東京青山のGEN気倶楽部 さん プロフィール

  •  
東京青山のGEN気倶楽部さん: 青山整体GEN流院の日常生活
ハンドル名東京青山のGEN気倶楽部 さん
ブログタイトル青山整体GEN流院の日常生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/ebisu-chiro/
サイト紹介文東京表参道ヒルズの近くから発信する日常生活のブログです。「青山整体GEN流院」のブログもご覧ください。
自由文東京表参道にある「青山整体GEN流院」の日常生活の気になった事を書くブログです。できるだけ写真を入れて更新しています。健康に関する内容は違うブログで書いていますので、そちらをどうぞ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供324回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/02/15 13:57

東京青山のGEN気倶楽部 さんのブログ記事

  • 今から
  • 軽井沢です。 桜は少し満開を過ぎた頃で、標高を上げればまだまだ桜が楽しめます。 夕日がなんとも神秘的で、暖かな気候の前兆を感じさせてくれます。 最後の変な鳥ですが、ひまわりの種を置き始めてから初めて見ました。 寝ぐせが特徴的で、覚えやすいスタイル。調べてみたら「アトリ」という鳥で、シベリアから飛んでくるそうです。&nb [続きを読む]
  • 身を切る改革とは
  • ニュースを見ていたら、パチンコの余り玉を利用して、一人当たり月3〜5万円の奨学金を設けているらしい。 ちなみに今年は全部で8人が、この企画で奨学金を貰っているのだとか。 近年パチンコ店は、軒並み厳しい状態で、確か東京都は等価交換を昨年から禁止しているはずだ(ギャンブル性が高いという事で、スペックにも規制をかけている)。 ちなみにわが国では、「パチンコ」をギャンブルとしてで [続きを読む]
  • 相手が悪いのではなく
  • 最近は、「アメリカ」と「医師」がキーワード。それらに纏わる方がお見えになるトレンドなようです。 「普通」という定義がないからなんですが、あの人もこの人も、毎日明らかに多いんです。こういう時は、「アメリカ」に関連することか「医師」に関連すえることで、お知恵を拝借したり、自分の突破口のヒントを頂ける時。どこからともなく降ってくるギフトみたいなものでしょうか。当の私はのんきに「ど [続きを読む]
  • あまり書かない方がいいらしいけど
  • このブログの読者はあまり多くないのでオフレコ(記録されている時点でオフレコとは言いませんが)のつぶやきにしておいてください。 なんだかやっぱり調子がいいんですよね。何の?って? このあいだ書いた、富を無限に増殖させるプロジェクトの試験運転。 結局自分でやるのが一番いいのですが、今更仕事を放棄するわけにもいきませんので。実験ですから、そうとうパイを減らしたロースペックで稼働 [続きを読む]
  • 一線を超える人と超えない人
  • 今年も関東では桜の時期が終わりました(北関東や山間部は今見ごろ)。 私は桜の写真が好きな時もありましたが、実は今更ながら、それほど好きではなくなった。 その理由は単純で、肉眼の方がよっぽど多彩な色が見えるのと、誰が撮っても技量なんかは不必要で綺麗に映る。 ということで。 白系統の光の反射が強いものは殆どそう。 桜について、差し引きした答えは、写真なんか [続きを読む]
  • 確証はあるのか?
  • なんかしつこいようですが、事件が起こって逮捕されて「犯人」っていう人が結構多いんですよね。 犯行を犯したかどうかは、最終的に裁判で判断するものです。 少なくとも、逮捕の段階では「犯行を行った可能性が極めて高い」ということですが、その人物が犯したかどうかはまだ分からない。これは「被疑者」と呼ぶものです。 ビックリするのは、逮捕の段階で「犯人には厳罰を望みます」というコ [続きを読む]
  • セルフレジ
  • 今日帰宅の時に近所のスーパーへ立ち寄ったら、全てセルフレジになっていた。 厳密には、レジの店員さんは、バーコードで読み取るだけの仕事。合計金額と「〇番でお会計をお願いします」と言われて、指定場所で自分でカードや現金で支払う仕組み。 人件費の削減や、効率化には良いのでしょうが、私はこういう機械任せの社会の流れは実はあまり好きではありません。 勿論、ミスを無くすためには [続きを読む]
  • 趣味にしよう
  • 皆さん趣味はおありですか? 私は趣味と呼べるところまで、こだわりを持っている事がありません。中途半端な性格ですので。 そもそも論で言うと、浮気はどこからか?というのと同じく、どこからが趣味なのか?というのも難しい話ですが。 あまり好まれない話しですけど、このブログの読者の方々(寛容性の狭い読者はすぐにいなくなる)は、表現の自由の範囲が広い人が多いので、敢えてハッキリ [続きを読む]
  • 自然は生き方のお手本
  • 体の動きの細部まで注意を配ると、心の表現そのものだということに気が付く。 ゆっくり動けば自分の心のありようがわかる。 荒々しく動けば大事な動きを跨いでしまう。 自然の時間の流れは、大事な気付きのお手本だ。 [続きを読む]
  • 雨でも桜は桜
  • 気配(けはい)を察し、気配り(きくばり)で成り立つ世界。 日本の文化。 和の世界。 反省と後悔は後ろに進む力ではなく、最善を尽くしたことで、前に進む原動力となる。 深い哲学の道。 ありのままの美。 [続きを読む]
  • トランポリン?
  • 最近何人かの方に「免疫力を上げる方法として、トランポリンは有効だと思われますか?」と聞かれます。何でトランポリン??と聞いてみると、闘病中(←この単語嫌いです)の小林麻○さんがされているそうで、効果があるのではないか?との観点らしい。私は医学博士ではないので、その手の疫学的な根拠は持ち合わせていないが、身体的反応をベースに観察すれば、おそらく効果はあると思われる。しかし、私がそう思う根拠として、 [続きを読む]
  • 最初にもどれば
  • 最近ニュースに疎いので、よくよく見ていないのですが、ちょっと大丈夫かな?と思う内容のものが。いつしか分かりませんが、復興大臣が激怒したとやらのニュースとそれ以降の報道。まぁ、マスコミというのは感情的表現が大好物なものですから、腹を空かした猛獣達の前でフライドチキンを出してしまったようなもの。それをきっかけに、大臣の資質や、自主避難者の自己責任の有無等、1日に1度は目にするようになりました。しかし、 [続きを読む]
  • 所詮人間の分際
  • 今日の帰りは、最終近くの電車になりました。 週末なので、結構ギュウギュウ状態。 そこでやっぱり気になるのがスマホ操作。老眼が酷い人なんて、画面から離して見ているから、尚更場所をとる。 「それって今やらなきゃダメなの?皆スマホを辞めたら、この車両だけでもあと十人は乗れそうだけど。」と・・・・。 今日は閉まる扉側に乗りましたが、隣にいた胸に社員バッチを付けた中年男性 [続きを読む]
  • 満開
  • 今日は空いた時間を利用して、青山霊園へ行って来ました。 天気は曇り時々晴れ。天気予報を見ると、桜の時期の今年最後の見ごろかな? 私は年始以上にこの桜を見て「今年はやるぞ!」という心構えができます(遅い?)。 二度と同じ [続きを読む]
  • 私が頑固なのか?
  • ダメ出しというよりか、業界の癖なのかも知れないですけど、お決まりの営業文句ってありますよね? ただ、それってお客さんにとってはどうなのかな?と思うこともしばしば。 現在、物件を色々見て回っていますが、まぁ特殊条件が付いているので、なかなか見つかり難いことも承知しています。 しかし、そういった条件で入居されている方も沢山おられますので、タイミングの問題というものだと思 [続きを読む]
  • 桜の開花状況
  • 桜の季節ですね。 しかし今年は満開から随分日が経ちますが、まだつぼみ状態の桜も沢山見受けられます。 日当たりの良い所は満開近くまで開花しているんですけど、今年は咲いている木と咲いていない木の差が激しいように思います。 今週末は曇り&雨の予報。 週末の花見予定の方々にも、少々物足りない予報です。 そういえば最近カメ [続きを読む]
  • 名前の語源
  • たまにGEN流院の名前の由来は何かと聞かれることがある。 そういえば、そういった説明は大っぴらにしていなかったか・・・・。 GEN流院とはいっても、そもそも GEN=源(みなもと) ということ。 「語源」という文字もそうだが、全ての根源のことを指し、この全ての流れには源流があり、そこから始まっているという考え方。 全ての物事の根源を知り、根源にフォーカスをするというこ [続きを読む]
  • 信憑性
  • 人と人とは、文字や言葉以外の通信手段を持っていると思う。つまり、目や耳以外の通信方法。思ったらその通りになるし、あの人もこの人も、考えていたら何年かぶりでも連絡がある。実はその通信速度は、音や光よりも速いのではないかとすら思っている。要するに、宇宙でも時間軸を厭わない。そんな話をしていると、にわかに信じ難いという人の方が多い事に気が付く。ただ、そういう人に限って、4GやWi-Fiを日常 [続きを読む]
  • 任せる勇気
  • 人の体を触っていると、つくづく面白い仕組みに出来上がっていると感心させられる。 内臓を動かそう、骨を動かそうとすればするほどその場限り。 長々と書けば書くほど純度が落ちるから、一言で 「本人に何かをするスペースを作って待つ」という勇気があるかどうかに限る。 例えて表現をするなら、砂浜の波打ち際で、大きな石があったとする。理想的な場所(内臓や骨格が正しいであろうと [続きを読む]
  • 色々な人
  • 今日の都内はかなり暖かでしたね。桜もようやく5分咲きくらいでしょうか。 急激に気温が上がったせいか、今日の帰りの電車では、かなり体重がありそうな男性が、コートを着込んで髪の毛までポタポタと汗だくになっていました。 脱げばいいのに。 そしてスマホで何故か辛そうな担々麺を見ている。。。 っで、その重めの人の隣にいる70歳くらいの男性は、頭を綺麗にそり上げた、青みのあるスキ [続きを読む]
  • 混んでいます
  • いや〜最近原宿から表参道は随分混んでいるな〜と思ったら、春休みの学生さんなんですね。 若い女性がキャッチの人に声を掛けられて、あっけなく足を止めて会話をしてしまっている現象には驚きです。 私の所は表参道から一本入ったところですが、ここも近年人の通りが多いようです。いつ頃からかな?私の感覚だと、フライングタイガーが出来上がる少し前頃から、奥にも店舗が増えてきたように思います。&nb [続きを読む]
  • 一つの責任
  • 昨今、事件事故のニュース情報が手軽に知れる世の中。 それに伴って、アレコレ事件事故について、個々の考え方や、感じ方、意見などを議論する機会も増えました。 そこで、今日の主題でもあるのですが、事件事故に関しては、特に被害者があって、加害者がある関係。 そうすると、被害者が可哀相で、加害者が悪いというロジックになるのです。 しかし、その事件事故の真実の内容によっては、必ず [続きを読む]
  • 分かりやすい癖
  • 今日の夕食はお店で。 23時位でしたので、お店もあまり人はおらず、代わりに店員さんがマンツーマン状態。 メニュー等いろいろ詳細をお教え下さるのですが、この店員さんの女性の声に何か聞き覚えがある。 が、失礼ながら顔を見てもさっぱり。 でもどこかで聞いた声なんだけどなぁ〜・・・・。 思い過ごしかな? ご飯を食べ終わって会計へ。 カードで支払い控えのレシー [続きを読む]
  • 歴史的に有名な人物
  • 私は過去の人物を未来にまで尊敬することはそれ程ありません。 過去から学ぶという事は勿論大切な事ですが、しかし、偉人というものは特に、精神異常者かそうでないかは紙一重。 つまり、時代がそれを求めていたかのように、その時だったからこそピッタリとフィットした異常者。 そして我々は、過去を生きるのではなく、これから先の未来を生きなくてはなりません。 未来に独創的で新しい [続きを読む]