丸山 聖人 さん プロフィール

  •  
丸山 聖人さん: 久留米のカリスマ占い師”丸山 聖人”
ハンドル名丸山 聖人 さん
ブログタイトル久留米のカリスマ占い師”丸山 聖人”
ブログURLhttps://ameblo.jp/fukugousenseijyutu/
サイト紹介文福岡県久留米市で占い鑑定を初めて40年になります。鑑定方法は『複合占星術』です。
自由文福岡県久留米市で占い鑑定を初めて40年になります。私の占い鑑定方法は『複合占星術』です。『複合占星術』は、全ての根源である人間関係を鑑定することで、”逃れられる災難””つかみ取る幸運”を知ることができ、より良き未来への”道しるべ”をあなたに示してくれます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/02/07 11:46

丸山 聖人 さんのブログ記事

  • スーパー大吉画数
  • ついに我がファミリーに待望の王女様が誕生なされました。でかしたぞ!息子〜、いや嫁様、さっそく命名依頼されゴッドファーザーならぬゴッドJIJIの出番です。苗字の丸山〈3+3=6〉この画数=6は、ご先祖様の恩恵で地位財産に恵まれる。画数=6は命名の基本数字でして、これに名前を付け加え、〈総画数〉〈外画数〉〈中画数〉〈名画数〉これらの数字が全て≪大吉画数≫になると、スーパー完全名の誕生何ですが、これが中々簡単では [続きを読む]
  • 違うだろうー!!ジパング第2弾
  • またも北からミサイルが我が日本国上空を飛び越えて、襟裳岬沖に落下しました。距離的にも、めちゃくちゃ近い朝鮮半島。古代より中国文化はこの半島経由で日本に運ばれ、江戸時代はも行き来して、友好保って来てましたが、今は南北に別れて同じ民族同胞が敵味方。それはさておき、同盟国アメリカは守ってくれるのか?年間多額の思いやり予算計上してますが、本当に北の攻撃阻止出来るのか非常に危惧しております。随分昔、ある反社 [続きを読む]
  • 違うだろうー!!ジパング
  • ちょっとおかしい今の日本。週刊誌の前刷りでワイドショーが動きだし、地上波各局、皆同じタイトルが番組予定表に印字され、コメンテーターが侃々諤々。鬼の首でもとったの如く述べ、最近のワンフレーズ〈男女の関係は?、一線越えたか?〉アホか!男と女が恋愛モードに入り、健康な人間ならば一線越えるのが当たり前で、越えない方がおかしいと思うし、そもそも他人の情事を覗き見る、出歯亀根性丸出しのマスコミ報道もどうかと思 [続きを読む]
  • すつ、すつ、す〜
  • 最後はさすが東大卒、ミュージカル調に決めて頂きました。おそらく今年の流行語大賞は、豊田真由子議員の暴言集からのベストテン入りはほぼ確実だと思います。生まれ星は、昭和49年の〈八白土星寅〉今年2月4日(立春)から三年厄も抜けての大吉運気でして、私独自の鑑定法1296星法でも、幸運期まっ盛り何ですがどうして?どんな大吉運気の年でも9ヵ月に一回大凶月がやって来ます。豊田議員の場合、6月〜8月がその衰運モードでして、1 [続きを読む]
  • 古稀男の夢の途中
  • つい先日、昔からの知人で今年で古稀のお祝いをしたばかりのちょい悪親父が、ひょつこり我が鑑定処におみえになりました。くるたび話題は自分のモテモテ自慢話で、今回は30歳年下のバツイチ美人だそうで、朝起きた時から夜寝る寸前迄その女人が浮かんでは消えの繰り返し、この先の展開予想を知りたくてのご訪問でした。くるたびに言う親父のワンフレーズ≪俺の人生最後の恋≫少々聞きあき感もありますが、そのたんびに真剣なギラツ [続きを読む]
  • 一白水星の宿命
  • 年盤の定位置は十干で示せば壬(みずのえ)と癸(みずのと)の二方位にまたがり、十二支では年(ね)です。一白水星の意義一白の一は万物の始めであり、数字は一に始まって九迄進み次に0となって、一から始まります。つまり一白は物の始まりであり終わりでり又始まりです。季節で言えば冬であり、夜明け前、一白の白は色の始まりであり終わりの色でもあります。水星の水は方円の器に従うと言われるように、物の形状にしたがって変化しま [続きを読む]
  • 安倍一強政権の足元揺るがす二人の女代議士
  • 7月2日の東京都議会選挙結果は、自民党の歴史的大敗それも期間中の(こら〜ハゲ〜)と、現職防衛大臣の信じられない常軌を大きくハズレた応援演説、都民ファーストからすれば素晴らしいアシストになり、小池知事圧勝の正しく原動力となりました。大敗の原動力の二人と安倍総理の相性度数を(五行九星法)で勝手に鑑定してみました。〇安倍総理(1954年=昭和29年9月21日一白水星甲午)〇豊田真由子(1974年=昭和49年10月10日八白土星甲寅) [続きを読む]
  • 松居一代 船越英一朗全面戦争勃発!勝敗はいかに?
  • 最近のテレビワイドショー、都議選挟み〈こら〜ハゲ〜〉から話題は、おしどり夫婦の離婚調停請求に反発、松居一代船越英一朗に宣戦布告に確実に移りました。そもそもお互いのどこに惹かれて結婚したのか?稼業柄思ってましたが互いの相性の悪さに気づかれての戦闘開始ですね!九星気学上でも船越英一朗の生まれ星〈1960年=昭和35年7月21日四緑木星庚の子〉。かたや松居一代〈1957年=昭和32年6月25日七赤金星丁の酉〉。〇金剋木〈金 [続きを読む]
  • 開運マイハウス 朝陽のあたる家
  • 家相学の基本がいかに太陽を取り入れ、健康で快適生活をエンジョイするか何ですね。地球上に住んでる生物の中の一つ我々人間。まずは朝起きて朝陽が降り注ぐ台所、もちろん東方位。1日の仕事の意欲もバリバリ湧き出て来ます。経済的にも照明が要らない、つまりは電気代の節約にもなり逆に西側台所の場合は、午前中はなんとか凌げますが、午後から日没迄は強い西陽が照りつけ、ましてや調理開始のゴングからアフリカ大陸モード突入 [続きを読む]
  • 五黄土星の宿命
  • この星生まれの人は極端に運勢が別れる最大の特徴があります。ある人は大成功者になり、みんなから尊敬羨まれその手腕を称えられます。そうかと思うと想像もつかない災難にあったり、落ちぶれ見る影もないどん底生活の人もいます。自分では善いことしたつもりでも結果として、まったく逆の結果をもたらす突発的悪材料の出現は、五黄土星の人達の避けては通れない宿命何ですね。性格も極端から極端に走り、中道を行く選択肢は持ち合 [続きを読む]
  • 読売ジャイアンツ13連敗
  • 今回は2年前の2015年の11月高橋由伸 、監督就任時のブログです。*********************************************************読売ジャイアンツ高橋由伸新監督2015-11-07 11:49:21 テーマ:ブログ原監督の辞任、後任は今度こそ江川卓氏とマスコミ各社が、日本シリーズの最中騒いでましたが、兼任コーチの高橋由伸に、本人も驚く就任になりました。もともと、アンチジャイアンツの私ですが、今のていたいらくでは、同情すら湧くほど [続きを読む]
  • 金運財布
  • 巾着、がま口、札入れ、これらの中から金持ちは昔から長財布をお持ちで、二つ折り財布は折り曲げるのでお札が窮屈になり増えないとか、色は茶系のコードバンか牛革。購入時期は新春が縁起が良いらしく、その長財布にお札を詰めてその感覚を財布に覚えさせ 諭吉様を呼び込む。なるほどなるほどその原理メカニズム良くわかりますが、肝心の詰め込むお札の調達が我々庶民には至難の業でございまして。成る程お金は金持ちの所に集まる [続きを読む]
  • 最近夫の全てが嫌になった ?
  • それは貴女の運気がアップして、周りが冷静に視れる様になったからですよ!所詮夫婦なんて他人同士が同じ屋根の下で、同じ空気を吸いながらサラリーマンでも最低10時間の共同生活強いられるわけで、二人の気が合わなければ到底無理なシロモノ何です。最初は勢いと若さ恋愛モードで、漢字で書けばで楽しいばっかりなんですが、普通5日から5か月で、相手の嫌な事ちょっとした仕草が我慢できなくなりますが、これは二人の相性度数で個 [続きを読む]
  • 今月の超モテモテ女は?
  • ズバリ三碧木星の女性の方々。今月5日〈立夏〉から大吉運気に突入しました!もともと今年の2月4日の〈立春〉から、年運が喜びと悦楽の運気モードに入りおもわぬ収入とか、周りの男性がみんな色っぽく見え自分自身も瞳が潤い男性からのお誘いも断り切れないほどのモテ期に入ります。これは誰しも九年に一回訪れる動物で言う発情期でして、神様が子孫繁栄の為に我々人間に与えられた極楽満喫運気のプレゼントなんですね!この運気キ [続きを読む]
  • メール鑑定人気急上昇
  • 人には言えない悩み心配事、相談したいのはやまやまだけど怖い恥ずかしい…。よく解ります。ましてや鑑定処で初老とは言え、一応男の占い師の前でさらけ出すのは相当勇気と決断力が要ります。去年の夏頃からこんな依頼人の切実なニーズに応えるべく≪eメール占い≫コーナーを開設いたしました。普通初めての対面鑑定だと、かなりのプレッシャーで自分の聞きたい事が思うどうりに伝えきらず、肝心のアドバイスも上の空バージョンで [続きを読む]
  • 彼との相性度 最速チェック法
  • 男と女が5時間二人だけの車中密室、同じ空気を吸いながらのロングドライブ。これで100%彼との相性度数が計れます。 出発から無事帰り着くまで、車から降りたくないず〜と彼の側に居たい!こういうラブラブモードになれば、ほぼ彼との相性度数は大吉。 逆に出発して5分もたたずに何か話題が噛み合わない、彼に無理に合わせようとする自分がしんどい。このモード大凶でして早く家に戻りたい、車から降りた瞬間肩の重しがとれ、ゆっく [続きを読む]
  • 吉方位に向かってのお引っ越し
  • この時期、卒業、入学、転勤とやたら吉方位の問い合わせが多くなります。 これも気学上非常に大事な事でして、今度入学する大学は決まってるのに、方位もなんもなかろうもんとお思いでしょうが、これから4年間住むマンション、アパートの家相で、人生航路が大きく変わってきます。 まずは健康といい酸素供給の家の間取りであるか、学生の本分である学問も、脳の機能正常運転が最大条件であることが周知の事でして、この脳味噌の最 [続きを読む]
  • 電話とメール占いの「ラテレサ」
  • 人には言えない深刻な愛憎問題を、電話で相談に乗るサイト≪電話とメール占いの ラテレサ ≫立ち上げに参画いたしました。 日頃やっている対面鑑定と違って、あまり他人には聞かれたくない、だけど此のまま誰かに思いのたけを吐露しなければ、頭のなかが狂いそうだ!他人の旦那さんと深い仲になってしまった。相手は私の事どう思ってるの? とか、ご自身の旦那さん、子供の事は殆ど眼中にあらずの恋愛モード進行中でして。 勿論、 [続きを読む]
  • 天網詼詼疎にして漏らさず
  • お茶の間を連日賑やかしている、国有地払いさげ問題と東京築地市場移転の話題。 共に主人公は磐石基盤を誇り文字通りの一強独裁でしたが、お天道様ちゃんとお見通し何ですね。 まあ私達人間が日々生活しているこの地球、太陽の周りを一定周期365日で回り(正確には365.242日)これを基準の暦が太陽歴でして、明治の初めごろから我が日本も採用され、私の運命鑑定の基盤である〈五行九星法〉俗言う東洋占星術何ですね。 国有地の方 [続きを読む]
  • あたし、本当に厄抜けたんですか?
  • ここ最近こんな質問よく受けます。 今年の二月四日(立春)で三年厄が抜ける八白土星生まれの皆さんですが、この二月、八白土星が中宮に回座しての八方塞がりでして、なかなか運気上昇にはならず私のアドバイスミスと勘違いされての電話抗議何ですね、 いやいや心配無用ですよ! 三月五日の啓蟄=けいちつ、から正真正銘の大盛運気到来です。 ここ二・三年の大衰運気に鑑定におみえになられ、いつになったら私の運気は良くなるんです [続きを読む]
  • 信じる者は救われるパート3 [かばちゃんメジャーデビュー]
  • 確か8年前に鑑定にこられ妙に気があい、ちょくちょく飲みながら熱く人生を語り、私も本業忘れ逆にこちらの相談も聞いてもらい、地元久留米でギター弾きながら即興で歌詞をのせ、場を盛り上るシンガー「かばちゃん」から今週初め飲みお誘いの電話がありました。その日は割り勘でなく全部かばちゃんの奢りでして、何だかいつものバージョンとの違いで酔いが遅く気が落ち着かない自分がおりました。勿論稼業柄かばちゃんの生まれ星 [続きを読む]
  • 改名の勧め
  • あなたもを幸運を招くに変えてみませんか!特に(2、4、7、9、10、12、14、19、20、22、26、27、28、29、30、34)★名前の中に上記(大凶運画数)がある方★女性の(21、23、32と総画数が33)がある方この画数は事業家とか、俗に言うキャリアウーマンには適した素晴らしい大吉字画数何ですが、運気パワーが強すぎて男性に頼らない自立心旺盛になり、今は禁句の後家相〈シングル〉画数と昔から言われております。最近はペットの命名もち [続きを読む]
  • 節分と年男
  • もうすぐ皆さんの各生まれ星〈方位吉凶図〉の位置が動く、暦上の新年が始まります。その前日が。読んで字の如く節気がわかれる。神社で年男たちが豆をまき、鬼を追い払い福を招く神事が行われ、テレビ中継で年男のタレントさんが(今年は酉年だから自分にとっても飛躍の年にしたい)、まあこんなインタビューよく聴きますが、これは大間違いなんです。今年の干支酉年生まれ〈一白水星の酉〉=八方塞がりの大凶の年になります。次に [続きを読む]
  • 人生のロスタイム
  • 最近〈国民健康保険高齢受給者証〉が役所から送られて来たせいか、残りの我が人生後どれ位かと思いつつ、稼業柄人に聞くこともいかず、大寒跨ぎの老体にはこたえる極寒の日々を耐えながら過ごしております。何かやり残しは?いやいやまだ先が長い!親父の記録90歳まではくたばらん!後20年もあるとは言え、20年前の記憶をさかのぼれば、つい昨日の出来事のようによみがえり確実にゴールに向かって走っております。さて、今日迄し [続きを読む]