空妄 さん プロフィール

  •  
空妄さん: 空想と妄想の実験場
ハンドル名空妄 さん
ブログタイトル空想と妄想の実験場
ブログURLhttp://absurdgarden.blog.fc2.com/
サイト紹介文ゲーム・神話・その他、幻想的な物が好きな野郎が綴る、気まぐれ読書日記でございます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/02/16 14:59

空妄 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 一年半ぶりの更新でござる
  • 生きてます。仕事をするのが精一杯で、ゲーム制作はあまり進んでませんねえ。ああでもない、こうでもない、と色々システムやシナリオのアイディアを出しながらも、中々「これだ!」と決められなくて、ズルズルと時間ばかり過ぎていきます。優柔不断もここまでくると救えない。それでも一先ず、システム、シナリオをそれぞれしっかり決め、「これで短編一作作ってみるか」と決めはしました。いつ完成するでしょうねえ。次は絵も音楽 [続きを読む]
  • 『人生で大切なことは、すべて書店で買える』感想
  • 『人生で大切なことは、すべて書店で買える』 著:千田琢哉こちらが少し引いてしまうぐらい本が好きな著者が、読書によって得られる「効能」及び、それを得る為の「本の読み方」を熱く語っている本です。「読書は左脳と右脳をバランス良く使うため、整った顔立ちになる」って効能は初めて聞きました。眉唾ものに思えますが、本当だったら嬉しい事ですね(切実)。      ◇でもやはり読書の最たる効能は、色々な考え方に触 [続きを読む]
  • 『「芸術力」の磨き方』
  • 芸術力の磨き方 著:林望共感出来る点が多くあった本でした。特に、芸術は自分で良く観察して味わうものであり、芸術に関する知識や教養があるだけであたかもそれについて精通しているかのような人間はもっての他だ、と言う意見とか。また、世間が高く評価しているからという単純な理由で名画を選び買い漁る金持ちにも、著者は苦言を呈します。絵でも音楽でも、自分で繰り返し鑑賞する事でその価値を考える事に意味があるんです [続きを読む]
  • 雑記:『キャラクター』が持つ要素・属性について
  • 私はモンスターとかクリーチャーとか好きです。ポケモンとかカードゲームとか、生き物や魔物を使役するようなゲームも好きで、それらの漫画に出てくるような人間キャラよりも、使役されるモンスターの方が好きだったりします。別に人間キャラが嫌いって訳でもないんですけど。生き物・魔物って多様性に富んでいるのが面白いんですよね。人間のキャラって「人型」「人間」という縛りがある分、ビジュアルや能力の多様性に少し欠け [続きを読む]
  • 『毎朝1分で人生は変わる』感想
  • 『毎朝1分で人生は変わる』 著:三宅裕之この本では、「一日一つの初体験」を薦めています。通勤ルートを変えてみる、いつもと違う食べ物を選ぶ…こうした行動の変化によって自分の変化・成長を感じ、自然と自信がついてくるという訳です。なので、大きなチャンスがやってきたら自信がなくとも挑戦していけと、著者は述べています。そういえば前回取り上げた本でも、新しい事をすると、そのわくわく感によってドーパミンが出て脳 [続きを読む]
  • 『脳に悪い7つの習慣』
  • 久方ぶりの読書感想です。『脳に悪い7つの習慣』  著:林成之自分の頭の回転の遅さを気にしている哀れな男は、このタイトルを見て即購入を決意するのであった…脳神経外科医である著者がその知識を活かして編み出した、脳を高パフォーマンスで動かす為の心得が書いてあります。読んだところ、「脳は楽しい時にはドーパミンが出て、良い働きをする」というのが最も重要な点ですね。脳がドーパミンを出す状況は、「楽しいと感じた [続きを読む]
  • 当ブログは読書日記となりました
  • 読書日記→ゲーム制作日記と、一度趣向を変更した当ブログですが、再び読書日記に戻ります。理由その1、最近読書欲が湧いてきた理由その2、ある本で、「本の内容はアウトプットすることで記憶に定着する」という記述を        読んで、また読書日記を付ける気になった。理由その3、ゲーム制作過程を公開してしまうと、それでちょっと満足してしまうきらいが私にある。理由その4、新年だからという訳で、ゲーム制作の [続きを読む]
  • 東方紺珠伝やりました。
  • 東方project新作の、『東方紺珠伝』、四日かけてnormalの完全無欠モードをクリアしました。死ぬほど楽しかったです。賛否両論ある今回のシステム(完全無欠モード)ですが、私は大歓迎です。正直私は、STG特有の、「ミスが許されない」感が苦手です。いいところまで行ってから集中力が切れ、連続被弾、最初からやり直し。それでモチベが下がって、クリアを諦めてしまいます。結局、専ら曲を楽しむ勢に成り果てる。しかし今作実装の [続きを読む]
  • 過去の記事 …