Torajiro さん プロフィール

  •  
Torajiroさん: 名言・格言 〜言葉のチカラ〜
ハンドル名Torajiro さん
ブログタイトル名言・格言 〜言葉のチカラ〜
ブログURLhttp://meigenkakugen.com/
サイト紹介文心に響く名言・格言を解説を踏まえて紹介するサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 150日(平均1.0回/週) - 参加 2013/02/09 18:59

Torajiro さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 嫌なことほど先に片付けよう
  • 嫌なことでも、まずやってしまう。そうしないと、あなたは決して先に進めないのである。〜 青木仁志(コンサルタント)〜会社に属している限り、個人での自由度というものは想像以上にありません。大企業であればまだしも、中小企業であればあるほど、一人の人間が何役もこなさなければならないのです。その何役ものなかには、得意なものもあればやりたくないものもあります。やりたくないものはなるべく得意な人に依頼するのが望 [続きを読む]
  • 四季のような恋心
  • 恋は火と同じように絶えず揺れ動いてこそ保たれる。期待したり、恐れなくなったりしたら、もうおしまいだ。〜 ラ・ロフシュコー(文学者)〜人間には色々な感情がありますが、恋という感情ほど、喜怒哀楽を感じるものもないでしょう。恋の始まりの、あのくすぐったいような、相手を思うだけでまるで世界が変わったかのようにも思えるあの感覚。季節で言えば春そのもの。相手のことを何か一つ知る度にまたひとつ近づいていくようで [続きを読む]
  • 他人の経験は自分の経験にはならない
  • とにかくやってみろ。やってみてから文句を言え。やりもしないで本から読んだり、人から聞いて、そうなりますと、わかったような事を言うな。〜 小林大祐(富士通社長)〜今は、どこにいてもどんな情報でも手に入れられるようになりました。ほんの二十数年前からは考えられないくらいの進歩で、そして、いつのまにか人々はその世界に順応しているのです。情報化社会は、様々な恩恵をもたらしてくれました。あなたの手元にあるスマ [続きを読む]
  • 幸せを少しでも長く感じたいのなら
  • 幸福になる秘訣は、快楽を得ようとひたすら努力することではなく、努力そのもののうちに快楽を見出すことである。〜 アンドレ・ジット(フランスの小説家)〜いつでも幸せでありたいと願うのは人の常です。しかし、ずっと幸せと感じ続ける難しさは、もうすでに体験済みだと思います。欲しくてほしくてたまらないものを手に入れた時。努力し続けて何か成果を上げた時。行きたい場所、食べたいもの、やりたいことをやった時。どれも [続きを読む]
  • 誰かに質問する前に
  • 教わって覚えたものは浅いけれど、自分で苦しんで考えたことは深いんですよ。〜 早川徳次(シャープ創業者)〜何かわからないことがあると、すぐ誰かに聞く人がいます。誰かに聞くことは悪い事ではありません。ですが、わからないからとすぐ聞いてしまう人は、解決するのも早いですが忘れることも早いです。なぜかと言いますと、自分が理解する前に答えを聞く事で、わかったつもりになってしまうからです。質問する前に、自分なり [続きを読む]
  • 自分を愛する大切さ
  • 人を愛するよりも人に愛されるよりもまず自分を愛せたら幸せの始まりだと思う。〜 藤原基央(ミュージシャン)〜恋愛、とくに愛に関しての名言格言は、古今東西世界各国に多数あります。こうして世界が続いているのも、先祖代々から命を繋いできたからこそ。愛する人と出会えること、誰かと愛し合えるという奇跡。確かに、それはとても尊くて素晴らしい事です。では、一人の人は幸せになれないのでしょうか?そんなことはありませ [続きを読む]
  • 型破りに必要なもの
  • 型をしっかり覚えた後に”型破り”になれる。〜 十八代目中村勘三郎(歌舞伎役者)〜人と同じは嫌だ。世間一般の考えなんてつまらない。この考えの根底にあるのは、「自分は特別」という思いです。だからこそ、今まで誰もやったことのないことをやってみる。今までのセオリーでは考えられない提案をしてみる。と、ここまではいいのですが、その前に必ずやらなければいけないことがあります。それは、調査をすること。そもそも、誰 [続きを読む]
  • 頭を使うタイミング
  • おなじ頭を使うなら、この先にふりかかるかもしれない不幸を案ずるのに使うより、現に我が身にふりかかっている不幸に耐えるために使う方がいい。〜 ラ・ロフシュコー(文学者)〜なんとなく嫌な予感がするという経験は、誰しもあります。予感というからには、それは未来に起こりうる懸念を考えていることになります。ですが、それらの懸念は、今本当に考えるべきでしょうか?例えば、漠然と将来に対して不安がある。仕事や結婚や [続きを読む]
  • 抵抗を恐れるな
  • 伸びるときは必ず抵抗がある。〜 本田宗一郎(本田技研工業創業者) 〜成功者と言われる人には、必ず乗り越えてきたものがあります。それは失敗と挫折。世に出ている書籍を見ていれば分かる通り、一度の失敗もなしに成功した人はいません。つまり、挫折も失敗も、よくあることなのです。そのよくあることを怖がり過ぎて、何もしないのであれば本末転倒です。何かを動かすとき、何かを始めるとき、何かを止めるとき、踏ん切りがつ [続きを読む]
  • 体に敬意を払おう
  • 人生の競争で肉体がなお立場を守っているのに、魂が気絶するのは魂の恥辱である。〜 マルクス・アウレーリウス(ローマ皇帝・哲学者) 〜意識するしないに関係なく、私たちの体は生きるための活動を昼夜問わず行っています。自然と行われている呼吸も、規則正しく波打つ鼓動も、すべて生きるために全力で働いているのです。対して、心はどうでしょうか。色々な感情や悩みや不安など、体と同じくらい目まぐるしく緊張して働き続け [続きを読む]
  • 今日をいかに過ごすか
  • 多少の手違いなんか忘れろ。失敗も忘れろ。自分が今、これからしようとしていること以外は全部忘れて、やっつけようじゃないか。今日こそ幸運の日なんだ。〜 ウィリアム・デュラント(ゼネラル・モーターズ創業者) 〜人は自分が思っている以上に、いろいろなことに心を囚われています。ほんの些細なことから思いつめてしまうようなものまで、程度の差はあれど何かしら持っているものです。だからこそ、意識して忘れることが必要 [続きを読む]
  • 討論と会話の違い
  • 討論は男性的、会話は女性的。〜 ブロンソン・オルコット(教育者) 〜討論をするということは、あるテーマに対して意見を言い合うということなので、発言するときに感情を入れてはいけません。自分の考えと違う考えが出てくることは当たり前ですし、いちいちその発言に優劣や難癖をつける時間がもったいないです。誰が発言したかよりも、何の意見が出たかに着目して、よりよい解決策や妥協案を見つけていくことこそが討論の本来 [続きを読む]
  • 会話を続けるコツ
  • いいことばかり延々話していると、普通の会話は途切れてしまう。〜 ハズリット(評論家) 〜人と話すのが苦手という方は、意外と多いものです。仕事柄よく人と接している方の中にも、プライベートだと話下手ということもあります。人と話すのが苦手な理由として、いくつか候補があげれますが、一般的にはこの二つかと思います。何を話していいのかわからない。 自分がどう思われるのかが怖い。でも、周りを観察しながら、一度よ [続きを読む]
  • 希望か不満か
  • 努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。〜 井上靖(小説家) 〜仕事であろうと、趣味であろうと、何かを努力している人は、必ず目的や目標を持って行動していることが多いものです。はた目から見てもわかるくらい、彼らは活き活きとして希望を語ります。もっと上達したい、もっと売り上げを伸ばしたい、もっとお金を稼ぎたい、もっと人に認められたい。それらを実現するために必要なことを考え、それを実行しているので [続きを読む]
  • 欠点を嘆く前に
  • 私の経験によれば、欠点のない者は取柄もほとんどない。〜 リンカーン(アメリカ大統領) 〜自分に自信がない時、自分の欠点がとても気になり始めます。人見知り・せっかち・マイペース・引っ込み思案・短気・ネガティブ思考・外見のコンプレックスなど、人それぞれに自分が思う欠点があると思います。ですが、例えば、世の中で成功者と言われる人々は、果たしてすべて完璧なのでしょうか?もちろん違いますよね。すなわち、あな [続きを読む]
  • 金銭について話す必要性
  • 必要な時には金銭について話すことが出来ねばならぬ。金銭について口をつぐむ者は、一種の偽善行為である。〜 ペギー(詩人) 〜日本の風潮として、謙虚であり清貧なことが美徳であるという考え方があります。それ自体は悪い事ではないのですが、ただ、なんでもかんでも謙虚で清貧でいると、どこかでひずみが生じてしまいます。例えば、複数の人間が集まって、何かを行って発生した費用に関して。(友人とのドライブで車を出した [続きを読む]
  • 未来を信じること
  • すべてが失われようとも、まだ未来が残っている〜 クリスチャン・ネステル・ボヴィー(アメリカの作家) 〜もうすべてを投げ出してしまいたい。何もかもが疲れ果ててしまった。長い人生、そんな思いを抱えるときがあるでしょう。それは、あなたが全力でその物事に取り組んだ証です。仕事・恋愛・勉強・人付き合いなど、とにかく、何かを懸命に行い期待した結果、失敗や挫折感を感じてしまったことが原因です。疲れてしまった心を [続きを読む]
  • ひとりの時間を大切にする
  • ひとりでいる力をつけよう〜 トーマス・ブラウン(作家)〜自分に自信がない人ほど、誰かと一緒にいると安心感に包まれます。自分以外の人間と触れ合うことは、刺激的で興味深いですし、そこから得るものも多いと思います。しかし、常に誰かと一緒にいないと不安になっているのならば、意識の改革が必要です。依存という言葉があるように、誰かを頼りきってしまうと、自分の人生なのに、他の誰かに手綱を任せ切ってしまうことにな [続きを読む]
  • 運命の意味
  • われわれの運命は、前進することにある。それぞれの社会においては、その一つ上のものへと進歩せずにはおかない。〜 フーリエ(思想家) 〜おそらく、誰でも一度は「運命」というものを考えたことがあると思います。自分の運命は何なのか。何をすべきか、どこへ行くべきか、この道で正しいのか。でも、思えば思うほどわからなくなって、どこかで妥協案を見つけたり、もしくは更に思い悩んだりしてしまいます。 難しく考える [続きを読む]
  • 先祖を敬うこと
  • 父母の恩を感ぜずんば、汝の親友となる者なかるべし。〜 ソクラテス(哲学者) 〜「赤ちゃんはね、何もできないの。トイレにいくことも、ご飯を食べることも、寝返りを打つことさえも。だから、泣いて伝えるしかないの。泣くのが仕事というのは、そういうことよ。」この言葉は、私の母の言葉です。当時、この言葉を聞いたとき、母性という言葉の本質を見たような気がしました。一人では何もできなかった赤子が、一人で生活ができ [続きを読む]
  • 自分の武器を見極める
  • 人生はトランプゲームに似ている。配られた手は決定論を意味し、どう切るかはあなたの自由意志である。〜 ジャワーハルラール・ネルー(インドの初代首相)〜あなたがどれだけ他人を羨んだとしても、あなたが今持っているものが、あなたの全てです。確かに、才能があれば、お金があれば、地位があれば、と考えることもあるかもしれません。それでも、あなたが持っていないものは、持っていないのです。望むのなら、手に入れる方法 [続きを読む]
  • 過去の記事 …