ぴょん太郎アスリート さん プロフィール

  •  
ぴょん太郎アスリートさん: ぴょん太郎アスリート
ハンドル名ぴょん太郎アスリート さん
ブログタイトルぴょん太郎アスリート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/junjisugoizo
サイト紹介文海外30カ国を旅しアウトドアインストラクターを経験し行き着いた居場所はドMによるドMの為の苦行でした
自由文ドMのドMによるドMのための50の苦行に挑戦中です。
50の行を達成する時これすなわち我がドM道最終解脱なのであります。
主な苦行歴
・自転車本州横断の行
・富士山山頂ソロスノーボード滑降の行
富士吉田口山頂、富士宮口2ルート山頂から滑降成功
・御殿場駅〜富士山山頂〜河口湖駅50キロ徒歩横断の行
・ノートレでの3キロ遠泳完泳とトライアスロン完走&フルマラソンサブ4達成の行
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/02/11 10:45

ぴょん太郎アスリート さんのブログ記事

  • イラン縦断バックパッカーの旅へ[いきなり謎のおっさん出現]
  • 朝はポーランド人と一緒に食べた。どっかで見た覚えがあったので尋ねてみるとなんと山小屋にいたポーランド人の団体さんだった。山頂まで何時間かかったのか?日本人はダマバンドに登山しにくるのか?イランでは、これからどこにいくのか?富士山に登ったことがあるか?富士山は技術的に難しいのか?日本人にとって富士山はダマバンドとおなじような存在なのか?など色々と質問を受けた。富士山に対して興味があるようだったので5月に登 [続きを読む]
  • ダマバンド下山
  • 6月1日1時間かけてパッキング下山準備し、いざ、下山する。メヒディさんの下山のスピードの速い事、速い事。奥さんが勝負下着で山麓のゲストハウスで待ってるんじゃないのかというくらい速かった。高所植物や景色が綺麗だったのでゆっくりおりたかったが、メヒディさんのスピードにあわせておりてしまい。あっというまに1200メートルくだりベースキャンプの3000メートル地点まで降りた。ベースキャンプ地点では、マシュドさんが待っ [続きを読む]
  • ダマバンドにて
  • 夜トイレに行ったら山小屋で飼っている犬が突然出てきた。心に準備がなかったのでびっくりしてた弾みでションベンチビりそうになった。昼間はこんな感じで寝ている。沈みゆく夕陽を眺める。テヘランの夜景やレイネ村の夜景が綺麗だった。新品のボードブーツが一日でズタズタになった。風が強くボードを背負っていると、押し戻されるので押し出されないようにガレ場や砂地で踏ん張り続けた為だと思う。5100メートル位から高度障害が [続きを読む]
  • 泳いで日本一周。
  • 凄い女性と知り合いになった。ぶるーじょーさんの海版のような人だ。テントやバーナーを入れた防水バックを引っ張りながら泳いで女性一人で日本一周を目指す。先日伊豆の伊東を出発し、今は泳いで伊豆半島の最南端にたった一人でたどり着いたそうだ。見返りを求めず、ピュアな気持ちでチャレンジしている。そこには見栄も外聞もない。ただ純粋に命をかけて自分の本当にやりたい事、本当に好きな事や信じた道を歩く。そういう姿勢や [続きを読む]
  • 10キロ遠泳大会まであと29日😱
  • そういえば思い出したが、俺今年10キロの遠泳大会出るんだった。気がつけば遠泳大会まで、もう一ヶ月切っとるがな😱10キロだよ今回。100メートルじゃあないんだよ。10キロ🏊10000メートル🏊🏊1000000センチ🏊🏊🏊大丈夫か?俺?よーし、善は急げだ。まずはAmazonで水着を購入しよう!ってそこからかい💢水着購入からかい💢(笑)そして、本日水着自宅到着。早速本日初 [続きを読む]
  • ダマバンド山日本人ファーストディセントを目指して(その6)
  • 5月31日緊張のためか浅い睡眠はとれるのだが、深くおちない。しかも夜半すぎから強風で、突風が吹きはじめ凄い音がする。一定的に音がするので気になってさらに寝りは浅く寝れなくなる。ヤバイ寝なくては‼日雇い労働者が1人日雇い労働者が2人と数える。あー駄目だ👐更に数える。ホームレスが3人ホームレスが4人あーダメだ。結局深く眠れずに朝をむかえた。軽く暖かいコーヒーにビスケットをふうばる。6時出発する。【死ぬ気 [続きを読む]
  • イランダマバンド登山&山頂スノーボード滑降その5
  • 5月30日高度順化に見事に失敗しているようだ。脈も早く山小屋の階段を登るのさえ厳しい。しかも、寝ようとすると呼吸が浅くなるのか、息苦しくて起きてしまうそのくりかえしでほとんど寝れなかった。それと山小屋のうるさいことうるさいこと周り関係なしにずっと喋り続ける。夜は静まりかえった部屋でヘッドライトをつけまくる。ダマバンドは正直難しい山ではなく体力さえあれば技術がなくても登れる。なのであまり山の経験がないも [続きを読む]
  • イランダマバンド登山&山頂スノーボード滑降その4
  • 5月29日マシュドさんは退院後まもないのでピンチヒッターとして新たなガイドくる。お名前はメヒディさんといい年は40歳、同世代だ。お住まいはテヘラン市内で朝一で車を走らせたここにきたそうだ。朝飯を済ませメヒディさんと一緒に先ずは前日登った3000メートルまで車で行き、そこから必要なものだけを背負いその他の重い荷物を後程別動隊にロバを使って荷揚げしてもらうのでデポし4250メートルの山小屋を目指し出発した。(ずっとダ [続きを読む]
  • ダマバンド山スノーボードバックカントリーその3
  • 5月28日この日は高度順応を兼ねてダマバンド山麓にトレッキングに行った。【卵が美味しかった。】朝飯は、15羽かっている鶏が、2日に一個生む貴重な目玉やき卵とナンとチャイを頂く。流石放し飼いの鶏が生む卵は違う、味は濃厚で美味しかった。ゲストハウスをパワステでない車で出発。、パワステではない車で2300メートルのダマバンド登山口の駐車場に行きパワステでない車を降り高原地帯をのぼる。【パワステでない、、】【登山口駐車 [続きを読む]
  • ダマバンド山スノーボード滑降その2
  • 🌟5月27日泊まったホテルのフロントから交渉していたペルシアツアーさん(日本にも法人があるテヘランの旅行会社。)から紹介されたドライバーの連絡先に連絡してもらい泊まっていたホテルまで来て頂いた。【泊まった1泊40ドルもするホテル、ラブホテルのような作りだった。】ドライバーがホテル到着、軽く挨拶をし乗り込む。更に車内で話し込むとなんとドライバーさんはブログ仲間のファーティマさんのご主人だった。お名前は [続きを読む]
  • ダマバンドスノーボードバックカントリー遠征その1
  • 5月26日出発の前日25日の夜、私は羽田空港国際ターミナルにてチェックインするためにタイ航空カウンターに向かっていた。航空券は当初エアアジアなどLCCなどの格安航空会社などを検討に入れるも受託荷物や機内食などの追加料金を考えると、やはりノーマルな航空会社でいった方が安い事に気がつきタイ航空を選択していた。タイ航空カウンターにてチェックインをする。【スノーボード、バックパック2個】スノーボードやその他の登山 [続きを読む]
  • みんな。ただいま🏠🏃🎵只今イランから戻りました。
  • 5月31日15メートルを越える強風吹き荒れるダマバンドに登頂し、山頂からスノーボードで滑り降りた。(一部変更内容あり※)この一年まるで御家再興を願う赤穂浪士のように、陽の当たらない日陰で来るべき日の為にほとんどの欲という欲を押さえこみ、欲望に流されそうになる自分を戒めただただ志の為に生きた。今回の遠征の成功は、その苦しみ以上の喜びを頂き私の努力は全て報われ私自身の仇討ちも完結した。だから、神様って本当に [続きを読む]
  • いざ、ダマバンドへ向けて‼
  • 少年時代、男子は冒険に憧れる。空の端へと視線をやり、『あの空の下には何が有るんだろう?俺も将来冒険家になり遠き視線の先のはるか先を目刺し旅をするんだ!』と。しかし歳を重ねるにつれて、はるか彼方のあった視線の先は空から地上の生活圏に落ち、大きな心はやがて小さな目先の損得勘定にとらわれ縛れられてしまう。自分の生活を守るための日常に変わり、いつしか描いた夢も忘れゆく。遠くを見ることも、未知なる世界へのド [続きを読む]
  • ぶるーじょーさんのヒマラヤ報告
  • ぶるーじょーさんのヒマラヤ遠征報告【悪天のなか、当初の目的を捨て南西稜ノーマルルートからの登山に全力を尽くすことを決断、5月13日未明、C2より一気にアマダブラム頂上直下6500mまで行きましたが雲海が一気に上がり吹雪に。迷った末、C2まで生きて戻ることを視野に入れ下山を決めました。以前衛星で短文をアップした通り、1日快晴は無し、午後には必ずと言っていいほど雪が降り、私が予定していた西壁はおろか、南西稜もリッ [続きを読む]
  • トレーニングディその後
  • トレーニングディその後翌日、午前中一杯雨?翌々日風速20メートル越え願わくはもう一度3776メートルの高所に身を置きたかったが、残念ながらその後一度もサミット出来ず。そして、嬉しい事に帰った翌日から朝一での出勤で終了は23時だった。しかもさらに嬉しい事に、ずっと軽自動車で車泊だったので体が固まり疲れがじぇんじぇんとれてないうえ仕事6連勤の刑に処せられ只今6日間服役中。真面目に模範囚人として働くので6日から3日 [続きを読む]
  • トレーニングディ1日目
  • ダマバンド遠征のトレーニングで3連休をもらい富士山にむかったが、初日から天候悪しで出鼻をくじかれた。今日の富士山は午後からは低気圧の影響で雨予報、午前中で一目散で山頂まで登り午後の早い段階でおりてこようと御殿場口や須走口も候補にあったが、一番ルートが短い富士宮口ルートを選択。仕事あがり1日2500円のニコニコレンタカーの軽自動車を走らせ深夜1時に富士宮口に到着。(?富士宮口5合目にて。夜景が綺麗だった。しか [続きを読む]
  • 今夏久しぶりの遠泳参加予定。
  • いや〜街はゴールデンウィークなのに僕は、働きアリや働き蜂のように働きづくめだ。6連続勤務位からいったい最後に休みを取ったのはいつなのか、今何曜日なのかわらなくなってくる。貧乏暇なしとはよく言ったもので、もし万が一、転職活動するような事があるならば履歴書の特技欄に迷いなく「貧乏」と書こう。が、いい副作用もあり、仕事以外には外出しないので、お金を使う機会めっきり減って貯金が増えていい。イラン遠征まで1ヶ月 [続きを読む]
  • イランVIZA。そして、富士山BCトレーニングへ。
  • うぉーっしゃー。イランVISAゲット。以前は、世界遺産や絶景をみたいと狂ったように海外旅行にいったのだけど、今はそういった誰でもいける海外旅行や世界遺産や美術館博物館にある名画や秘宝には全く興味がなく、僕の興味の中心はむしろそこに住む人やたくましく健気にいきる子供達や自己鍛練の旅である。折り紙を片手にもつ彼らの笑顔は今の僕にとってはどんな世界遺産よりも価値があるように思える。今回もウイグル同様英語が通 [続きを読む]
  • 海外遠征に向けて装備を補強。
  • 皆様おひさしぶりです。ほぼ休みなしで働いており遠征の為に取った久々の休みは何と体調を崩し回復に努め終わってしまった💧ネタがないので装備を補強したのと自転車でかるくポタリングがてら桜を見に行ったのでそのご報告。まず装備のお話。以前ならモンベルさんに頼ろうと考え、モンベルさんが装備提供して下されば下さったでスポンサーがついたと鬼の首を取った勢いで大騒ぎで皆様に報告したであろうが、今は考え方が少 [続きを読む]
  • イラン遠征への感謝の気持ち
  • (?いつもながらの格安チケットだ。深夜出発の1日以上かけて行く。)日本からテヘランまでの航空券を買った。ようやくスタートラインにたてそうだ。今後の予定としては、4月か5月上旬に富士山で高度順化をかねて富士山でスノーボードトレーニングをして5月中に現地に入るつもりだ。皆様にはご紹介してなかったが、実は私にはブログを通じて知り合ったイラン在住のブログ仲間がいて、その方とご主人様共々僕の挑戦を応援してくださり、 [続きを読む]
  • イラン遠征への感謝の気持ち
  • (?いつもながらの格安チケットだ。深夜出発の1日以上かけて行く。)日本からテヘランまでの航空券を買った。ようやくスタートラインにたてそうだ。今後の予定としては、4月か5月上旬に富士山で高度順化をかねて富士山でスノーボードトレーニングをして5月中に現地に入るつもりだ。皆様にはご紹介してなかったが、実は私にはブログを通じて知り合ったイラン在住のブログ仲間がいて、その方とご主人様共々僕の挑戦を応援してくださり、 [続きを読む]
  • 悪天候下でルートをロストしビビる。安達太良山BC
  • 天気予報では曇りのち晴れ。雪山入門の山として雑誌等々で紹介されている安達太良山に気軽な気持ちでいった。が、蓋を開けたらとんでもなかった。降雪、強風、ホワイトアウトで視界10〜15メートル位、たんまりの積雪量。(くろがね小屋から山頂までの状況。)しかも、山頂付近でGPSがまさかの誤作動で下山ルートをみうしなった。自分がつけたトレースも積雪と風で既に消えていた。自分の位置が全くわからなくなり危うく遭難しかけた。幸 [続きを読む]
  • 悪天候下でルートをロストしビビる。安達太良山BC
  • 天気予報では曇りのち晴れ。雪山入門の山として雑誌等々で紹介されている安達太良山に気軽な気持ちでいった。が、蓋を開けたらとんでもなかった。降雪、強風、ホワイトアウトで視界10〜15メートル位、たんまりの積雪量。(くろがね小屋から山頂までの状況。)しかも、山頂付近でGPSがまさかの誤作動で下山ルートをみうしなった。自分がつけたトレースも積雪と風で既に消えていた。自分の位置が全くわからなくなり危うく遭難しかけた。幸 [続きを読む]
  • ネパール遠征送別会。
  • 同志の送迎会を開いた。彼は3月14日にたった一人でネパールに旅立つ。トロンピーク単独登頂そして、アマダブラムテクニカルルート単独登頂するためだ。彼は今まで単独行にこだわり続けマッキンリーやロブソンなどの難易度の高い高所登山を単独で成功させた。彼の目指す志の先は8000メートル単独無酸素だ。(2015年にダウラギリを無酸素単独で狙ったがネパール大地震の影響で撤退。2018年リベンジ予定とのこと。)直近のトレーニングで [続きを読む]
  • ネパール遠征送迎会。
  • 同志の送迎会を開いた。彼は3月14日にたった一人でネパールに旅立つ。トロンピーク単独登頂そして、アマダブラムテクニカルルート単独登頂するためだ。彼は今まで単独行にこだわり続けマッキンリーやロブソンなどの難易度の高い高所登山を単独で成功させた。彼の目指す志の先は8000メートル単独無酸素だ。(2015年にダウラギリを無酸素単独で狙ったがネパール大地震の影響で撤退。2018年リベンジ予定とのこと。)直近のトレーニングで [続きを読む]