tytsks さん プロフィール

  •  
tytsksさん: ギムノ フォト プロムナード
ハンドル名tytsks さん
ブログタイトルギムノ フォト プロムナード
ブログURLhttp://tytsks.blog39.fc2.com/
サイト紹介文ギムノカリキウム属各種の写真とメモ。産地情報のある原種ギムノを主に、ギムノ全般を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/02/13 18:29

tytsks さんのブログ記事

  • Gymnocalicium borthii v. viridis ( ボルシー (変種) ビリディス )
  • G. borthii v. viridis [AGG] (= G. gibbosum ssp. borthii [G. Charles]) G. borthii ( ボルシー)の基本種が茶色系の肌で、花も花喉部が茶色から黄色味のある色の白花ですが、この v. viridis ( ビリディス)は 、胴体が緑色で花も花喉部が濃い緑色の白花です。変種名の(viridis)は(緑色の)の意です。昨年花がつかず、実生4年目でやっと開花しました。3,4枚目の写真はボルシーの基本種で、比較のために示しています。G. [続きを読む]
  • Gymnocalycium horridispinum ( ホリディスピナム )
  • G. horridispinum (= G. monvillei ssp. horridispinum [AGG]) (= G. horridispinum ssp. horridispinum [G. Charles]) 写真はG. horridispinum ( ホリディスピナム )の今春の開花です。この種は、ギムノの中で指折りの美花種で、毎春花が楽しみです。ピンク色の大きな花で、個体により濃淡があり、花弁に濃ピンクの中筋が入りことが多いようです。種名は(恐ろしい刺)の意で、長い多数の直刺を突き出します。刺が大して太くない [続きを読む]
  • Gymnocalycium catamarcense ( 碧巌玉、カタマルケンセ) )
  • G. catamarcense 〔AGG〕(= G. pugyonacanthum 〔G. Charles〕)G. catamarcense(カタマルケンセ)は、 以前は G. hybopleurum とされ、 碧巌玉の和名で古くから栽培されてきたギムノです。G. hybopleurum の学名の原記載にパラグアイ産と書かれているため、新たに カタマルカ産の種としてG. catamarcense(カタマルケンセ)が記載されたものです。この種はパラグアイには産せず、アルゼンチンのカタマルカ州に自生します。亜種に、 s [続きを読む]
  • Gymnocalycium mostii ssp. ferocior ( フェロシオール )
  • G. mostii ssp. ferocior [AGG] (= G. castellanosii ssp. ferocius [G. Charles]) (= G. ferocior ) (= G. ferox v. ferocior) (= G. fero
    x) (= G. .hybopleurum v. ferocior) 写真は原種のフェロシオールで、強い新刺が出てきたところです。こ
    の種はギムノの指折りの人気種で,白い強刺のいろんなタイプが栽培されています。、 応天門の和
    名が用いられることもあります。 国内のギムノの人気種は、長年の実生の繰り返しの中から [続きを読む]
  • Gymnocalycim neuhuberi (ネウフベリ)
  • G. neuhuberi [AGG, G.Charles] G. neuhuberi (ネウフベリ)の今春の花の写真を集めました。ネウフベリは黄色の刺にピンクの花のイメージですが、刺の色は黄色の他に、淡色、グレーがあります。花の色はごく淡いピンクから濃いピンクまで変化があります。同じFN(フィールドNo.)でも刺色、花色に幅があるようです。この種は、九紋竜の系統の小型ギムノで、G. reductum (リダクタム)に近い種です。 産地も G. reductum (リダクタム) [続きを読む]
  • Gymnocalycium berchtii ( ベルクティー )
  • G. berchtii [AGG][G. Charles]写真は新刺が出始めて、つぼみをつけた、G. berchtii ( ベルクティー )です。本種は径60mmまでの小型種です。単幹で仔吹きしません。灰色の肌に黒い刺をつけます。灰色の肌は、青味の強いもの、紫がかったもの、緑色に近いものなど、変化があります。同じFN(フィールド No,)の中でもかなりの変化が見られます。また、白い粉(ブルーム、果粉)を吹くことが多く、その量の多少にも変化もあります [続きを読む]
  • Gymnocalycium carminanthum v. montanum ( カルミナンサム(変種)モンタナム )
  • G. carminanthum v. montanum(= G. oenanthemum ssp. carminanthum v. montanum [AGG] )(= G. oenanthemum [G. Charles] ) (= G. tillianum ssp. montanum ) 写真は小型の赤花を群開する、G. carminanthum ( カルミナンサム)の変種(モンタナム)です。オレンジ色の新刺が出てきました。この苗は、2014年の実生ですが、実生のごく小さい時から4頭立で今は8 頭になっています。同じ時の実生の兄弟苗(すべて単頭)に比べて、数 [続きを読む]
  • Gymnocalycium gibbosum ssp. ferox ( 九紋竜 (亜種) フェロックス )
  • G. gibbosum ssp. ferox 〔AGG〕( = G. gibbosum ssp. gibbosum 〔G. Charles〕)黒っぽい肌色に灰色の刺で、普段は地味な風貌の多い九紋竜系ですが、明るい色の新刺が次々と出る今が見ごろです。二番目の写真は一番目と同じFN (フィールド No.)JPR 54-121 ですが、白刺選抜品です。三番目の WP 143-212 も白い新刺ですが、これは古くなると灰色になるようです。Chubut (チュブト)州の産で、ギムノの中では一番南の産地で、寒さ [続きを読む]
  • Gymnocalycium schatzlianum ( シャツリアナム )
  • G. schatzlianum (= G. reductum ssp. schatzlianum [AGG]) (= G. reductum ssp. leeanum [G. Charles]) (= G. reductum ssp. leeanum v. s
    chatzlianum [W. Papsch]) G. schatzlianum ( シャツリアナム ) WR 541 の開花です。大きな白花が群開します。
    今年は7個が同時に咲いています。本種は九紋竜の系統で、AGGのギムノ分類では、G. reductum(リ
    ダクタム)の亜種とされています。アルゼンチン南部の大西洋側、Buenos Aires(ブエ [続きを読む]
  • Gymnocalycium andreae ( 黄蛇丸 )
  • ギムノの黄花はこの黄蛇丸 と、ウルグアイエンセ系(稚竜丸、原子玉など)です。黄蛇丸はギムノの中では花が早く、羅星丸とともに早春に咲きます。この時期はほぼ花が終わってきた所です。Gymnocalycium andreae STO 220(黄蛇丸   STO 220)Gymnocalycium andreae v.longispinum (黄蛇丸(変種)ロンギスピナ?   (旧来品))Gymnocalycium andreae v. grandiflorum GN 99-1051-3728Sierra Chica, Cordoba, [続きを読む]
  • Gymnocalycium paraguayense aff. (daryuu-maru ) (蛇竜丸 )
  • 写真は10年くらい前に(おかめ蛇竜)として入手したものです。蛇竜丸には、いわゆるブランド物として、津田蛇竜、永岡蛇竜、三保谷角蛇竜、庵田蛇竜、アメリカ蛇竜、和歌山蛇竜などがあります。この(おかめ蛇竜)というのは、あまり見たことがなく、わずかに札幌カクタスクラブのHPに出ていたものが記憶に残っています。ただ、これとはずいぶん違います。蛇竜丸はG. denudatum (デヌーダタム)に比べて、こぶ隆起が大きく突出し、 [続きを読む]
  • Gymnocalycium gibbosum v. nigrum ( 九紋竜 (変種) 二グラム )
  • G. gibbosum v. nigrum (= G. gibbosum v. brachypetalum [AGG]) (= G. gibbosum [G. Charles]) 写真は旧来品の二グラムの小苗です。オレンジ色の新刺を出しています。二グラムは黒に近い色の肌に、黒い刺を付けます。地味な外観のギムノですが、強刺のタイプは古くから人気があります 。 この時期、鮮やかな色の新刺を次々と出すところは、なかなか魅力的です。この新刺の色もやがて黒っぽい色に変わってしまいます。Gymnocalyci [続きを読む]
  • Gymnocalycium angelae ( アンゲラエ )
  • G. angelae (= G. denudatum ssp. angelae [AGG]) (= G. angelae [G. charles]) AGG のギムノの分類では、この種はG. denudatum (デヌーダタム)の亜種となっていますが , G. Charles (チャールス)独立した種としています。G. Charles (チャールス)のぎむのの解説本〔Gymnocalycium habitate and culture〕 ではこの種が一番最初に出てきます。栽培困難種と書かれていますが、この個体は実生した最初から丈夫で、若い時は仔を吹 [続きを読む]
  • Gymnocalycium carolinense ssp. eltrebolense ( エルトレボレンセ )
  • G. carolinense ssp. elterbolense [ AGG ](= G. carolinense [G. Charles] )(= G. carolinense ssp. ludwigii v. eltrebolense )(= G. bru
    chii ssp. ludwigii v. eltrebolense )G. carolinense (カロリネンセ)の亜種とされる、 ssp. eltrebolense ( エルトレ
    ボレンセ )の開花です。径 2cm 程度で小型ですが、花をつけました。ピンクと黄色の入った微妙
    な色合いの白花です。G. carolinense (カロリネンセ) に近い種に、G. andreae [続きを読む]
  • Gymnocalycium bruchii ssp. cumbrecitense ( 羅星丸(亜種)クンブレシテンセ )
  • G. bruchii ssp. cumbrecitense [AGG] (= G. bruchii [G. Charles]) G. bruchii (羅星丸)の亜種とされる種です。2009年のAGG誌に、G. Neuhuber 氏により記述された一連の変種・亜種のひとつです。基準種の径2cm に比べて大型で径6cm になり、オリーブ色の表皮、胴体に沿う淡い茶色の長い刺、細長いアレオーレ、2〜3本の中刺などが特徴とされます。羅星丸系としては大きい目の白花です。めしべの柱頭裂片が非常に長いのが目立ちま [続きを読む]
  • Gymnocalycium mardelplatense ( マルデルプラテンセ )
  • G. mardelplatense(= G. reductum ssp. schatzlianum 〔AGG〕)(= G. schatzlianum)この名称で種子が販売されていますが、九紋竜系の G. schatzlianum (シャツリアナム)と同種と考えられています。種名はアルゼンチンの ブエノスアイレス州 でブエノスアイレスに次いで大きな都市、Mar del Plat (マルデルプラト)に由来します。この都市の近郊の山地ga sanntiです。花底が黄色の、大きな白花です。この株は特に長い白刺のタイプで [続きを読む]
  • Gymnocalycium bruchii ssp. susannae ( 羅星丸(亜種)スサナエ )
  • G. bruchii ssp. susannae [AGG] (= G. bruchii [G. Charlese]) 羅星丸の亜種で、白刺で白花のssp. susannae (スサナエ )の開花です。この亜種は、基準種に対して、より大きな胴体、 強く窪んだ頭頂部、より明るい緑色の表皮、 円形の刺座、種子形態などで異なるとされます。 アルゼンチン、 Cordoba (コルドバ)州のCopina(コピナ)近辺に産します。Gymnocalycium bruchii ssp. susannae   LB 1373   near Copina, C [続きを読む]
  • Gymnocalycium bruchii v. niveum ( 羅星丸(変種)ニベウム )
  • G. bruchii v. niveum 〔AGG〕(= G. bruchii 〔G. Charles〕)旧来品のニベウムの群生品の開花です。ピンクの小さな花がたくさんついてにぎやかです。ニベウムは羅星丸の変種で、古くからよく栽培されています。羅星丸の系統の中でも、基本種とともに小型の種です。白い細刺を密生した、径2cm までの小さな胴体で、群生します。Gymnocalycium bruchii v. niveum( 羅星丸(変種)ニベウム(旧来品) ) [続きを読む]
  • Gymnocalycium bruchii ssp. pawlovskyi ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ )
  • G. bruchii ssp. pawlovskyi [AGG] (= G. bruchii [G. Charles]) 写真はssp. pawlovskyi (パウロフスキイ )の開花です。花径 40mm で、基準種より大きな花です。この亜種は刺座が長い楕円形で、きれいに櫛状に並んだ縁刺が特徴です。羅星丸系は胴体が球形で、側芽をたくさん出してクッション状の大群生になることが多いのですが、この亜種は柱状に成長し、側芽が少ないとされています。径3?までで、羅星丸系の中でも小型です。 [続きを読む]
  • G. carolinense ssp. eltrebolense ( エルトレボレンセ )
  • G. carolinense ssp. elterbolense [ AGG ](= G. carolinense [G. Charles] )(= G. carolinense ssp. ludwigii v. eltrebolense )(= G. bru
    chii ssp. ludwigii v. eltrebolense )写真はssp. eltrebolense ( エルトレボレンセ )の開花です。白花です。G. car
    olinense (カロリネンセ)の亜種とされています。径2 ? 程度の小型の種です。G. carolinense (カロリネ
    ンセ) に近い種のG. andreae (黄蛇丸)、G. bruchii (羅星丸)はCordob [続きを読む]
  • Gymnocalycium uruguayense ( 原子玉 )
  • 写真はピンク花の原子玉の開花です。 原子玉、元刺玉、聖姿玉の和名のものは、 G. uruguayense (ウルグアイエンセ)です。 この種はウルグアイ産で、ほとんどが黄花ですが、 産地の一部の地域で白花、淡ピンク花が出ます。 もともとピンク花は少ないのですが、ピンク花のタイプを選んで交配し、ピンク花タイプが多く作られていました。Gymnocalycium uruguayense ( 原子玉  (旧来品) ) [続きを読む]
  • Gymnocalycium bruchii ( 羅星丸 )
  • 今年は羅星丸系の開花がおそく、今日は久々の快晴でやっと開花しました。写真は赤刺羅星の名前でよく普及している、赤茶色の新刺の羅星丸です。径3cmくらいまでで仔吹きし、クッション状の群生になります。羅星丸には多くの亜種、変種がありますが、基準種の G. bruchii ( 羅星丸 )は特に小型です。Gymnocalycium bruchii ( 羅星丸(赤刺羅星)  (旧来品)) [続きを読む]
  • Gymnocalycium anisitsii varieg.. ( 翠晃冠錦 )
  • 1,2枚目の写真の ( 翠晃冠 錦)ですが、1枚目は最近の写真で、冬期の2月後半頃から斑の赤色が強くなっています。2枚目は成長期の写真で、赤色が薄くなり黄色っぽくなります。3,4枚目の写真の ( 翠晃冠 錦)も同様ですが、3枚目は最近の写真で、冬期の2月後半頃から斑の赤色が強くなり、緑肌が赤味を帯びています。4枚目は成長期の写真で、斑色がオレンジ色です。Gymnocalycium anisitsii varieg. ( 翠晃冠錦       [続きを読む]
  • Gymnocalycium paraguayense aff. ( 竜卵 )
  • 写真は旧来品の竜卵の開花です。底紅の白花です。竜卵はモンビー玉の一つのタイプと考えています。雲竜、ピカ玉の名前で作られて来たものもありますが、これらも同様にモンビー玉と考えられます。モンビー玉やこれと同等とみられる各種の学名ですが、G. praguayense (パラグアイエンセ)そのものか、あるいはこれに近い種と考えています。 Gymnocalycium paraguayense aff.    (ryuuran)( 竜卵(モンビー玉)       (旧 [続きを読む]