東急8095Fのブログ さん プロフィール

  •  
東急8095Fのブログさん: 東急8095Fのブログ
ハンドル名東急8095Fのブログ さん
ブログタイトル東急8095Fのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tanakatetsuojapanteam
サイト紹介文東急・模型を中心に撮ったり作ったりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2013/02/11 22:48

東急8095Fのブログ さんのブログ記事

  • 8月3日 SL銀河撮影
  • この日は浅虫温泉からSL銀河を撮るため遠野へ・・・遠野駅に入線してくるSL銀河。橋の上では手を振る親子がお出迎え。300mmの望遠ギリギリで。この日は緑プレートになっていました・・・赤でなく緑なのがなんともマニアックなチョイスです(^^ゞもう少し引いて。信号が入ってしまいますが構図としてはこれが一番良いかなと・・・8622レ:C58 239+キハ141系列ホームで観察。各部は丁寧に磨かれておりますが、やはり煙室のヤケだけは [続きを読む]
  • 8月2日 ねぶた祭
  • 弘南鉄道へ行った後は青森駅から少し歩いたところでねぶた祭りを見学・・・「ラッセーラー、ラッセーラー」のかけ声と共に色鮮やかなねぶたが練り歩いていきます。某藩士の方々には地図も読めないバカが東北地方でなまはげを圧倒していたアレと言うと通りが良いでしょうか。老若男女、果ては外人さんまで参加して本当ににぎやかなお祭りでした。これが終わると青森は短い秋を過ごした後長く寒い冬に突入します。ねぶたというのは短 [続きを読む]
  • 8/2 弘南鉄道へ 2
  • さて、7000系のよく揺れるパイオニア台車に揺すられながら車庫のある津軽大沢駅へ。構内にはなんとも「濃い」メンツの車両達が。車庫の方へ行ってみますが・・・見学時間まで少しあったので次の列車を撮影。先ほど乗った7032編成が帰ってきました。ナンバープレートの文字が薄れてますね・・・17レ:7032編成反対側からは南海ラッピングがされてる7038編成。ライトが点いてるとやはり「生きてる」感がありますね。18レ:7038編成時 [続きを読む]
  • 8/2 弘南鉄道へ 1
  • せっかく青森まで来たので東急旧7000系ファンにとっては聖地とも言える場所へ・・・弘前駅で大黒様切符を買っていざ弘南鉄道へ!乗車するのは原型顔の7023編成。東急時代の車番はデハ7029-7030。冷房さえついていないほぼ原型の7000系は今やここ弘南鉄道にしか残っていません。この編成乗って運動公園前へ。弘前駅へ行く7153編成。7000系の地方譲渡車で見られたこの顔は弘南線でしか見れません。10レ:7153編成先ほどの7153編成が [続きを読む]
  • 8/1 浅虫花火大会
  • 前日より青森は浅虫温泉へ行き、旅館から花火大会を見物。夏の夜空を彩る花火を部屋から見れる好立地のお陰でゆっくりと見ることが出来ました。花火の写真を撮るというのは中々難しいものでして、シャッタースピードとの兼ね合いが非常に難しいものなんですね。去年よりは確実にうまくなっている・・・と信じたいところです。 [続きを読む]
  • 7/29 8151レ
  • 某掲示板を見ていたら2139号機が8151レに充当されるようなので尻手へ。尻手駅の貨物線を通過する8151レ・・・を牽引するEF65 2139。赤プレではありますが、やはりEF65には国鉄色が一番似合っていると思います。一昔前は当たり前に見られた赤プレ+国鉄色の組み合わせですが、JR貨物所期の雰囲気が漂っていて少し懐かしい感じがします。側面にJRマークがありませんが・・・(終) [続きを読む]
  • 7/26 扇町界隈
  • またか、と言われそうですね。ええ、またでございます(笑) 暇人かとも言われそうですね。ええ、暇人・・・というより学校がこの日休みだったから行ったというだけのことでございます。この日もまた8150レから。ただこの日は何故か6人もいまして・・・構図的にちょっと無理が生じています。左の方に若干肌色が入ってるのは人が被ったから・・・後続列車で追いかけて昭和へ8150レ-DE11 2002ちゃんと編成としての8150レを扇町で撮っ [続きを読む]
  • またも扇町界隈へ・・・
  • 前回5764レが撮れなかったのでリベンジにまた行って来ました・・・今回も川崎新町からスタート。まずはEF210牽引の5073レから・・・5073レ:EF210-162811H:ワ1本命の8150レはDE11牽引で。スカートに覆われた足回りが大特徴の機関車ですが、側面に日が当たってないのであまり目立ちません・・・8150レ:DE11 2002すぐ後に来る弁天町車庫への入庫回送。先ほどの811Hからの流れのようです。810H:ワ1三井埠頭の専用線の様子を見 [続きを読む]
  • 大平台のにゃんこ
  • 先日、箱根に行って来た時のものとなります。ここ大平台には数匹の猫ちゃんが常駐しているみたいで、一週間後に行った時も別の子がおりました。この日はそこまで暑かったわけでもないんですが、木の下辺りで気持ちよさそうに寝ておりました。寝心地が良いのでしょうか?それとも人慣れしているのか、ずいぶんリラックスした様子です。ここからは翌週行ったときのものになります。この時はまた別の子が駐車場の奥の方で鎮座ましまし [続きを読む]
  • 浜川崎界隈へ
  • どこぞで石炭輸送列車というモノがあるというのでちょっくら足を伸ばして行って来てみました川崎新町で迎え撃ち・・・しようとしたらこんな列車が。訳も分からず撮ったものですし事前に調べないで撮ったのでよく分からなかったのですが、後にこの列車がリニア建設で発生した残土を輸送するために扇町の先にある三井埠頭まで持っていく貨物列車とのこと。関東圏でDE10牽引の列車が見れるのも中々珍しいんじゃないでしょうか。8150レ [続きを読む]
  • 7月16日 夜の浜川崎にて
  • この日は所用で横浜の方へ行きましたので帰りに寄り道をしてもらい浜川崎へ。目的はEF64が引く95レ。私が使ってる路線ではまずEF64をお目に掛かることは無いのでこういう時くらいしか見るチャンスがありません・・・今回の撮影ではNikonの50単(オールドレンズ)を使ってみましたが、先日のK君のアドバイス通り軽く絞ってF2.0で撮ってみたところ本当にパープルフリンジが目立たなくなりました。ピントの合わせ方のコツも分かってきま [続きを読む]
  • アルナイン 片上タイプのハフ・ニフを組む
  • 先日買ったチビロコの客車を元にアルモデルから発売されている「片上タイプのハフ/ニフ」を組んでみました。ベースになるチビロコはこのような構造になっています。このうち赤で着色した窓ガラス類は不要。こちらは片上タイプのハフ/ニフキット・・・ですが一部パーツを切り取ってしまったのでデッキがそれぞれ1個ずつ足りておりません。本来は同じ形状のデッキパーツ(ニフにはテールライト付き・ハフは無し)が付きます。まずは簡 [続きを読む]
  • 7月9日 箱根登山鉄道撮影4
  • さて、小涌谷から折り返してきた103-107に乗って大平台へ・・・ホームに入ってくる103-107編成。艶のある車体と塗装されたテールライト・ドアが美しいです。車内で一枚・・・窓枠が固定されてる関係上これ以上窓が開かないの写真的にちょっとアレですが・・・非冷房車ですので走ってる時は冷房車よりも爽やかな風が車内に舞い込んできます。ただ、止まってるときは本当に暑いんですが。山下りしてる時の激しい電制の音のお陰で車内 [続きを読む]
  • 【レビュー】KATO チビロコ
  • だいぶ前に買ったものでしたが、加工すること前提で買ってきてたものなので放置してました・・・今回めでたくアルナインの片上タイプのハフ・ニフが手に入りましたので加工する前最期の姿・・・というわけでもないですが、加工する前にレビューしてしまおうという事です。チビロコのチビロコたる所以の機関車・・・一応プロトタイプはあるようですがどこの国のどの機関車なのかさっぱり。ネットサーフィンしてる時に見たような気は [続きを読む]
  • 7月9日 箱根登山鉄道撮影3
  • 出山の鉄橋から大平台までヒーコラ言いつつ上がって行き、小涌谷へ。小涌谷へ行くのに乗ったのは104-106+108の編成。カルダン駆動化されてると流石に静かですね・・・小涌谷駅先で・・・やっとこの構図で旧型車両が撮れました。ちょっとアジサイが水がなさ過ぎて色が濃くなってしまいましたが、これはこれで。駅先の踏切へ・・・カーブから抜けてくる構図・・・なのですが、ただ顔だけが飛び出してるようにしか見えないのが難点。 [続きを読む]
  • 7月9日 箱根登山鉄道撮影2
  • さて、二眼レフを携えたK君と合流し1003編成で塔ノ沢へ行き出山鉄橋へ。お目当ての旧型車編成はマニュアルでピントを合わせてる暇が無くAFで・・・しかしマニュアルの合いには及びませんね。あまり顔にピントが合ってません・・・2001編成・・・この鉄橋、元が蒸気機関車向けに作られているからか電車が渡るには背が低すぎますね。折り畳み高さが稼げなさそうです・・・これだけ撮って小涌谷へ。それもまた次の記事で・・・箱根に [続きを読む]
  • 7月9日 箱根登山鉄道撮影1
  • 前の週も行ったような気がしますが・・・全般検査に入っていた103-107が装いも新たに(ちょっとだけですが)出場したとのことですので某K君を誘って箱根へ。待ち合わせ時間まで少し時間があったので留置線で寝ていた103-107号車を激写。検査出場から時間が経ってませんので屋根や下回りまでもがピカピカなまるで模型のような姿。ドアやテールライトまで塗装された姿は一昔前の登山電車を見ているようでなんだか新鮮な気分です。サイ [続きを読む]
  • 7月2日 箱根登山鉄道撮影4
  • さて、箱根湯本で遅めの昼食をとった後は小涌谷へ大輪のアジサイとベルニナⅡこと1003編成と。中々良い所だったんですが待ち合わせの関係でこれ一枚撮って下山・・・大平台で交換待ちをしてる時に1枚。あまりアジサイが目立ちませんね・・・時間は飛んで夜の大平台へ。夜のアジサイ列車には1003編成が。さすがLEDヘッドライト、恐ろしく明るい・・・お陰で前面にまで光が当たってくれます(笑)行き違いをしたのは104-106+109号車。L [続きを読む]
  • 7月2日 箱根登山鉄道撮影3
  • さて、上大平台信号場を後にした私は箱根登山鉄道の名所、出山の鉄橋へ。真っ先に来たのがアレグラ号こと3000形3002号+2000形2003編成。塗装の統一性があって中々良いです。アレグラ号だけの編成も。緑溢れる箱根の山によく映える、良い塗装であります。3000形を3100形に取られてしまったので単独運用につく2001編成 前に来たときは3000形を併結していましたので単独で走る姿は初めて見ました・・・氷河特急塗装を維持している200 [続きを読む]
  • タヴァサ スユニ60を作る
  • とりあえず箱組みの段階までは来ました。各部はGM規格に合わせて作られていますのでだましだまし切削したりしながらどうにか・・・現在屋根の加工中で、例によってベンチレーターはKATOのスハ43用を使いますので全て一度埋めてやります。本当なら盛りまくってる接着剤を削り落とす作業が有るのですが、ヤスリを折るという珍事に見舞われましたので一時中断中・・・一体いつできることやら。 [続きを読む]
  • 7月2日 箱根登山鉄道撮影2
  • 塔ノ沢から大平台へ移動。大平台駅の前にいたにゃんこ達。後ろの子はずいぶんリラックスしてますねぇ・・・(笑)大平台駅名物アジサイと旧型車。この日の旧型車は104-106+109だけが稼働中で他の103-107は入場中、108は109が104-106と組んでしまっているので入生田で留守番していました。逆側の踏切からも一枚。ここから30分ほど歩いて上大平台信号場へ・・・強羅行き山登り列車の2001編成。地味に3000形が登場してから連結器を交換 [続きを読む]
  • 7月2日 箱根登山鉄道撮影1
  • この日は箱根登山鉄道のアジサイ列車を撮りに箱根へ。まずは塔ノ沢であじさい列車HMを付けた1004編成を。露出がイマイチ足りなかったのでズーム流し・・・後追いでアジサイと。中々良い組み合わせですね。ヨンロク君と。これまた良い組み合わせです。ベルニナ号とも。こちらは駅ホームにあるアジサイと絡めてみましたがいかがでしょうか。塔ノ沢から大平台へ移動しますが、それは次の記事で。 [続きを読む]