たんとん さん プロフィール

  •  
たんとんさん: 丹東日記
ハンドル名たんとん さん
ブログタイトル丹東日記
ブログURLhttp://dandong.sblo.jp/
サイト紹介文中国遼寧省丹東市は、中朝国境の町です。丹東人と結婚した私が、丹東と普段の生活を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/02/10 21:54

たんとん さんのブログ記事

  • 墓参り
  • 今回の訪丹の目的でもある、義父の墓参りに行ってきました。本当は11月の予定だったのですが、諸般の事情で9月に。お墓は、市内から50分くらいの義従兄の家の裏山にあるのですが、写真を撮ると祟られるらしいので、今回もありません。義従兄の家の家は普通の農家。玄関はこんな感じ。去年来た時はこんなだったのか、記憶が定かではないです。玄関の中は、こんな感じになっていて、夏の暑い日はここで涼むことができるようにな [続きを読む]
  • 香菜に花が咲きました
  • 香菜(シャンツァイ)に花が咲きました。いつ頃植えたものかというと、今年の1月か2月なので、半年くらい経っています。なんでこんなに食べていないのかというと、去年の秋に植えたのがまだ春先まで残っていたので、タイミングを逸してしまいました。(前の鉢です。2016年12月撮影)家中に甘い香りが充満しています。ここまで来たら、種を取ろうかと思っています。というのも、次に植えたのが食べごろになってきているから [続きを読む]
  • 成龍老了
  • 先ほどから、歓晩会を視聴中。アナウンサーとかいろいろ出演。「年取ったね〜〜。」と妻と友人が会話(たぶん)妻「ちょんろんろうら〜〜〜」私「そうだね〜〜」妻「わかるの〜〜」私「分かるよ、ジャッキーは年取ったよね」このくらいは理解してたのでした。> [続きを読む]
  • 明日は春節
  • 明日は春節かと思うと、感慨深いなぁ。今年はいろいろなことがあった。と言うより、亡き義父に振り回された一年だったよなぁ。訪丹回数は最高の3回。4月は遊びに行ったのだけど、6月は友人の娘さんの結婚式に、11月は義父の葬式に。その結末は、私は覚悟していたけれど、娘たる妻はかなり堪えたようだ。それでも、死に目には会えたので良かったと思うんだけどね。夕方に上海出身の友人が来宅して、食事会。そういえば、彼女も旦那 [続きを読む]
  • 帰ってきました
  • 舅さんの葬儀も一通り終わりました。三七日に姑さんも墓参りをしたとの知らせが。最初は七七日にと言っていたのだけど、寒いので前倒しにしたらしいです。天気予報サイトによれば、連日零下。丹東は緯度40度、秋田や盛岡と同じくらいだけど、雪はあまり降らず、ひたすら冷える。それでも、市内はそうではないけれど、郊外に出ると雪がかなり降るらしいです。冬になるとスタッドレスタイヤに交換なんてことはないので、ちょっと陰に [続きを読む]
  • 漢方薬を処方される
  • 妻がなんか体調が悪いというので、姑さんと中医の先生のところに行ってきました。「冷えたのでしょう」一言で診察は終わり、漢方薬を処方されて帰ってきました。外見はこんな感じです。一日分ずつ小分けになっていました。中身はこれ。草や木片を干したものかと思ったら違うようです。自分で煎じて飲むのも大変ですが。そういえば、何年か前に姑さんの薬を取りに行ったときは、液体(すでに煎じてあるもの)をもらってきました。一 [続きを読む]
  • 椅子が壊れたので修理
  • 実家の食卓の椅子が壊れました。壊れたといっても、足が折れたりしたのではなく、脚を補強するためにあった横木のほぞが抜けただけ。親戚(妹夫婦)にはかなりちょっと太めの人が多いので、長年片脚で座ってぐりぐりやった結果でしょう。危なくなったのが分かっていたのか、4脚あるうちのはじの方に押しやられていました。それもついに耐えられなくなって、2か所崩壊。捨てるか、修理するか、どうするか。金槌と釘はあったので、 [続きを読む]
  • 義父の死(続)
  • 不謹慎な書き方をしていると思われる方もいられると思いますが、お許しください。写真を撮ろうかと思ったのですが、あなたによくないといわれたので、一枚もありません。埋葬が終わって、手伝っていただいた方々にお礼のお食事会。親戚以外で25人くらいいました。日本だったら、墓穴を掘るのは重機を入れるんだろうけれど、こちらは手掘り。かなり大変だったはず。親戚も結構いて、いつも紹介されるんだけど、なかなか覚えられませ [続きを読む]
  • 義父の死
  • 今回丹東に来た理由は、義父が亡くなったからです。不謹慎な書き方をしていると思われる方もいられると思いますが、お許しください。写真を撮ろうかと思ったのですが、あなたによくないといわれたので、一枚もありません。妻の電話から丹東着まで2日。その間にも粛々と儀式は進んでいて、いろいろな物を燃やしたそうです。実家では、火葬が終了するまで線香を燃やし続けるため、交代で番をしていました。ゆっくりと寝られるような [続きを読む]
  • 突然の丹東行き
  • 数日前に帰国した妻からの早朝の電話。妻「できたら来て。」俺「分かった。チケット探してみる」大変だ。ネットで明日の大連行きを検索。まずは、ANAとJAL。あった、20万円強。超高。次は、etourか。ない。なんかないか、おお、HISか。どうかな。あった、MU便、時間は、、JAL便だ。問題ない。12万円はちょっと痛いが、今回は行くことに意味がある。JAL便は朝9:30発か、早起きは苦手だなぁ。またネット検索。成田空港のそばのホテ [続きを読む]
  • 辺境の地丹東に猫カフェが
  • 丹東に猫カフェができたと聞き、夜の散歩のついでに行ってきました。猫ちゃん、います。かわいい。やはり、猫といえば三毛猫が好きです。まだ生まれて数十日とか、そんなに小さいのに店に出していいのでしょうか。嫌われてしまったのか恥ずかしいのか、後ろ向き。餌を与えると集まってきます。食べ過ぎてデブ猫にならないといいのですが。こちらも食事中。大変です。表はこんな感じ。夜なのでちょっと見づらくてごめんなさい。場所 [続きを読む]
  • 北京に住む若者は何を思う
  • 頤和園見学の後、友人夫婦と昼食、ご夫妻の別荘に連れて行っていただきました。本宅は市内にあるそうです。この別荘がすごかったです。外はタウンハウスですが、中は中国の現代のテレビドラマに出てくるような作りでした。地上3階地下1階、延べ床面積は600?2以上はあるかと。キャッシュでポンと一億円位は出したのではないでしょうか。家の中を見せていただいた後、敷地内を散歩したのですが、歩けど歩けど外に出ません。何軒ある [続きを読む]
  • 頤和園でまた人ごみに揉まれる
  • 北京3日目、頤和園(いわえん)に行きました。北京在住で妻の小学校の同級生の夫妻に案内していただきました。こちらの夫婦とても凄い人らしいのですが、それは後で。頤和園というと、歴史はいろいろとあるようですが、清朝に西太后が住んでいた場所です。頤和園につくと、まずは駐車場探しです。行くまでもかなり渋滞して案の定でした。入口も行列、中も行列です。奥様は昔ガイドをなさっていてかなり詳しいようでしたが、専門は朝 [続きを読む]
  • 天壇で青空を見る
  • 故宮博物院の次は、天壇へ行きました。さすがに歩けないので、観光1線とかいう、ちょっとレトロ調のバスに乗車です。普通のバスより高かったけれど、座れたからいっか。天壇はさくっと。入ったのは、天壇西門。はるか彼方に何かあるような。空が青いです。ここは北京なのだろうか。仕方なく歩きます。皆さん、右側を歩いているなぁと思ったら、木陰でした。やっと西元門を超えると、さらにはるか彼方に何か見えます。春だからいい [続きを読む]
  • 故宮博物院で人ごみに揉まれる
  • 北京観光のハイライトといえば、故宮博物院。ということで行ってきました。故宮博物院は南側の午門から入って、北側の神武門に出るのが規則です。まずは、前門方面から天安門広場に向かいます。途中で荷物のX線検査と身分証チェックがありました。パスポート持っていてよかった。常時携帯が規則なので守りましょう。天安門広場では、あちらこちらで団体さんが記念写真を撮っています。これだけの観光客が故宮へ行くのかと思うとち [続きを読む]
  • 酒席
  • お酒とは切っても切れないだろうなと思っています。日本だと、最初にビール、あとから別の酒を飲む人も。いろいろな種類があって、でもそれほど度数が高いものは飲まないかな。ゆっくり飲んで、ゆっくり酔っていく感じですね。若い頃は結構一気とかしましたが、最近はしませんね。中国だと、最初に白酒、あとは延々とビール、私は丹東でしか酒席に臨んだことがないのですが、どこでもこんな感じではないでしょうか。白酒しか飲まな [続きを読む]
  • 東直門で激辛ザリガニを食す
  • 東直門で夕食を取ることにしました。通り自体は片側2車線以上はありそうなのですが、ネオンが真っ赤です。道の中央で写真を撮るのは自殺行為に近いのでご容赦。こんな看板ばかり。川府とか火鍋とかの字が目立ちます。歩いているだけで唐辛子の匂いがプンプンとします。道端で生きたザリガニを展示しています。この店で激辛ザリガニに挑戦です。激辛料理といえば、ビールということで出てきたのがこれ。日本だったらピッチャーなの [続きを読む]
  • 五道営胡同
  • ホテル到着後夕食には早かったので、ちょっと街歩きです。歩き方で「五道営胡同」が分かりやすかったので行ってきました。地下鉄2、5号線「雍和宮」駅下車すぐです。町並みはこんな感じ。これには写っていませんが、両側に路上駐車している車が多くて、ちょっとな〜〜って感じ。一応こんなちょっと古い感じの扉もあります。実際は、喫茶店(たぶん夜はパブ)やエステ、ネイルサロンが沢山あり、昔の風情はありません。表通りに出て [続きを読む]
  • 北京に行ってきました
  • 北京に3泊4日で妻と二人で行ってきました。丹東から北京までは、高速鉄道で6時間強。日本でいう在来線だと14時間かかるのですから近くなったものです。眠い目をこすりながら、午前7時8分発に乗って北京へ向かってGo。お昼過ぎには、北京南駅に到着です。北京のファーストインプレッションは、、、人、人、人ホテルに行くため地下鉄に乗ったのですが、乗車券購入だけでも大変です。(私たちもですが(笑)お上りさんが多いせ [続きを読む]
  • 大連北から丹東まで快速鉄道に乗車しました
  • 大連から丹東まで、丹大快速鉄道に乗ってきました。このブログでも何回か高速鉄道について触れてきましたが、やっと乗ることができました。大連空港に到着したのが12時過ぎ、案の定白タクと思われる怪しいおっさんたちが寄ってきます。以前よりも増えました。ちょっと聞いてみると90元だと。正規のタクシー乗り場から大連北駅まで乗車しましたが32元でした。本当にぼったくりです。大連北駅に到着したら、荷物が多ければ、乗車口の [続きを読む]
  • 丹東に来ています
  • 丹東には昨日(2016年4月15日)に来ました。前に来たのは去年の春節だったので、一年ぶりです。5月6日まで滞在します。昨日の朝の全日空便で日本を出発、大連経由でこちらの4時過ぎに到着しました。以前は6時とか7時とかの到着だったので、だいぶ近くなりました。でも、なかなか大変でした。なんといっても、家を出発してすぐカバンが壊れました。コロコロの持ち手がバキッという音とともに崩壊、内部構造はよくわかったけれど(笑)、 [続きを読む]
  • 北朝鮮 ミサイル発射
  • 先日に引き続いて、また北朝鮮でミサイルを発射したとニュースで伝えていますね。北朝鮮で何かあると必ず出てくるのが丹東。北朝鮮に架かる橋があるからですね。橋のたもとに中聯大酒店があって、撮影には絶好の位置なんですよね。駐在さんがいるとは思えないので、何かあったらすぐ瀋陽や大連から出張。鉄道でつながってよかったね。対北朝鮮制裁の強化が発表されました。国際社会と協調しようとしない北朝鮮が叩かれるのは仕方が [続きを読む]
  • 爆買
  • 新年快楽今日は旧暦1月1日ですね。中国では長期休暇になり、沢山の方々が来日しているようです。となると、やはり気になるのは爆買い。日本で沢山の外貨を消費してもらうのはうれしいのですが、3月には新法ができて、180万円以上を国外で消費するのを禁止にする法律ができるらしいです。となると、爆買い景気も終わってしまうのか。その前に、爆買いの現場を取材してきました。爆買いの本場といえば、秋葉原。その中でも有名 [続きを読む]
  • 紅包(ホンパオ)
  • 紅包、御祝儀やお年玉で上げるお金の事。赤い袋にお金を入れます。という理解ですが。明後日はお正月ですし、子どもたちは欲しくてしょうがないでしょうね。中国のポチ袋(お年玉袋)!赤文字大紅包(ホンパオ)(お祝儀袋4枚セット)【ネコポス便可】 02…最近、妻が紅包にはまっています。微信という、日本のラインに似たSNSの中のゲームにあります。グループの中に紅包を配ると他のメンバーが競って取り合います。今は、同級生 [続きを読む]