しおり さん プロフィール

  •  
しおりさん: しおりの読書日記
ハンドル名しおり さん
ブログタイトルしおりの読書日記
ブログURLhttp://booksmemomemo.blog.fc2.com/
サイト紹介文読書日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2013/02/12 03:37

しおり さんのブログ記事

  • 不死販売株式会社 ロバート・シェクリー 福島正実訳
  • 不死販売株式会社 ロバート・シェクリー 福島正実訳少年少女世界SF文学全集9あかね書房Immortality,Inc.Robert Sheckley2017.6.24はじめに  福島正実衝突未来に生きかえるレックス動力会社計画中止22世紀の世界誘拐お前の番だ!レイリー社長ゾンビー自信をもって友との再会霊魂交換局狂剣士狩人の群れつきまとうゾンビー戦いの朝一騎うちさわぐ幽霊地下世界墓の中であやしい女疑惑の雲来世会社からの使い陰謀だ!絶体絶命追放 [続きを読む]
  • 宇喜多の捨て嫁 木下昌輝
  • 宇喜多の捨て嫁 木下昌輝文藝春秋2017.6.22宇喜多の捨て嫁無想の抜刀術貝あわせぐひんの鼻松之丞の一太刀五逆の鼓2012年、オール讀物新人賞受賞新人賞かなりの手練れあ、新人賞は短編としての「宇喜多の捨て嫁」?タイトルと表紙の絵の不気味さ(でも美しい)で読まなかったのがもったいない。面白かったー時系列がちょっとわかりにくかったのだけれど。「宇喜多の捨て嫁」から一旦過去に遡って「五逆の鼓」と「宇喜多の捨て嫁」 [続きを読む]
  • 秒読み 筒井康隆コレクション 筒井康隆 加藤伸吉画
  • 秒読み 筒井康隆コレクション 筒井康隆 加藤伸吉画福音館書店2017.6.16到着マグロマルお助け駝鳥蟹甲癬時越半四郎バブリング創世記睡魔のいる夏笑うな走る取的遠い座敷関節話法秒読み熊の木本線 解説 線の上に  長嶋有『闘技場 フレドリック・ブラウンコレクション』が、“ボクラノSF”というシリーズで。筒井康隆コレクションもあったので借りてみた。筒井康隆、久しぶり♪「到着」のあまりの短さに、どうしようかと思ったけ [続きを読む]
  • 火花 又吉直樹
  • 火花 又吉直樹文藝春秋2016.6.15今さらやっと『火花』。意外と薄い。2015年、第153回芥川龍之介賞受賞作。文学作品なんだー…書いたのが又吉じゃなかったら、こんなに売れなかっただろーなぁ。『校閲ガール』で、純文学で売れなかったみたいな話が出てきていたせいか、強く思う。もっとギラギラヒリヒリしたお話かと思っていたけれど。全然違った。主人公の生きにくさとか、あまり伝わってこない。面白い…?1日で読めるかと思っ [続きを読む]
  • 狩人の悪夢 有栖川有栖
  • 狩人の悪夢 有栖川有栖角川書店2017.6.8断章――奈落の森第1章 あなたに悪夢を第2章 獏(ばく)の家の惨劇第3章 フィールドワーク!第4章 矢と弓第5章 隠された貌(かお)第6章 夜の狩りエピローグあとがき読み始めて早々に、火村と有栖のセリフ、どっちがどっちかわからず読み返してもわからず、くじけそうになる。とりあえず、まぁいいか、で流すことに。読み進めて、うっすらと前にもこのシリーズ読んだことあるかもそし [続きを読む]
  • 校閲ガール トルネード 宮木あや子
  • 校閲ガール トルネード 宮木あや子角川書店2017.6.5第1話 校閲ガールと恋のバカンス 前編第2話 校閲ガールと恋のバカンス 後編第3話 辞令はある朝突然に 前編第4話 辞令はある朝突然に 後編第5話 When the World is Gone 快走するむしずおまけマンガ面白かったーなんか色々うまくいきすぎだけど。楽しいからよし。えー… でも、是永と悦子の別れは寂しいこれで悦子が貝塚とくっついたら、しらけるなぁ…これでおしまいみたい [続きを読む]
  • 蜜蜂と遠雷 恩田陸
  • 蜜蜂と遠雷 恩田陸幻冬舎2017.5.31エントリー テーマ 前奏曲 ノクターン トレモロ ララバイ ドラムロール ずいずいずっころばし 平均律クラヴィーア曲集第一巻第一番 『ロッキー』のテーマ第一次予選 ショウほど素敵な商売はない バラード 間奏曲 スター誕生 イッツ・オンリー・ア・ペーパームーン ハレルヤ ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ ロマンス 歓喜の歌第二次予選 魔法使いの弟 [続きを読む]
  • どんがらがん アヴラム・デイヴィッドスン 殊能将之編
  • どんがらがん アヴラム・デイヴィッドスン 殊能将之編奇想コレクション 河出書房新社BumberboomAvram Davidson2017.5.19序文  グラニア・デイヴィスゴーレム物は証言できないさあ、みんなで眠ろうさもなくば海は牡蠣でいっぱいにラホール駐屯地での出来事クィーン・エステル、おうちはどこさ?尾をつながれた王族サシェヴラル眺めのいい静かな部屋グーバーどもパシャルーニー大尉そして赤い薔薇一輪を忘れずにナポリすべての根 [続きを読む]
  • スローモーション 佐藤多佳子
  • スローモーション 佐藤多佳子ポプラ文庫ピュアフル2017.5.12…11解説  荻原規子裏表紙より。柿本千佐、女子高の1年生。22歳のニイちゃんは元不良で無職、父さんは小学校教師でクソ真面目人間、母さんはお見合いでバツイチ堅物男と結婚した専業主婦。父さんはあたしに、修道女みたいなタイプを望んでいる。最近、いつも動作がスローな同級生・及川周子が気になってしかたがない――。『一瞬の風になれ』などで話題の著者による、 [続きを読む]
  • ごきげんな裏階段 佐藤多佳子
  • ごきげんな裏階段 佐藤多佳子新潮文庫2017.5.15タマネギねこラッキー・メロディーモクーのひっこし解説  上村令裏表紙より。アパートの裏階段。太陽も当たらず湿ったその場所には、秘密の生き物たちが隠れ住んでいる。タマネギを食べるネコ、幸せと不幸をつかさどる笛を吹く蜘蛛、身体の形を変えられる煙お化け。好奇心いっぱいの子供たちは、奇妙な生き物たちを見逃さず、どうしても友達になろうとするが……。子供ならではの [続きを読む]
  • 黄色い目の魚 佐藤多佳子
  • 黄色い目の魚 佐藤多佳子新潮文庫2017.5.10りんごの顔黄色い目の魚からっぽのバスタブサブ・キーパー彼のモチーフファザー・コンプレックスオセロ・ゲーム七里ヶ浜十年後〜あとがきにかえて〜解説  角田光代裏表紙より。海辺の高校で、同級生として二人は出会う。周囲と溶け合わずイラストレーターの叔父だけに心を許している村田みのり。絵を描くのが好きな木島悟は、美術の授業でデッサンして以来、気がつくとみのりの表情を [続きを読む]
  • サマータイム 佐藤多佳子
  • サマータイム 佐藤多佳子新潮文庫2017.5.8サマータイム五月の道しるべ九月の雨ホワイト・ピアノ解説  森絵都裏表紙より。佳奈が十二で、ぼくが十一だった夏。どしゃ降りの雨のプール、じたばたもがくような、不思議な泳ぎをする彼に、ぼくは出会った。左腕と父親を失った代わりに、大人びた雰囲気を身につけた彼。そして、ぼくと佳奈。たがいに感電する、不思議な図形。友情じゃなく、もっと特別ななにか。ひりひりして、でも眩 [続きを読む]
  • ヴィジョンズ 大森望編
  • ヴィジョンズ 大森望編宮部みゆき 飛浩隆 木城ゆきと 宮内悠介 円城塔 神林長平 長谷敏司講談社2017.5.6宮部みゆき  星に願いを飛浩隆    海の指木城ゆきと  霧界宮内悠介   アニマとエーファ円城塔    リアルタイムラジオ神林長平   あなたがわからない長谷敏司   震える犬編集後記なんで借りてきたんだっけ?『横浜駅SF』つながり?かと思ったけれど、柞刈湯葉(いすかりゆば)の名前は出てこない。宮部み [続きを読む]
  • 危険なビーナス 東野圭吾
  • 危険なビーナス 東野圭吾講談社2017.5.5123…31東野圭吾、どーしたんだろー…主人公の獣医が、助手も患者さん(というか飼い主)もとにかく自分の周りのあらゆる女性を性的な目で見てるのが気持ち悪い…東野圭吾がそーゆーヒトなのか…タイトルと煽り文句でのミスリードもなんとかならないのかなー…想像はいい意味で裏切られたけれど。結局大して話が膨らまなかった。『夢幻花』みないな感じ。天才明人くんも、期待を煽っておい [続きを読む]
  • 潜る女 アナザーフェイス8 堂場瞬一
  • 潜る女 アナザーフェイス8 堂場瞬一文春文庫2017.5.2第1部 詐欺師たち第2部 女たち第3部 刑事たち裏表紙より。知能犯を扱う捜査二課の同期・茂山から、結婚詐欺グループの一員と思しき女・荒川美智留の内偵を依頼された大友鉄。美智留は元シンクロ選手でスポーツジムのインストラクター。真面目で魅力的な女性に見えるが、大友は得意の演技力で美智留に接近し、事件の裏に潜む複雑な事情に分け入っていく。大人気の警察小説シ [続きを読む]
  • 花宵道中 宮木あや子
  • 花宵道中 宮木あや子新潮文庫2017.4.19花宵道中薄羽蜉蝣青花牡丹十六夜時雨雪紐観音(ゆきひもかんのん)大門切手(おおもんきって)解説  嶽本野ばら裏表紙より。どんな男に抱かれても、心が疼いたことはない。誰かに惚れる弱さなど、とっくに捨てた筈だった。あの日、あんたに逢うまでは――初めて愛した男の前で客に抱かれる朝霧、思い人を胸に初見世の夜を過ごす茜、弟へ禁忌の恋心を秘める霧里、美貌を持てあまし姉女郎に [続きを読む]
  • 神様がくれた指 佐藤多佳子
  • 神様がくれた指 佐藤多佳子新潮文庫2017.4.17第1部 愚者第2部 魔術師第3部 恋人たち第4部 運命の輪エピローグ解説  坂田靖子裏表紙より。出所したその日に、利き腕に怪我を負ったスリ。ギャンブルに負けて、オケラになったタロット占い師。思いっ切りツイてない二人が都会の片隅でめぐりあった時、運命の歯車がゆっくり回り始めたことを、当人たちはまだ知らない。やがて登場するもう一人がすべてを変えてしまうことも。「 [続きを読む]
  • セレモニー黒真珠 宮木あや子 イラスト/ワカマツカオリ
  • セレモニー黒真珠 宮木あや子 イラスト/ワカマツカオリMF文庫2017.4.13セレモニー黒真珠木崎の秘密主なき葬儀セレモニー白真珠あたしのおにいちゃんはじめてのお葬式裏表紙より。もう忘れた、と思っていたけどお葬式のご用命は、真心と信頼の旅立ち・セレモニー黒真珠まで――小さな町の葬儀屋「セレモニー黒真珠」を舞台に、シッカリしすぎなアラサー女子・笹島、喪服が異常に似合う悩めるメガネ男子・木崎、どこかワケあり気 [続きを読む]