tkharry さん プロフィール

  •  
tkharryさん: 悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ハンドル名tkharry さん
ブログタイトル悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ブログURLhttp://ameblo.jp/kidotomoaki/
サイト紹介文悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供292回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2013/02/07 15:32

tkharry さんのブログ記事

  • 今しか出会えないから
  • というわけで、苦しみにも、痛みにも、日常のどんな場面にも、目の前の人とも、、 今ここでしか出会えないのです、、 このシンプルなポイントに、とことんにまで深まるというのが、 禅の真髄、、一期一会とも言えるでしょう、、 どんなにそこから離れたい、避けたい、逃げたいという出会い、、 そうした (自我性から来る) 無意識的な防衛性に反射的に流されるのではなく、、 それに気づき、それを手放し、、それでも出会い [続きを読む]
  • 苦しみの出口を探さない
  • 苦しみの法則は、、 「苦しみ」 だと一見思われている現象それ自体にその性質があるのではなく、 それがあってはいけない、それがなくなってくれればいい、 もっとより良い何かに作り変えなければならない、、それまでは自分は決して幸せになれない、、 といったところの、いわば、それとの闘争、そこからの逃避、それに対する否定や抵抗の感覚の高まりが、 「苦しみ」 の実体性を強化し、いわゆる、「苦しみ」 がさもそこに [続きを読む]
  • 気づきの育成
  • 私たちは習慣の生き物です、、 経験し、学習し、吸収した、「習慣」 を足場とし、 混沌とした日常にある程度の指針とすることで、、 安全に道を歩めるはずだという、、ある面、背景には、、自我性の恐れが垣間見られます、、 ※ま、これもすべてが、愛の中で起きているというところに包含されるわけではありますが、、 もちろん、日常の実用的な場面において、 この機能、、習慣の観念化というのは、大いに役立つものであるこ [続きを読む]
  • 禅〜今ここを照らしてぞ行く
  • というわけで、昨日の記事を書きつつ、、 禅に通じていたらしい、ある戦国武将の和歌が思い出されたものです、、 曇りなき 心の月を先立てて 浮世の闇を 照らしてぞ行く これを遺したのは、我が会津にもそこそこに縁のある、 独眼竜で有名な、、かの伊達政宗公なわけですが、、 聞けばこれが辞世の句って話で、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) いわゆるこれがほんとの、、ダテじゃねーー!!ヽ(*'0'*)ツ って話なわけです!! [続きを読む]
  • 禅にはなぜ、「迷い」がないのか?
  • というわけで、昨日の記事が良い前振りになりまして、、( *´艸`) 禅には、なぜ迷いがないのでしょう、、 それは、ずばり、、どこにも行かないからです! 禅が相手にするのは、今ここだけ! この瞬間の出会い、目の前の出来事、行為の中に、 気づきながら (意識的に) ひたすらに取り組む、、それと共に在る、、その場に溶け去る、、 どこにも行かない以上、、もっと言えば、ずっと辿り着いている以上、、 「迷う」 という [続きを読む]
  • 空(くう)を「どこか」にしないこと
  • その昔、悟りの話などを聞きに出かけに行っていた頃のこと、、 そう言えばと思い出した話、、( *´艸`) その時の、ガイド担当の言うことにゃ、、空 (くう) に入ると、、云々かんぬん、、(。´・ω・)? 質問者がポツリ言うことにゃ、、「私」 はまだ空 (くう) に入ったことがない、、とかなんとか、、(。´・ω・)? 当時、悟り系初心者ハリーの思うことにゃ、、 ほうほう、、なるほどそうか、、「どこか」 に空 (くう) とい [続きを読む]
  • 意味なき宇宙に目覚める
  • というわけで、 真実とは何か、人生の意味は、何のために生まれて来たのか、神はいるのか、自分とは何か、、 こうした究極的な問いの 「答え」 を導き出そうとする自然な好奇心は確かにあるでしょう、、 スピリチュアル、哲学、科学、、なんやかんや、、 様々なジャンルで、多くの学者たち、多くの探究者が何世紀にも渡って、、 私たちの存在の足場、この世界の 「意味」 をつかもうとしてきました、、 しかし、「本当の答え [続きを読む]
  • 無知を知っているくつろぎ
  • さて、折に触れてブログに浮上してきますが、、笑 ソクラテスさんおっしゃるところの、無知の知、、 この言葉は、、ソクラテスほどの何でも知っているに違いない哲人であっても、 それでもまだまだ知らないことが山ほどある、、ということを言っているものではありません、、 この無知の知とは、、 私は何も知らない、、 私は、私が何も知らない、、ということを知っている、、といったところの悟り系ポインターです、、 --- [続きを読む]
  • 何にもしがみつかない
  • あらゆる観念、信念、信条、、 高名なマスターの教えや聖人の輝かしい言葉や何やら、、 自我性であるところの 「恐れ」 は、何かにしがみついていないと不安でしょうがなく、、 真理の言葉にしがみつき、、それを後生大事に抱えることで 「安心」 したような気になり、 それにさえしがみついていれば、自分も真実を生きることができるんだ、、と勘違いをしてしまいます、、 しかし、、それが例え、、どんなに真実を物語った [続きを読む]
  • 人生はここより他になかりけり
  • 何かから逃げたいとき、できれば避けたい経験、面倒な事、苦手な相手、、を目の当たりにしたとき、、 あるいはまた、、目の前の今ここを離れて、未来のいつかの、 より楽しかったり、きっと意義のある、、場合によっては、この上ない崇高な経験などに 意識が外されるようなとき、、(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ただの一歩も、今いる場所から離れずに、、 目の前の出会い以外に、、優先すべきものも、最愛のものも、 これを除いて他 [続きを読む]
  • 「思い」通りには起きていない
  • 釈迦が言ったらしい、、(ほんとかどうかは不明、、) 人生は思い通りにはならない、、的なやつ、、 私は、初めこの言葉を聞いたとき、、まさにその字面だけから察するに、、 ふむふむ、、人生は、思い通りにはいかない、、 つまり、、コントロールしようにもそうはいかない、、的なことを言わんとしてるのかな、、 って程度の頷きでしたが、、 そうした側面も確かに含んではいるんだろうと思いながらも、、 求道という観点 [続きを読む]
  • 禅〜受容で生きる
  • というわけで、人生、迷った時こそ即今目前!今ここに取り組みましょう! ただ今ここに取り組むというのは、シンプル過ぎるがあまり、 すぐさま特別なものを所有したがる自我性にとっては、面白みに欠けるように映るかもしれませんが、、 ただシンプルに出来事に取り組む、目の前の出会いの中に三昧するというのは、、 エネルギー的な観点から言えば、、ある意味で、「抵抗」 を手放した 「受容性」 の様相です、、 抵抗とい [続きを読む]
  • ずっとここにあった幸せ
  • さて、「幸せ」 を 「目指す」 のが終わるとき、、 私たちは、「今ここ」 に対して、自然な興味と愛が生まれていることに気づき始めます、、 「本当の幸せ」 とよく言われる言葉が指すところは、 「幸せ」 を求めないとき、「幸せ」 を手放したとき、「幸せ」 を探さないときに現れる、、 とてもシンプルな体感であり、 一度も離れたことがなかった 「場所」 だったということに気づき始めることもあるでしょう、、 そして [続きを読む]
  • 幸せに「なる」必要はない
  • さて、幸せに 「なる」 と言っている時点で、、 エネルギー的には、、今は幸せではない!と宣言していることになります、、 ・・・・!!(゚д゚) そして同時に、「幸せ」 との 「距離」 が生まれ、 「幸せ」 に向かわなければならない 「私」 との分離的感覚が深まっているとも言えるでしょう、、 折に触れて、、こうした、幸せ系の記事を書くことがありますが、、 幸せのコツは簡単です、、 「幸せ」 を探さないこと、、「 [続きを読む]
  • 苦しみの構造
  • というわけで、週の終わりに際して、、 ひとつの実験として、こんな感じの取り組みをトライしてみてはどうでしょう、、 できれば避けたい出来事、その場から離れたい場面、苦手な相手を前にしたとき、、などなど、、 そこから逃げずに、進んでその場に留まってみる! もう少し、悟り系的に言うならば、、 その場から 「逃げよう」 「逃げたい」 などと言った、 別の 「何か」 や 「どこか」 に反射的に意識が外される瞬間に意 [続きを読む]
  • 禅〜どこにも行かない、ひたすらに「ここ」
  • というわけで、書き方にも問題はあるのですが、、(;'∀') 昨日のような感じで禅について書くと、、 やはりどうしても、、常に今に集中しなければならないなんて、なんだか大変そう、、 というイメージは少なからずあるように思います、、 しかしながら、ここで再度おさえておかなければならないのは、、 禅とは、、何かになるために一生懸命努力することではない、、ということです、、 つまるところ、、集中するために努力す [続きを読む]
  • 「禅」を衣とし、「今」を友とする
  • 掃除、洗濯、食事、お茶、歯磨き、 歩く、動く、仕事、会話、出会い、 失敗、修羅場、困難、転機、、 こうした日常の様々な局面、場面において、 私たちはいつでも禅スピリットと繋がることが可能です、、(その理由は後半で♪) ちなみに、これまでも書いてきたことではありますが、、 人生において必要なものを一つだけあげるとしたら、、私は迷わず、禅と答えます、、 これまでの社会的な価値観によれば、、 人生は 「 [続きを読む]
  • 受容性から生まれるもの
  • というわけで、「悩み」 というのは、 何かしらの、悩むに値する 「実体」 があるから生じているわけではなく、、 「悩みがそこにある」 と信じてしまう思考感覚のエネルギー的な様相によって、、 つまるところが、思考の二元的な動き、 それがあってはいけないとか、それを何とかしなければならない、、といったところの、 出来事に対する抵抗 (や否定、批判) の動きに無自覚 [続きを読む]
  • 悩んでいるのか、悩みを信じているのか
  • というわけで、戻りました! って、こちら会津は、低温注意報とのことで、明日の市内最低気温は、なんと9度とのことです、、 猛烈な日差しに照らされた東京を思うと、、 ほんと分かり得ない世界のバランス&ダンスに驚嘆するばかりです、、(◎_◎;) -------------------------------------------------------------------------------------- さて、そんなこんな、、今日 [続きを読む]
  • あなたは動いていますか、気づいていますか?
  • というわけで、ちょっとお出かけして来まっす!(●‘∀‘●)ノ" こうした外出&遠出などのタイミングでとても面白い実践になるのが、、 乗り物に乗っているときなど、、 自らの不動性、、今ここに在る、 あらゆる変化に気づいているという感覚に意識を向けてみることです、、 いつでもできるもっとも簡単なやり方が、、足の裏に注意を向けるというもの、、 移動中、歩きの中 [続きを読む]
  • 禅〜受容の衣
  • というわけで、、昨日の記事、、 コントロールをしようとしている様相に気づき、、そうした抵抗を手放す、、 コントロールしようとするのではなく、、 今あるとおりのこの出来事を受け入れる、、といった受容性を発揮する上で、、 これ以上にない衣であるところの、「禅」 に出会えたことは、私にとってとても幸運なことでした、、 というのも、、禅は、、個人の都 [続きを読む]
  • どうしたらいいのか迷ったときは
  • というわけで、、どうしたらいいのか迷ったときの悟りレッスン、、(ΦωΦ) こうした時は、、どうにかしようというコントロール性に気づき、それを手放してみる、ということです、、 人によってはこの時の様相を、、放っておく♪そのままにしておく♪ というアプローチでガイドする人たちもいたりします、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) コントロールしようというエネルギーが起きている [続きを読む]
  • 悟りが見つからない理由
  • 私たちには、目の前のこれは違うと信じて疑わない傾向が根強くあるようです、、 これにより、エネルギーは、今ここを外れ、、 「どこか」 という空想上の幻影の中にはまり込み、 あるはずのない場所に、「答え」 や 「真実」、「悟り」 といったものを求め出したりするわけです、、 例えば、自分の自宅や職場ではなく、 覚者の居る膝元、あるいは、聖人がかつて生きたアシ [続きを読む]
  • 投影ワールドに苦しむ必要はない
  • 私にはあまりご縁がありませんでしたが、、 こうした悟り系のジャンルの中でも、 世の中が自己の投影であるという点を強調する教えがたまに耳に入って来ます、、(。´・ω・)? ま、あらゆるものは分離のないひとつのダンスであるという観点からすれば、 そうしたアプローチもなくはないでしょうが、、 それに囚われるがあまり、往々にしてありがちなのが、、 目 [続きを読む]
  • 今ここに、出会って行かれませんか?
  • 喫茶去 (きっさこ) という禅語、、 ある禅僧の逸話より、、むか〜し昔のことじゃった、、(?˘?˘?) ある禅僧のもとに、、来客 (僧) が一人、、 「あなたは前にもここに来たことはありましたか?」 「いいえ、初めてです。」 「さぁ、お茶でもどうぞ」 また別の日、、来客が一人、、 「あなたは前にもここに来たことはありましたか?」 「はい、あり [続きを読む]