しまねこ さん プロフィール

  •  
しまねこさん: しまねこ電子工房製作日記
ハンドル名しまねこ さん
ブログタイトルしまねこ電子工房製作日記
ブログURLhttp://blog.e-shimaneko.com/
サイト紹介文ラジオの自作や電子工作キット組み立てなど、日々の電子工作の日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/02/14 19:23

しまねこ さんのブログ記事

  • VFD管表示DSPラジオRev.2の製作(その4)スピーカアンプの検討
  • AitendoのDSPラジオモジュールM6955を使ったラジオの製作、とりあえず音が出るところまでは確認できましたが現状の基板では音を出すために、DSPモジュールから出た復調信号を100円ショップで買ったアンプに入力しそのアンプの出力にこれまた100円ショップで買ったスピーカを繋いでいます。DSPモジュールにもアンプが内蔵されているようで「0.5W」なんてスペックが書いてあるのでモジュールにスピーカを直接繋ぐこともできそうな雰 [続きを読む]
  • VFD管表示DSPラジオRev.2の製作(その3)
  • AitendoのDSPラジオモジュールM6955を使ったラジオの製作、とりあえずDSPモジュールと制御用のPIC16F1938を実装して受信できるかどうかの確認をしてみました。制御用のソフトは、VFD管表示FMラジオ一号機のときに作ったものを流用しました。前回作ったときはDSPとマイコン間のI2C通信がなかなかうまくできずにだいぶ苦労しましたが今回はそのときの関数をそのまま使うことができたので通信するところまではすんなりできました。DSP [続きを読む]
  • VFD管表示DSPラジオRev.2の製作(その2)
  • 先週に引き続き、まずはDSPモジュールの動作確認ということでCPU-DSPモジュールまわりの実装を進めております。今日は今回の工作の主役であるDSPモジュールM6955を取り付けます。今回の主役です。M6955についてAitendoのHPでは2.54mmピッチ18Pスルーホール接続インターフェース、ピンヘッダを取り付ければブレードボードでもらくらく作成というように、2.54mmピッチでピンヘッダを使って簡単に実装できるらしい。今回製作したプリ [続きを読む]
  • VFD管表示DSPラジオRev.2の製作(その1)
  • ジャンク箱のなかをごそごそ漁っていたらこんなモジュールを発掘しました。そういえばこれ、すっごい昔にAitendoで買ったDSPラジオモジュールだったな〜と思いだしブログの過去記事を辿ってみると、ここで購入したことを紹介してました。形名はM6955、中波・短波・FMが受信できてかつ感度もなかいいらしい。記事の日付は2014.09.17なのでもう2年半以上も放置してたことになりますな・・・・。モジュールの袋についていた値札シール [続きを読む]
  • WiresharkでUSBデータをキャプチャする方法
  • PCと周辺機器を接続するインターフェイスといえばもう圧倒的にUSBがメジャーですがこのUSBのプロトコルをWiresharkでキャプチャすることができることを最近知ったので備忘録がてらに手順を紹介します。・前準備Wiresharkをインストールする。インストールの途中で「USBcapもインストールするか?」と聞いてくるのでチェックボックスにチェックを入れて合わせてインストールしておく。インストールディレクトリにはこんな感じでファ [続きを読む]
  • PICkit3のTarget Device ID不一致エラーの原因
  • このブログでの電子工作ではPICマイコンを頻繁に使っていてそのデバッガとしてPICkit3を使っています。先日、いつものようにPICkit3をターゲットボードに接続したところMPLABV8の画面に以下のようなメッセージが・・・・Target Device ID (00000000) does not match expected Device ID (000002390)これ、デバッガ側が認識しているDeviceIDとターゲットボード側に乗ってるPICマイコンのIDが合ってませんよという意味。あれー、この [続きを読む]
  • CWエレキーの製作その8(ケース内での配線)
  • 前回はケースの加工までしかできていなかったので今回は内部配線をしました。いつもならプリント基板をケースに組み込んだ状態で配線するのですがケース内スペースがちょ〜ギリギリなので一旦基板を取り出して配線材を付けてから組み込みました。なんとかうまく収まってくれたかな。と思ったら、基板上部についているデバッガ用のピンヘッダとそのすぐ右隣のDCコネクタの隙間がすんごいギリギリでデバッガのコネクタをピンヘッダに [続きを読む]
  • 文化放送川口送信所訪問(完結編)
  • 文化放送川口送信所訪問シリーズも今回で最終回。普段は入ることができない場所なのでいろいろ写真撮ってきました。順次紹介していきます。入口の門に掲げられたお祭りのポスター。その下には「高圧危険」の文字が(笑。普段はここから先は立ち入り禁止区域になっています。写真の★印の部分が入口の門です。ここから赤矢印の方向に進んでいきます。局舎への道沿いにはたくさんの桜が植えられていました。桜まつりと言いながら、ま [続きを読む]
  • 文化放送川口送信所訪問(その2)
  • 前回のつづきです。とりあえず出発地の鳩ヶ谷駅から送信所のアンテナが目視できたので粛々と現地に向かって進みます。車がびゅんびゅん行き交う幹線道路沿いをテクテクと歩いていきます。この日は春にしては肌寒く、小雨もぱらついている状況。傘を持つ手が冷たいです。前回TBS戸田送信所を訪問したときは春先にしては暑いくらいの陽気だったのに今回はこの天気。殺風景な道路沿いを歩いていると前回以上に気が滅入ってきます。途 [続きを読む]
  • 文化放送川口送信所訪問(その1)
  • 前回のTBSラジオの戸田送信所訪問に引き続き今回は文化放送の川口送信所を見に行ってきました。まずは送信所の場所の確認から。住所的には「埼玉県川口市赤井3丁目9番16号」となり、最寄駅は埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅。あれ? 鳩ヶ谷駅が最寄り駅なのに川口市なの? 鳩ヶ谷市ではないのか? と思ったのですが(関東周辺にお住まいの方以外にとっては、「なんのこっちゃ?」 な話だとは思いますが・・)調べてみると2011年に鳩ヶ谷市は [続きを読む]
  • CWエレキーの製作その7(ケースへ組込み)
  • CWキーヤーがそこそこ動作するようになったのでケースに組み込んでみました。たまたま手持ちにあったプラケースに試しに入れてみたところなんと横幅が基板サイズにぴったり!!別にこのケースに入れることを想定して基板設計したわけではなかったのでちょっとびっくりでした。電源用ジャック、パドル接続用ヘッドホンジャック、出力用ジャックも付けてみました。横からみるとこんな感じ。左が電源ジャック、右側の上がパドル接続用、 [続きを読む]
  • TBSラジオ戸田送信所訪問(完結編)
  • 前回の続きTBS戸田送信所に無事到着したので、今回はアンテナ設備を見て回ります。写真のようにアンテナは2つ。左側の赤白模様のやつが本送信用、右側の小さめのやつが予備用になります。(写真は すると大きくなります。)まずは本送信用のやつから見てみます。本送信用アンテナは地上高150m、空中線電力100kw。このアンテナから100kWの電磁波が放射されている、と考えたらなんだか目眩がwてっぺんにはキャパシティハット(容 [続きを読む]
  • TBSラジオ戸田送信所訪問(その3)
  • 前回のつづき。とりあえず、この水路沿いの道をまっすぐ辿っていけば送信所に着くはず・・というわけでひたすら歩きます。歩き続けること十数分・・・お?右側に見える赤白のしましま模様の建造物は・・・アンテナきたー!!!!!!やっと「すぐそこ」にアンテナが見えるところまで来ました!※写真は すると大きくなります。ほらほら、これがTBSラジオの送信アンテナですよ〜ここで電界強度のチェック。当然のようにフルスケール [続きを読む]
  • TBSラジオ戸田送信所訪問(その2)
  •  前回のつづき。送信所は思ったより遠いようですが、とりあえず気を持ち直して出発。駅前から一つ通りを出た幹線道路に沿って歩きます。 この通りは「オリンピック通り」という名前みたいです。先ほどの駅建物の2階部分からはアンテナを目視できましたが一旦道路に出てしまうと、まわりの建物に阻まれて見ることができません。ちょうどこの日は春先にしては暑いくらいの日で車がばんばん行き交う道路沿いを歩いていると、じんわ [続きを読む]
  • TBSラジオ戸田送信所訪問(その1)
  • ちょっと前の記事で中波放送局の送信所の場所を地図上にプロットして遊んでみましたがまとめているうちに実物を見たいという気分になり、とりあえず近場のTBSラジオの戸田送信所を見に行ってきました。ただ単に現場で撮ってきた写真を貼るだけでは芸がないので、道すがらの写真を撮ったりとか、途中で電界強度を確認してみたりとかしてきたのでそのあたりも合わせて紹介します。※写真は すると大きくなります。まずは目的 [続きを読む]
  • CWエレキーの製作その6(動作確認)
  • 前回、部品実装が完了してマイコンのコーディングに入っていたCWエレキ―がようやくそれなりに動くところまできました。一通りのコーディングまではわりとすぐ終わったのですが実際にキーイングしてみてフィーリングを確認しながら微調整をしていたら結構時間がかかってしまいました。動作させているところを動画にとってみました。まだエレキ―用のパドルを持っていないので(^^;プッシュスイッチで代用品をでっちあげて使ってます [続きを読む]
  • 羽田ATISのシステムが替わっていた
  • 航空無線で聞ける通信の中にATISっていうのがあります。ご存知の方も多いとは思いますが、ATISは「Automatic Terminal Information Service」の略で空港が周辺の気象状況や使用滑走路など離着陸に必要な情報を飛行している航空機向けに送信しているものです。 天候、風向、風速、気温、視程距離などを放送しているので台風が来たりと悪天候のときには受信して利用させてもらっているのですが先日久しぶりに聞いてみたらシステムが [続きを読む]
  • ハイウェイラジオが自宅で聞こえてしまった件
  • なんの脈絡もない話ですが、しまねこの自宅の近くに高速道路が走っています。近いといっても自宅から高速道路を目視できるわけでもなく、道路を走る車の音が聞こえるわけでもなくで、「遠いわけではないが近い距離でもない」、といった場所。直線距離にしたら4〜500mといったところでしょうか。先日、ふとした思いつきで自宅のベランダでハイウェイラジオ1620kHzをICF-7600GRで受信してみました。もしかしたら聞こえるかな〜くらい [続きを読む]
  • 秋葉原ショーケース在庫状況 3/6
  • 秋葉原ショーケースの在庫状況です。3/6更新3石中波・短波ラジオキットSWR-2 Ver.2.0 ¥1780円 売り切れ7MHz SSB/CW受信機キット(部品・基板セット)  ¥5280円 売り切れ時計機能付きVFD管FMラジオキット¥6280円 売り切れVFD管時計キット¥6980円 売り切れキットはスイッチサイエンス(通販)さんでも取り扱っていただいていますのでこちらも是非ご利用ください。#秋葉原 #山本無線メイカーズ #ショーケース [続きを読む]
  • CWエレキーの製作その5(プリント基板到着)
  • 先月FusionPCBにオーダーしていたエレキ―のプリント基板が到着しました。発注が中国の春節の直前になってしまったためか、今回は入手まで結構時間がかかりました。いつもだと早いと2週間、遅くても3週間程度でGETできていましたが今回は1か月以上待ったかな。 下手したら発注してたことを忘れちゃうくらいの待ちっぷり(^^; 大きさはこんな感じ。予想してたより小さいです。 もちろんCADツール上でサイズは確認できるのですがPC画 [続きを読む]
  • aitendoの店舗への道順
  • さて、検索サイトからこのブログへ来る皆さんの検索ワードを確認してみるといつも「aitendo 場所」とか「aitendo 店舗」とか「aitendo アクセス」というのが上位に来ています。 以前、別の記事でaitendo店舗への道順を書いたので、それがヒットしているためだと思われますが記事そのものがいまひとつわかりづらいものになっていたので、今回あらためて、秋葉原駅からaitendoへの道順を書いておきたいと思います。 スタート位置はJR [続きを読む]
  • 送信所の周波数的勢力関係図
  • 前回の記事では送信所の物理的な位置関係について調べてみました。wikiだとか、放送局のHPとかを見て回った結果をまとめたわけですがいろいろ見ているうちに、各送信所に割り当てられている送信周波数が思ってた以上に結構被ってることに気が付きました。 じゃあそのあたりについてもまとめてみるか、ということで今回はそのあたりのことを報告します。 前回のブログの題が「地勢的勢力関係図」にだったので今回のは「周波数的勢力 [続きを読む]
  • 送信所の地勢的勢力関係図
  • 前回の記事で関東一円で受信するのによさそうな周波数リストを書いてみましたが送信所から物理的に距離があると当然受信の難易度があがります。 というわけで今回はそのあたりの難しさ加減を知っておこうと各送信所の位置を(中波局とFM局のみ)を地図上にプロットしてみました。(地図は すると大きくなります) 在京のFM局とFM補完放送局は、東京タワーとスカイツリーに集約されているので位置としては2つだけになります。 そ [続きを読む]
  • 放送局周波数リスト
  • 関東一円で受信するのに良さそうな放送局の周波数リスト。単なる個人的なメモです(^^;いろいろなサイトから拾ってきたものなので合ってるかは不明。NHK第1 594kHzNHK第2 693kHzTBSラジオ 954kHz、90.5MHz文化放送 1134kHz、91.6MHzニッポン放送 1242kHz、93.0MHzRFラジオ日本 1422kHz、92.4MHz(未開局)茨城放送 1197kHz、94.6MHzAFN 810kHzTOKYO FM 80.0MHzJ-WAVE 81.3MHzNHK-FM 82.5MHzInter-FM897 89.7MHzFM横浜 84 [続きを読む]
  • Fusion PCBへプリント基板発注
  • CWキーヤーのプリント基板を製作してるわけですが、久しぶりのアートワーク設計のせいか設計手順を色々と忘れてる・・というわけで、未来の自分への備忘録という意味合いをかねて手順をメモ。この手順はCADツールとしてEagle CADを使った場合のものです。○デザインルールチェック・Fusion PCB用のDRCファイルはWEB上に公開されている。場所はいまのところここ。2層基板用と4層基板用があるので注意。DRU for ?2-layer board DRU [続きを読む]