ぴょん太郎アスリート さん プロフィール

  •  
ぴょん太郎アスリートさん: ぴょん太郎アスリート
ハンドル名ぴょん太郎アスリート さん
ブログタイトルぴょん太郎アスリート
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/junjisugoizo
サイト紹介文海外30カ国を旅しアウトドアインストラクターを経験し行き着いた居場所はドMによるドMの為の苦行でした
自由文ドMのドMによるドMのための50の苦行に挑戦中です。
50の行を達成する時これすなわち我がドM道最終解脱なのであります。
主な苦行歴
・自転車本州横断の行
・富士山山頂ソロスノーボード滑降の行
富士吉田口山頂、富士宮口2ルート山頂から滑降成功
・御殿場駅〜富士山山頂〜河口湖駅50キロ徒歩横断の行
・ノートレでの3キロ遠泳完泳とトライアスロン完走&フルマラソンサブ4達成の行
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/02/11 10:45

ぴょん太郎アスリート さんのブログ記事

  • イラン遠征への感謝の気持ち
  • (?いつもながらの格安チケットだ。深夜出発の1日以上かけて行く。)日本からテヘランまでの航空券を買った。ようやくスタートラインにたてそうだ。今後の予定としては、4月か5月上旬に富士山で高度順化をかねて富士山でスノーボードトレーニングをして5月中に現地に入るつもりだ。皆様にはご紹介してなかったが、実は私にはブログを通じて知り合ったイラン在住のブログ仲間がいて、その方とご主人様共々僕の挑戦を応援してくださり、 [続きを読む]
  • 悪天候下でルートをロストしビビる。安達太良山BC
  • 天気予報では曇りのち晴れ。雪山入門の山として雑誌等々で紹介されている安達太良山に気軽な気持ちでいった。が、蓋を開けたらとんでもなかった。降雪、強風、ホワイトアウトで視界10〜15メートル位、たんまりの積雪量。(くろがね小屋から山頂までの状況。)しかも、山頂付近でGPSがまさかの誤作動で下山ルートをみうしなった。自分がつけたトレースも積雪と風で既に消えていた。自分の位置が全くわからなくなり危うく遭難しかけた。幸 [続きを読む]
  • ネパール遠征送別会。
  • 同志の送迎会を開いた。彼は3月14日にたった一人でネパールに旅立つ。トロンピーク単独登頂そして、アマダブラムテクニカルルート単独登頂するためだ。彼は今まで単独行にこだわり続けマッキンリーやロブソンなどの難易度の高い高所登山を単独で成功させた。彼の目指す志の先は8000メートル単独無酸素だ。(2015年にダウラギリを無酸素単独で狙ったがネパール大地震の影響で撤退。2018年リベンジ予定とのこと。)直近のトレーニングで [続きを読む]
  • 引き続き金峰山テント泊登山
  • 翌日はテントに不要なものをすべておき金峰山にむかう。【富士見平ー金峰山(3時間半)】 一旦緩斜面を登り少し下ったところに大日小屋がある。大日小屋を過ぎてからは斜度があがり樹林帯の急斜面を110分登る。ただトレースがしっかりついてい歩きやすい道だった。砂払ノ頭からは広い稜線にで50分位の尾根歩きになる。この日は穏やかだったが、吹雪いたりすると厳しいコースになると思う。アイゼンをつけるか?という事はつけるメリ [続きを読む]
  • 瑞牆山テント泊登山
  • テント泊トレーニングで金峰山と瑞牆山にいった。金峰山と瑞牆山は登山口までのアプローチは車がないと厳しい。なのでレンタカーも検討したが、僕がいつも使っている1日約2500円のニコニコレンタカーは雪道を走れるスタッドレスのレンタカー等というもののラインナップはなく、かといって大手レンタカーに切り替えるといきなり値段があがりさらにスタッドレスタイヤ着レンタカーだと割り増し、いきなり値段がはねあがる。1日300円生 [続きを読む]
  • イラン遠征トレーニングテン泊編
  • イラン遠征トレーニング。とある冬期休業中の山小屋の前でテン泊2泊。7時半で−15℃。なので今日の最低気温はおそらくこの気温より2、3℃低い−18℃位かな?前日も寒かったが今日の方がずっと寒い。ただ、本業が休みの日は冷凍食品の会社で一日中入り冷凍庫働いているがそれが結構いいようだ。去年のテン泊より寒さにやられず思ったより快適だった。人間の適応力の凄さには驚く。?寒かったが去年に比べ、快適だった。今の僕の持って [続きを読む]
  • 海外遠征ダマバント山頂5671M単独スノーボード滑降への道
  • 今年の挑戦について書きたい。今年の挑戦は5000メートル級峰に単独で登り単独で滑降する。海外人力の旅企画第4弾、徒歩自転車カヌーに続くスノーボードを使っての挑戦。内容はこうだ。残雪期の中東最高峰標高5671メートルのダマバント(※)を単独登頂し山頂より単独にてスノーボード滑降する。国母問題、かぐら遭難騒動、未成年飲酒大麻など、最近何かとイメージダウンのニュースがつづき一般人のスノーボードに対するイメージはと [続きを読む]
  • 七面山宿坊敬慎院にて
  • この日、人生はじめての宿坊にとまり、ご開張やお勤めもした。宿泊の電話予約から実際の宿泊受付までお坊様がご対応してくださり皆様全員礼儀正しく優しい。話は飛ぶが、以前山小屋の予約時の電話で山小屋の親父にルート状況を雪の積雪量や核心部の様子など当たり障りなく聞いたにも関わらず、そんなことぐらい自分で調べてこいといきなりぶちキレられガチャぎりされたり、上級ルートコース上にある山小屋ではガイド同伴の団体の山ス [続きを読む]
  • 降雪直後の七面山登山
  • 実家に帰省がてら、七面山に登った。(?実家の猫)が、この選択七面山に登ったというより七面山に逃げたという言い方の方が正しい。実は、海外遠征のトレーニングとしてテントと食料を用意し3日間びっちりとある山に山籠り生活しようと考えるも出発当日の夜長野以南大雪というニュースを聞き、狙った山の山頂近辺の風速がその日以降3日間連続25メートル超えということになっていてびびってしまった自分がいた。さてどうしたものか [続きを読む]
  • 動物達とたわむれる
  • 亀山湖の帰り、マザー牧場にもたちより沢山の可愛い動物達とあそんだ。放牧犬カピバラマーラーねずみ科だそうだ。羊の行進子豚のレース子豚達の後ろに一人一人付き子豚達を追いかける。小学生の女の子の追いかける子豚が一番になり表彰されていました。小さいのにしっかりと名前や学校など自己紹介できていてとても可愛いかった。えらいぞ?パチパチ。羊さんごめんなさい。最後はラムハンバーグ定食でしめた。引っ張りすぎてすみせん [続きを読む]
  • 亀山湖であった猫ちゃん達と一緒にランチ
  • そうそう、、、、亀山湖カヤック行で猫ちゃん達と一緒にランチしたので、アップします。とても人懐っこい可愛い猫ちゃん達でした。(?カヤック内でのんびりどら焼やシリアルをほうばっていると、視線をかんじた。よく周り確認すると猫ちゃん達が岸からどら焼を欲しそうに僕を眺めていた。カヤックを着岸させ分けてあげた。)年のせいだろうか?若い頃は微塵も感じなかったが、最近やけに動物達や子供達を可愛く感じ、その存在だけ [続きを読む]
  • 亀山湖カヤックその2
  • ?はっきり言って千葉県舐めていました。めちゃんこ寒いです。(氷点下まで下がりました。)車泊なのでそのまま出荷できる位ギンギンにひえました(笑)舐めていて千葉県ごめんなさい。東側にカヤックを向けて出発。バリエーション豊かな面白い地形や入江や一面藻の水面があり、一日いても飽きなかった。ユーコンを彷彿させる断崖絶壁、、東側のどん詰まりの沢までいく。滝にも立ちよる。鳥居くぐり帰港する東側一周17. 77キロなり [続きを読む]
  • 亀山湖カヤック
  • 今年の漕ぎ納めとして亀山湖にいった。亀山湖は敬愛するカヌーニストの野田知佑さんが愛犬ガクと一緒に一時居を構え住まわれた地だ。千葉県君津市の外れに位置する亀山湖は紅葉ピークは若干過ぎていたが、円熟みのある色に色づいた木々の葉が僕を心地よく迎えてくれた。湖畔では寒さにも負けず沢山のカヌー愛好者が色を失いつつある葉を名残り惜しむかのように出廷していた。野田さんが愛した亀山湖は、いまなお我々パドラー達の心 [続きを読む]
  • 来期の海外単独バックカントリー遠征に向けて
  • 装備はバッタモノだが気合いと根性で何とか誤魔化し誤魔化しやって来たが、来期の遠征は高所での単独での行動を予定しているゆえすべてのソフトの軽量化を考えていて、この機会にまともな装備を買えようと来期の海外遠征向けての装備強化をはかった。(?5000円ボート)(?こちらはちゃんとした12万円もするアルペンボード)まずはスノーボード。これは近所のリサイクルショップで5000円で買ったものだが、滑走面での不都合は技術 [続きを読む]
  • 強風注意!本栖湖カヤック一周。逆富士撮影に挑戦
  • 夏場の休日には沢山の観光客を乗せて本栖湖を周遊する潜水艦風潜れない遊覧船モグランの乗船場前の駐車場に車を止めカヤックを組み立て出廷する。駐車場潜水艦風モグラン号ウインドサーフィンのメッカということでとても風が強く風の影響でうねりもあり大変だった。が、本栖湖はただ大きいだけでばく透明度も高く溶岩石でできた入江が迷路のようになっている箇所もあり十分に楽しめた。?入江で遊ぶ?本栖湖はダイビングもできるよ [続きを読む]
  • せのうみを忍び。本栖西精進湖カヤック一周
  • 9世紀半ばまで日本の富士山北麓にあり864年に起こった富士山の大噴火の際、おびただしい量の溶岩流によって大部分が埋まってしまったというせのうみ(※)を忍びつつその後できたと言われる湖(精進湖、西湖、本栖湖)を一周した。まずは精進湖。富士山をのぞむ精進湖キャンピングコテージに車を泊め日の出を鑑賞し、一睡もせず出廷する。南側には溶岩石でできた入江があり進入する。溶岩石の岩壁にかこまれた入江は僕自身はじめて [続きを読む]
  • 榛名富士紅葉狩り
  • 紅葉の榛名山に登った。標高1,084mの榛名湖畔からよく整備された登山道を登ること約1時間、標高1446メートルのところに山頂はある。山頂は榛名湖畔から歩くことなく気軽にロープウェイを使ってダイレクトに山頂に行ける為に、紅葉狩りの観光客で一杯だった。榛名富士山頂の神社?この日は山頂で38円エナジードリンクミラクルボディーVキターーーーはやらず封印しバーナーでお湯をわかしコーヒーをいれて作ってきたおにぎりを食べて [続きを読む]
  • Kayak in Lake Okutone.
  • Kayak in Lake Okutone. [image:1][image:2][image:3][image:17][image:4][image:5][image:6][image:7][image:8][image:9][image:10][imag
    e:11][image:12][image:13]The air was pure there.The water was clear The scenery was really pretty there.I have nothing more to sa
    y. Lake Okutone is my favorite place.[image:14]一日目距離14キロ。[image:18]風にやられ[image:19]雨にやられた
    。1日目は午後から雨で途中撤退、 [続きを読む]
  • Kayak in Lake Okutone.
  • Kayak in Lake Okutone. The air was pure there.The water was clear The scenery was really pretty there.I have nothing more to say. Lake Okutone is my favorite place.一日目距離14キロ。風にやられ雨にやられた。1日目は午後から雨で途中撤退、帰りしな、雨と向かい風にやられたが2日目は快晴。どん詰まりの本流の沢迄いった。距離17キロ。最後は名物味噌煮でしめた。 [続きを読む]
  • 宮ヶ瀬湖カヤック【大自然のオープンカフェ編】
  • 宮ヶ瀬ここは今までいった湖のなかで一番規制が厳しく、出廷可能区域もボート場の受付の見える範囲のみと限られていて、カヌーを漕いだというより浮かべてただ漂ったというようなかなり消化不良のカヌー行だった。管理人のおじさんは最初とてもきびしく冷たく感じたが、話している内に優しくなった。聞けば、ルールを破り注意すると逆ギレする自称上級者が多く中には風で戻れなくなってしまいボートでレスキューに行くハメになった [続きを読む]
  • 丹沢湖カヤック【湖で見つけた南国ビーチ編】
  • 丹沢記念館で登録し、ボート場でゼッケンを貰いつける。カヤックを組み立て出発する。(?永蔵橋)(?中川のどん詰まりまで向かう)まずは北側の中川の流れ込み部分の沢にカヌーをはしらせる丹沢湖自体はそうでもないが、沢に近づくにつれ水が澄んできた、さらにすすむと砂浜になっておりまるで南国の澄んだビーチのようでビーチパラソル、サマーベットとブルーハワイカクテルをカヤックに積んでこなかったことを後悔してしまいそ [続きを読む]
  • 白丸湖カヤック【靄の中の幸せ編】
  • 10月某日、奥多摩に多摩川をせき止めて出来た白丸湖という湖がある。そこが東京都のカヌーの隠れた穴場と聞きつけ休日を利用し早速いってみた。青梅街道沿いの町営の無料駐車場に車を停めカヤックを背負って湖を横断する形に作られた橋を渡りトレッキング道に入り歩くこと10分の場所に出廷場はある。車からカヤックをだしイエス様の十字架のようにカヤックとパドルを担ぎ「ひーこら、はーこら。」と汗をかきながら、10分歩き続け出廷場 [続きを読む]
  • 来期の海外遠征。単独登頂単独滑降
  • ユーコンは終わったが、僕の旅はまだ終わらない。来期この写真の山を単独で登り山頂からのスノーボード単独滑降を考えている。そう、来期は自分の得意ジャンルで行く。単独登頂単独滑降だ。単独しかもスノーボードでの滑降(単独ではないがスキーでやられた方はいた。)は珍しいので僕が調べた限り日本人ではまだやっている記録がなかった。そうであればやりがいもさらに出る。誰もやってないとすればとてもラッキーだし、ボーダー [続きを読む]