masquerade さん プロフィール

  •  
masqueradeさん: 独白ースピリチュアルへの覚醒ー
ハンドル名masquerade さん
ブログタイトル独白ースピリチュアルへの覚醒ー
ブログURLhttp://masuqerade.blog.fc2.com/
サイト紹介文スピリチュアル世界に目覚めた経緯と精神世界について感じること、知覚したことを綴ります。
自由文ツインソウルであるガイドとの出会いやスピリチュアル世界を知ることによって、大きく人生観や物の見方が変わりました。
人知では計り知れない事象が解明できたり、謎が解けたりりする驚きを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/02/13 22:17

masquerade さんのブログ記事

  • 波動の共鳴
  • 類は友を呼ぶという言葉があるが、これは現実の世界だけではなくスピリチュアルの世界でも同じことが言える。エネルギー、波動が共通していると引き寄せられるわけだ。不良グループがつるんで悪いことをするのも同じ波動が増幅してそれが連帯感になり、一人だと出来ないこともやってしまうようになる。自分の周りは鏡だが友人関係人間関係でもグループのようなものが出来ると、属する者は必ずそこに共通した波動を持っている。同調 [続きを読む]
  • オールドソウル
  • 宇宙由来の魂はインディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、スターシード、スターピープルなど様々呼び方はあるが、それぞれ年代や特徴によってカテゴライズされている。また出身星なども幾つかあって有名なのはシリウスやプレアデス、リラ、オリオンなどがあり、人間界でも群れを成していたり会社内でかつての宇宙戦争の続きをやっていたりする。笑前世でも敵同士で折り合いが悪い上に出身星でも戦争していたとなれば、見た瞬間 [続きを読む]
  • 死生観の転換
  • 神仏の存在を信じる人もいるだろうが、霊や魂、輪廻転生などは信じないという人が殆どだろう。あるいは心のどこかにちょっとだけ「あるかも?」と思っていても、大人で社会人をやっているととても恥ずかしくて「見えない世界はある」などとは言えないものだ。しかしそう公言しながらも、隠れて占いに行っていたりする。大人になっても馬鹿にしつつ怖い話は盛り上がるし手相を観ましょうかというと、そんなのは当たらないからと否定 [続きを読む]
  • カルトとしての安倍政権
  • 共謀罪が成立した。安倍政権の、規則を捻じ曲げる横紙破りもここに極まれりという展開だった。もうナチスに匹敵するファシズムだ。私がこの忌々しいドラマを見ていて一番不思議だったのは、自民党と公明、維新の議員が右倣えで安倍総理を守るために動いているということだ。これまでの国会を見ていても総理をかばい嘘を付き続ける人間達は、魂を抜かれたように、あるいはロボットのように同じ方向を向いてボタンを押せば同じ反応を [続きを読む]
  • 正義の行方
  • 最近の政治や社会の風潮を見ていると、当たり前だと思っていたことが通用しなくなっている空恐ろしさを感じる。正義や正しいことは、一部の人間、特に権力を持っている者にとっては基準が大幅にずれているようだ。国会を見ていてこの数か月、これほど国民を馬鹿にした政治、行政があるのかと憤慨を覚えずにはいられなかった。安倍総理がサイコパス的人間だというのは精神科医からも指摘されているから彼に常識は通用しないが、それ [続きを読む]
  • 闇の占い師
  • 最近はあまりなくなったがひと頃色々なスピリチュアル業界の人と知り合った。占い師、セラピスト、アカシックリーダー、陰陽師など様々だ。今でも関係が続いていて困った時には助けてくれる人もいるが、殆どは一度きりだったリ一時のものだったりした。多くの事を学ばせてもらったし必要なことを与えてくれた人もいたが、中には混乱させられたり人間の裏面を見せられるような人もいた。しかし後者とて後から考えたらその経験で私は [続きを読む]
  • 自分を許す
  • 人間には生きて行く過程で様々な失敗や過ちがある。その度、後悔したり反省したり自己嫌悪に陥る。そこまでは人して普通の事だが、それを乗り越えまた新たに歩み出す時に充分自分の中で消化、昇華という工程を踏まず無理矢理抑圧したり封印したり存在さえも消去してしまうと、後々違う形で噴出してくる場合がある。辛いことを忘れるのは自己防衛本能だが、その時の記憶、苦悩まで否定してしまうと、ずっと後になってからいわゆるト [続きを読む]
  • 人生の旅
  • 人生は選択の連続である。日常生活でも着る服から食べるものまで選択するし、行動や人生の大きな流れまで選択で成り立っている。大抵は無意識に選択しているが実際に選択肢を突きつけられ選ばなければならないこともある。スピ的には選択に迷ったら直感、ハートに聞く、あるいは二つの事柄を心の中で天秤にかけるイメージでなど、様々言われるが、そう簡単に行かないのが人間だ。迷いに迷って占いや見えない世界の声を聞いてもらう [続きを読む]
  • 前世を知る
  • 人には今の人生に影響が深い前世がいくつかある。魂が丸ごと転生するのか、一度大きなソウルグループのようなところへ帰り混ざり合った記憶の断片を持って来るのかそのあたりは諸説がある。前者の例は証明されていて、実際子供が過去生を事細かに喋って調べてみたら該当する人が確かにいたなど多数検証されている。また、後者の場合だがスピ系人間に多く、自分が著名なシャーマンや歴史上の有名人だったと言っている人がいる。世界 [続きを読む]
  • 引き寄せの法則
  • 引き寄せの法則というのを知っている人は多いだろう。様々解釈があるが、思ったことは引き寄せられるというようなことだ。良いことも悪いことも引き寄せの法則でやって来る。それは宇宙の仕組みだという人もいれば自分の念や思いが呼ぶという考え方もある。まあ、思った通りに何でもなればこの世はパラダイスだがそうは問屋が卸さない。ただ、生活の中や人生でも何となく願っていたことや逆に悪い予想も当たったことがあるという人 [続きを読む]
  • 前川喜平氏 『ノブレス・オブリージュ』
  • 風邪を引いたのもあるがここ数日ネットに釘付けでブログの記事をアップできなかった。久しぶりに霊格の高い人を見た。加計学園問題で会見した前川前事務次官だ。彼の出自を調べると大企業の御曹司で家柄、頭脳、経歴とあらゆるものを持っている。現役時代は権力に対抗し弱者を守り部下に慕われ「義務教育を守るなら首が飛んでもいい」というセリフを残している。引責辞任で役所を去る時も沢山の職員が泣いたそうだ。会見でも淡々と [続きを読む]
  • 邪気払い
  • 昨日珍しく風邪を引いて熱を出した。その前々日いつも行く神社へ行ったのだが、今年のまだ早いこの時期に黒揚羽蝶を見て驚いた。実は去年一年数え切れず黒揚羽蝶を見ていた。その神社では10月の蝶もいなくなった時期なのに、最後に羽がボロボロになって弱々しくそばに来た黒揚羽にいたく感激したが、今年も早くも姿を現してくれて嬉しかった。黒揚羽はスピリチュアルに覚醒してから見るようになったが、多分私のガイドか見えない世 [続きを読む]
  • 日本は何処へ行く
  • 昨日共謀罪が衆議院法務委員会で強行採決された。これはテロ対策と表向きは言っているし国民も騙されているが、実態は政府に刃向かう不穏分子の取り締まりである。沖縄の座り込みや国会前の反政府デモを片っ端から潰すための法的根拠に使われる。平たく言うと権力に逆らうと仲間まで一網打尽で、反原発運動や核処分場設置に反対する住民運動も罪に出来るというわけだ。このからくりを知っている国民は一体どれくらいいるのだろう? [続きを読む]
  • 念は宿る
  • パワーストーンブレスレットを作っていると、付けている人の状態によってブレスレットも表情を変えるのが分かる。ブレスを付けてくれた人と期間を置いて会ってみて、ストーンの変化を実感することはよくあった。大体半年以上のスパンだが、ひどく石が疲れて艶がなくなっている人もいれば作った時以上に輝いているブレスレットもある。大抵は持ち主の内面や印象と一致している。今までで最高に石が疲れていたのは、仕事関係で大変な [続きを読む]
  • 自己変革への痛み
  • 人間には自分でもどうしようもない思考様式や思い癖がある。何かが起こると考える方向性がいつも同じというのは思考回路が決まっているせいだし、同一人物や事象に対していつも同じように感じたり考えてしまうのもそうだ。例えば、人間関係の中でそういう人間だと分かっているのに過去と同じ事を繰り返され同様に憤慨するのは、お互いが成長がなく同じステージでぐるぐる回っているからだ。もっと始末が悪いのは、それでは駄目でど [続きを読む]
  • 色情因縁
  • 色情因縁という言葉を知っている人は多いと思う。平たく言うと色情のカルマを持っているという事だ。これは先祖代々の家系的な因縁や前世から持ち越しているもの、今生で何かのきっかけで憑けてしまった場合もあるが、三番目はもともとその素地を持っていたから引き寄せたと言える。霊的に言えば色情因縁には蛇が関係していることが多い。蛇霊というが、白蛇などは神の眷属とされる。しかしそれ以外は蛇霊すなわち邪霊と考えていい [続きを読む]
  • 家族神話の疑問
  • 最近は結婚せず生涯独身を通す人の割合が上がっている。男性の4人に1人は50代でも独身だという記事を最近も読んだ。離婚率も上がっているが、それでも結婚をして子供を持つというのは社会生活では自然な流れだろう。男女が種の保存のために生物の本能として子孫を作るのは、人間も動物である以上当たり前のことだ。家族というのは生物学的にも社会学的にも人類の最低限の一単位であることは間違いない。夫婦、親子をスピ的観点 [続きを読む]
  • 嘘の帳尻
  • 連休明けで国会審議が始まった。テレビでも中継していたので見ていたが、相変わらず我が国の総理の異常とも思える答弁を見てげんなりしてしまった。嘘を付いてもなんとも思わない人や、嘘自体が悪いことではないと思っている人が、社会に一定数いることは事実だろう。勿論必要な嘘もあるが、少なくとも政治家や官僚が国会で誰でも判る嘘を付き通しているのは保身のためでしかない。皆嘘を付く時は自分を守る為が多い、些細な嘘でも [続きを読む]
  • 一強独裁
  • ゴールデンウィークも後半だが、案の定北朝鮮からミサイルが飛んでくることもなく核実験も行なわれてはいない。アメリカも威勢はよかったがいつのまにかトランプ大統領は北の将軍と会うと言い出す始末で、北朝鮮が脅威だと煽っているのが安倍政権だけだと分かる。危機を煽り内政から国民の目を逸らし軍需産業を儲けさせ、改憲への布石にしたいという目論見が丸見えだ。とうとう安倍総理は憲法記念日に2020年という期限を切って改憲 [続きを読む]
  • 芸術の光と闇
  • 連休は、私が所属する美術団体のグループ展を横浜の某所でやっているのだが、スピ関係の友人二人が見に来てくれた。この二人は最近元々持っていた能力が開いたのだが、求めていたわけではなく自然に機会があって覚醒したようだ。私は130号の仮面の絵を一枚展示していて、写真で知っているそれを自分の目で見てみたいということでわざわざ来てくれた。数十点の絵が飾ってあるのだが、私の絵のコーナーに行った途端二人は空間の歪み [続きを読む]
  • 師弟関係の闇
  • 私は画家をやっているが、芸術の世界は師弟関係というものが付いて回る。伝統工芸などは文字通り弟子入りして師匠の技を伝授してもらうし、絵の世界はそれに比べれば緩いが師弟とは言わないまでも大学であれば教授と教え子、カルチャーや町の絵画教室でも先生と生徒など教え習うという上下関係が存在する。私は美術系の大学を出ているが先生と名のつくものは一人もおらず一匹狼でやってきたので、風当たりはきつく出る杭は打たれる [続きを読む]
  • 波動とネット世界
  • 先日驚くようなことがあった。スピ系の意識はネットを通じたり、ネット自体に作用するというのはつとに言われているが、もしかしたらこれがそうかと思う事があった。そもそも霊的エネルギーは電気系統に乗りやすい。悪霊は電化製品を壊したりするし、憑依されてもパソコンが挙動不審になったり電灯が点滅したりするのはよくある。パソコンやスマホはかなりダイレクトに波動を送りやすいし、意図してそういう効果を狙っているブログ [続きを読む]
  • 神社の祓い
  • 昨日は久しぶりに龍神の神社へ行って来た。最近どうも流れが滞っているようで、それは自分自身が作っているものだということもなんとなくわかっていた。指摘されたり自分でも顕在意識では自覚しているのだが、どうも潜在意識の部分でまだ判っていないようで今回も改めてそれを再認識させられた。人間は相反する部分を自己矛盾として持っている。人間関係でも極端になると気持ちも行動も遮断しているのに、潜在意識で繋げていてコー [続きを読む]
  • スピリチュアルの効用
  • スピリチュアル的な人は自分の感じているものや見えてものが、妄想なのかどうか判らなくなる。よく前世の事を事細かに書いているスピブログがあるが、そういう人は妄想かもしれないが自分は信じているという前提で、自分の前世がソロモンでも、プラトンでも見てきたように話す。まあ小説を読んでいると思えば事細かな描写もさもありなんだが、実は小説家やいわゆるクリエーターは同じように、もしかしたら自分の前世やパラレルワー [続きを読む]
  • 北朝鮮危機
  • 今日から北朝鮮危機が動くのではないかと言われている。ミサイルが飛んできたら地面に伏せろなどと、B29に竹槍で立ち向かう戦中の大本営と同レベルの安倍政権だが、当のご本人は27日からロシア、イギリス訪問、他の主要閣僚も海外脱出と、あまりの言行不一致ぶりに開いた口が塞がらない。北朝鮮危機はアメリカと日本の失策続きの政治から国民の目を他所へ向けるための演出で、武力衝突はないと分かっているからこんなちぐはぐな行 [続きを読む]