momoichi さん プロフィール

  •  
momoichiさん: momoichiの日々つれづれ、、
ハンドル名momoichi さん
ブログタイトルmomoichiの日々つれづれ、、
ブログURLhttp://momoichi.hatenadiary.com/
サイト紹介文元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ)人生、絶賛継続中。
自由文元外資系企業管理職。
外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ)
人生なるようになる、なるようにしかならない。
人生、絶賛継続中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/02/06 20:29

momoichi さんのブログ記事

  • 魚の取り方を教えなかったマネージャ氏の話。
  • 老子の言葉に、『ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。 魚の取り方を教えれば、その人は一生を通して食える。』と言うのがあります。かつての私の同僚にA氏と言う本部長がいました。本部長がA氏になってから、部門のパフォーマンスが向上、社内的にも一目置かれるようになった立役者です。部門全体のパフォーマンスのみならず、傍目にはチームメンバーも、A氏の元で生き生きと仕事をしているように見えていました。そん [続きを読む]
  • キャリアの築き方。
  • 若葉の新緑が、目に眩しい爽やかな季節になりました。ところで、先日、知り合いの営業A氏が職を失ったという話を耳にしました。A氏とは、某外資の営業マネージャでした。某社は、ニッチ市場向けに製品を販売しており、急激な売り上げ増加は見込めないものの、低いながらも安定した売り上げをキープしていた会社です。A氏は、某社の度重なるリストラや、プライベートファンドによる買収にも生き残って来ました。もともと、その某社 [続きを読む]
  • 元同僚が亡くなったという話。
  • 先日、昔の同僚A氏と会った時に、元同僚B氏が亡くなったことを知りました。まだ40代、病気だったそうです。その同僚とは、かつて勤めていた外資で一緒でした。ニッチマーケットに強い製品を持つ会社で、急激な売り上げ拡大は望めないものの、一部に根強い顧客がおり、低めで安定した売り上げをキープしていました。その後、プライベートファンドに会社が買収され、私はポジションを失い、A氏は転職。B氏はそのまま会社に残りました [続きを読む]
  • 情報リテラシーの向上が必要という話。
  • 料理レシピサイトクックパッドに掲載されていた、蜂蜜入り離乳食を与えられた乳幼児が死亡するという痛ましい事件が発生しました。その後、クックパッドには豚肉ユッケ等、食中毒を起こしかねないレシピが多数掲載されていたことが判明し、炎上しています。掲載されているレシピの安全性、妥当性のチェック、危険レシピの通報窓口を作りコンテンツの監視をすることは、サイトを運営しているクックパッド側の責任だと思いますが、情 [続きを読む]
  • 人間の行動はいつまで経っても変わらないという話。
  • 北朝鮮情勢が緊迫しているようです。シリアのように、米軍による武力行使に至らないことを祈るのみです。ところで、先日、かつての同僚A氏と数年振りに会うことにしました。A氏は、某有名国立大学を卒業後、日本の大手企業に就職。何を思ったのか、将来を嘱望されたポジションを捨て外資に転職。その後、私のいた外資に転職してきました。A氏は、仕事はできるし、英語も堪能。そして何より穏やかな性格から誰からも好かれていまし [続きを読む]
  • ユナイテッド航空の乗客引きずり下ろし事件に思うこと。
  • ユナイテッド航空がオーバーブッキングで、正規でチケットを購入したベトナム人の乗客を警察の力を借りて、無理やり引きずり下ろしたそうです。しかも、その顧客を引きずり下ろした後、搭乗させたのは、まさかの自社の社員。頭のネジが少し外れているのでは、と思えるような事件は世界中で発生しているようです。事件はすぐさま乗り合わせた乗客により拡散され、最初は顧客が攻撃的だったと自社の対応に間違いはなかったと豪語して [続きを読む]
  • やり切った真央ちゃんと未完を完成させているA氏の話。
  • 今日は、浅田真央選手の引退会見を見ました。先日、ブログで引退表明をし、ニュースや報道番組で大きく報道されている浅田選手の引退会見です。記者会見の中で、昨年の全日本が終わった時、もういいかなと思ったそうです。恐らく彼女の中でスケートは、やり切ったのだと思います。ソチオリンピックの後、やり残し感があったのだと思います。だからこそ、スケートに復帰したのだと思います。そして、今回、彼女の中でやり切ったのだ [続きを読む]
  • その人の会社での価値は、退職する時に表れると言う話。
  • フィギュアスケートの浅田真央選手が現役を引退するそうです。休養後の復帰戦では、精彩を欠いていたので引退もやむを得ないことなのかも知れません。彼女のブログには、選手として続ける気力がなくなったと記されています。恐らくスケートに対するモチベーションがなくなってしまったのだと思います。会社でも、その会社に見切りをつけ、退職を決意した社員は、その会社で働くモチベーションがすっかりなくなります。退職の決意を [続きを読む]
  • 外国人が日本で働く悲劇、、の話。
  • 桜が、満開の見頃です。日本に生まれて良かったと思える瞬間です。ところで、私がこれまで勤務していた外資には外国人社員が数多く勤務していました。カンマネからマネージャクラス、担当社員まで様々なレベル、職種で勤務していました。彼らは、海外の本社採用ではなく日本採用です。彼らには、様々な事情がありました。大抵は、結婚相手が日本人だったケースです。彼らは自国でのキャリアを捨て、奥さんの国である日本にやってく [続きを読む]
  • 営業マン、F氏の話。
  • 私の勤務していた外資では、四半期毎にクォータリレビューと呼ばれる、営業ミーティングが開催されていました。大抵は、本社やAPACからVPというエグゼクティブな人たちがやって来て、そのクォータの数字や案件のレビューをします。その際、営業が一人一人、今期の案件や数字のプランをプレゼン(英語)するのですが、このレビューを毎回逃げ回るF氏という営業マンがいました。英語が苦手な営業のために、会社側は通訳まで用意して [続きを読む]
  • 【全ネット民が泣いた】安倍政権の話。
  • 今村復興相の暴言についての【全ネット民が泣いた】記事が話題になっています。【全ネット民が泣いた】今村復興相の「本性」を暴き出したフリージャーナリストがスゴイと話題に!ネット「大手メディアの記者にはできない仕事」私も映像で見ましたが、今村復興相の器の小ささを見事に暴いたフリージャーナリストの方には感服しました。ジャーナリズムってもともと真実を伝えることではないでしょうか。今の大手メディアは真実を伝え [続きを読む]
  • エージェントO氏のゴールデンルートの話。
  • ニュースでは桜が満開と報道していましたが、千鳥ヶ淵は満開まであと一歩といったところでした。満開って完全に全ての花が咲かなくとも満開と表現するのか、不思議なところです。ところで、殿(かつてのカンマネ)には、必ず一緒に付いて行く腹心の部下が2名います。なぜ、あの殿について行くのか、周囲は首を傾げていましたが、殿についてさえいれば、苦労せず、高い給料で採用してもらえるというメリットがあるからなのかも知れ [続きを読む]
  • 口コミの功罪。
  • 最近、物を購入する際も、どこかに宿泊する場合もネットで検索し、実際に購入や宿泊をした人の評判をチェックします。以前、飲食店のサイトで業者による不正や、契約がない場合は順位が上がらない等の問題があったのと、食べ物の嗜好は個人差があるので、食べ物の口コミはネット情報だけを鵜呑みにはしないようにしています。口コミの便利なところは、実際の経験者によるネガティブな情報が手に入ることです。例えば、京都の某宿泊 [続きを読む]
  • 転職活動の飛び道具。
  • Amazonで、先日紹介した、佐々木一美さんの書評を見てみました。Amazon成功する40代・50代の転職術 60日以内に採用が決まる実践プログラム作者: 佐々木一美出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2013/05/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る楽天ブックス成功する40代・50代の転職術 [ 佐々木一美 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > 社会 > 労働ショップ: 楽天 [続きを読む]
  • 忙しいとは、心を亡すという話。
  • 昨日と打って変わり、今日は、朝から気持ちの良いお天気です。ところで、外資を退職・転職した際に、必ず知り合いから飲みに行こう、会おうと声が掛かります。私は密かにこれを情報収集飲み会と呼んでいます。つまり、知り合いが会社を辞めるときは、何かその会社に問題があるのか、転職先は決まっているのか、まだ転職活動中であれば、転職市場の状況はどうか、オススメのエージェントはいないか、新たな会社に転職した場合は、そ [続きを読む]
  • 転職に年齢は関係ない、戦い方があるだけという話。
  • 今日も朝から気持ちの良いお天気です。ところで、先日、キャリアコンサルの方とお会いした際、40代や50代の方の転職支援で成功を収めている佐々木一美さんの話を伺いました。本も出版されており、内容を確認したところ、まさに転職のツボを押さえてコンサルをされているようです。これなら、クライアントの方、転職が成功するのは当然だと思います。佐々木さんのコンサルを受ける前に、本で学ぶのもいいかと思います。Amazon成功 [続きを読む]
  • 人となりは立ち居振る舞いよりも服装に表れると言う話。
  • 花粉症の治療法として舌下免疫療法が2014年から保険適用されたそうです。花粉が猛威を振るうこの季節、この治療法受けるかどうか思案中です。ところで、外資では定期的に本社やAPACオフィスからエグゼクティブや担当者が来日します。定期的な来日は、予定されたビジネスレビューですが、突然の来日の場合は、カンマネや部門責任者に引導を渡す場合だったりします。これまで、米国本社やAPACオフィスから日本オフィスにやってくる外 [続きを読む]
  • 経営者の責任ということ。
  • 昨日、LEADERSのLEADERSの特別編ディレクターズカットを観ました。LEADERSは、2014年に放送された、トヨタ自動車の全面協力のもと、史実に基づいたオリジナルドラマとのことです。あらすじは、佐藤浩市演じる愛知自動車の創業者社長 愛知佐一郎が国産自動車の製造・販売に情熱をかけ力強いリーダーシップで邁進するのですが、戦後の日銀の金融引き締めによる大不況で、資金繰りが悪化し倒産寸前にまで追い込まれます。銀行団の融 [続きを読む]
  • 奢れるものは、本当に久しからずか、、。
  • 各メディアの世論調査で内閣支持率が低下しているようです。支持率低下のニュースが立て続けに流れており、数ヶ月前の飛ぶ鳥を落とす勢いの支持率からは想像できません。最早、いまの逆風を順風に変えるのは至難の技ではないかと思います。奢れるものは久しからず、です。外資の数社でカントリマネージャ(以下、カンマネ)を務めているA氏という人がいます。A氏が最初のカンマネになったのは30代後半です。その当時のカンマネを巧 [続きを読む]
  • 働き方改革は、時間でなくやりがい改革では、、という話。
  • 月の残業が100時間未満なのか、100時間なのかの議論が騒がしいです。そもそも月100時間と言えば、月20日間労働として、一日平均5時間残業となり、多いに決まっています。人を新規で採用すべきレベルではないかと思います。しかしながら、問題は、時間数ではなく、その仕事のやらされ感の度合いではないかと思うのです。人間、自分の好きなことは時間を忘れて没頭できます。自分は好きなことなんてないという方は、子供の頃のことを [続きを読む]
  • 頑張れ、能年ちゃん。
  • 昨日の真冬のような寒さから打って変わり、今日は朝から暖かい1日になりました。ところで、『のん』に改名した能年ちゃんが、LINEモバイルのCMでようやくTVに復帰しました。www.youtube.comご存知の通り、能年ちゃんは、NHKの連続テレビ小説あまちゃんでブレイクした後、事務所とのトラブルによりテレビからずっと干された状態にありました。大人の事情とは言え、本名である能年玲奈を使わせないと言うのも、何だか大人気ない対 [続きを読む]
  • 詰んでしまった稲田防衛大臣と安倍政権の終わりの始まり。
  • 三月なのに真冬のような寒さです。春の暖かさが待ち遠しい、今日この頃です。ところで、森友学園問題で虚偽答弁をした稲田防衛大臣が窮地に陥っています。稲田大臣に至っては、大臣としての資質、適性を問題視されていたところ、安倍首相の強い後ろ盾で何とかその立場を守っていました。先日の南スーダンからの自衛隊撤退の決定は、まさに稲田大臣を守るためだったと思われます。そのような後ろ盾にも関わらず、今回、直ぐにバレて [続きを読む]
  • 永久のベンチャーは免罪符ではない。DeNAの対応の甘さ。
  • 昨日、自社キュレーションサイトで問題を起こしたDeNAが第三者委員会による調査結果の公表の記者会見を開きました。件の『永久のベンチャーは免罪符ではない。』の言葉は、第三者委員会の調査報告書にある重い言葉です。詳細は、東洋経済の記事がよく纏まっていると思います。toyokeizai.netなぜこの様な問題を引き起こしたかルートコーズは予想通りでしたが、一番の問題は、代表取締役社長である守安氏の、村田マリ氏の採用責任と [続きを読む]