やいっち さん プロフィール

  •  
やいっちさん: 無精庵徒然草
ハンドル名やいっち さん
ブログタイトル無精庵徒然草
ブログURLhttp://ameblo.jp/kyat/
サイト紹介文国見弥一です。日記や創作を日々、載せて行きます。話題は、可能な限り幅広く!
自由文08年2月末、郷里の富山在住となった国見弥一の何でも日記サイトです。日記、エッセイ、レポート、俳句や川柳を含めた創作を日々、載せて行きます。興味を惹いた事柄はネット検索などを使って大よそのことをメモ! 守備範囲は、富山情報は無論のこと、音楽に書評に絵画にダンスに街並み探索にと可能な限り広く!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/02/09 13:55

やいっち さんのブログ記事

  • 梅雨明けしたような夏の日差し
  •  梅雨が明けた。昔は待望の夏の到来だった。今は、もう、ただ辛い。外出したら、日差しの強いこと。ジリジリと焦げるよう。昔と比べるのは意味がないだろうけど、35度超えが当たり前だなんて、異常。やはり、融雪装置の作動実験を行うべきだ……と書いたのだが、後で明けてないよと指摘されて、調べてみたら、明けてなかった。 ← 晩秋のひざし 保田義孝 ●2001年 色鉛筆 ●サイズ:F8 (画像は、「plan」より)   [続きを読む]
  • ヘルター・スケルターの先の世の中
  •  暑い! 日頃の畑や庭仕事。今年は午後の五時過ぎから始めている。実は昨年までは午後の二時前後にやっていた。というのも、エアコンが不調で(今も)日中暑いので、それだったら一番暑い時間帯は外で働き、作業終了後シャワーで爽快に、という発想だった。が、作業中、何度も頭がクラクラし、その場でへたり込むはめに。 → 蜷川実花 (監督) 『ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray] 』(沢尻エリカら [続きを読む]
  • 古事記神話と火山学・地球物理学
  •  富山(北陸)はまだ梅雨が明けない。雨は降らない。畑に水をやらないといけない。 雨水を貯めるポリバケツを雨樋の下に設置。ひと雨降ると、70リットルのバケツがすぐいっぱいになる。水道の水を使わずに済む。 一昨日、畑の野菜はたっぷり収穫したのだが、一日置いた今日、もう、笊にいっぱいの野菜ができていた(収穫し、親戚にあげた)。 ← 蒲池明弘著『火山で読み解く古事記の謎』(文春新書) 「7300年前、日本列島 [続きを読む]
  • 日本と朝鮮との古来よりの絆
  •  昨日は風邪で急遽、仕事を休むことに。朝六時前に会社に電話。 症状は前夜来の喉の痛み、咳、鼻水。前夜来というより、14日の金曜日、すでに喉が痛くなり、折々、クシャミ(咳)が出ていた。土曜日一日、静養していたら治るかと思ったが、つい、土曜日の夕方、外仕事したのがまずかったか、症状が悪化してしまった。 ← 『日本の渡来文化 座談会』(司馬遼太郎/上田正昭/金達寿 編 中公文庫) 「文化の伝播には人間の交 [続きを読む]
  • 鬼の霍乱でしょうか
  •  鬼の霍乱というのか、風邪。仕事、休んで静養です。折からの雨。無理して出かけなくてよかった。tりあえず食欲はある。本を読むのも支障がなさそう。 ← イサベル・アジェンデ 著『パウラ 水泡(みなわ)なすもろき命』(菅啓次郎 訳 国書刊行会)  夏風邪は治りにくいとか。症状としては、鼻水とセキ。熱はないみたい。 雨も降ってきたし、今日は外仕事はサボります。  イサベル・アジェンデ 著の『パウラ 水泡(みなわ) [続きを読む]
  • 人権より目先の利害が大事?
  •  ちょっと買い物してくるだけのはずが、気が付いたら、五千円。その店でしか売っていない梅紫蘇ニンニクを2パックなど。何がこんなに料金を釣り上げたか……。そうか、カジキの昆布締めか。アイスクリームか。惣菜を各種買ったからか。そういえば、お菓子もいろいろ買ったなー。野菜ジュースにペット入りのお茶。この頃、食卓に欠かさないモズク酢か。おかしいなー。高いものは買ってないのになー。そういえば、刺身も買ったっけ [続きを読む]
  • 初めてのトウモロコシの収穫
  • → カット・メンシック (画像は、「「カット・メンシック」のアイデア探し - Pinterest」より)  夕方近く、五時ごろか、急に豪雨になったとか。吾輩、居眠りしていて、まるで気が付いていない。目覚めて外を見たら、地面が濡れているので、雨が降ってきたのかなって。実際は、雨上がりだったのだ。慌てて作業着姿になり、外へ。野菜を収穫。ナス、キュウリ、プチトマト、そして、今日はとうとうトウモロコシを収穫。三年目に [続きを読む]
  • 漱石や流石に漱石枕流は忘れざる
  • → 午後、急転直下の豪雨。雷も。画像は、玄関先の石臼。雨受け? 仕舞いっぱなしはもったいないし。実は、外仕事で汚れた長靴などを溜めた水で洗う。親は、こんな使い方がされるとは想像だにしなかっただろうなー。  午前中の曇天(薄日も)が、午後、急速に暗くなったと思ったら、一気に豪雨。しかも、雷鳴も。梅雨の時期の終わりなのか。昨夜、洗濯して部屋干ししていたけど、朝方は心配していた雨が降っていない。今のうち [続きを読む]
  • 浅漬け食べたし塩分怖し
  •  雨が降ってもおかしくないほどに湿気がすごい。だから、今日こそは雨だろうと、プールへ行こうと思っていた。が、降らない。 午後の三時を過ぎても晴れ間が見えるばかりで、もう、開き直って、自転車で買い物へ、夕刻前には、いつものように外仕事で汗を流すと決めた。 ← 鹿島茂 著『大読書日記』(青土社) 数日前より読み始めている。文庫本に入ってから読もうと思っていたが、つい手が出てしまった。さすがに読むものが違 [続きを読む]
  • あのバッグはホントに彼のもの?
  •  夜半、仕事が終わって帰宅しようとしたら、車が壊されていた。左前角が擦られている。左の車が右方向へ出ようとして、引っ掛けたのか。くそ! → アガパンサス。このところの雨で一気に開花。庭のあちこちに。誰が植えたのかな。毎年、花の少ない我が家の庭に、アジサイや夾竹桃共々、健気に咲いてくれている。  キュウリの浅漬け。過日は、急場しのぎに、岩塩とポン酢、さらにコンビニで買った塩昆布で漬けた。それなりの味。 [続きを読む]
  • フンボルトを再評価する(下)
  •  連休の初日には、定期検診があったのだが、数値や検査結果は善し悪しが交錯。 視力が悪くなったなーという、がっかり感は強い。視力だけが自慢だったのに。 ← "Cyrano" Rebecca Dautremer フランスのイラストレーター (画像は、「Red Passion by Rebecca Dautremer (2) ~ Blog of an Art Admirer」より)  さらに、体重が高値どまりしているこも、がっかりである。 週に三回は、庭や畑仕事で汗を流している。いわゆる運 [続きを読む]
  • フンボルトを再評価する(上)
  •  久しぶりの連休。最初の日、雨で外仕事ができなかったこともあり、休息と読書にいそしむことができた。 検診があり、本を多数買い、庭や畑仕事に精を出し、フンボルトなどの本を読んだ。 ← アンドレア・ウルフ[著]『フンボルトの冒険  自然という<生命の網>の発明』(鍛原多惠子[訳] NHK出版) 「19世紀前半、ナポレオンと並ぶ絶大な影響力をもち、胸躍る冒険と緻密な観測で世界中を魅了した稀有な科学者フンボルト [続きを読む]
  • ロマンポルノとAVの間に
  •  一昨日からの猛烈な雨。今日も覚悟していたが、朝方には上がっていた。 それでも、また振り出すかもしれないと、午前中に慌ててアンズや野菜などの収穫のため、畑や庭へ。 ← アンズの収穫は、やや手遅れ。 アンズを朝、収穫したけど、やや遅かった。この数日の豪雨で、実の大半が落ちていた。収穫できたのは、これだけ。この倍が落ち、割れ、腐り始めていた。キュウリは腕ほどに。ナスはほどほど。アンズの隣のキウイフルーツ [続きを読む]
  • 降りしきる雨に森を想う
  •  台風の遠い余波で、低気圧が刺激され、我が北陸は富山も豪雨。 今日も週日の雨で、外仕事は断念した。 → 玄関先になぜか臼。罅の雨樋から溢れ零れる雨水を受けている。この臼、父母が健在だった頃、毎年晦日に土間で餅つきに活躍した。こんな立派な臼を雨受けに使われるとは、誰も想像だにしなかっただろう。その土間は、やがて父母の寝室に建て替えられ、今はもう父母もあの世に旅立って7年となる。  戦後日本の奇書の筆頭 [続きを読む]
  • 邪馬台国位置論争はまだ続く
  • ← 千田 稔 監『なぜ、地形と地理がわかると古代史がこんなに面白くなるのか』(洋泉社 親書) 「地形と地図のなかに古代史を位置づけることで、歴史は具体的な姿を見せる」。 車中の友として、想像をたくましくしつつ楽しむ、はずが、昨日土曜日は仕事があまりに暇で残りの130頁を楽々読み切ってしまった。  千田 稔 監『なぜ、地形と地理がわかると古代史がこんなに面白くなるのか』を昨日読了。  気になることが少なか [続きを読む]
  • ライブ感覚幻想
  • → 今日も庭仕事。予報では雨はずだったのに曇天、自転車で買い物にも行けたし、さすがに今日はサボれるはずだった庭仕事もやるはめに。アンズの実がオレンジ色になっていっぱい落ちていた。勿体無い。プチトマトはこの4つだけ。ナスやキュウリは、幸い(?)収穫なし。  昨年、苗木を植えたアンズ。もう、実が生っている。独特のオレンジ色になってきている。経験がないので、いつ収穫したらいいのか、分からない。某サイトを見 [続きを読む]
  • 晴耕雨読の日々?
  •  今日はいかにも梅雨そのものといったそぼ降る雨の一日。 今日は、さすがに外仕事はできないだろう。じっくり読書でも、と思ったが、その瞬間、雨音が消えている。 ← 一昨日、小さいのも収穫したはずなのに、指ほどのが今日はもうこんなに。キュウリ、キュウリ、キュウリ! 浅漬けはこれでもかというくらい出来ているので、これらはマヨネーズで食べるのだ。ああ、贅沢な悩みなんだろうなー。  ほぼ週日の雨だったが、午後、 [続きを読む]
  • 雨降って地固まる?
  • → 昨日、キュウリなどたっぷり収穫したのに、庭仕事していたら、キュウリ、もう三本、生っている。このところ、食卓にはキュウリ、キュウリ、キュウリ。もう、嫌なんですけど。  運動不足解消(というかメタボ対策)の意味もあって、在宅の日は庭仕事にいそしんでいる。プールへ行って、のびのび泳ぎたいが、生活のことを考えると、まずは庭や畑仕事で我が庭を整えるという実用的な目的が優先となってしまう。  これから梅雨 [続きを読む]
  • 庭に在って森を想う
  •  一昨日は、雨ということもあり、外仕事はサボった。日曜日はプールも混みそうなので、敬遠する。 つまり、一昨日は汗を流していない。 → 今日の野菜の収穫。植えた野菜の苗は少ないのだが、収穫は一気。日々、一本か二本ずつならいいけど、採れる時は、どっと。これが嬉しい悲鳴。キュウリなどの下のほうに沈んでいるのは、プチトマト。普通のトマトの苗を買ったつもりなんだけど。  今日は、断固、外仕事する。作業を開始し [続きを読む]
  • 熊の存在を匂いで感知する?
  •  昨日(土曜日)、ある人と雑談していて、いろいろ興味深い話を伺うことができた。その方は、富山市の郊外、むしろ山に近い地域で生まれ育った。里山に近いこともあって、しばしば山へ山菜取りに出かけた。熊に遭遇することも珍しくはなかった。 ← 橋本 広著『越中の峠』(北日本新聞社 1972年)  でも、昔は、(本州に生きるツキノワグマ)熊は、人間を見ると逃げるのが普通で、などなどいろいろ伺った。そんな中、熊の体臭は [続きを読む]
  • ライプニッツからチューリングへ 今日のコンピュータへ
  •  今日も庭仕事。一昨日は外仕事を休んだ。一日、サボるだけで、体が浮腫んだような気がする。今日は主に草むしりに専念したが、中腰で座って移動しつつ作業するから、夕方五時からの作業だったのに、汗びっしょり。とにかく、労働で汗を流すよ。 → 雨が上がったので、回覧板を隣家に持っていくついでに庭を見て回ったら、車道沿いの垣根の奥に見慣れない花を発見。毎年、咲いていた? 吾輩、初見だと思うんだが。  かのフリー [続きを読む]
  • 『精霊たちの家』に感激 (下)
  •  イサベル・アジェンデ著『精霊たちの家』を読んだ手ごたえの余韻を味わっている。 ← 西来路 文朗,/清水 健一著『素数はめぐる 循環小数で語る数論の世界』 (ブルーバックス)  感想を書けるほど読み切れてはいないが、他でも書いたように、長編を読了した充実感をたっぷり味わうことができた。マルケスの「百年の孤独」に劣らない傑作だ。彼女のほかの作品を読みたいと思った。筆力や語りのうまさは、たまたま傑作が生まれた [続きを読む]
  • 『精霊たちの家』に感激 (上)
  •  早暁、トイレへ行こうとしたら、何やら音が。もしかして雨? 窓外を覗いたら、しっかり雨。待望の雨。吾輩より、庭木などのほうが喜んでいるはず。今日は野菜への水遣りも不要。外仕事もお休み。 ← 今日の収穫。雨が上がったので、畑を見に行ったら、キュウリなどが生っていたよ。夕方、早速、どちらも浅漬けにした。明後日には口にできるよ。楽しみ!  毎年、悔しい思いをさせられる木がある。5月から6月にかけて(毎年)開 [続きを読む]
  • 血糖値も体重も高止まり
  •  まだ梅雨入り宣言は出ていないのだから、空梅雨というのも変だろうが、とにかく雨が降らない。 東京など関東はとっくに梅雨入りしたので、その数日後には梅雨入りするかと思いきや、曇り空の日はあっても、雨は降らない。 → 宮本秋風「雨音」 (画像は、「株式会社 ギャラリー・トレンド」より) 拙稿「霧の作家・宮本秋風の周辺」参照。  梅雨の雨を当てにしていたのに、畑の野菜たちに水遣りを欠かせない。 まあ、その [続きを読む]
  • セシウムボール あるいは 不溶性放射性粒子
  •  朝、玄関の戸を開けたら、柳眉な野鳥が驚いてか飛び立ち、すぐ近くの内庭の木立に消えた。一瞬見たその姿はオナガだ! 我が家の庭にはいろんな野鳥が飛来してくる。なかなか撮影が叶わない。鳥、撮りたい。 ← アンズ。かなりの実が生っている。アンズ酒か、実を食べるか、嬉しい悩み。  それにしても、空梅雨なのか(梅雨入り宣言はまだ)、雨が降らない。梅雨の雨をあてにして、水遣りはサボれると思っていたのに、今朝も水遣 [続きを読む]