ゴルフ真田塾 さん プロフィール

  •  
ゴルフ真田塾さん: ゴルフ真田塾の「一生ゴルフ懸命!」
ハンドル名ゴルフ真田塾 さん
ブログタイトルゴルフ真田塾の「一生ゴルフ懸命!」
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/g_s_juku
サイト紹介文ゴルフコーチが「商売抜き」でお伝えする完全上達志向者の為のブログ。直レッスンは神戸三田にて。
自由文神戸市北区・三田市を中心に、阪神間で「ゴルフ真田塾」を主宰しておりますゴルフコーチの真田です。

巷の理論に振り回されていませんか?

理論は時代の”流行り物”。疑いなく迎合すれば伸び悩むのは当たり前。

上達のヒントは「外観」ではなく「内観」です。

自身の身体との”対話”なくして上達はナシ!

本ブログは、”完全上達志向”のゴルファーのために”厳しく”書いています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/02/13 15:02

ゴルフ真田塾 さんのブログ記事

  • 一般アマはインディ・ジョーンズ?
  • 「や・・やっと・・・、やっと見つけたぞ!こうやれば上手く行く!!」。・・・と、一度は誰でも思ったことはあるだろう。前記事で書いた「聖杯」というのは、所謂”キリストの・・・”ではなくこういうとをいう。しかしその聖杯とやらは、次の日には手元から消え失せている。「あれぇ〜〜?昨日は上手く行ったのに!?」。一体アンタ、いつまでそんな物探してるんだ?ある訳ないのに。しかし巷にはその聖杯とやらが溢れかえってい [続きを読む]
  • 足裏の使い方(飛ぶ・漕ぐを正確に)
  • ダウンスイングからインパクトにかけて必要となる動作が”上に”飛ぶ(漕ぐ)動作になるのだが、これを正確にできる人があまりいない。まずは踵にしっかり体重を掛ける。そして土踏まずを経て拇指球からつま先へと、徐々に体重を前に移すのだが、つまり「足裏全体を使って」こそ、初めて「飛ぶ」となる。そうすることで、脚の機能を余すことなく効率よく活かせるのだ。これは全スポーツ共通だ。レッスンではそれが”意識的に”でき [続きを読む]
  • 居付きを防ぐヒントに
  • 先週末4日間は、風邪で完全ダウン。おかげでタップリ考えさせてもらったワ。「なぜ居付くのか?」を。学校の教科書のように「ハッキリした答え」ではないが、ヒントのひとつになればと書く。要は「考え方」だ。考え方が変われば意識が変わり行動が変わり、故に結果か変わるのだから。熱を出しながらでもよくよく考えてみると、やっぱり「野球」と「ゴルフ」は似過ぎてるんだよな。野球のバッティング練習で「ティーバッティング」 [続きを読む]
  • 意識するは右脚ではなく左脚
  • その場で回転するために、右膝を右に流してはいけないと指摘され、意識すればする程右脚が固まって居付いてしまうゴルファーに送る今日の記事。最悪なのは右に流すまいと、右膝に内側(左)方向の力を働かせること。確かにそうすれば右に流れはしないだろうが、それはあくまで「形」だけのこと、つまり外観。トップ、そして切り返し時にその場でジャンプできるくらい柔らかく膝を使える状態にしてこそ脚は”使える”のだ。何度も、 [続きを読む]
  • 〜 小話 22 〜
  • 人は、明日があるから苦しむ。                      by 私の30年来の先輩私は以前、一日一生みたいなことを書いたが、この先輩は・・・「一呼吸一生」レベルで生きている。超自戒。    golf-sanadajuku.com @g_s_juku   ← 応援たのんます! [続きを読む]
  • たまには・・・ 8
  • まだゴルフ上達記事を書ける心境にないくらい歓喜興奮冷めやらぬまま記事に向かう。ツイッターでも紹介したけれど、30数年ぶりの中学の同窓会のこと。初恋失恋軋轢などなど。当時の私なんか、若かっただけで許された罪の塊な人間だった。。でもね、もう30年以上も経ってしまうとそんなの関係なくなって、一気に互いが12歳に戻ってそれを懐かしがる雰囲気が楽しかったし素晴らしかった。みんな大人になったんだな。主宰してく [続きを読む]
  • フツーのおばちゃんが変わる時
  • もう3ヵ月も前にもなろうか。久しぶりに行く私のいきつけのクリーニング屋のおばちゃん(60歳)が、びっこを引いていた。「痛いねん、腰。っていうか、もう全身痺れてんねん。ホンマかなんワー」。病院では「脊柱管狭窄症」と診断されたとのこと。医師には手術か薬物療法(痛み止めを飲み続ける)か、と言い切られたらしい。むぅ...私の魂がざわざわと疼きだす。すかさず真田節、爆裂!しかしゴルファーではなく一般の人。通用す [続きを読む]
  • 「つながる」は身体だけではない
  • 最近は、昨年末からの”心のブレ”が気にならなくなった。心の問題は時間が癒すという言葉があるけれど、「今」を思えば即それは「過去」になるのが時間なのだから、そんな「時間」を当てにしても決して癒されはしない。大切なのはその間の「行動」だ。私の場合はもちろん酔拳!(威張れることではないが 汗)ツイッターの画像だけを見ると飲んだくれコーチの様相ではあるが、といっても馬鹿にするなかれ。それでも不思議な「つな [続きを読む]
  • 早すぎるアンコックを防ぐために
  • 「アンコック」とは、テークバックで作ったコックをダウン時に解くことなのだが(リリースともいう)、それが早すぎると様々な弊害が生じる・・・”はずなのだが”昨今のクラブはミスがミスでなくなるくらい進化しているので(そうでないとクラブが売れないから)、一般アマは(シングルプレーヤー含め)ほぼそれに気付いけていない。早すぎるアンコックとは、バットスイングでいうところの「ドアスイング」と同じだ。ドアスイング [続きを読む]
  • 「股関節を入れる」のヒントに
  • 上半身(骨盤)を前傾させたからといって、膝を曲げたからといって、「股関節が入っている」とは限らない。股関節を入れる最たる理由は、「地面とつながる」ことで上半身の安定を得、加えて地面反力、つまり自力以外の力を味方にするためだ。もちろん「脱力」が必要になる。とはいえ、「実際」をつたえるのにはホントに苦労する・・・。そこで今日は、「先生はコーチだから」みたいな訳の分からない先入観を排除するために、そして [続きを読む]
  • 「初動」の大切さ
  • 「初動」とはいえ、今日はスイングのことではなく「考え方」の話ね。昨年末は歯科医&お坊の私の心の師と、恒例のふぐ酔拳。実は一昨年末もそうやって飲んだ、その時の話をふと思い出す。「疼痛必ずしも疾病にあらず」(痛いからといって、それは必ずしも病気とは限らない)先生曰く。「痛いといってもピンキリで、”何でもっと早く来ないか!”という状態と、いやいや”そこまで大げさではないですよw”という状態の患者が来る。 [続きを読む]
  • 「書く」ことにこだわりたいから
  • いかんいかん、完全に埒が明かない。約5年半ブログを書き始めて初めてのことだ。前置きはしたものの、草稿50以上書いても未だに全くまとまらない。今までは何とかそれを乗り越えてきたのだけれど・・・。前記事の予告を楽しみに訪問し続けてくださった方、容赦下さい。「テークバックにおけるトップの位置は自ずと決まる」書き出すと数珠繋ぎのようにあれもこれもどれもと伝える必要があるなと・・・。身体は全身繋がっているの [続きを読む]
  • テークバックにおける「トップ」ってどこ?
  • 本当は「テークバックにおけるトップの位置は自ずと決まる」ことを書こうと思ったのだが、このブログはどのレベルのゴルファーが読んでいるか分からない。自分は上級と思ってはいても実のところは・・・。その逆も然り。それはさておき、とりあえず”トップの位置”を勘違いされては次の記事に繋がらないので、前置きとして書く本日の記事。言わば初心者・初級者、そして”伸び悩んでいる”中級者に向けて書く。(中級者・上級者は [続きを読む]
  • 「切り返しが難しい」で気付くべきこと
  • 私から言わせると、「そこだけ切り取って何になる?」と言いたくなる一般アマ同士の会話でこんなのがある。「ゴルフスイングで一番難しいのが切り返しだ」。ふむふむ。何も考えない、考えたくないゴルファーには聞き心地いいフレーズかもだ。つまり、分かったような分からないような。確かに”その辺”で身体が言うことを聞かなくなるからそうなんだろうな、っと・・・。じゃあ切り返しの練習ってあんの!?あるわけないやん。切り [続きを読む]
  • 努力って何それ?
  • 2017年(平成29年)がスタートした。年頭の記事は「努力」について。巷では成長の鈍化、所謂”壁”にぶち当たったとき、回りから努力しろ、と言い聞かされることが多い。努力が足りない、努力するしかない、と。でもそれ、ホンマか!?正直なところ、私はそういった意味で努力をしたことがない。これはゴルフでだけではなく、人生全てにだ。なぜなら自分が意を決してやりだしたことであったとしても、ひとつのことを極めようとする [続きを読む]
  • あなたの捻転は単なる回転?(歪んだ捻転)
  • 酔拳三昧で随分サボってしまったが、レッスンはしっかりしまっせ!(笑)とはいえ気が付けば大晦日(汗)今年最後はゴルフコーチらしく、私が春先から力を入れ更に磨きを掛けた「真の捻転」について。「あなたの捻転は、単なる回転かもしれない」。極単純な体幹の捻転を一番簡単に体感できる方法は、ラジオ体操で言うところの「腕を振って体を捻る運動!」ってやつだが、これを前傾姿勢でやるとどうだろう?殆どの人が「歪んだ捻転 [続きを読む]
  • 「バガボンド」台詞のおまけ
  • デスクトップがやたらと騒がしくなってきたので整理しようとしたら、こんなテキストが出てきた。伝えなければ・・・、と今更ながら「バガボンド」台詞集だ。最も腕力のある者が最速の剣を振るうわけではないぞ腕に力を込めるあまり足が地(つち)から浮いておるじゃないか地の力に気づかず己の腕に力を込めるほどに理は離れてゆく地とひとつになることを目指してゆけ「下半身で地球を回せ」というのはこういうことなんだけど、言葉 [続きを読む]
  • 心真ん中に据える
  • 心を右でも左でもなく、上でも下でもなく、つまり「真ん中」に据える。これを私は一生涯の課題のひとつにしているのだけれど、ホント難しいワ。もうこの歳だけにほとんどの外的要因には対応できるが、”特定の”となるとすぐブレてしまう。最近その”特定の”の強襲に合い、心中穏やかでない日が続いている。穏やかでないときの心は「我の塊」だ。だから気分が悪い。我が子を突然訳の分からん奴に殺された時の気持ちってこんなのか [続きを読む]
  • 自撮りは内観してこそ意味がある
  • デジカメでも簡単に動画が撮れるこの時代に、未だに自分がどんなスイングをしているのか知らないゴルファーがいることが不思議でならない。自分に興味がないのか?コーチに任せているのか?一体スイングは、誰のものなんだ?ただ、内観の理解がないと「形だけの理解や分析」になってしまうので意味がないことは過去にも書いている。だからといって、今どんなスイングをしているのか、自覚なく練習していることはもっと意味がないの [続きを読む]
  • プレーフィーと練習量の関係
  • 前記事を見返して、ふと思う。安いからゴルフ、なめられるんかな。レッスン受けてて練習がないって、どう考えてもゴルフなめてるやろ。別にええけど。というのも、今では高くとも休日5万なんてゴルフ場、日本全国にそうはない。しかしバブル時代は”腐った”コースでも、交通利便だけで休日5万円は取れていたのだ。(あくまで平均額で、特に三田市・三木市近辺はエグイくらい高かった)ステイタス(当時はヤンエグ)も手伝ってか [続きを読む]
  • レッスンは「思い出」作り?
  • 「今週は何球打ったん?」。「いあ・・・、仕事忙しかったんで打ててないです」。「そっか・・・、じゃあ今日は練習しよか」。「はい!」。「ゴルフ真田塾 第二章」より、ある塾生とはこんな会話をするようになった。以前なら瞬間湯沸かし器と化していたのだが。確かに私はアマの上達の遠回りを、できるだけ近回りにするつもりでレッスンしているのだが、打球せずして何かが身に付くはずもない。与えた宿題もできていない。お受験 [続きを読む]
  • テークバックはクラブの重みを消すように
  • 今日のレッスンは、今までになくやりにくかったなぁ。というのもメイン会場にしている神戸三田OGMは、レッスンできる打席が限られているので、超希に真横に別のコーチがレッスンする場合もあるからだ。数年来の塾生ならいざ知らず、今日の塾生は入塾間もないから「内観スイング」の座学も入れながらになるので、真横だからね・・・、聞かせたくない「考え方」まで聞こえたりする。その1つが「テークバックはクラブの重みを感じな [続きを読む]
  • テークバックはクラブの重みを消すように
  • 今日のレッスンは、今までになくやりにくかったなぁ。というのもメイン会場にしている神戸三田OGMは、レッスンできる打席が限られているので、超希に真横に別のコーチがレッスンする場合がある。数年来の塾生ならいざ知らず、今日の塾生は入塾間もないから「内観スイング」の座学も入れながらになるので、真横だからね・・・、聞かせたくない「考え方」まで聞こえたりするからだ。その1つが「テークバックはクラブの重みを感じな [続きを読む]
  • 上達したいのなら、一生ゴルフやめてみろ
  • 「もう、何が何だかよう分からん!!!」「ゴルファー」あるあるだ。その遠い昔、私にもそんな時が当然あった。そうなったときの対処の仕方が今日の記事。っていうか、その前に「何でそうなったのか?」を考えるのが先決なのだが、そうなった以上他からの言葉や教えや何もかもが頭に入らなくなるのがゴルファーの特性だから、そうなる理由を書くのは今日はあえて控えおてく。今日の記事、ジョークではないことを最初に断っておく。 [続きを読む]
  • グリップ時の肘の向きは? 2
  • 前記事の続き。エネルギーを内(中心)から外(末端)へ通す。このことが「身体の在り方がグリップを決める」という根拠だ。そう捉えると、今のあなたのグリップは”あなたの身体が自然に決めている”のだから、外から握る形だけ教わったところでしっくり来ないのは当然だ。ただ、スイングの再現性と腕を力ませないために、肘の向きだけは絶対に決める必要がある。クラブは握るものではなく、「持つもの」だ。そこで”本当に重いも [続きを読む]