鈴木雅美@ほしひかり さん プロフィール

  •  
鈴木雅美@ほしひかりさん: きょうの「ほしひかり」
ハンドル名鈴木雅美@ほしひかり さん
ブログタイトルきょうの「ほしひかり」
ブログURLhttp://ameblo.jp/hoshihikari-m/
サイト紹介文浜松市板屋町のアーユルヴェーダサロン、「ほしひかり」のブログです。女性専用、完全予約制。
自由文浜松市板屋町のアーユルヴェーダサロン、「ほしひかり」です。アーユルヴェーダには、健康に幸福に生きてゆくための方法が、ぎっしりと詰まっています。たとえば、スパイスやハーブを使った食事。瞑想、ヨガ、オイルマッサージ、呼吸法など。ほんのちょっと生活習慣を変えるだけで、思いがけない変化があらわれてきますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供305回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2013/02/07 10:36

鈴木雅美@ほしひかり さんのブログ記事

  • 春にしっかり目を覚ます
  • 今月の書道教室、選んだ字は「惺惺着」「惺」は、心が落ちついて静かな様子のこと。「着」(著)は、意志を強くすること。でもね、調べると「目を覚ませ!」と現代語訳されていたりします。心の動きを鎮め、内側の知識に目覚めるそんな意味の「目を覚ませ!!」なのだと解釈しながら書きました。今回は、縦の線が上手く書けずに、時間のほとんどを線の練習に使いました。ちゃちゃっと書くタイプの私には、珍しいことです。力まず [続きを読む]
  • 整っている感覚を思い出す
  • 最初のカウンセリングで、「帰りに、どんな風になっていたいですか?」と伺うと、ダントツに「スッキリしたい」とお答えになる方が多いです。確かに、アーユルヴェーダのオイルトリートメントにはデトックス効果もあり、スッキリした感覚があります。あともう一つ、内側から「しっとり潤う感覚」は、アーユルヴェーダの特徴の一つかもしれません。皮膚の湿度が高いとか、油分が補給されているとか、物理的な「潤い」を超えたバラ [続きを読む]
  • 30年ぶりのお花見
  • 今年は桜が遅かったおかげで図らずも、偶然のお花見ドライブになりました。「花より団子」な私達がこんな風に見頃の桜を一緒に見られるなんて、珍しいことです。一緒に行った友は、桜が苦手なんだそうです。新学期の馴染めない緊張感や、せっかく仲良くなった友達と離れてしまう、悲しい気持ちを思い出すのだそうです。ただ、私と一緒に見た図書館の桜は、楽しい思い出だったよ〜と話してくれました。それは…なんと!30年以上前 [続きを読む]
  • エラ呼吸よっ!!
  • 未来の私の姿を、 ガラリと変えてしまったSUTEMATSUカレッジ。詳細はこちら私の受講レポートはこちら涙の卒業から数ヶ月、今日からは、新たに、螺旋美の初級を習っております。「螺旋美」とは、ウィズブライト、酒井先生のしなやかな身体の動きを研究して考案された、美しい身体の使い方のレッスンです。美塾の最上級レッスンに「双軸」というレッスンがありますが、同じような身体の使い方 であるように思います。常に [続きを読む]
  • 浜松美塾【4月度】体験レッスンのお知らせ
  • 浜松美塾体験レッスンのお知らせ浜松美塾では、下記の日程で、ナチュラルメイクの体験会を開催しています。少人数制で、和気あいあいと、楽しくメイクを学べます。浜松美塾 体験レッスン日程4月15日 (土)14:00〜16:004月28日(金)18:00〜20:00場所アーユルヴェーダサロン ほしひかり(浜松駅から徒歩5分です)受講料3000円講座の内容美塾のナチュラルメイクを、知って頂くためのレッスンです。 [続きを読む]
  • 夜の散歩、葉桜忌
  • 今日は、知る人ぞ知る、葉桜忌です。葉桜の季節には君を今年は桜が遅いみたいで昨夜の散歩ではまだ、見頃でした。重くなりがちなこの季節には、食後のお散歩が良く効きます。ウォーキングみたいに気合い入れて歩くのではなくただ、重さを遠ざけるためのリラックス散歩。アーユルヴェーダでは、季節、時間、その人の体質、などによって、快適に自然に、健やかに暮らすための、いくつかのコツがあります。 昔から伝わる、日本 [続きを読む]
  • 暮らしを豊かに変える、紅茶の愉しみ
  • 方眼ノートと同じく、私の暮らしを豊かに変えてくれた講座をもう一つご紹介いたします。浜松大平台の、紅茶教室「エンプレス」さんです。普段紅茶が好きなわけでもなかったのですが、猫が病気の時に、なんとなく明るい気持ちになりたくて、あまり深く考えずに申し込みしました。一回目の予約の日は猫が悪くなって、なんと、ドタキャン!。・°°・(>_<)・°°・。本当にすみません!!でも、暖かいメールにむしろ(私は)とても [続きを読む]
  • このまま作り続けるつもりですか?
  • 文ちゃんこと、青木文子さんの方眼ノート講座で手に入れたのは、事実から解釈し、行動に変えてゆく方法でした。詳しくはこちらからそして、あと、もう一つ大きなことが。それは、「復習」です。方眼ノートの場合、書いた部分を切り取らないと次が書きにくいので、強制的に、見直してかつ、ファイリングをすることとなります。ここで、A4サイズが生きてくるのです!!レジュメとともに取ったノートも一緒に綴じるようになりました [続きを読む]
  • 分類して、見える場所に置くだけ
  • 昨日からの続きです。頭が悪いのになぜ…方眼ノート講座、「ノートの取り方」を習うのかな〜?って思っていたのです。まず最初は、線の引き方やどこに何を書くのか?を教わります。そして、ノートを三つに分けて、それぞれ、頭の中にあることを分類して書いてゆきます。それがもーう!非常にスッキリするのです。冷蔵庫やクローゼットを整理した時みたいな感じに近いかな。 整理したこと自体の達成感だけじゃなくそこから始 [続きを読む]
  • 頭が悪いのになぜ、方眼ノートを使わなかったんだろう?
  • 去年暮れから、ブログをお休みしている間、私の暮らしを大きく変える、講座に参加しておりました。一つは、「方眼ノート講座」もう一つは、浜松大平台紅茶教室「エンプレス」 さんです。まず第一弾!今日は、方眼ノートのことから。 エンプレスファンのみなさま、しばしお待ちくださいね。「頭の良い人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」この本、どこかで目にしたことありますか?私、書店で見かけるたび「知らんがなー [続きを読む]
  • 花は心の中に咲く
  • 今年の春の懐石料理教室は和え物から。贅沢にお出汁を使って芥子和えにしたブロッコリーはそれだけで食べても美味しい!彩りのフルーツやサヨリさんと一緒に春の「なまず」のお皿に。桜ドレッシングでお刺身のサラダ。ちゃんと和食です。おうちでも真似出来そうな焼き豚と春キャベツ今回は、お教室史上初!デザートが登場しました。デザートに合わせた日本酒が本当によく合いました。今年は桜がちょっと遅め。でも、心の中には満 [続きを読む]
  • お客様からの感想〜良くなってゆく自分を楽しむ〜
  • お客様からの感想です。不調改善コースを受けていただいた、Nさまから頂きました。「アーユルヴェーダのマッサージを受けたくて、探していたところ浜松でも行っていただけるところがあり、3回コースを受けました。今までの生活習慣が少しずつ改善され施術後はとてもスッキリとして、少しずつ良くなっていく自分を楽しんでいます。」Nさまは、施術のたび、回を重ねるごとに、内側から潤っていかれるのが、見た目にもわかりました [続きを読む]
  • 仕事と家庭のバランスの取り方
  • 一日の仕事が終わって、私が必ずすることは、座って暖かい飲み物をゆっくり飲むことです。あとは、瞑想して、夕食を作って、家族の帰りを待つばかり。以前は、夕方のこの時間がとても苦しかったのを思い出します。あー!今から…アレやってコレやって…あと○分しかない!!わーん!!バタバタと走るように、イライラしながら動き回り、時には諦めて言い訳を探したり家族の帰りが、早くても遅くても、腹立たしい!!なんて時があ [続きを読む]
  • マジなてんこと二人旅
  • 先週の広島は、二泊三日、ず〜っとてんこさんと一緒でした。二人きりで、こんなに長く一緒に過ごすのは、初めてかもしれません。てんこさんは、とにかく真面目。会ってからずーーっと、行きの新幹線の中からイベントについてどうしよう?と考えている様子で、話題はそればかり。ぎっしり書かれたノートを見ては、「ねぇ、これでいいと思う?」「魅力の話ってさぁ、どう話せばいいかなぁ…」「眉はほんと、きちんとレッスンしたい [続きを読む]
  • 春の分岐点、広島へ
  • 春の三連休は、いつもより大きなスーツケースを持って広島へお出かけです。広島美塾の同期講師、寺本典子先生が企画してくださったイベントに参加して参りました。広島美塾のブログ自然光が入る、素敵な会場でした。いつもは、2〜3時間半の講座を、半分の時間で!!…と、力みすぎて逆に早く終わってしまいましたがみなさまからの暖かい質問や楽しそうな笑顔に助けていただきました。イベントの受付では、「お友達とは、離れて座 [続きを読む]
  • 大切な人に触れる講座 in 広島
  • 今夜は、夕方の新幹線で浜松から広島へ。同期ののんちゃん先生にお誘いいただきまして、広島にて、「大切な人に触れる講座」を開催させていただくのです。どんな講座かは、こちらをご覧ください。大切な人に触れる講座昨夜はギリギリまで準備をしていました。何度も開催している講座ですが、毎回準備のたびに、改めて自分を振り返ります。私は「大切な人」に、触れているかな?「あなた」と「わたし」で関わってこれたかな?勇気 [続きを読む]
  • サプライズは、お好きですか?
  • サプライズ!って、するのもされるのも、実はあまり得意じゃなくて、しみじみと、じんわりと暖かい気持ちが伝われば、「驚」の要素はあってもなくても、どちらでも嬉しいよね〜。なーんて話を、昨夜夫S氏としていたのです。「でもね私、一個だけ、絶対嬉し泣きするサプライズがある!」それは、「実は、生きてたんだよ〜!ほら〜!!」って、本物のあの子を手渡されるサプライズ。想像しただけで、泣いてしまいました。ただ会いた [続きを読む]
  • 浄化週間と、これからの私
  • 週末那須へ行ってからの浄化週間でした。純粋なものに触れると、ストレスの解消が、いろいろな形で起こります。いくつかの予定をキャンセルしてしまいましたが、今は少し回復してきて、身体の奥が軽〜い感じです。アーユルヴェーダセラピストとしては、ここに良く効くオイルを擦り込みたい気持ち?写真は、那須での食事です。アーユルヴェーダを、純粋なままに、もっと伝えてゆくにはどうしたら良いのかな?なんて、良く考えます [続きを読む]
  • 自分の成長を感じる朝
  • 先日、中村夕希帆先生のお宅で教わってから、毎朝「アーサナ」と、「呼吸法」をしています。最初に習ったのは、7年くらい前のこと。アーサナと呼ばれる簡単な体操は、うーん、身体が硬くて良くわからず…呼吸法は、苦しくなってきて半年くらいでフェイドアウト…そこから、そのことは忘れたようにでも、アーユルヴェーダをさらに学び続けたり、ヨーガを習ったり、いろんな人と出会って、私も変化してゆきました。7年経ってするア [続きを読む]
  • おやすみの日は一緒に…
  • 施術がおやすみの日には一緒にお風呂に入ります。施術につかう道具とね。シャワーだけね〜?いつも、暖めてくれてありがとう。☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆゚・*:.。. .。.:*・゜☆浜松 プライベートサロン・アーユルヴェーダ【 ほしひかり 】〒430-0928 静岡県浜松市中区板屋町営業日時 10:00 - 18:00(不定休)*メニュー・料金*施術の流れ/サロンのご案内*ほしひかりHP / Facebook*美塾 / 浜松美 [続きを読む]
  • 自分が整う感覚、満ちてゆくオイル
  • 最近、朝の時間を、かなり整えています。アーユルヴェーダには、一日を快適に、自然と調和して生きるための、いくつかの知恵があるため、(と言うより、実はこの知識そのものがアーユルヴェーダです?)初心に返って一つ一つ、丁寧に本気で、それをしているのです。朝、起きたら布団の中で良い事を考えて、舌苔を取り、うがいをして、顔を洗い、銅のヤカンで良く沸かした白湯を飲み、軽く身体を動かし、呼吸を整えて瞑想します。 [続きを読む]
  • この世界には、まだ…
  • 瞑想の新しいことを習いに、中村夕希帆先生のご自宅へ伺って来ました。いつもは、ほしひかりに来ていただいたりもしていたのですが、夕希帆先生のご自宅には、なんと!猫ちゃんが5匹もいるのです。中には、先日見送った愛猫にそっくりな子も。静かな時間のあとに、抱っこさせてもらっていたら自然に涙が溢れました。なんかね、上手く言えないけれど安心したのです。愛猫の代わりはいないけれど、この世界には、まだ猫という愛しい [続きを読む]
  • 字を書いてわかること
  • ほしひかりでは、毎月一度書家で、プレゼンテーションクリエイターの前田鎌利先生をお招きして書道教室「継未」を開催しています。黙々と課題に取り組む方もいらっしゃれば、毎回作品を作っている方も。先日は、バレンタインということで先生より、チョコを頂きました。今月、私が取り組んだ字は「松直棘曲」〈まつはなおく、いばらはまがれり〉自分の本性のままに、真似ることなく恥じることなく成長してゆきたいなという気持ち [続きを読む]
  • 私の物語は美しいでしょうか?
  • 昨年の春からはじまりました、SUTEMATSUカレッジを先日、無事に卒業いたしました。この10ヶ月、私には大きな変化がありました。住む家が変わり、一緒に暮らす家族が変わり、人間関係や、仕事の取り組みもじわり、じわりと変化してゆきました。最後の授業は、「人生の指針をプレゼンする」という、とても 大変な やりがいのあるものでした。プレゼンをまとめながら、この10ヶ月を自分の過去を振りかえってみると、な [続きを読む]
  • どちらでも良いと思った
  • 「悲しいことがあって、ブログを書けなくなってしまいました。復活するきっかけを教えてください。」公開の「秒殺!解決!!相談室」で、守田矩子先生に相談しました、前回の私。私のお悩みは解決するのでしょうか?「うん、悲しいよねぇ…」私が話し終わる頃には、守田先生の目に、涙がいっぱい。私は、号泣しちゃうのを恐れて先生の目が見られません。「充分悲しんでからでいいと思いますよ…」私、どんな答えでもきっと嬉しか [続きを読む]