東急8095Fのブログ さん プロフィール

  •  
東急8095Fのブログさん: 東急8095Fのブログ
ハンドル名東急8095Fのブログ さん
ブログタイトル東急8095Fのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tanakatetsuojapanteam
サイト紹介文東急・模型を中心に撮ったり作ったりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2013/02/11 22:48

東急8095Fのブログ さんのブログ記事

  • タヴァサ スユニ60を作る
  • 先日アキバ巡りをしていたらタヴァサのスユニ60が安価に転がっていましたのでつい手を出してしまいまして・・・そして先日、KATOの旧マニ60を安価に手に入れたのがきっかけとなってやっと作る気になったというわけです。今回手に入れたスユニ60キット。90両改造されたスユニ61の影に隠れがちではありますが、60系客車(61系に非ず)の面影を残す狭窓が素敵な車両です。今回ベースにするKATOのマニ60。古い製品ではありますが、基本的 [続きを読む]
  • 冴えカノ11話 について・・・
  • 先ほど見終わりまして、色々言いたいことはあったのですが・・・とりあえず一言で表せば「ここに着地させたか」という感じですね。ワタクシ、原作は読まずアニメから入った派(しかも原作まだ読んでない)ですのでこういった感想しかもてないわけです。霞ヶ丘詩羽と澤村エリリがRouge&Rougeに引き抜かれ、倫也は二人の成長のためと自分を納得させて二人を送り出す・・・大筋は合っているのですが、これほど細かい筋から離れた話初め [続きを読む]
  • 鐵支路模型社より平快車・冷気平快・電源行李車発売
  • 台湾の鐵支路模型社より、日本でも有名な台湾版スハ44ことSP32400・32550とその緩急車バージョンSPK32600・32700(の中のどれか)とそれらに冷房装置を搭載したSP2300とそれの緩急車バージョンSPK2300、そして今まで製品化されてきた莒光号客車や今回のSPK2300等に冷房用電源を供給する電源荷物車、PBK32800/PBK32850形が製品化されるとの情報が飛び込んできました。SPK32700を筆頭とする平快車は冷房のついていないいわゆる「旧型客 [続きを読む]
  • 恋するメトロノームについて語ってみる
  • ここ最近アニメネタが多くなってございますが、私にとってはそれ程までにのめり込める作品だったという訳でして、またこのしがないアニオタの妄言にお付き合い頂けたらと思います。さて、先日も話題にしました「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた」という作品ですが、この投稿を見て頂いたフォロワーの方よりコミカライズ版、それも本編とは違ったアプローチの作品があるとのお話を聞きまして、いても立ってもられずその話を聞いた [続きを読む]
  • 6月11日 池上線撮影
  • この日は池上線の撮影を。雪が谷大塚〜石川台にあったタチアオイの花。一瞬アメリカ芙蓉かと思いましたがあれはこんなに繊細な花じゃありませんでしたね。石川台〜洗足池のちょっと有名なアジサイ。しかし去年の株が除去されてないせいで今年の花が上手く咲かない・・・どうにかしてもらいたいものです。03:1503F結局普通の撮り方に・・・まぁこれはこれで良いんですが。01:1502Fヒメジョオン・・・にしては小ぶりなような何か [続きを読む]
  • 冴えない彼女の育てかた・・・について
  • Twitterでも色々言っていましたが、あまりに言い足りないのでこちらで・・・私の周りで最近耳にする物の一つに「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた」という作品がありまして、前々から気になっていたのですが先日やっと時間を見つけて一気見することができました。私は元々アニメはあらすじを知ってから見るタイプと言うこともありその部分を中心に気を配りながら見ていったのですが・・・1期とOVAはまだ満足のいくものでした。し [続きを読む]
  • 5月28日 運転会
  • この日は大東急君を筆頭に数人で運転会・・・・・・の前日にも秋葉原に。左のは私の物ですが、右の159系・・・とある方の作品で、私のヘボ作品とは比べるべくもない素晴らしい出来に渇を入れられた気分です。もしかしたらどこかで見たりするのかもしれません・・・?さて、ここからは28日の。いきなりですが・・・大東急君所有のEF64 1001が不調とのことで修理ついでにTPK32850を。何故か帯の高さを合っていてビックリ。意外と似合 [続きを読む]
  • 6月4日 浜川崎界隈で撮影
  • 今日はEF65の日ですね。だからという訳ではないのですが、昨日浜川崎へ行った時の事でも・・・暇だったので外に出てみたらこんな空間が。凄まじい異世界感・・・5971レ EH500-56着いてそうそうEH500牽引の貨物が。いつも見てはいるのですが撮るのは本当に久しぶり・・・1094レ EF64 1005何故か単機で・・・しかしこの光の当たり方ですとなんとなく国鉄色に見えなくもないですね。なんとなく気に入った一枚。私の行ってる所ではJR [続きを読む]
  • 5月24日 ポポンで運転会
  • この日は大東急君を誘ってポポンで運転会を。大東急からは復刻初代新潟色の115系。塗り分けが甘い気がしますが製品が出たら色を落とすとのこと・・・我が鉄道からはC56-130タイプを。復刻新潟色と復刻湘南色の組み合わせ。湘南色が似あうのは当たり前として、新潟色も意外と似合っている気がしますが、いかがでしょうか?EF64 1030と新潟色の115系の組み合わせで長野配給・・・に湘南色+新潟色とC56 130牽引の貨物が加わってなんと [続きを読む]
  • さようなら東急の構内踏切
  • 明日6月1日より東急池上線池上駅の改築工事が始まります。この改築が進むにつれ、東急でも最後となった構内踏切が無くなる事となります・・・ちょっと遅すぎましたが、別れの挨拶をしてきました。改札を入るとすぐ構内踏切が。上を見上げてみると木骨の屋根がなんとも言えない味を醸し出しています・・・その後ろを見てみれば・・・美しい嵌め木と木骨が美しいですが、よく見ると既に隙間が生じています。大雨の日などは大変だった [続きを読む]
  • TOMIX 73系導入
  • 先日、ある縁がありましてTOMIXの73系を導入する運びとなりました。以前からその存在自体はよく知っていましたが、こうして直に手に取って見てみるとその造形の良さが際立ちます。上品に塗装された茶色の車体にしっかりとしたモールドが中々好印象。また、別パーツとして標準で付属する排障器などがKATO製品に見慣れた眼からすると独特かも。それでは各車の写真を。クモハ73形ナナサン形電車の中核を成す車両ということでやは [続きを読む]
  • 5/21 秋田へ
  • 秋田県は小安峡温泉へ行ってきまして・・・そのまま直行するのも面白くないので道中でちょっと寄り道してきました。新緑萌ゆる皆瀬川。少し下るとそこはもう小安峡という場所でして、紅葉の季節は多くの観光客で賑わいますが、こうして新緑の時期もまた良いものです。新緑の青臭いにおいがする緑の臭って良いですよね。いかにも自然の中といった風情があります。途中で見つけた皆瀬村の境界標と用水路・・・のはずなんですが近くに [続きを読む]
  • 5/7 福岡辺りをぶらぶらと
  • この日は九州滞在最終日ということで午前と午後の少しで撮影を。以前から気になっていた西鉄の名島川橋梁へ。電柱や柵が掛かってちょっとうるさいですが、アーチ型の橋梁が良い味を出しています。貝塚方面へ行くのは鉄むすラッピング車。そういえば600形って昭和30年代の車両なんですよね・・・それが今でもこうして走っている貝塚線改め宮地岳線ってやはりぼろの巣窟なのでしょうか(笑)貝塚方面活き列車をもう一本撮って撤収。少 [続きを読む]
  • 5/6 西鉄撮影
  • 1日空いてこの日は朝から西鉄へ・・・柳川から久留米まで8000系の水都に乗車、久留米から6000系6502編成で津古〜筑紫の撮影地へのんびり進みます。J132列車 3520編成3000系をまずは縦アンで。初めて見ましたがまるでミツバチみたいな顔ですね、こいつ・・・なんだか近鉄22600系にも似たお顔です。J131列車 9504編成+900?編成西鉄期待の新車、9000系もやってきました。あずき色のラインカラーが落ち着いていて中々良いかなと。た [続きを読む]
  • 5/4 九州へ・・・
  • この日は車で杖立温泉へ・・・途中、牧場に寄って何故かカモ君を撮ってみたり。しかし・・・凄い数ですよね。もちろん牧場ですから馬もいるわけで。広角で撮ってみたら面白い写真になりました(笑)豆田町でだんご汁を食べて・・・杖立温泉へ。鯉のぼりが有名な温泉地ということ、ゴールデンウィークのまっただ中と言うことで過去に見たことが無いほどの人出に・・・(画像ではモザイク処理を施しています。)旅館から。凄まじい数の鯉 [続きを読む]
  • 5/3 九州へ
  • 去年に引き続いてまたもや行って参りました。まずは香椎で適当に薩家・・・インパクト絶大なお顔の813系1100番台R1108編成。キハ200にもこのLEDを搭載した車両がいますが、どちらにせよ凄まじいインパクトですよねぇ・・・実はほぼ初見な811系。シンプルなデザインが中々好印象です。ステンレス製415系とすれ違う811系・・・JR化後数年でここまでオリジナリティを発揮できたJR九州ってやっぱ凄い会社だったんで [続きを読む]
  • 九州にいます
  • 毎年の家族旅行で現在九州におります。北海道テレビのディレクターがタレントに勝負を挑んだ末にタレントの倍の量をたいらげた、あの伝説のゆでもちでございます。かなり食べごたえがありまして、こんなのを6枚たいらげたヒゲの胃袋はどうなってるんだろう...(笑)あの人はどうもゆでもちは飲み物だそうですが...なんてことで九州を楽しんでおります。帰りは7日に... [続きを読む]
  • マニ36 2037落成
  • 昨年買って途中まで組んだ状態で放置していたボナのマニ36ですが、今回KATOのマニ36の一部と組み合わせて落成と相成りました。妻面は種車になるKATOのマニ36由来のものですが側面は完全にボナ由来の物となります。ただ・・・全長が多少短くなってしまい、屋根のかみ合わせが悪くなってしまったのがかなり残念。そのせいで全体に浮いています・・・側面から。元スハ32のKATO製品と違いこちらはオロ35由来の窓配置が活き [続きを読む]
  • KATO D51長野式集煙装置
  • 今更ですが、去年発売となったKATOのD51長野式集煙装置タイプが入線と相成りました。前から欲しかったものですが、やっと都合が付きまして入れる事が出来ました。D51の中でもこの集煙装置付きのタイプは本当に精悍でして、他の機関車ではどうも「浮く」感じがあるものですが、このD51では本当にしっくりきている気がします。お顔の印象はまさにD51といった感じですが、テンダーのヘッドライトの位置が低いタイプをモデルにして [続きを読む]
  • オハフ45 100落成
  • 何故か先に改造していたスロフ62よりずっと重加工になるオハフ45の方が先に完成しました。そもそも作るきっかけになったのがオハ46を作った時に台車を供出するために買ってきた旧スハ43の余剰車体を活用出来ないモノか・・・と思って作り始めたものです。ただ、この車両を作るためにこれまたジャンクとしてストックしていた車体だけのオハ47から便所窓付近jを切り出して来た上に台車は元から持っていた旧スハフ42から持ってきてい [続きを読む]
  • KATO C11
  • Nゲージで初めてC11を出したKATOがついにリニューアルされた上でC11を送り出して来ました。この小さな車体にとてつもないパーツと努力が詰まっている、努力の結晶であります。サイドから。旧製品も決してデフォルメは悪くありませんでしたが、新製品の方も良いバランスをしています。デフの点検穴は無しとなっているのがなんとなく不満・・・そして今回の製品はどこの線区とも特定していないのが気になります。つまりこれは「ただ [続きを読む]
  • オハフ45 200番台・スロフ62制作中
  • なんとなく安芸の車両を流用して夜行急行時代の出雲が組めそうだったので・・・編成中にどうしても必要だったスロフ62を作り始めています。米子から浜田までは編成の殿をつとめる車ですので、これが無いと・・・その区間を引いていたのがDD54というのがまた面白し。手に入るかどうかと言われれば微妙ですが・・・一方こちらはオハ46を作ったときにTR47台車を供出したスハ43と以前ジャンクとして紛れていた中にあった屋根とシャーシ [続きを読む]
  • 1502Fの前面車番表示板が仮(?)復旧
  • 先日前面の車番表示板を破損した1502Fのクハ1702号車ですが、翌日には復旧したみたいです。ただ・・・その・・・なんと言いますか。フォントがおかしくないですかね?1000系などに使われてる、普通の裏から何も表示されていないガラスの下から番号をプリントした紙を貼っているみたいですね。使われているフォントもエクセルやワードに標準で入っている丸ゴシックM-PROで、その場しのぎ感がムンムンしとります。近いうちに正規の [続きを読む]
  • 4月6日 窓ガラス破損に伴う1502F車交
  • タイミング良く1502Fの車交を見れましたので・・・まずは車交先の1505Fが入線そして車交される側の1502Fが蒲田方面ホームへ入線。定期では蒲田方面から蒲田ホームへ行く列車は存在しませんので凄まじい違和感ですね。車庫へ向けて回送される1502F・・・ですが、前面左上の番号表示窓が破損しています。このための車交だったんですね・・・風が強かったので何か飛んできたのでしょう。この程度でしたらすぐ復帰できるでしょう・・・ [続きを読む]
  • 3月31日 運転会をした
  • この日はイモンで運転会を。うちからは先日完成したC56 130風味のC56と小貨物を。中々絵になるもので・・・そしてその横を通過するKATOの西武40000系・・・時代のギャップありすぎですね(笑)そして我が家のC59+安芸編成。茶色のカニ38が異彩を放っています・・・旧客の中でも圧倒的に「渋さ」が際立ったのがスハネ30。やはり狭窓+リベットの車体は本当に良い味を出していますね・・・加えてモールドがビシッとしていますので見てい [続きを読む]