tytsks さん プロフィール

  •  
tytsksさん: ギムノ フォト プロムナード
ハンドル名tytsks さん
ブログタイトルギムノ フォト プロムナード
ブログURLhttp://tytsks.blog39.fc2.com/
サイト紹介文ギムノカリキウム属各種の写真とメモ。産地情報のある原種ギムノを主に、ギムノ全般を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/02/13 18:29

tytsks さんのブログ記事

  • Gymnocalycium andreae v. longispinum ( 黄蛇丸 (変種) ロンギスピナム )
  • G. andreae v. longispinum [AGG] (= G. andreae [G. Charles] ) 黄蛇丸( (変種)の ロンギスピナムですが、黄色の新刺が出始めて、つぼみが上がってきました。G.andreae(黄蛇丸)の長刺変種で、仔吹きして群生します。 刺の長さ、直刺、曲刺など、いろんなタイプがあります。カキ仔や実生の小苗は大きくなるまで長い刺が出ない傾向があります。この株もたくさん仔が出ていますが、これらから長刺が出るのはだいぶ先のことになりそう [続きを読む]
  • Gymnocalycium striglianum ( ストリグリアナム )
  • Gymnocalycium striglianum ( ストリグリアナム )ストリグリアナム(旧来品) に新刺が出始め、蕾がつきました。この種としては、例年より早いように思います。この株は新刺が黒色で、刺色が時間経過により灰色化することなく、濃い黒色を保つタイプです。この種は九紋竜( G. gibbosum )に近縁の種です。ごく近い種に、G. borthii(ボルシー)、G. taninaense (タニンガエンセ ) があります。アルゼンチンのMendoza(メンドザ)州 [続きを読む]
  • Gymnocalycium nataliae ( ナタリアエ )
  • G. nataliae [AGG](= G. berchtii [G. Charles]やっと新刺の出始めた、G. nataliae STO 526 です。この G. nataliae(ナタリアエ)は、アルゼンチン、San Luis (サンルイス)州の,岩石の散在する草原に産する 一連の仔吹きしない小型種のひとつです。近い種に、 G. berchtii(ベルクティー)、 G. morroense (モロエンセ)、 G. poeschlii(ポエシュリー)があります。 G. Charles(チャールス)の本で はG. berchtii(ベルクティー) [続きを読む]
  • Gymnocalycium vatteri (バッテリー)
  • G. vatteri (= G. ochoterenae ssp. vatteri [AGG]) (= G. ochoterenae [G. Charles]) 写真は原種のバッテリーで、 LF 96 です。明るい青緑色の肌で、羅紗地のような、落ち着いた色合いが魅力的です。バッテリー はギムノの人気種のひとつで、 広く栽培されており、強刺、曲刺、長刺、一本刺、無刺など、 様々なタイプが選抜育成されています。 この種はG. ochoterenae (武勲丸)に近い種です。AGG 分類ではG. ochoterenae (武勲 [続きを読む]
  • Gymnocalycium kieslingii f. castaneum ( キースリンギー(品種)カスタネウム )
  • G. kieslingii f. castaneum [AGG] (= G. kieslingii [G. Charles]) 写真の f. castaneum(カスタネウム) VS 50 は、 この時期紫褐色の肌ですが、春夏の成長期は青緑色になります。成長期もほぼ紫褐色を維持しするものもあります。 品種名の(カスタネウム)も栗のような肌色から来ています。 G. kieslingii は、Catamarca(カタマルカ)州の Sierra Ambato(アンバト山脈)の南端から、 La Rioja(ラリオハ)州のSierra Velasco(ベラス [続きを読む]
  • Gymnocalycium paraguayense ( パラグアイエンセ )
  • G. paraguayense [AGG],[G. Charles] この種は一般に濃い緑肌ですが、最初の写真の LB 106 は黄緑肌で目立ちます。冬期で特に黄色味が強くなっています。二番目の写真の LB 106 にはピンクのつぼみが見えます。国内で古くからつくられてきたモンビー玉は、 この G. paraguayense (パラグアイエンセ)に ほぼ該当すると考えられます。 G. fleischerianum (蛇紋玉)はこの種に近く、 G. Charles (チャ―ルス)氏の本では、 G. paraguay [続きを読む]
  • Gymnocalycium bruchii v. niveum ( 羅星丸(変種)ニベウム )
  • G. bruchii v. niveum 〔AGG〕(= G. bruchii 〔G. Charles〕)早春咲きのニベウムのつぼみがだいぶ大きくなってきました。ニベウムは羅星丸の変種で、古くからよく栽培されています。羅星丸の系統の中でも、基本種とともに小型の種です。白い細刺を密生した、径2cm までの小さな胴体で、群生します。早春に多数のピンク花をつけます。変種名の niveum は(雪のように白い)を意味します。Gymnocalycium bruchii v. niveum   BKS 0 [続きを読む]
  • Gymnocalycium rotundicarpum ( ロツンディカルプム )
  • G. rotundicarpum (= G. megatae [AGG]) (= G. marsoneri ssp. megatae[G.Charles]) 写真はピルツ種子実生のロツンディカルプムです。成長期は緑肌ですが、冬期で黒っぽい色になっています。今年はなかなか緑色から変化せず、2月中旬になってやっと黒っぽくなってきました。3枚目は 2014 年の冬期、4枚目は 2013 年の冬期の写真ですが、年によって肌色が変わります。冬期の置き場所はほぼ同じで、あまり環境は変わらないと思って [続きを読む]
  • Gymnocalycium paraguayense ( パラグアイエンセ )
  • G. paraguayense [AGG],[G. Charles] パラグアイエンセにピンク色のつぼみがつきました。開花は4月中頃になります。国内で古くからつくられてきたモンビー玉は、 この G. paraguayense (パラグアイエンセ)に ほぼ該当すると考えられます。 G. fleischerianum (蛇紋玉)はこの種に近く、 G. Charles (チャ―ルス)氏の本では、 G. paraguayense (パラグアイエンセ)と同種 としています。 このパラグアイエンセはピルツ種子の実生で [続きを読む]
  • Gymnocalycium damsii v. tucavocene ( ツカボセンセ )
  • G. damsii v. tucavocense (= G. anisistii ssp. holdii v. tucavocense [AGG]) (= G. anisitsii ssp. damsii [G. Charles]) (= G. damsii
    ssp. evae v. tucavocense [J. Piltz]) v. tucavocene ( ツカボセンセ )は、以前から種子リストなどでは G. damsii
    (麗蛇丸)の変種とされていますが、 AGGはこれを anisitsii (翠晃冠) のグループに入れています。
    一方、G. Charles (チャールス) は これをG. damsii (麗蛇丸)系としていま [続きを読む]
  • Gymnocalycium stellatum varieg. (新鳳頭錦)
  • 新鳳頭は G. asterium の名称で輸入されたものですが、それまで G. asterium の学名を当てられていた 鳳頭 とは少し違うため、新鳳頭としたという記録が残っています。。今では G. asterium の学名は使われていません。鳳頭、新鳳頭は、変化の多い種である 、G. stellatum [AGG] (= G. quehlianum [G. Chales])の一タイプと考えています。 この種は明るい青緑肌のものから、黒紫がかった肌色のものまであり、オレンジ色の斑が出て [続きを読む]
  • Gymnocalycium bayrianum ( バイリアナム )
  • G. bayrianum ( バイリアナム )は、冬期に紫色を帯びるものが時々見られます。写真のバイリアナムは冬になって紫がかっています。紫色を帯びる程度は年によって変わります。その年の気温の変化に因るのでしょうが、成長して大きくなることによっても変わるようです。2番目の写真は2年前の成長期の肌色です。3番目の写真は、同じ株の3年前の冬期の姿です。この時はきれいな紫色になりました。その後こういう色になってくれませ [続きを読む]
  • Gymnocalycium bruchii ssp. susannae ( 羅星丸(亜種)スサナエ )
  • G. bruchii ssp. susannae [AGG] (= G. bruchii [G. Charlese]) 羅星丸の亜種で、白刺で白花のssp. susannae (スサナエ )です。この亜種は、基準種に対して、より大きな胴体、 強く窪んだ頭頂部、より明るい緑色の表皮、 円形の刺座、種子形態などで異なるとされます。 アルゼンチン、 Cordoba (コルドバ)州のCopina(コピナ)近辺に産します。4月初旬の開花のはずですが、まだつぼみは見えません。Gymnocalycium bruchii ssp [続きを読む]
  • Gymnocalycium stellatum v. kleinianum varieg. ( 瑞昌玉錦 )
  • G. stellatum v. kleinianum [AGG] (= G. quehlianum [G. Charles]) 写真は短い曲刺が特徴の瑞昌玉の黄斑です。 成長期は黄色の斑ですが、冬期はオレンジ色を帯びてきます。角鉢にたくさん植わった実生苗の中から余り斑の多くないものを選んだのですが、成長とともに斑の部分が増えて、派手すぎるくらいになっています。瑞昌玉は古くから作られてきた種ですが、G. stellatum v. kleinianum (クレイニアナム)か、これに近い種と考 [続きを読む]
  • Gymnocalycium piltziorum ( ピルツィオラム )
  • G. piltziorum (= G. bodenbenderianum ssp. piltziorum [ AGG ]) (= G. riojense ssp. piltziorum) [ AGG(2008)]) (= G. bodenbenderianum [ G. Charles ]) 写真はキリンウチワ接ぎの ピルツィオラム です。まだ 2cm 径ですが、G. piltziorum VoS 126 の3本育っているうちの一本です。この一本だけ濃い肌色で白刺が出ており、期待してるものです。強い刺が出てくるでしょうか。VoS は Volker Schaedlch (シェードリヒ)氏のFN(フ [続きを読む]
  • Gymnocalycium damsii v. centrispinum ( 麗蛇丸(変種)セントリスピナム )
  • G. damsii v. centrispinum (= G. damsii ssp. evae v. centrispinum [AGG]) (= G. anisitsii ssp. damsii [G. Charles]) 写真は G. damsii v. centrispinum ( 麗蛇丸(変種)セントリスピナム )です。冬期緑色の肌が強く黄色味を帯び、光沢が増します。ピンク色の小さなつぼみが見えますが、これの開花は4月中ごろかと思います。亜種のエバエ(ssp. evae )の変種になっていますが、エバエが大型で、ピンク花であるのに対して、 [続きを読む]
  • Gymnocalycium bruchii ssp. lafaldense ( 羅星丸(亜種)ラファルデンセ )
  • Gymnocalycium bruchii ssp. lafaldense ( 羅星丸(亜種)ラファルデンセ )G. bruchii ssp. lafaldense [AGG] (= G. bruchii [G. Charles]) (= G. lafaldense ) 羅星系の開花はギムノで一番早く4月初めですが、2月中旬ではまだつぼみは見えません。。 この種は、AGG 分類では G. bruchii(羅星丸) の亜種とされています。 基準種が径が2cm までであるのに対して、 この種はもう少し大型で径3.5cm までとされます。 同様に良く仔 [続きを読む]
  • Gymnocalycium spegazzinii v. punillense ( 天平丸 (変種) プニレンセ )
  • Gymnocalycium spegazzinii v. punillense ( 天平丸 (変種) プニレンセ )G. spegazzinii v. punillense [AGG] (= G. spegazzinii [G. Charles] ) 稜が狭く、稜数が多いこと、 大抵短い刺が胴体に密着する、 花がパステル調のピンク色、 などが特徴とされています。 二番目の写真の VS 80 は刺が長いですが、こういうタイプもあるようです。Salta(サルタ)州の La Punilla (ラ・プニラ)で、 最初に発見された種で、 アルゼンチ [続きを読む]
  • Gymnocalycium friedrichii v. albiflorum (白花牡丹玉)
  • G. friedrichii v. albiflorum  (= G. stenopleurum [AGG]) (= G. stenopleurum [G. Charles]) 写真は ピルツ種子実生の、G. friedrichii v. albiflorum(白花牡丹玉) HU 314 の中で、最も綿毛の多いタイプです。頭から水をやらないようにしており、昨年は綿毛がきれいにつきました。接木で育てたせいか、柱状になり、下の方が身割れして見苦しくなっています。これから胴切りして乾燥させ、春には発根させる予定です。この種はG. [続きを読む]
  • Gymnocalycium stellatum v. flavispinum ( ステラツム(変種)フラビスピナム )
  • G. stellatum v. flavispinum [AGG] (= G. quehlianum [G. Charles]) (= G. quehlianum v. flavispinum ) (= G. quehlianum v. albispinum ) 変種名の flavispinum は黄色の刺を意味しますが、灰白色の刺が多く、黄刺はあまり多くありません。写真のKoehres(ケーレス)種子の実生も灰白刺です。なお、和名で竜頭とされる種が、G. stellatum (= G. quehlianum )の一タイプですので、黄刺竜頭とすべきかも知れません。Gymnoc [続きを読む]
  • Gymnocalycium zegarrae ( ゼガラエ )
  • G. zegarrae [AGG] (= G. pflanzii ssp. zegarae [G. Charles]) G. pflanzii(天賜玉)のグループは、大きく分けて、 G. pflanzii(天賜玉)系とG. zegarrae(ゼガラエ)系 になります。 天賜玉は、仔吹きし易く、黄緑肌で、成長点付近に刺が多い、 ゼガラエは、単幹で、青緑肌で、成長点付近に刺が少ない、 と云った外観上の違いがあります。 天賜玉は、果実が横に裂開し、果肉が赤く、流出しない、 ゼガラエは、果実が縦に裂開し、白 [続きを読む]
  • Gymnocalycium striglianum ( ストリグリアナム )
  • Gymnocalycium striglianum ( ストリグリアナム )この種は九紋竜( G. gibbosum )に近縁の種です。G. borthii(ボルシー)、G. taninaense(タニンガエンセ)に近い種です。アルゼンチンのMendoza(メンドザ)州からSan Luis(サンルイス)州にかけた 地域に産します。 黒っぽい肌色で、黒刺タイプと白っぽい刺のタイプがあります。新刺が黒刺のタイプの中にも、古くなると刺色が灰色になるものと、長く黒色を保つものがあります。刺の [続きを読む]
  • Gymnocalycium monvillei var. coloratum ( モンビレイ( 変種 )コロラタム )
  • G. monvillei v. coloratum 〔AGG〕(= G. monvillei 〔G. Charles〕)この冬の時期も新刺を出しているものが多い、G. monvillei (モンビレイ)の系統の中で、var. coloratum ( コロラタム ) を取り上げて見ました。根元の赤い、濃い黄色の刺が胴体に沿って伸びています。この種の説明を見ると、花に特徴があり、著しい香りと、子房部がピンク色になる花が基準種と異なるとされています。昨年花が咲きましたが、これらが確認できてお [続きを読む]
  • Gymnocalycium friedrichii ( 牡丹玉 )
  • 写真は竜神木接ぎで入手した、特に肌色のきれいな牡丹玉です。緋牡丹錦の実生のときの副産物であろうと思います。以前にも(紫式部)の名称で入手した、濃い紫肌の牡丹玉を育てていましたが、接ぎ下ろすとうまくいかず、今はありません。牡丹玉も肌色に変化があり、選抜して行けば楽しめると思います。Gymnocalycium friedrichii ( 牡丹玉   (旧来品) ) [続きを読む]