やなぎしきぶ2 さん プロフィール

  •  
やなぎしきぶ2さん: 天皇に愛された女の物語 −『とはずがたり』−
ハンドル名やなぎしきぶ2 さん
ブログタイトル天皇に愛された女の物語 −『とはずがたり』−
ブログURLhttp://nizyou61.blog90.fc2.com/
サイト紹介文話題の多い『とはずがたり(問わず語り)』。分かりやすい現代語訳が見あたらないので私訳を始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2013/02/06 10:23

やなぎしきぶ2 さんのブログ記事

  • (無題)
  •     女西行 二条尼の旅路(巻四) ←はじめから読む         <21 小町殿との交流の後、病臥 >苦しさもしばらく癒されているうちに、善光寺詣での道案内に [続きを読む]
  • (無題)
  • 女西行 二条尼の旅路(巻四) ←はじめから読む            <⑳ 小町殿、のところへ>このようにして、荏柄天神、二階堂、大御堂(おおみどう) などという所を [続きを読む]
  • (無題)
  •     女西行 二条尼の旅路(巻四) ←はじめから読む            <⑲ 鎌倉の展望、鶴岡八幡宮・続>八幡の御神は、「他の氏の者よりは、源氏の者を特に守 [続きを読む]
  • (無題)
  •  女西行 二条尼の旅路(巻四) ←はじめから読む           <⑰ 江の島 岩屋に泊 3>うしろの山からであろうか、猿の声が聞こえてくるのも、哀切さに腸を [続きを読む]
  • (無題)
  •        女西行 二条尼の旅路(巻四) ←はじめから読む           <⑯ 江の島 岩屋に泊 2>人には言わぬ忍び泣きの涙で袂を濡らすばかりである。そ [続きを読む]
  • (無題)
  •    女西行 二条尼の旅路(巻四) ←はじめから読む      <⑮ 江の島 岩屋に泊>こちらからは、都のみやげとして供の者の笈(おい)の中から扇などを取り出して [続きを読む]
  • (無題)
  •       女西行 二条尼の旅路(巻四) ←はじめから読む         <⑭ 江の島 というところに着く>三月二十日過ぎのころに、江の島という所に着いた。その [続きを読む]
  • (無題)
  •            女西行 二条尼の旅路(巻四) ←はじめから読む     <⑬ 三島神社の八乙女舞(やおとめまい)>宵を過ぎるころになってやっと月が姿を現すと [続きを読む]
  • (無題)
  •      女西行 二条尼の旅路(巻四) ←はじめから読む      <⑫ 伊豆の国 三島神社「浜の一万詣で>伊豆の国の三島神社に参詣する。奉幣の儀式は熊野参りと変 [続きを読む]