momoichi さん プロフィール

  •  
momoichiさん: momoichiの日々つれづれ、、
ハンドル名momoichi さん
ブログタイトルmomoichiの日々つれづれ、、
ブログURLhttp://momoichi.hatenadiary.com/
サイト紹介文元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ)人生、絶賛継続中。
自由文元外資系企業管理職。
外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ)
人生なるようになる、なるようにしかならない。
人生、絶賛継続中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/02/06 20:29

momoichi さんのブログ記事

  • ポジションが人を作ると言う話。
  • 昨日から、自民党の豊田真由子議員の、秘書に対する暴言の音声が、繰り返し報道されています。議員に当選して、先生、先生と持ち上げられている内に、何か勘違いしてしまったのかも知れません。偉いのは(議員は何ら偉くはありませんが)、その人ではなくそのポジションなのですが、自分が偉くなったと勘違いしてしまったのでしょう。よく、ポジションが人を作るといいます。人は、あるポジションに着くと、やがて、そのポジション [続きを読む]
  • 経産省ペーパーに思うこと。
  • 経産省の次官・若手プロジェクトが作成した『不安な個人、立ちすくむ国家』がネット上で話題になっているようです。下記、URLです。http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdfプレジデントオンラインに、山本一郎氏のこのペーパーに対して『残念な檄文「経産省ペーパー」3つの誤解』記事がありました。president.jpこの記事には、経産省ペーパーのちょっと違うんだよね、の違和感の正体がどこにあるのか [続きを読む]
  • おてんとうさまは見てますよ、と言う話。
  • 昨日、共謀罪が強行採決されました。数の暴挙、ここに極まれりでしたが、加計学園問題の追及を何としてでも逃れたい、政権の執念を感じました。加計学園が、首相の泣き所であることが、改めて明白になりました。幼稚で、切れキャラの首相に、おてんとうさまは見ていますよ、と教えてあげたい気分です。ところで、世の中には、とても運のいい人がいます。そのことに本人も気がついていて、自分はついていると公言して憚らない人もい [続きを読む]
  • リストラは、宣告する側も災難だという話。
  • これまで勤務していた会社には、リストラマニュアルなる文書が用意されていました。無理なく、無駄なく、宣告する側が心理的負担を負うことなく、リストラを宣告するためのマニュアルです。大抵、リストラ宣告は、直属のマネージャからされますが、未然のトラブルを防ぐために、人事が同席することが多いようです。マネージャ氏が海外の場合は、電話会議で宣告することもあります。とあるA社での出来事。海外のマネージャ氏が、日 [続きを読む]
  • 歴史は繰り返す。子飼いの部下を優遇する殿の話。
  • 先日、殿と同じ会社に入社してしまった知り合いから、殿のやりたい放題ぶりを散々聞かされました。世間では、政治を私物化している首相とか、お友達内閣とか、職権乱用、公私混同は、よく聞く話ですが、実は、外資でもよくある話です。殿の場合は、まず自分が転職、その後、子飼いの部下を、とてもいいポジションで、その会社に呼び寄せます。そして、入社後は、子飼いをとにかく特別扱いします。案件の付け替えはもちろんのこと、 [続きを読む]
  • Paypal 使ってませんけど、、。
  • とうとう関東甲信地方も、梅雨入りをしたそうです。じめじめした鬱陶しい季節、せめて気持ちだけでも明るく過ごしたいものです。ところで、先日、Paypal Serviceと名乗る差出人から、『あなたのPaypalに怪しいトランザクションを発見しましたよ。(超意訳)』というタイトルのメールが届きました。差出人が、Paypal Serviceとなってるにも関わらず、差出人のメールアドレスは、聞いたこともないドメインからです。Paypal Serviceか [続きを読む]
  • 電話をかけてくる人って。
  • ホリエモンこと堀江貴文氏の新作『多動力』が売れているようです。東洋経済に堀江氏のインタビュー記事が出ていましたので、記事を読んだ方も多いのではないかと思います。toyokeizai.net『電話をかけてくる人とは仕事をするな。』とキャッチーなタイトルが付いていますが、堀江氏は、電話に出ないキャラを確立しているそうです。例え、どんなに偉い人からでも電話には出ない、電話は自分の時間を奪ってしまうとのことです。彼は、 [続きを読む]
  • 奢れるものは、久しからず、、。
  • これまでメディアをコントロールし、政権批判を徹底的に抑えてきた安倍政権ですが、森友学園問題が明るみに出てから風向きが変わってきています。森友学園問題は、籠池前理事長を一方的に悪者にし、収束したかに思えました。しかし、その後、安倍政権のアキレス腱と囁かれていた本命の加計学園問題が噴出。文科省の前事務官であった前川氏から、官邸からの圧力があったとの重大な証言があり、政権は、前川氏の人格を攻撃することで [続きを読む]
  • いつまでも続く不幸はない、ただし、、
  • 今日から6月。朝からむしむしした天気です。ところで、先日、かつての同期と何年かぶりに会いました。新卒で入社した唯一の日本企業です。名前を言えば誰もが知っているその企業は、バブル崩壊後、成長の見込みのない事業をどんどん分社化して行きました。その同期もご多聞に漏れず、分社化した子会社に転籍になっていました。転籍とは、それまで勤務していた会社を退職し、新たな会社に入社することです。同期は、転籍後、業務内 [続きを読む]
  • 最近の痴漢を疑われ逃走事件に思うこと。
  • 最近、痴漢を疑われた人が線路を逃走する事件が頻発しています。中には、運悪くやって来た電車に轢かれて亡くなられた方もおり、大きな社会問題になっています。そもそもは、通勤時間帯の混雑が問題なのだと思います。腰の辺りの手なのか、荷物なのか(それすら定かでない)が故意なのか、はたまた、不可抗力なのか判断がつかない状況なのです。そんな中、やはり不届きものの痴漢が一定数存在するのも事実です。学生時代、よくその [続きを読む]
  • 日系企業に就職した知り合いからの連絡。
  • 外資を退職し起業したものの、ビジネスが軌道に乗らず、仕方なく日系企業に再就職した知り合いがいます。先日、その知り合いから、日系企業が合わないので、外資の転職先を探すとの連絡がありました。これまで、彼が身を置いていた外資企業から、対極の日系企業でしたので止むを得ないと思いました。外資では、人を採用する際、どのようなポジションで(職位)、何をやるか(Job Description: 職務内容)をまず作成します。この二 [続きを読む]
  • mini-meを愛するボスの話。
  • 関東地方、まるで夏のような暑さが続いています。この季節、まだ湿度が低いのでいいのですが今からこの暑さでは、先が思いやられそうです。ところで、英語にmini-meという表現があります。直訳すると"小さな私"ですが、転じて自分の子供や、自分に似た人のことを言います。かつて、お仕えしたカンマネ氏。アグレッシブな性格と口の悪さから、いつもパワハラ一歩手前の状況でした。(彼は、このブログに何度も出てくるパワハラ上司 [続きを読む]
  • ストックオプションで追徴課税されたという話。
  • 先日、知り合いから立て続けに、ストックオプションを行使し、売却益を日本の口座に送金した途端に国税から連絡があり、追徴課税まで支払わされたという話を聞きました。外資では、個人や会社の業績に応じて、海外親会社のストックオプションや株式が付与されます。あなたの貢献に感謝して、xxxx株を付与します、とレターが届くのです。ストックオプションとは、その金額で付与された数量の株式を購入することができるという権利で [続きを読む]
  • 岩崎俊一さんの話。
  • 岩崎俊一さんのことを知ったのは、SALUSのエッセイです。SALUSは、毎月、東急線沿線で配布されている無料マガジンです。彼のエッセイには、人生の機微や、日常の一コマを切り取った内容が、あるあると共感でき、SALUSが配布されると、彼のエッセイを真っ先に読んだものでした。人生や日常の一コマの切り取り方があまりにも秀逸だったので、私は、岩崎さんは、物書きか映画監督だと勝手に勘違いしていました。物書きや映画を作って [続きを読む]
  • 大企業がいいのか、小さい企業がいいのかという話。
  • よく話題になる、大企業に勤務するのがいいのか、小さな会社で色々な仕事を任されるのがいいのか、はたまた起業するがいいかの議論ですが、その会社の環境や、その会社で、どのような立場で、どのような権限を持てるかによって変わってくると思います。新卒であれば、大企業にまずは入社して、オフィシャルな文書の書き方やメールの作法、社会人として最低限知っておくべきマナーを学ぶのがてっとり早いかと思います。外資は、社会 [続きを読む]
  • 『気持ち良く騙してください。』と顧客に言われた営業の話。
  • 朝から快晴の爽やかなお天気です。ところで先日、マンションの内覧に出掛けました。担当してくれたのは、入社4年目の営業マン氏、最後のひと押しが甘くてこちらがやきもきしてしまいました。わざわざ問い合わせまでして、現地に来た見込み客を、そうそう簡単に手放してはいけません。その営業氏を見ていて、私の知り合いの営業A氏を思い出しました。彼は、某外資で法人顧客向けに営業を担当していました。世の中のダウンサイジング [続きを読む]
  • 魚の取り方を教えなかったマネージャ氏の話。
  • 老子の言葉に、『ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。 魚の取り方を教えれば、その人は一生を通して食える。』と言うのがあります。かつての私の同僚にA氏と言う本部長がいました。本部長がA氏になってから、部門のパフォーマンスが向上、社内的にも一目置かれるようになった立役者です。部門全体のパフォーマンスのみならず、傍目にはチームメンバーも、A氏の元で生き生きと仕事をしているように見えていました。そん [続きを読む]
  • キャリアの築き方。
  • 若葉の新緑が、目に眩しい爽やかな季節になりました。ところで、先日、知り合いの営業A氏が職を失ったという話を耳にしました。A氏とは、某外資の営業マネージャでした。某社は、ニッチ市場向けに製品を販売しており、急激な売り上げ増加は見込めないものの、低いながらも安定した売り上げをキープしていた会社です。A氏は、某社の度重なるリストラや、プライベートファンドによる買収にも生き残って来ました。もともと、その某社 [続きを読む]
  • 元同僚が亡くなったという話。
  • 先日、昔の同僚A氏と会った時に、元同僚B氏が亡くなったことを知りました。まだ40代、病気だったそうです。その同僚とは、かつて勤めていた外資で一緒でした。ニッチマーケットに強い製品を持つ会社で、急激な売り上げ拡大は望めないものの、一部に根強い顧客がおり、低めで安定した売り上げをキープしていました。その後、プライベートファンドに会社が買収され、私はポジションを失い、A氏は転職。B氏はそのまま会社に残りました [続きを読む]
  • 情報リテラシーの向上が必要という話。
  • 料理レシピサイトクックパッドに掲載されていた、蜂蜜入り離乳食を与えられた乳幼児が死亡するという痛ましい事件が発生しました。その後、クックパッドには豚肉ユッケ等、食中毒を起こしかねないレシピが多数掲載されていたことが判明し、炎上しています。掲載されているレシピの安全性、妥当性のチェック、危険レシピの通報窓口を作りコンテンツの監視をすることは、サイトを運営しているクックパッド側の責任だと思いますが、情 [続きを読む]
  • 人間の行動はいつまで経っても変わらないという話。
  • 北朝鮮情勢が緊迫しているようです。シリアのように、米軍による武力行使に至らないことを祈るのみです。ところで、先日、かつての同僚A氏と数年振りに会うことにしました。A氏は、某有名国立大学を卒業後、日本の大手企業に就職。何を思ったのか、将来を嘱望されたポジションを捨て外資に転職。その後、私のいた外資に転職してきました。A氏は、仕事はできるし、英語も堪能。そして何より穏やかな性格から誰からも好かれていまし [続きを読む]
  • ユナイテッド航空の乗客引きずり下ろし事件に思うこと。
  • ユナイテッド航空がオーバーブッキングで、正規でチケットを購入したベトナム人の乗客を警察の力を借りて、無理やり引きずり下ろしたそうです。しかも、その顧客を引きずり下ろした後、搭乗させたのは、まさかの自社の社員。頭のネジが少し外れているのでは、と思えるような事件は世界中で発生しているようです。事件はすぐさま乗り合わせた乗客により拡散され、最初は顧客が攻撃的だったと自社の対応に間違いはなかったと豪語して [続きを読む]
  • やり切った真央ちゃんと未完を完成させているA氏の話。
  • 今日は、浅田真央選手の引退会見を見ました。先日、ブログで引退表明をし、ニュースや報道番組で大きく報道されている浅田選手の引退会見です。記者会見の中で、昨年の全日本が終わった時、もういいかなと思ったそうです。恐らく彼女の中でスケートは、やり切ったのだと思います。ソチオリンピックの後、やり残し感があったのだと思います。だからこそ、スケートに復帰したのだと思います。そして、今回、彼女の中でやり切ったのだ [続きを読む]