snow-white さん プロフィール

  •  
snow-whiteさん: snow's diary
ハンドル名snow-white さん
ブログタイトルsnow's diary
ブログURLhttp://ameblo.jp/tea-book/
サイト紹介文日々心で感じたものを綴っていきたいと思います。
自由文いい写真が撮れるようになりたくて、そのための記録です。参考になれば嬉しく思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2013/02/18 22:54

snow-white さんのブログ記事

  • やるぞ!
  • 気ぜわしい〜新しく組んだ5回コースが始まるので、落ち着きません。上手くいくかしら〜?というより上手くやらないといけないのです! 私、気が小さいので新しいことをするときはいつもドキドキ。でもやることはやるのです。この辺のギャップを埋めるために相当気合を入れるので、ストレスになるのかもしれません。 やるぞ! [続きを読む]
  • 六花のつゆ
  • 息子の北海道土産をブログにのせるのをすっかり忘れていました。 六花亭の「六花のつゆ」ワインやウメシュがカワイイお砂糖にの衣につつまれたボンボン。大きさは小指の先より小さい上品なお菓子です。 小さなものを撮る時にはピントに気を遣います。ボケもありですが、ボケが意図であるのかどうなのかが難しいところかと思います。 息子が北海道に行ったのは二月。大学に入ってから自転車でいろんなところに旅に出かけています。 [続きを読む]
  • アジサイで復習
  • 梅雨〜!という日が続いている中涼しげをテーマに先日のレッスンの復習です。 先日のレッスンでピントが撃沈だったので、ピントもシビアに気をつけて。 まだまだですが、小さな白いアジサイをこういう風に撮れるようになったのだなとちょっと嬉しく思えました。 [続きを読む]
  • 方針とシステム
  • このところ、本業でいろいろ考えがまとまらなくてモヤモヤ中。 コレ!と決まり確信が持てれば、まず8割9割上手く行きますが、そこに辿りつくのに迷路をうろうろしなければならなりません。 寝ているときも随分考えているようで、目覚めがすっきりしません。 方針は大体決まっています。といっても迷いがあります。その方針のためのシステムを考えると、まとまらない。方針がブレているからです。 もっと気楽でいられたらいいのに。 [続きを読む]
  • 下鴨 河合神社
  • 下鴨神社の中にある河合神社。美容の神様だということで、女性に人気でメディアでもよくとりあげられています。絵馬は自分でメイクを施して奉納するのですよね。今更遅いですが、加齢スピードが落ちるようにお参りしてきました。 この河合神社は鴨長明とゆかりがあるのだそうです。長くなるので、書きませんが、気になる方は調べてみてくださいね。ちなみに先日行った吉田神社は吉田兼好とゆかりがあるそうです。こういうストーリ [続きを読む]
  • アジサイで
  • アジサイでライティングちょっとやりたい感じがあるのだけれど、イマイチ上手くいかない。 イメージはシックでなまめかしい感じなんだけど。爽やかで清楚なホワイトのアジサイにそういうのをやるのがそもそも合わない。 やっぱりこっち。 [続きを読む]
  • ピントの位置
  • 今月のリリーシックフォトレッスンより。毎回大変勉強になっています。 今回は小さなお花が多かったせいか帰ってからPCで見るとピントの位置が〜! あら、ズレてる。ピントの位置は大切。 レッスンは勉強になるとともに自分のいたらなさを感じるいい刺激です。 [続きを読む]
  • 菩提樹の花と沙羅双樹の花
  • 吉田山を下って真如堂を目指しました。観光客が押しかけるお寺とは違って静かな趣き。 木の花が咲いているなと近づいて見上げるとなんとも甘いイイ香り。黄色の花が鈴なり。初めて見るこの花は仏陀が悟りを開いたことで知られる菩提樹の花だとのことでした。 余談ですが、仏陀は脇の下から生まれたそうです。知られていることかとネパール人のクラスで言ってみたら、知っている人が少なくて尊敬の目で見られたことがあります(笑) [続きを読む]
  • バラに習う継続は力なり
  • 何度も登場のこの薔薇で透過光も撮っていました。 大切に感じるのはやはり光のバランス。 当たり前ですが、ライトは当てればいいというものではないようです。 こういうのって数稽古、経験ですね。 ある読み物の要旨です。 最初から唯一の技術を持つのは出来ないことで まずは真似から始まり、そして継続して技術を磨くことにより唯一の技術となる。 私には出来ないんだわと思っていたところへちょっと気が楽になったお言葉でし [続きを読む]
  • 吉田山
  • 吉田山とタイトルをつけましたが、写真の奥に見える山は吉田山ではありません。送り火で知られる大文字山。三角に見えるところはその火床になります。 正確には吉田山への道から見た大文字山です。送り火の大文字をこの辺りから見るのもいいなと思って一枚撮ってきました。 6月の京都では吉田神社で知られる吉田山を越えたくてそれを実行してきました。(山を越えるといっても吉田山は標高100メートルほどなので、山などど言う [続きを読む]
  • 逆光とサイド光
  • こんばんは。マイペースなブログにご訪問いただき有難うございます。 更新すれば訪問数も多くなりますね。嬉しくなって更新します。 おいしいパスタが食べたい!と思っていたところ、ひき肉が半額だったので2パック購入し、ミートソースを作ってみました。 熱々いただきまーす! の前に撮ってみる。 場所はリビングのテーブルの上(南向きの窓)ここはブログを始めた当初ほとんど撮っていたところです。 写真が小さくてわかりに [続きを読む]
  • 自分メイドフィナンシェ
  • 今日はキッチンに立つ時間が長かった。子供が京都へ行っていなくなってから、お料理はだんだん時短になってきた。野菜多め、栄養バランスを意識したもの中心。といっても年齢とともに動きも少なくなっているため、体重は減らない。 主人が飲む日なので、つまみをこさえながら、フィナンシェを数年ぶりに焼いてみた。実は卵白があまったから。それにちょっとボリュームのある甘い物が食べたくなった。天気がよく気分が上がり気味のせいも [続きを読む]
  • アングルを変えると
  • 先ほどの緑抜けのアングルを変えるとこんな感じ。 雰囲気変わりますね。 いつも大体横からのアングルで撮ったら、上からも撮ってみます。露出も変わるし、どうしてこう変わるのかと感心します。 目で見てるときはこんなに変わるなんて考えていません。人の目ってよく出来ているのですね。 変わるのがカメラの面白いところでもあると思います。 [続きを読む]
  • 緑抜け
  • 今朝の緑がきれいだったので、緑抜け〜。昨日のピンクの薔薇も使って結構頑張って撮りました。 また緑がきれい!って思ったら撮ろうと思います。 [続きを読む]
  • 薔薇
  • 近江町市場へ行ったら、キレイな薔薇が激安。 これでナント600円也。 ピンクの色も上品。 こんなにキレイな薔薇があるのに、上手く活けられないなんて つくづくお花を習っておけばよかったと思う。 キレイな薔薇に失礼な私。 [続きを読む]
  • 梅雨入り…
  • 梅雨入りが始まるとともに、ジトジトしたお天気に変わってきています。 あーあ、5月はあんなにキラキラ緑がきれいだったのに〜ジメジメの季節になっちゃう↓あの新緑の美しさは何処へ行った? その前はあんなにサクラが美しかったのに〜と思うのも今や懐古の昔よう そうやって変化するのが日本に四季の常 梅雨の季節にはしっとりした美しさがあり、季節の光を楽しんで写真を楽しみたいです。 「しっとり」はともすれば「ジトジト [続きを読む]
  • この入り口、カッコイイ!
  • この入り口、カッコイイ。 ここがカッコイイと思えるのもここは在京都フランス領事館。 私に縁もゆかりもないところなのですが、カフェの看板があってフラッと立ち寄りました。お昼時でどこもお店は一杯の京都で落ち着いた佇まいに引き寄せられ入ったのでした。フランス語は分からないので、そんなところだとは露知らずでも何の抵抗も感じず入れるところでした。 息子と待ち合わせてこんなオシャレなランチもいただきました。お値 [続きを読む]
  • 透過光のお稽古
  • ライティングのお稽古。 透過光は面白いと思うのだけど、苦手です。どう使っていいかわからない。 苦労してラインを入れてみたけど、う〜ん。レントゲンじゃないんだから。 大切なのはイメージとそれを作り出す力。 ほど遠いけど一歩一歩頑張るのだ。 [続きを読む]
  • 利家とまつ
  • 土曜日はカメラをこよなく愛する生徒さんと百万石まつりを撮りにいってきました。彼は200−400mmの望遠を装備。私もあまり使っていない70−200mmを持っていきました。 重いレンズはこういう時は威力抜群。標準ズームだともうちょっと!とストレスなのですが、70−200mmはストレスを感じさせない。開放で撮るときにフワ〜っとしたボケも大好きなのですが、最近はもっぱらテーブルフォトに夢中なのと重く [続きを読む]
  • 写真の姿は嘘?本当?
  • 心の中に刻み込まれている憧れの写真がある。まだカメラを買ったばかりに見た写真で見るなり胸がキュン。一目でノックアウトされてしまったその写真は私の一つの目標になった。 マクロで撮られたお花の写真。優しくもあり力強さもあるその姿はその人自身なのだろうか。写真って技術や感じ方だけでなく、人間性も出ちゃう?自分に自信がない私にとっては恐ろしい。 写真に写るものは嘘なのか、本当なのか作りこむことでそ [続きを読む]