろが表地に響いてきているだけの様にも見えなくもない、チョット苦しいけれど許容範囲内 笑裏側の柄なにより余白(本当は黒だけど。。。笑)の部分が美しい  今 [続きを読む]