tkharry さん プロフィール

  •  
tkharryさん: 悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ハンドル名tkharry さん
ブログタイトル悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
ブログURLhttp://ameblo.jp/kidotomoaki/
サイト紹介文悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2013/02/07 15:32

tkharry さんのブログ記事

  • 人生の目的が消えるとき
  • 目的とは、、「どこか」 にあるものであり、 目的、イコール、「どこか」 、、と言っても良いでしょう、、 何らかの希望や願望、理想の姿、辿り着くべきゴール地点、成し遂げたい野望、、 こうしたもの一切が消えるとき、 あるいは、そうしたものすべてが思考が生み出す単なる今ここ (真実) 外しに過ぎないと見るとき、、 私たちは、この世界の本当の姿に出会うのです、 [続きを読む]
  • 「今」 あるとおりでありますように
  • 「変えようとする」 ということは、 「今現れているもの」 を 「違った何か」 に作り変えようとすることであって、、(機能不全) このときの様相を、否定、抵抗、コントロール性、非受容性、、あるいは、「個人」、、 などと言っても良いでしょう、、 一方で、「変えようとしない」 ということは、、 「今」 をそのままにしておくこと、であるからして、、「今」 あるとおりで [続きを読む]
  • 変えたい相手がいる時の悟りレッスン
  • というわけで、悟り系的、変えたい相手がいるときの話、、 日常の中でこうした場面に出くわすと、 体感的にはどうしても気持ちの良い感じはしないものです、、Oo。。( ̄¬ ̄*) こうしたとき、何が起きているかというわけですが、、 「変えようとしている」 ということは、 それがそうであってはいけないという現状への 「否定」 が背景に頑としてありながら、 [続きを読む]
  • 悟りはどこにありますか、あなたはどこにいますか
  • 悟りを 「特別なもの」 だと 「思う」 のもまた、 思考が生み出す、「差」 と言うこともできるでしょう、、 悟りを 「特別なもの」 だと思っていると、、 往々にして、、 インドやヒマラヤに行かなければ悟れないと勘違いし、 果てしない修練を積み上げ、乗り越えた 「自分」 になろうとし、 高次元に達するためにはどうすればいいのかと迷い続け、 空に近付く [続きを読む]
  • 「思っている通り」に起きていることは何もない
  • 「悟り」 は 「差取り」 とはよく言ったもので、、 ま、個人的なところでは、、どちらかと言うと、「差を作らない」 と言ったところでしょうか、、 あるいは、「悟り」 は 「問題」 を作らないこと、、 つまるところが、、「問題」 という 「差」 を生み出さないこと、そこにはまらないこと、、 などと言っても良いでしょう、、 「思考」 は物事を切り分け、区別し、分割 [続きを読む]
  • この世は夢でも「今」がある!
  • この世は夢、あるいは、幻想、、 確かに、それを悟れる瞬間はありながら、、 それでも私たちの目の前には、、 疑いようのない 「今」 が燦燦ときらめいているのもまた真理、、。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ ここを生きずにどこを生きますか、、 「ここ」 以外のどこにも、私たちが辿り着く場所はない、、 ならば、咲きましょう今ここに、、、 その場 [続きを読む]
  • 目覚めているとは
  • 目覚めているとは、ただここにいることだ、、 ジョーンさんの本に引用されていた、ジョン・バーニーという人の言葉だそうですが、、 まさにその通り、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) もはや 「どこか」 に行こうとしない、、 ゴールを 「どこか」 別の場所で探そうとしない、、 今ここ以外の 「何か」 や 「どこか」、「いつか」 があるという思い込み、 あるいは [続きを読む]
  • どんなあなたも辿り着いている
  • というわけで、昨日の補足です、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) 「浄化」 と言っている時点で、私たちは無意識のうちに、 「汚れているもの」、「浄化し清めなければならない問題」 を この世界に生み出しているということに気づけるでしょうか、、 「汚れているもの」 が先にあるのではなく、、 「汚れている」 と 「思っている思考」 があるから、「汚れているもの」 がこの世に存在し [続きを読む]
  • 「浄化」という幻想
  • さて、これについてはいつか悟り系として書かなければと思っていたことですが、、 ついに、その時が来たようです、、(;'∀') というわけで、ティーチャー、ジョーンさんの言葉の中で、私が一番、、 あちゃ〜〜〜それを言うか〜〜こりゃブログにはまず書けないな〜〜(;´▽`A`` と常々思っている言葉を今日は引用することにします、、(;'∀') それがこちら、、&nbs [続きを読む]
  • あぁ、気づきよ、広がりよ、、
  • 日常の中で、思考感覚の収縮性、、 あるいは、自我性の恐れに端を発した所有性の窮屈な感覚を感じられた時、、 私たちはシンプル在る、気づくということによって、、 その縮こまりを解放する力を実はいつも携えています、、 ポイントはただ、、その窮屈さ、違和感、重さのようなものにまず 「気づける」 かどうかということです、、 もちろん、大前提として、、そうした感覚が [続きを読む]
  • 辿り着く場所はある?
  • 辿り着く場所はない、辿り着く場所はある、、 言葉では様々な表現、ポイントが可能です、、 言葉そのものを頼りにするよりも、 それが指し示す 「先」 を実際に調べようとする意志が本当の求道です、、 さて、辿り着く場所などどこにもない、、というポインターも個人的には好きです、、 というのもそれは、奔走し、求め続けるがあまり、 今ここ (真実) をあ [続きを読む]
  • すでに辿り着いているって?
  • 悟りとは、「どこか」 へ行くことではありません、、 ですので、「どこか」 崇高な境地へ辿り着くことが 「悟り」 だという話は全くの誤解です、、 悟り系のメッセージでよく目にする、、 すでに辿り着いている、、とはどういうことなのか、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) それはまさしく、、ゴールは 「どこか」 にあるのではなく、、 初めから私たちはゴール以外のどこにも [続きを読む]
  • ただ涅槃だけがある
  • 特別なもの、特別な場所、特別な自分、、 こうした、今にはないものを求める背景には、、 それを得ることで安心を得ようとしている自我性 (恐れ) があると見ることができます、、 もちろんそうした反応自体が悪いというわけではなく、、 ここでしているのは求道の話であって、 往々にしてそれらが、、今ここ外しの迷妄 (迷い) への誘いになるという話です、、&n [続きを読む]
  • 禅〜「個人」と「習慣」を手放す
  • ともすると私たちは、日常的な所作、、 布団をたたんだり、皿を洗ったり、トイレを掃除したり、料理をしたり、、、その他諸々、、 こうした 「習慣的」 で面白みに欠けるものに対して、 面倒に思い、無意識にそれを避けがちになったり、、 あるいは、それに実際に取り組んでいるときでも、何となくつまらなく感じ、、 「今」 向き合っているその行為のことには上の空で、、|д゚) [続きを読む]
  • 悟りは、ここになければどこにもない
  • 求道の旅の終わりは、、「抵抗の終わり」 とも言えるでしょう、、 先日も書いたように、、抵抗とは、、 今居る場所から離れ、もっと良い何かを求め、理想通りに描いた 「どこか」 に辿り着こうとする動き、、 即ち、今から離れようとすること自体、、だと言えるわけです、、 というわけで、今から離れようとする抵抗を手放し、 あるいは、その 「抵抗」 が起 [続きを読む]
  • 「幸せ」がいらなくなる時代
  • 「幸せ」 という言葉はこれからますますいらなくなるでしょう、、(ノ´▽`)ノ というのも、「幸せ」 などという言葉があるから、、 「幸せ」 とは何のか、、どこにあるのか、、どうやったら辿り着けるのかと、、 「幸せ」 について 「考える」 ことが起こり、、「幸せ」 との 「距離」 が生まれ、、 思い描いた状況が、「今」 見当たらない (と思う) ようであれば、それを 「求める」 よう [続きを読む]
  • 今ここを生きる自由
  • 世の中的な価値観では、、 往々にして、「今」 というのは、未来や将来に向けて、 盤石な備えをするための 「準備期間」 に過ぎず、、 やがてはやって来る輝かしいゴールのための 「途中地点」 であるからして、 精一杯努力をして、「いつか」 辿り着く日が来るまで頑張らなければならない、 「奔走の場」 になってしまっているきらいがあるように思います、、   [続きを読む]
  • 禅〜「抵抗」を手放す力
  • というわけで、私たちは常に今に居る以上、、 さらにもっと言えば、、本質的なところで、「今である (こと以外できない) 」 以上、、 「今」 から離れようとする動き自体、「今にはないもの」 を求めようとする傾向自体を、 ある意味では、「抵抗」 と呼ぶことができるでしょう、、 もちろんこれは、日常の実用的な場面で、 物理的に 「まったく動かないでいる」 ということを [続きを読む]
  • 悟りとは、シンプルに在ること
  • 特別なこと、特別な自分、特別な場所を求める習性、、 その背景には、それらで以て根本的な 「恐れ」 を覆い隠し、 「安心」 を得ようとする (自我の) 防衛性の臭いが微妙に感じられたりするものです、、 前回紹介した、臨済禅師の 「奇跡」 の逸話のように、、 シンプルに在ること、今の自分、あるいは、今の世界と共に在ること、、 こうした、、どこにも行かずに、こ [続きを読む]
  • 平凡な生の非凡な奇跡
  • むかーしむかしのことじゃった、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) 臨済禅師の死後、ある弟子が講演をしていると、、 一つの質問が上がったそうな、、( ゚д゚)ノ 「あなたの師匠は、一体どんな奇跡をやりましたか?  私の師匠は、あんなことやこんなこと、たくさんの奇跡をやってのけました。( ̄^ ̄)  私の師匠の方がすごいですよ!」 それに対し、臨済の弟子はこん [続きを読む]
  • 今が本当にゴールだと知ったなら
  • 私たちの人生は、ゴールから始まっている、、 このことが本当に分かると、、 人生の目的は、、「どこか」 にある何かを 「成し遂げること」 ではなくなります、、 「どこか」 が 「目的」 でなくなるとき、、 辿り着かなければならない場所などどこにもないと知るとき、、 私たちの新たな可能性が花開き始めます、、 そう、、目の前の 「今 [続きを読む]
  • パワーオヴ出会い
  • さて、面倒なこと、、できれば避けたいと思うことが現れたとき、、 体感的にはどうしても、、めんどぉ、、今度でもいっかぁ、、などと、、Oo。。( ̄¬ ̄*) 自我が防衛性の反応を実体化させつつ往々にして浮かび上がってくるものです、、 もちろんこれは、生命維持のための自然なプログラムであるという言い方もできますが、、 反射的にそこから逃げてしまうと、、その場にエネルギー [続きを読む]
  • 悟りたい理由を見てみる
  • さて、悟りたい、悟りを求める、、 この背景にある 「理由」 を見つめてみるというのも、 一つの取り組みとして的を射ているかもしれません、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) というのも、、その 「理由」 の幻想性を見抜いてしまえば、、 そこにあるのは、、初めから在るシンプルさだからです、、(?˘?˘?) というわけで、、なぜ悟りたいと 「思っている」 のでしょう、、 [続きを読む]
  • 「ここ」で君を待つ
  • ティーチャー、ジョーンさんのポインター、、 <ここ・今> へ行く道なき道、、 個人的にとても美しいポインターです、、( *´艸`) 以前にも書いたことがあったように思いますが、、 道のガイド役であるところの、、「教師」 という人たちは、、 「どこか」 へ連れ出そうすることは一切ありません、、 彼らがすることは、、今ここ、、初めから居た場所へ 「連れ戻す [続きを読む]
  • 悟りを生きるコツ
  • 昨日のような書き方をすると、、 それを知って一体どうなるの?日常生活でどう活かしたらいいの? などと心配する思考が起こる場合もあるかもしれません、、Oo。。( ̄¬ ̄*) ま、言ってしまえば、「どうなる」 わけでもなく、、 初めからそうだったこと、一度も忘れたことがなかったことを 「再認識」 するだけの話なので、 その気づき自体を日常に活かそうとすると、、確かに混 [続きを読む]