菅野直基 さん プロフィール

  •  
菅野直基さん: パスター菅野と楽しく話そう
ハンドル名菅野直基 さん
ブログタイトルパスター菅野と楽しく話そう
ブログURLhttp://sgr.ti-da.net/
サイト紹介文牧師・菅野直基の「生活が楽しくなる生き方」の秘訣を毎日お届けしています。
自由文博士号を持つ本物の牧師ですが、同時に型破りな奴です。

教会で待っているのではなく、必要なところにどこでも出前をします。

かつては不良少年で落ちこぼれでした。
そんな私を変えたものをお届けします。

高校生時代、そば屋の出前をしていました。
どこにでも電話一本でおそばをお届けしました。

あなたの元におそばはお届けできませんが、
神の愛、生きる力をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供626回 / 365日(平均12.0回/週) - 参加 2013/02/11 10:37

菅野直基 さんのブログ記事

  • 「地球が太陽を中心に回るように」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17584 (写真入り記事)地球は、一日に一度自転をし、一年に一度太陽の周りを公転します。正確に秩序が保たれています。 宇宙を知ろうと思って、宇宙の中にある太陽系の端から端までロケットで行こうとしても、一生かかっても行って帰ってくる事が出来ない程広大です。 しかし、そんな広大な太陽系の中にある、地球を含めて8つの惑星(冥王星を入れれば9つ)が、太陽を中心に規則正しく回っている [続きを読む]
  • 「こっそりさせていただく」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17582 (写真入り記事)人のために何かをする。何かをさせていただくことがあると思います。その行為を認めてほしくて、つい誰かに話してしまうことはないでしょうか。人に親切にさせていただき、気前良くさせてもらうと、自分が思いやりのある善人になったように感じやすいものです。 親切な行為は実に素晴らしいことですが、人に何かをさせていただく、それだけですでに気分がいいものです。さら [続きを読む]
  • 「新発見!?「嫌いな人はどこに行ってもいる法則」 =『菅野直基の法則』」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17580 (写真入り記事)世の中にはいろいろな法則があります。その中で、科学的かと聞かれたら微妙ですが、「嫌いな人はどこに行ってもいる法則」があると思います。仮に、「菅野直基の法則」としました。 誰にでも、少なくても2〜3人は、「この人さえいなければいいのに!」と思うような、苦手なタイプがいるものです。 ある人は考えました。「そうだ。嫌な人を排除したらいいんだ!」 グループの [続きを読む]
  • 「なぜ仕事を忙しい人に頼んだ方がいいのか?」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17577 (写真入り記事)「仕事は忙しい人に頼め」と言われますが、その理由が段々わかってきました。 1、「忙しい人」と「ひまを持て余している人」の時間の重みが違います。 「忙しい人」に取っての時間は、命そのものであり、お金以上の価値があります。その時間を軽く扱うはずはありません。後の時間がないので、今すぐ仕事をはじめます。結果、質の良い仕事を、短時間でこなします。 「ひまを持て余 [続きを読む]
  • 「聖書の正しい読み方」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17573 (写真入り記事)ある人が、目を閉じて聖書をパッと開き、開いたページの聖句を神からのお告げとして受け取ろうとした。 開いたページに指を置いた。目を開くと、指の下にあった聖句は「ユダは出て行って首を吊って死んだ。」であった。 「神様。とんでもないことです。どうか私に必要なお言葉を・・・」。こう言って再び目をつむり、聖書を開き指で差し、目を開いて読み始めた。 「あなたも [続きを読む]
  • 『人生を豊かにする「試行錯誤」』
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17567 (写真入り記事)「試行錯誤」とは、「新しい状況や問題に当面して解決する見通しが立たない場合、いろいろ試してみては失敗を繰り返すうちに、偶然成功した反応が次第に確立されていく過程」(広辞苑) です。 私たちの人生はたった一度だけです。できるだけ大きな夢と希望を持って生きていきたいものです。 夢と希望を持ったら、それに対して試行錯誤し、努力することで道は開かれます。 [続きを読む]
  • 「本当の自分を取り戻そう」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17559 (写真入り記事)多くの人が、自分に対して否定的なセルフ・イメージ(自我像)を持っています。 自分には価値がないと感じ、将来の夢を持っていません。悲しい現実です。 アルコール・薬物などの依存者や犯罪者の多くが、低いセルフ・イメージを持っています。「自分は、そういう生き方がふさわしい」と考えるので、結果として、そのように行動してしまいます。 しかし、その考えは本当でし [続きを読む]
  • 「自分の天職を知り、それに生きよう!」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17556 (写真入り記事)ある時、地域の方々と食べ物を囲みながら話をしていると、「ところで、菅野さんの田舎はどこ? ご両親も牧師さんなの?」と聞かれました。 「生まれは東京ですが、田舎は福島で、父方の家系は代々1000年続く神社の神主で、母方は3〜4代続くクリスチャンであり、牧師の家系です。」と答えました。 「どこで狂ってしまったのかしら・・・もったいない!」と言われました。 職 [続きを読む]
  • 「目の前の必要は神からの使命」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17552 (写真入り記事)日本人は、一緒に何かをするのが得意だと思います。昔は、こういう日本的な文化が煩わしくて、欧米文化の個人主義に憧れていました。 二十代でアメリカに留学をし、憧れていた西洋文化の中で生活をしました。 「日本の常識、世界の非常識。日本の非常識、世界の常識」と言われますが、日本とアメリカのそれぞれにいい面と悪い面があると感じました。 留学を終えて、帰国して感 [続きを読む]
  • 「1時間をどう使うかが人生を変える」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17548 (写真入り記事)日本の医師であり、医学博士の日野原重明氏は、「命を大切にするということは時間を大切にすることだ。子どもの時は自分のために時間を使ったらいい。しかし、大人になったら人のために時間を使いなさい」といいました。 あなたは1時間あったら、その1時間を何のために使いますか? 私は、少なくても毎朝1時間聖書を読み、祈ります。このような1時間の使い方をおすすめしま [続きを読む]
  • 「出たとこ勝負か? 目標と確信を持って全力投球か?」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17544 (写真入り記事)「忙しい」という漢字は、「心を亡ぼす」と書きます。目標を定めないで、がむしゃらに動き回っている生き方は、心が疲れて、やがて倒れてしまいます。 プロゴルファーは、小さなあのホールにボールを入れることに人生と命をかけます。人生も、プロゴルファーのように、明確な目標を定めて、そこに向かって集中して働くことが必要です。 同時に、余分なことを悩んだり、心配し [続きを読む]
  • 「母の日に思う 父と母を敬う祝福」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17540 (写真入り記事)今日は母の日。母の日は、一般的に、「日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日」とされています。 日本やアメリカでは5月の第2日曜日を祝いますが、スペインでは5月第1日曜日、スウェーデンでは5月の最後の日曜日に祝うそうです。 母の日は、アンナ・ジャービスが亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会を持ち、そこで、白いカーネーションを贈ったこと [続きを読む]
  • 「自分を知り、長所を生かし、短所を克服する」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17535 (写真入り記事)私の仕事は人に会うことだといっても言い過ぎではありません。 「段取り八分の仕事二分」と言われますが、実際の仕事の4倍はそのための準備をします。 1997年に所属教会の伝道師になり、2001年に新宿福興教会の牧師になりました。 所属教会では、伝道師は牧師の卵です。責任が大きくないので、毎日、いろいろな人と会って自由に伝道をし、神学の勉強をしていました。 牧師の按 [続きを読む]
  • 「食前の祈りは健康にいい!!」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17531 (写真入り記事)私は、毎食前に神に「感謝の祈り」をしてから食事をします。どんなに忙しくても、習慣になっています。 昔、グルメを好む王様がいました。 王が食後に、「今まで食べた料理の中で最高の味だ。食事を作った調理師にほうびを与えよう」と言った。 調理師は、王の言葉を聞いて恐縮しながら、「王様、おほめを頂き、うれしゅうございます。しかしこの料理は、私の技術ではなく、 [続きを読む]
  • 「平和な世界を夢見ながら」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17528 (写真入り記事)ある冒険家がジャングルを探検していたら、ライオンに出くわしてしまった。 あわてて逃げたが、ついに崖っぷちまで追い詰められて、逃げ道を失った。 冒険家は神に、「ライオンから守って下さい」と祈った。 しばらくして、恐る恐る目を開けてみると、ライオンはヒザをかがめて、手を合わせておとなしくしているので、冒険家は、「神よ、私を助けてくれてありがとうございま [続きを読む]
  • 「苦しみは私の宝物」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17523 (写真入り記事)人生を振り返ってみることがあります。思い出すのは、失敗や、つらく、悲しい経験ばかりです。そういうことの方がなつかしいです。反対に、成功し、思い通りにいった時のことは、あまり印象に残っていません。 みなさんはどうですか? 人生に行き詰まった時、「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。」(マタイの福音 [続きを読む]
  • 「人間の価値は、何で決まるの?」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17519 (写真入り記事)私たちは、無意識の中で、ある特定の人を「すごい!」と思っていることはないでしょうか? その人は、著名であったり、地位があったり、学歴があったり、財産を持っていたり、名声を得ていることが理由かも知れません。 こういう人たちは、他の人たちが持っていないものを持っていることは確かです。しかし、それだから優れていると言えるでしょうか? それは、うわべだけ [続きを読む]
  • 「人生の目標を立てる」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17515 (写真入り記事)ある医学博士が、人生の目標を持っている人と、目標を持たずに生きている人を調査しました。 目標を持っている人は、目標を持たないで生きている人より収入が二倍もらっていることがわかりました。 さらに、目標を持っている人は、何に対しても意欲的で、人生に満足していて、幸せな結婚生活を送り、健康状態も良好です。 人生の目標を立てないで生きることは、行き先を決め [続きを読む]
  • 「子どもとの時間を大切に」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17509 (写真入り記事)祝日になると、子どもたちが、「遊びに連れて行って!」って近づいてきます。そんな時に限って集中しないといけない仕事中だったりします。 「パパは今大切な仕事をしているから、今やってる仕事が終わったら遊ぼう!」と言ったとします。もし、「今パパは大切な仕事をしているのがわかるだろう!仕事の邪魔をしないで、向こうに行ってなさい!」なんて言ったら、きっと子どもは心 [続きを読む]
  • 「『こどもの日』と『神のこどもの日』」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17506 (写真入り記事)今日は「こどもの日」。「こどもの日」は、国民の祝日の1つで、「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」として、1948年に制定されました。 中学生くらいまでは、自分も「こどもの日」に該当すると感じましたが、それ以降は、自分とはあまり関係がない日と感じるようになりました。 大人となり、こどもの父親になりましたが、同時に、私の両親から見た [続きを読む]
  • 「励ましの言葉に力がある」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17503 (写真入り記事)ある電車の駅で、ホームレスの男性がボールペンを売っていました。一人のビジネスマンがやってきて、100円を支払ってすぐに電車に乗りました。しかし、思い直して、次の駅で降りて戻ってきました。 「代金を支払ったのに、品物を受け取ることを忘れていたよ。あなたは私と同じビジネスマンだ。ビジネスとは、正当な価格で商品を売ることだからね。」と言い残して立ち去りまし [続きを読む]
  • 「良いお手本を示せる人に」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17501 (写真入り記事)子どもが健全に成長するためには、しっかりとした道徳の基礎を示していく必要があります。 子どもは、親が「何を語るか?」よりも、「何をしているか?」に注目しています。 「正直でありなさい!」と教えているのに、それを実践しなかったとしたら、悪い道徳教育を施していることになります。 例えば、「嘘をついてはいけない!」と繰り返して教えている親が、電話のベルがなったら [続きを読む]
  • 「結婚相手に満足していますか?」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17496 (写真入り記事)旅先で一人の男性と親しくなりました。笑いながら話をしていると、右手の薬指に結婚指輪をはめていることに気づきました。 「右手の薬指に指輪をはめることに意味があるんですか?」と聞きました。 「実は・・・・、結婚する相手を間違ってしまってね〜・・・。」と答えが帰って来ました。 多くの人が結婚について思い違いをしています。後で、「しまった!?」と思うような結婚も [続きを読む]
  • 「どんな人が神様からほめられるの?」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17494 (写真入り記事)タクシーの運転手と牧師が天国に入った。 タクシーの運転手は、最高で時速200kmも出すようなスピード狂であった。乗った人は、シートベルトをし、死ぬかも知れないと思った。 牧師は、優しい語り口で、難解な説教をし、会衆を安らかな気持ちにさせた。 ある日、タクシーの運転手と牧師は死んだ。 神様は、天国で牧師よりもタクシー運転手をほめた。 タクシー運転手に神様は [続きを読む]
  • 「赦すことでいやされる」
  • http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17491 (写真入り記事)「人を赦さない心」は、自分を苦しめます。しかし、「赦す」ことで自由になります。 「赦し」とは、ただ一回の事ではなく、現在進行形であり、終わりのないプロセスです。ですから、何度も途中で赦せなくなって裁きたくなることが起こり得ます。 ある男性が、休暇を取ってハワイに旅行しました。朝早く、きれいな道をジョギングしていますと、道端にビールの空き缶が何本か [続きを読む]