東京青山のGEN気倶楽部 さん プロフィール

  •  
東京青山のGEN気倶楽部さん: 青山整体GEN流院の日常生活
ハンドル名東京青山のGEN気倶楽部 さん
ブログタイトル青山整体GEN流院の日常生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/ebisu-chiro/
サイト紹介文東京表参道ヒルズの近くから発信する日常生活のブログです。「青山整体GEN流院」のブログもご覧ください。
自由文東京表参道にある「青山整体GEN流院」の日常生活の気になった事を書くブログです。できるだけ写真を入れて更新しています。健康に関する内容は違うブログで書いていますので、そちらをどうぞ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2013/02/15 13:57

東京青山のGEN気倶楽部 さんのブログ記事

  • 流れ星
  • 下に見えるのは、浅間山から出ている噴煙。 そしてそのすぐ上にある、左斜め上のラインは、飛行機の光が写っています。 っで、更にその上に流れ星がトリプルで写すことができました。 まぁ、こんなこと言っては何ですが、この辺じゃ流れ星は、晴れた空を見上げていれば、特段珍しいものではないのですが、それでもトリプルは滅多にありません。 私は写真を撮って楽しんだので、あと [続きを読む]
  • 余計なお世話
  • 今日は日本中が暑かったようですね。 個人的には、そろそろこれ以上の暖かさは望みません。快適指数が逆にどんどん減ってくる。 そこで今日から丁度よく軽井沢。人が結構来ているようです。 5月あたりからこの辺は、本当に車の挙動がおかしな人が増えます。方向指示を出していきなり消したと思ったら、逆に曲がる恐ろしいドライバー。側道から右折して入って来たと思ったら、道路の真ん [続きを読む]
  • 防止の役割として
  • 近年、通信手段の発達から、誰でも気軽に事件事故のニュースを極めて速く入手できるようになってきた。 大きな事件事故は当然、今まで新聞の記事にもならなかったことまで。 一昔前は「新聞や書籍をよく読む人が物知り」であったが、今は時代が変わって、良くも悪くも手軽に情報が入手できるから、それらを自分でよく精査して選んで読む時代。 中でも、私がよく目についてしまう分野の記事は動 [続きを読む]
  • 情報操作の一環
  • 今日は日経平均が300円以上の下落で反応したというニュースが。 どれどれと読んでみたら、トランプ大統領のロシアへの機密情報漏洩疑惑を懸念したとの書き方。 そうですかね? 私はその下落はピッタリ読めていましたけど? こじつけというのか、何か良からぬことが起こったら、何かの理由がなければならないという変な社会。 事件が事故は、株価と為替のチャートで起こる時期が読めてし [続きを読む]
  • 決めつけ物事
  • 人は勉強すればするほど偏って行く習性を持っている。 勉強には問題があって、問題には答えがある。 だけど実際に、ひとたび世の中の難題というものと向き合ってみると、答えはまず出てこない。 これを解けるかどうかは、誰もが同じロジックではないと思う。 しかしもしも自分の前に、自分と真反対のロジックがあったとして、今自分のロジックが大失敗をしたとしたら、この真反対のロジックを見 [続きを読む]
  • 詐欺
  • なんだか、先日Amazonで買い物をしたCDプレーヤーですが、到着予定日を過ぎても届かないんです。 そこで、Amazonカスタマーに電話で問い合わせしてみると「今回お買い求めになられた商品は、ニュースで騒がれておりますアカウント乗っ取り詐欺の物と確定してございまして・・」と。 はい?? 要するに、商品は届かないから料金は返金処理をするとのこと。 そういうやり取りをしていたところ、まぁ古く [続きを読む]
  • 忘れっぽい
  • 今に始まったことではないのですが、考え事をしてしまうと、視覚すらも感じなくなっていて、ついうっかり電車で降りなくてはならない駅で降りるのを忘れてしまったり。 ウツなのかな?と思ったりすることもしばしば。 帰宅時に自宅を通り過ぎることは当たり前。 新幹線のグリーンシートも目の前にいたのに乗るのを忘れてパーにしたこともありますし、スーパーの会計後に、袋詰めせずにカゴを持ったま [続きを読む]
  • ウツワが小さい
  • 今年のG.W.を通しての山岳事故が過去2番目に多かったとか。合わせて25人の方がお亡くなりになられたらしい。 お気の毒ですが、行動する者には全くリスクにはならない事など世の中ありませんのでね。 私も登山をやる立場ですが、やらない人にとっては、山岳救助というものが何しろ「迷惑」「金払え」という非難に直結します。 私が登山者びいきの目線である事は承知していますが、やはりこの [続きを読む]
  • そろそろいいかな
  • 予てから研究していた趣味がほぼ完成レベルになってきた。ってよりか、プロが見ても異常なレベルまで行っているようだ。何しろ私は他の人はもっと凄いと思っていたし、一人で独自にやっていたから比べたことが無かったので、「あ、そう・・・。」といった感じ。 私のぶっちぎり。 皆さん一生懸命勉強してご苦労様。私の10000倍は勉強している事でしょう。 ほんと、ここにも洗脳された人が多きこ [続きを読む]
  • 急に来た
  • 彼女の声が素晴らしい!JAZZと呼べるのか、新しい分野すら想像させる声。ソプラノとJAZZの融合? 「マルガリータ・ベンクトソン」1966年、ストックホルム生まれ。声楽の教師を母に、王立オペラの主席フルート奏者を父にもち、幼少から歌とピアノを、12歳からはハープを習う。1984年に王立音楽アカデミーに入学すると同時に、学友と「ザ・リアル・グループ」を結成。2000年発表の [続きを読む]
  • 求めよさらば与えられん
  • なんか雑用ばかりで気が付けば世間で言う連休最終日は仕事場から最終電車での帰宅。リンカーン大統領じゃなくても、自分に奴隷解放宣言を出したい気分。基本私はお金や仕事の奴隷にはならずに生きたいので、そうなる為にはそれなりの努力が必要。私はIQが低いので、そういった人達に追いつくには、倍の時間を要して、学び、失敗や反省を繰り返しています。そしてここ3日で、驚異的な核心を見つけ出した。あともう少 [続きを読む]
  • 使われるのではなく使うため
  • 音をスピーカーで鳴らすには、デジタル信号をアナログに変換しなくてはなりません。世の中便利なもので、最近ではそんな事を考えなくても、ご親切に差し込めば音が出るものが多い。しかし、自分でプレーヤー(PCやCDやiPodなど)、アンプ、スピーカーをカスタマイズするには、仕組みを理解していなければ何もできない。失敗して無駄で高額な損失なんていうのはよくある話し。買ったけど使えない。そういう失敗を2度と起こさな [続きを読む]
  • スピーカー
  • 何だか連休の表参道は恐ろしい人。毎日行き来している私でも驚くのだから。 ここのところギックリ腰が多くて、急に電話が入ってきて、楽な連休とはなりませんでした。むしろ電話ばかりで逆に混んだり・・・。 さて今日は、タイムドメイン技術が入った富士通のスピーカーを、気前よく「あげる」って事で頂戴した。 この独特のフォルムが何ともワクワクする。 写真で対比の物が写っていない [続きを読む]
  • 見る目が違えば全てが変わる
  • フクロウを見ていたら、芸術家の岡本太郎を思い出した。 昔、小田急線の向ケ丘遊園駅からほど近くの生田緑地の中にあった、岡本太郎美術館へ行った時の事を思い出した。 当時は彼の芸術性が全く理解不能だったが、月日がたてば違うもの。 今となっては「なんて芸術性の高い人だろう」と、遅れてからやって来たブーム。 実に、彼にしか描けない独創的な芸術。誰も真似ができない領域の芸術 [続きを読む]
  • お値打ちアンプ
  • 前から気になっていた、超激安なクセに、素晴らしく出来の良いアンプ。 まず、アンプという名前は聞いたことがあるけど、何の役目なの?っていう人向けにご説明を。 皆さんが一番よく目にされ、またイメージされる音楽を聴く機材といえば、おそらくミニコンポだと思います。 お手軽で、そこそこ小さめの音ならこれで十分。っで、CDプレーヤーくらいしか入っていないのに、なんであんな寸胴で重 [続きを読む]
  • 光るでしょ
  • 沖縄の美ら海水族館で、水槽にマグロがぶつかって死んでしまっているらしい。一時「カメラのフラッシュが原因で」という嘘ツイートが拡散したみたいだが、どうやら因果関係は無いらしい。いつしか、札幌の円山動物園で、レッサーパンダが天井に這わせてある道を歩いて、真下から来場者が観察できる部屋に行った。ちなみにカメラのフラッシュは禁止なんだが、バシャバシャ発光させて撮影している女性がいた(日本人で [続きを読む]
  • 布団を掃除
  • 今日は布団の掃除に便利な掃除機を買いに行った。ドデカイのは嫌なので、いろいろ見てもダイソンが良い。あまり迷いはしないのですが、声を掛けて来た店員さんが、やたらと長く語って来るお喋りタイプ。「意外と知られていないんですが、ダイソンという会社は・・・」と、おそらく本やマスコミ、自社で一般的に教えられている秘話みたいなものから語られた。私は掃除機については全く詳しくないので、最後までしっかり話を [続きを読む]
  • 教えてほしい道徳心
  • ここ数年、週刊誌なるものを手に取った事は無かったが、先日お見えになられた方が「読み終わったのでよければどうぞ」という事で、せっかくなので頂戴して流し読みをしました。まぁ週刊誌にロクなネタは書かれていませんが、この間、不倫報道でお辞めになられた経産政務官の記事が前面に。私は詳しい経緯は知りませんけど、不倫のあげく、女性が詳細内容をリークするという、なんとも哀れな内容。たいして高くもない [続きを読む]
  • 写真だけ
  • 今年の軽井沢も、しっかり春がやって来て、ある人は農業の最盛期に向かって始業して、ある人は旅行やドライブで訪れ、其々相まって、再びにぎやかなシーズンを迎えます。 [続きを読む]
  • 行き過ぎると
  • 「やっぱり日本は気が楽だ」と、海外から戻られた方が仰っていました。ご飯は平均的に美味しいし、水もタダで出てくるし、街を歩いていて周囲にバリアを張らないで済むとの事。ただ、私は最近の日本は特にサービスが行き過ぎていて、逆に迷惑になっている事が多々あると思います。例えば、駅の案内標示で、日本語に英語、中国語までずらりと。まぁ、書いてあるだけなので、自分が嫌なら見なければ良いだけのこと。し [続きを読む]
  • 都合の良い社会
  • 近年は、労働者環境の改善や、労働者の権利について、健全化を図ろうとする社会の動きが活発になってきたように思う。 労働環境を再構築するということは結構な話。 一日9時間拘束に1時間休憩、8時間労働、残業は月50時間まで。 まぁ、但し8時間以内で効率よくギッチリお仕事をする羽目にはなりますけどね。 これまでの日本は働きすぎという世界中の意見もあるようですが、結局個々がやり [続きを読む]
  • 今から
  • 軽井沢です。 桜は少し満開を過ぎた頃で、標高を上げればまだまだ桜が楽しめます。 夕日がなんとも神秘的で、暖かな気候の前兆を感じさせてくれます。 最後の変な鳥ですが、ひまわりの種を置き始めてから初めて見ました。 寝ぐせが特徴的で、覚えやすいスタイル。調べてみたら「アトリ」という鳥で、シベリアから飛んでくるそうです。&nb [続きを読む]
  • 身を切る改革とは
  • ニュースを見ていたら、パチンコの余り玉を利用して、一人当たり月3〜5万円の奨学金を設けているらしい。 ちなみに今年は全部で8人が、この企画で奨学金を貰っているのだとか。 近年パチンコ店は、軒並み厳しい状態で、確か東京都は等価交換を昨年から禁止しているはずだ(ギャンブル性が高いという事で、スペックにも規制をかけている)。 ちなみにわが国では、「パチンコ」をギャンブルとしてで [続きを読む]
  • 相手が悪いのではなく
  • 最近は、「アメリカ」と「医師」がキーワード。それらに纏わる方がお見えになるトレンドなようです。 「普通」という定義がないからなんですが、あの人もこの人も、毎日明らかに多いんです。こういう時は、「アメリカ」に関連することか「医師」に関連すえることで、お知恵を拝借したり、自分の突破口のヒントを頂ける時。どこからともなく降ってくるギフトみたいなものでしょうか。当の私はのんきに「ど [続きを読む]