kaiitan さん プロフィール

  •  
kaiitanさん: 怪異譚
ハンドル名kaiitan さん
ブログタイトル怪異譚
ブログURLhttps://kaiitan.com/
サイト紹介文怖い話・怪談、不思議な話、風習、都市伝説など収集。都道府県別カテゴリ化。長文多め。時々コラム。
自由文怖い話、不思議な話を収集しています。
また、それにまつわる小話や関連書籍等をたまにコラムとして書いています。
よくあるタイプの話はなるべく重複させずに載せるようにしています。
それぞれの話はタグ付けしていますので関連した話が探しやすいかと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/02/07 18:53

kaiitan さんのブログ記事

  • 幽体離脱
  • スレチかもしれないし、長くなるが聞いてほしい。 精神科行き認定されそうって思ってからというもの、ずっと誰にも言えず自分の中で秘密にしてきた話。 自分は小さい頃から、いろいろなものが聞こえたり見えたりしてた……と思う。 今 […] [続きを読む]
  • 見えない本
  • 大手じゃなくて、おじいさん一人と奥さんの二人でやってる古本屋でバイトをしてた頃があって、漫画本とか単行本より、古書とか紐で製本されているような本を取り扱っていた。 古書あるあるっていうか業界人なら結構経験するんだけど、仕 […] [続きを読む]
  • 慰安旅行
  • うちのかみさんが昔、旅行代理店でバスの添乗員の仕事をやっていたときの話。 徳島県に木〇平村っていう過疎の村があって、どこかの会社の慰安旅行の付き添いでそこへ行ったんだって。 自然以外はほとんど何もない村。 客のほとんどは […] [続きを読む]
  • 慰安旅行
  • うちのかみさんが昔、旅行代理店でバスの添乗員の仕事をやっていたときの話。 徳島県に木〇平村っていう過疎の村があって、どこかの会社の慰安旅行の付き添いでそこへ行ったんだって。 自然以外はほとんど何もない村。 客のほとんどは […] [続きを読む]
  • テレビ取材の結果
  • かなり前にみた話だから細かい所はうろ覚えなんだけど、NHKのドキュメンタリーだったと思う。 ある国(アメリカだったかな)のテレビが、南米のアマゾン川流域の未開の部族を取材した。 その部族の首長がテレビ班に友好的で、歓迎の […] [続きを読む]
  • 中央線沿線の事故物件
  • 大学時代に住んでいた物件が事故物件でした。 私は霊感なかったし、そもそも霊なんて信じてなかったんだけど、内覧した時に一緒に居た母親が浴室を気にしてたんだよね。 当時築5年だったんだけど、浴室(3点ユニットバス)だけがピカ […] [続きを読む]
  • 中央線沿線の事故物件
  • 大学時代に住んでいた物件が事故物件でした。 私は霊感なかったし、そもそも霊なんて信じてなかったんだけど、内覧した時に一緒に居た母親が浴室を気にしてたんだよね。 当時築5年だったんだけど、浴室(3点ユニットバス)だけがピカ […] [続きを読む]
  • 土産の鏡
  • 俺が兄の友達から聞いた話。 彼が高校一年の時、彼の叔父が欧州へ旅行に行き、お土産をくれた。 立派な青銅の縁取りのついた鏡である。 彼は叔父に、こんな高そうな物を貰って良いのかと訊ねたところ、実際高かったそうだが良いらしい […] [続きを読む]
  • 通行止めの標識
  • 小2の頃、仲の良かったタケシと一緒に虫取りに学校の裏山へ行った。 その山は俺達の遊び場で隅から隅まで知っている。 まぁ山ってより中規模の雑木林みたいな感じ。 突然タケシが 「赤い蝶がいた!」 って言って走り出した。 俺も […] [続きを読む]
  • 震災にあった猫
  • 実家が被災地にある。 あの大津波のとき、地元では避難のサイレンが鳴った。 うちの母親が猫を探したが見つからない。 ぎりぎりまで探したようなんだが、家の中にはいなかった。外に出ていたらしい。 うちの2階にある二段ベッドの上 […] [続きを読む]
  • ぐるぐる様
  • 僕の友人にオカルティストで霊感もそこそこ強いKという奴が居る。 ある日そのKに 「今まで生きてて一番怖かった体験は何か?」 と訊いてみた。 すると、彼は視線を上の方に据えしばらく考えた後、 「んー……そら、ぐるぐるの時だ […] [続きを読む]
  • アシュラさん
  • 今年の3月の終わりごろだったかな。 俺はいつもの様に、更新を楽しみにしながら洒落怖まとめサイトを見ていた。 その時、俺の伯父さん(オカルト好き)が家に遊びに来てて、一緒になって 「へぇ〜こんな面白い話がたくさんあるんだ」 […] [続きを読む]
  • 托鉢の僧
  • 海の話です。 本土の漁村の沖には島があり、そこにも人が住んでいました。 比較的大きな島で、全体に集落が五つほどありました。 その島の最も大きな集落に、ある日、托鉢の僧侶がやって来ました。 初老で痩せた彼は、静かに家の前に […] [続きを読む]
  • 親友が怖い
  • 親友が怖いです。 これからどうしたらいいかわかりません。 私A、親友H(彼氏持ち) 共に女、大学生です。 Hとは3年の付き合いです。 そして、私には付き合って2年の同棲している彼氏がいて、付き合い始めにHにも彼氏のことを […] [続きを読む]
  • てっぐ様
  • これは俺の親戚のおばちゃんから聞いた話だ。 おばちゃんは多少霊感がある人らしくて、近所では『伝説のおばちゃん』とか言われてて、自分でもそう言ってる。 昔から俺に色々な怪談話やホラ話を聞かせてもらったりしているが、俺はオカ […] [続きを読む]
  • 滝の上
  • 自分は群馬県在住なんだけど、両親が自然好きだった事もあって、毎年夏になると同県にあるT岳まで出かけている。 登山目的だけじゃなくて、バーベキューしたり、ハンモック吊して本読んだり……。 沢蟹取りが大好きな子供だった自分は […] [続きを読む]
  • 家宝の井戸
  • 開かずの間とはちょっと違うかもしれないけど、祖父から聞いた話。 私の祖父は十歳の時に、実家にあった開かずの蔵を開けてしまった事があるそうです。 祖父の実家は奈良県で、代々拝み屋をしていたそうで、祖父も幼少の頃から、跡を継 […] [続きを読む]
  • 悪魔祓い
  • 昔俺は横浜に住んでたんだけれども、俺が厨房の時の話。 親父が教会の神父やってたの。 神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。 まぁ俺なんて信心深いほうじゃないし、一家の決まり事と言えば食事の前に軽く祈 […] [続きを読む]
  • お札の家
  • 2年程前の話ですが、つい最近完結(?)した話があるので書いていこうと思います。 長くなりそうで申し訳ないのですが、霊感0の自分が唯一味わった霊体験です。 広島県F市某町、地元の人間なら誰もが知る有名なスポットがある。 『 […] [続きを読む]
  • アブさん
  • 怖くないけど、異様な体験の思い出を書き込んでみる。 俺は○教大学出身なんだけど、そこにマリ出身のアブさんってニックネームの、アフリカ人留学生がいた。 当時大学3年だった俺はジェンベ(※ジャンベまたはジンベと同じ)っていう […] [続きを読む]
  • 赤服おばさん
  • この話は、その発端から判っているので、そこら辺から書くが、前半が本当で後半が噂だと予め言っておく。 Aさんの家は、川沿いに広がる雑木林の中に古くからある一軒家で、ブロック塀と林で囲まれている。 その脇には幅2m程度の細い […] [続きを読む]
  • 七人ミサキ・七人童子
  • 私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、ほとんど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確認を取っています。 私の2つ下にAとい […] [続きを読む]
  • ファン
  • あまりにも恐かったので吐き出し。 数年前の夏の祭典に、地元の友人Aと初参加した時のこと。 スペースには「サイト見て来ました」ってお客さんもけっこう来てくれて、初参加ながらなかなか楽しかった。 コミケ参加の翌日は秋葉で観光 […] [続きを読む]