漢方で健康をアートする@加藤悟 さん プロフィール

  •  
漢方で健康をアートする@加藤悟 さん: 美的漢方Life
ハンドル名漢方で健康をアートする@加藤悟 さん
ブログタイトル美的漢方Life
ブログURLhttp://ameblo.jp/sk-3106/
サイト紹介文薬剤師の加藤と申します。漢方専門薬剤師としての立場から、健康管理に役立つ漢方の知恵を紹介しています。
自由文これからの時代はセルフメディケーションと言われる時代です。
つまり自分の健康は自分で守るということです。
健康管理をするために、病気になる前のケアがとても大切です。
東洋医学では病気になる前の「未病」という段階の治療を重要視します。
未病の段階で体をケアするにはどうしたらいいのか?
そのヒントをブログで書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/02/19 23:29

漢方で健康をアートする@加藤悟 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 漢方的ダイエット あなたはどのタイプ?
  • 40代以降になるとホルモン変化におともなって だれもが「太りやすく、やせにくい」体質になってきます。 漢方では太りやすさの原因として2タイプに分けて考えます。 そのタイプとは 「食べ過ぎタイプ」「ため込みタイプ」 食べ過ぎるタイプは、 食べることが大好きで過食しがちです。 メンタル面ではイライラしやすく、ストレス要因があるとどか食いすことで気分を晴らしている傾向にあります。 [続きを読む]
  • 3.11東日本大震災6年 今私たちができる事とは?
  • 6年前の今日3月11日、東日本大震災が起こりました。 6年と聞いて、みなさんはどう思いますか? 早いと感じますか? 「もう6年も経つんだ・・・」と時間の流れが速いものだと思うのと同時に あの大惨事で受けた衝撃がどこか遠くにあるような 感じがしました。 大地震が起きたその日はTVで流れる映像に ショックを受けながら、不安と戸惑い、 悲しみが襲いました。 しかし、 [続きを読む]
  • 薬剤師お薦めの花粉症のOTC 第二世代抗ヒスタミン薬
  • 花粉症のOTCの中で、医療用医薬品から一般医薬品として販売できるようになったスイッチOTCが最近の主流になっています。スイッチOTCのほとんどは第二世代抗ヒスタミン薬に分類され第一世代よりも効果や副作用の面で使いやすくなっています。第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるスイッチOTCの中で私がお薦めする医薬品が・・・・「アレグラFX」「クラリチン」なぜこの薬がお薦めなのかと言うとなんと言っても抗ヒスタ [続きを読む]
  • 小青竜湯は西洋薬との併用は大丈夫なのか?
  • 花粉症に使われる漢方薬として有名な小青竜湯 この小青竜湯は花粉が大量に飛散して重症化した場合を除いて、小青竜湯単独でも大丈夫です。 小青竜湯に鼻噴霧用ステロイド薬や点眼薬を 併用する場合もあります。 さらに、 抗ヒスタミン薬との併用も問題なく使えます。 抗ヒスタミン薬には眠気の問題がありますが、小青竜湯を併用することで眠気の防止にもつながります。 小 [続きを読む]
  • 明治チョコレート効果はまずいのか?その真相を検証!
  • 日経ヘルスは私の愛読している雑誌の一つ日経ヘルス2016年3月号は腸内フローラ特集! >>日経ヘルス2016年3月号はこちら!>> その雑誌の中の旬の食材のコーナーで高カカオチョコの記事が掲載されていました。 高カカオチョコレートにはカカオポリフェノールが多く含まれているので美容健康面で昔から注目されている成分です。 なんと、 最近の研究では、高カカオポリフェノールが 脳の神経細胞の働きを改善する作用 [続きを読む]
  • 過去の記事 …