masquerade さん プロフィール

  •  
masqueradeさん: 独白ースピリチュアルへの覚醒ー
ハンドル名masquerade さん
ブログタイトル独白ースピリチュアルへの覚醒ー
ブログURLhttp://masuqerade.blog.fc2.com/
サイト紹介文スピリチュアル世界に目覚めた経緯と精神世界について感じること、知覚したことを綴ります。
自由文ツインソウルであるガイドとの出会いやスピリチュアル世界を知ることによって、大きく人生観や物の見方が変わりました。
人知では計り知れない事象が解明できたり、謎が解けたりりする驚きを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/02/13 22:17

masquerade さんのブログ記事

  • 守護霊とガイド
  • 守護霊やガイドは必ずどの人にもついている。分類や解釈は微妙に違うが、どの霊能関係、スピリチュアル関係でも流派は問わずそれは一致した見解だ。守護霊、あるいはガーディアンエンジェルとも呼ばれるが、これは一体で生涯変わらないというのが大方の見方だ。またハイヤーセルフガイドと考える人達もハイヤーセルフと切り離して考える人達もいる。とにかく主たる守護霊は一人で、これは一生寄り添って守ってくれる存在だ。よく霊 [続きを読む]
  • 政権の亡霊
  • 政治の混迷について昨日は総理夫妻の事をスピ的視点から書いてみたが、実はこの森友事件についてはもっと大きなスピリチュアル的背景があると私は思っている。安倍総理の悲願は憲法改正だ。彼は祖父の岸信介を超える偉業として改憲し歴史に名を残したい。また尊敬する祖父が戦犯になった第二次世界大戦を、侵略戦争ではないと歴史修正して祖父の汚名をそそぎたい。戦前の日本に先祖返りしたい勢力が日本会議だが、彼等は主権在民、 [続きを読む]
  • 亡国のオカルト夫妻
  • 連日森友事件で世間が騒がしい。今週は国会中継を見たりこの疑獄事件をウオッチングしてきたが、私的解釈はこうだ。あるバリバリの保守思想の持ち主が愛国的小学校を作りたくて政治運動をしたところ、日本会議というパイプで国会議員からついには総理大臣夫妻まで辿り着き、それに目を付けた右翼勢力が戦前復古の学校としてモデルケースになると便宜を図った。そこに官僚の出世や関係業者の利権が絡み事件を複雑にしている。しかし [続きを読む]
  • 憑依・4
  • スピリチュアル能力は第六感という言葉があるように誰でも持っているが、霊能者やライトワーカーはもともとそれが他の人より開いている人達だ。幼少の頃からあると人並み以上の苦労をするし、他と違うことでいじめに遭ったり色々な霊の干渉を受けて熱を出したり虚弱だったり辛いことが多い。宇宙由来の魂はインディゴやクリスタルチルドレンなど、そういう能力を持っているのに加え人間の経験の少ない魂も多いから、社会に馴染めず [続きを読む]
  • 憑依・3
  • 憑依について一般的な内容を書いてきたが、今回はいわゆるスピリチュアリストの憑依について書いてみたい。前置きしておくが、スピリチュアルの世界は様々な見方があり、目に見えるものと違ってどれが真実でどれが嘘かは誰も証明できない。神がいるか、幽霊がいるか、信じるか信じないかと同じレベルで、言った者勝ちの部分さえある。あとは見る人間、解釈する人間によって全く違ったものになっていることもしばしばだ。A霊能者に [続きを読む]
  • 憑依・2
  • エクソシストという言葉は大抵の人は知っているし映画で見たことのある人もいるだろう。キリスト教の悪魔払いの事だが、憑依の最たるものは悪魔が憑くということになる。悪魔と言っても国や宗教によって様々な種類がある。日本でも悪魔が憑いたから追い出すために霊能者が儀式を行い、殺してしまったという事件が複数ある。このやり方は各国共通の部分があって、取り憑かれた者の肉体を痛めつけると悪魔も苦しくなって出ていくとい [続きを読む]
  • 憑依 ・1
  • 昨日の記事で神がかりについて書いたが、これは神の名を借りた悪霊系の憑依の事が多い。少し憑依について、幾つかに分けて書いてみたいと思う。今でこそあまり聞かれなくなったが、一昔前までは狐憑きなど動物が憑く霊現象はよくあったようだ。狐、犬、蛇など代表的なものはいくつかあるが、これらはいずれも神の眷属にもなっている動物でそれが闇落ちしたものが多いようだ。カルトの教祖でも憑いている人がいるし、有名スピブロガ [続きを読む]
  • 神がかる
  • 「神っている」という言葉が一時流行ったが、これは神がかり的なという意味だろう。何か不思議な力が働いたとしか思えないような人はいるし出来事もある。スピリチュアル的に考えれば文字通り神や高次の存在が乗り移ったりその力が働いたりするが、あるいは逆の危ない悪霊系のものが憑いても同じような現象は起こる。それほど大がかりではなくても一時的に指導霊や背後霊が付いたりすると、突然思わぬ展開になったりあれよあれよと [続きを読む]
  • 政権は倒れるか
  • 昨日政界の疑獄事件で風雲急を告げる動きがあった。国民の大半は誰が黒幕か予想はついていても、火中の栗を拾う勇気のない日本国民の軟弱さに一石を投じる会見があったのだ。昨日はたまたまリアルタイムで一日中動きを見ていたが、どうやら潮目は変わったようだ。泥舟から次々逃げ出す者や未だ事態がつかめず狂乱して船首にしがみつく者、仲間の振りをしながら逃げる準備をしている者など透けて見える。金と権力で結びついた者はす [続きを読む]
  • 政治とスピリチュアル
  • 今年は隠されていたものが出てくる年、悪事が露見する年だと占星術で予言していたのを複数見たことがあるが、全くその通りになっているようだ。今政治を見ていると、これまで力で制圧してきた物が一挙に噴き出してきているように見える。安倍政権の目に余る強引で傲慢な政治手法はほつれ出し、もはやマスコミを中華料理店に集めて懐柔しても繕うことは難しくなってきた。今の総理はかつて一度総理になった時「お友達内閣」と呼ばれ [続きを読む]
  • 神社の不思議写真
  • 昨日は急遽三峯神社へ行って来た。身内がお礼参りに行きたいというので同行することにした。片道4時間の行程はきつかったが、天気にも恵まれ無事に参拝を終えられた。修験の山、霊山と言われている三峯山だが、マスコミで取り上げられ参拝客は多くなった。それには賛否両論あるが、少なくとも神様は沢山の人が来てくれて喜んでいるだろうし、色々な思いで来る人はいても皆れぞれの気持ちで来ているのだから、それはそれで少なくと [続きを読む]
  • ギフトの対価
  • 最近何人かに頼まれてパワーストーンブレスレットを作った。いずれもスピ系の人だが、感じる人は感じるらしく当の制作者よりエネルギーを感じるとか手が熱くなったと言われた。一応願いを聞いて石を選び祈念しながら作るが、作っていても私自身は何も感じない。パワーストーンブレスレットは、石自身の力と作った人間と付ける人間の波動が上手く繋がった時に最大限の力を発揮してくれる。だから中には合わなかったり付けられない人 [続きを読む]
  • ありのままでは危険
  • たまに読むスピ系のブログがあるが、一本筋が通っていて面白い。ブログ主もスピビジネスで生計を立てているにも拘わらず(だからこそか)、スピ業界の有象無象をばっさばっさと斬りまくっていて痛快だ。曰く、「子宮教」や「感謝教」などのネーミングも的を得ているし、返す刀でスピ依存も切り捨てていて舌鋒鋭い。同業者を批判し毒舌を自負しているから自分のやり方に矜持を持っている。最近は是非を付けないというスタンスにも噛み [続きを読む]
  • 若者とスピリチュアル
  • 最近若い占い師と知り合いになった。その彼の交流しているやはり30代ぐらいのスピリチュアリスト数人も間接的に知る事になったのだが、スピリチュアルと言っても各種各様で宇宙系、天使、アセンデッドマスター系、日本の八百万の神系、エネルギー系、ヒーリング系、自己啓発系などいくつか重なっていたりもする。一人、神様と話したり神様が付いていたりという巫女系の人が神降ろしのワークをやっているのを知ったが、ブログを読む [続きを読む]
  • 嘘をつく顔
  • 最近は政治にも興味がなくなっていたが、世間を揺るがしている森友学園国有地払い下げ疑惑についてはさすがに御用マスコミも取り上げ出して国民も疑惑の目を向けるようになった。端的に言うと安倍総理が口利きをして、自分を礼賛する愛国主義の学園に国有地をただ同然で払い下げたのではないかという疑惑だが、調べれば調べるほど点と線が繋がっていきさながら松本清張の社会派推理小説を読んでいるようだ。国会中継を何回か見たが [続きを読む]
  • タイムスリップ
  • 京都の三日目は北野天満宮へ行った。ネットで知り合った知人と会うことになっており、二人で北野天行宮へ行くことにしていたのだ。雨女二人だったが何とか雨も上がっていた。太宰府天満宮はもう何度も行っているが、鳥居をくぐって境内に入った途端太宰府とは全く異質の気を感じた。咲き乱れる梅とそれに囲まれた神殿が目に飛び込んできて、一瞬平安時代にタイムスリップしたような感覚がした。道真公が満開の梅を愛でているような [続きを読む]
  • 鞍馬・貴船 2
  • 鞍馬山の魔王殿から貴船に向かう下り坂は急な階段で、かなり足腰に応えたが何とか貴船に降り着いた。貴船は若い頃からずっと行きたいと思っていた場所で、思いがけずこんな形で訪れることになるとは感慨深いものがあった。人生は思っていたことはやがて現実になるようだ。貴船神社は参拝の順番があるそうでまずは本宮にお参りした。若い人達が多く貴船神社は縁結びの神社であることを思い出した。水神籤をやってみたが、小吉で焦ら [続きを読む]
  • 鞍馬・貴船 1
  • 今年の元旦の初夢で鞍馬山にハイキングに行く夢を見たので、京都へ行って来た。鞍馬山へ登り貴船神社へ降りていくコースを一日かけて辿った。夢の中で「鞍馬山へハイキングへ行こう」と男の人に言われたのだが、後で調べたら文字通りハイキングコースになっていて驚いた。残念ながら夢の中の男性は現れず一人で行って来たが、二泊三日の旅程で中日一日で鞍馬寺、貴船神社を回った。行った日は生憎寒く京都は雪がちらついていたが、 [続きを読む]
  • 信仰の危うさ
  • 最近売り出し中の若手タレントが宗教団体に出家するというのでニュースになっていた。宗教団体が芸能人や著名人を広告塔として起用する例は多い。芸能界、特にお笑い芸人は誰でも知っている某宗教団体が牛耳っているとまで言われている。政教分離のはずだが宗教団体が政党を作ったり選挙に出馬しているので今の日本では何でもありのようだ。そもそも新興宗教を作り教祖になる人間は、大抵人生のどこかで突然スピリチュアル的なもの [続きを読む]
  • 視点を変える
  • 物の見方というのは視点を変えると全く異なってくる。スピリチュアル的視点を持つと人生の意味まで違って見える。物は一面から見ずに多面的に見る必要があるが、現実世界に生きていると自分が欲しない限りは目にする情報を表面的に判断するしかできない。最近の日本は政権によるマスコミ操作で正確な情報はテレビ新聞では選別されたり歪められたりしている。先の安倍トランプ会談ではアメリカや海外の報道は安倍総理のごますり外交 [続きを読む]
  • チャネリングとリーディング
  • スピリチュアルセッションで、チャネリング、リーディングというのがある。ざっくり言うとチャネリングはその人に関係するスピリットと交信することで、リーディングはその人の情報を読み取るという感じか。定義は人それぞれで、チャネリングしてリーディングするというと分かりやすいかもしれない。アカシックや、ガイド、前世などとチャネリングしてクライアントの情報を教えてもらったり読むのが一般的だ。人によってアカシック [続きを読む]
  • スピリチュアル能力と対価
  • 2017/02/12(日) 16:33:05 スピリチュアルに興味のある人なら一度は占いやスピリチュアルセッションを受けたことがあるだろう。興味本位な時はなるべく安価でモニターなどを受けてみたり深く鑑定者やセラピストを吟味しないだろうが、相談内容が深刻になればなるほど自分に合ったセッションやセラピストを検討し料金設定も逆にあまり安いと信用出来ないと考えるかもしれない。これはセラピストの方も同じで安くしたら信用されないと [続きを読む]
  • 言葉は運命を決める
  • 久しぶりにマザーテレサの言葉をネットで見かけた。『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。』スピリチュアル的観点から考えてもこれは正鵠を得ている。考えや念は現実を引き寄せ、言葉はもっと強力だ [続きを読む]
  • 算命学
  • ひょんなことから算命学を昨日から調べている。初心者でも簡単に命式を出せるサイトがありその解説をこれまたいくつかのサイトで調べているのだが、かなり当たっていてびっくりだった。四柱推命と被る所が多々あるが、これは生年月日だけで出せるので手軽だ。まだ途中だが、幾つか当てはまる条件を総合してその人間の本質や人生航路などを判断しなければならず、それをどう咀嚼し解釈するかで鑑定者の技量が問われるようだ。これは [続きを読む]
  • 脳の断捨離
  • 最近のスピリチュアルセッションは多種多様で、雨後の筍のように色々なメソッドが出てきている。昔ながらの霊能お祓い系から、リーディング、チャネリング系、ヒーリング、ヒプノ系、アロマ、チューナーなどどこまで増えるのかと思うくらいだ。ここ二、三年「アクセスコンシャスネス」というセッションが流行っているようだが、これは頭や体の断捨離らしい。アクセスバーズは頭のハードディスクから不要なファイルを消去するという [続きを読む]