塩入志津子 さん プロフィール

  •  
塩入志津子さん: 塩入志津子ブログ
ハンドル名塩入志津子 さん
ブログタイトル塩入志津子ブログ
ブログURLhttp://shizuko164.blog.fc2.com/
サイト紹介文編集者,駅弁研究家として長い間に出会えた素敵な人,女性や社会の問題,空襲体験などを率直に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/02/19 19:32

塩入志津子 さんのブログ記事

  • 駅弁彩見 43 都城駅 かしわめし
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 JR九州日豊本線都城駅は1913(大正2)年に開業。赤レンガの東京駅開業の前年で、1年先輩である。35年後の1948(昭和23)年に、せとやま弁当が創業。同年、 [続きを読む]
  • 新聞大学入学の記―58回
  • 「新聞大学」から新知識人が生まれる! 新聞を読んでいらっしゃいますか? 私は、本年1月『新聞大学』(扶桑社)に入学しました。 ある日、書店で、本の帯のキャッチが目に飛び込んで きました。 日々、脳力が 上がる! 学費ゼロ 毎日届く 自宅でできる 最新の情報満載 とあります。 なんと、好条件。さらに、入学金(本の価格)は1080円。 指導は、外山滋比古(とやましげひこ)先 [続きを読む]
  • 駅弁彩見42 伊東駅 いなり寿し
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。  JR東日本伊東線伊東駅は1938(昭和13)年に開業。 日中・太平洋戦争下の戦時統制法である、国家総 動員法公布の年である。8年後の1946(昭和21) 年、太 [続きを読む]
  • よく死ぬことー57回
  • 命の輝きを大切に・2017  ケインズと言えば、イギリスの大経済学者だった人だが、 なかなかしゃれていた。  ”長期的にみると、われわれはどうなっていくのでしょ うか“ ケインズ先生に向かって、記者会見で代表記者が質問した。 折しも、イギリスは大不況にあえいでいた。いつ、ここからは い出せるのか、世間はそれを知りたがっている。大先生ならあ りがたいご託宣がいただけるのではないか。記者たちから期待 [続きを読む]
  • 駅弁彩見 41 草津駅 近江牛すき焼き弁当
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。  東海道本線(琵琶湖線)草津駅は、1889(明治22)年の開業。同年、南洋軒も国鉄立売営業の許可を受けた。大日本帝国憲法公布。東海道本線全通と時を同じくし [続きを読む]
  • 医 というもの-56回
  • くる年も全開で-2016  11月23日に左の小指の骨が2か所折れた。 筑波山までのドライブをしょうと、92歳の姉、同年の女性、 発案者の姉の友人の男性という4人のメンバーだった。  まだ全山紅葉とまではいかないが、山麓のケーブル乗り場 は混雑をきわめ、たくさんの家族連れの和やかさが温かな風 を運んでいた。  昼の食事を済ませ、車へ戻ろうとしていた。 90歳よりは若いので、車を止めた場所を見つ [続きを読む]
  • 駅弁彩見 40 神戸駅 リラックマだららん釜めし
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 東海道・山陽本線神戸駅は1874(明治7)年に開業。日本の徴兵令布告の翌年で、駅舎はレンガ造りであった。29年後の1903(明治36)年に淡路屋が鉄道構内営業を [続きを読む]
  • 『リラックマ ここにいます』 の絵本―55回
  • 「リラックマ」が耳はカステラでできていると言ったら、かじられたそうです(主婦と生活社刊) 今回、40回目のブログ駅弁で、神戸駅の「リラッ クマだららん釜めし」を掲載しましょう、と撮影用 のお弁当を送って頂いたときまで、「リラックマ」は、 「くまモン」のちがう呼び名だと勘違いしていた。 「リラックマ」を全く知らなかったのです。 キャラクター使用の物品でよく覚えているのは、「 キティーちゃん」の駅弁掲 [続きを読む]
  • 駅弁彩見 39 新津駅 えんがわ押し寿司
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 信越本線新津駅は、1897(明治30)年に開業。同時に 新津駅の現神尾商事・弁当部も創業した。第1回オリ ンピック大会がアテネで開催された翌年である [続きを読む]
  • 欽ちゃん との対話―-54回
  • 自宅窓からの夕景・7/2016 読書は、精神の栄養剤。著者との対話によって、そのとき の自分を知り、他を知る。ある日萩本欽一著『運の練習帳』 広済堂新書)に出会いました。 私は、欽ちゃんが大好きです。お顔もいい。 以下は、最近、本で出会えた欽ちゃんと私の勝手な対話です。 仲良くなれそうもない人とは、喧嘩もしない。(欽ちゃん,以下同じ) ――私もそのように心がけています。(塩入、以下同じ) [続きを読む]
  • 駅弁彩見 38 大船駅 鯵の押寿し
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 東海道本線大船駅は、1888(明治21)年に開業。翌 年の明治22年に、今話題の大日本帝国憲法が公布さ れ、皇室典範が制定された。駅開業から10年後明 [続きを読む]
  • わきまえる心
  • 2016年東京・新宿御苑 東京、浅草で酒屋の娘として育った。 小学校へ通うようになったころ、父からよく言われた。 「友達の家で、なにかご馳走になるとき、または、何か、下さる と言われて、どれでもお取りなさい。といわれたら、一番いいも の、志津が欲しいものを取ってはいけない。いいね。二番目か、 三番目のものにしなさい」 小学校一年生で、よく意味が分からないままに「はい」と返事 だけしていた。ただ、 [続きを読む]
  • 駅弁彩見 37 福井駅 越前かにめし
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。北陸本線福井駅は、1896(明治29)年に開業。この年に、第1回オリンピック大会がアテネで開催された。6年後のシベリア鉄道が開通した1902(明治35)年に、 [続きを読む]
  • ある判決−被告が94歳であっても-
  • 学生時代通った「どん底」は今も健在 (東京・新宿三丁目) インターネットで調べものをしていて、ふと、目についた 記事があった。 2016年6月17日、ドイツの裁判所で、ある有罪判決が下 された。 ラインホルト・ハニング(Reinhold Hanning)被告(94歳) は、当時ドイツが占領していたポーランドのアウシュビッ ツ強制収容所で看守として果たしていた役割を罪に問われて、 禁錮5年を言い渡された。 この公判は、「 [続きを読む]
  • 駅弁彩見 36 塩尻駅 信州ジビエ祭弁当
  • ●お詫び しばらく『日本鉄道構内営業中央会70年史』を手伝 わせていただいておりましたので、休載のようになり ました。また、よろしくお願いいたします。 JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いい [続きを読む]
  • 三十路(みそじ)のガウン
  •      お見せするのは恥ずかしいのですが、このガウンは戦友ですガウンと呼べるものは、写真の、これ一枚しかない。 愛用というものではなく、戦友かもしれない。 51歳のとき300万円の資本金で会社をつくった。 資本金の大部分は、親友の姉さんが担保もなしで貸してくれた。ある 製薬会社の重役の奥様で、親友との関係で親しかった。 親友が、私の留守中に現金をアパートの電気洗濯機の中に入れておい てくれ [続きを読む]
  • 駅弁彩見 35 一ノ関駅  平泉
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 一ノ関駅は、1890(明治23)年に開業。駅の開業と同時に駅弁のあべちうも創業。初代が阿部忠吉であることから、「あべちう」とした。第1回帝国議 [続きを読む]
  • 通り過ぎたひと
  • 2015年12月の東京原宿 転居した年に、市会議員の選挙があった。 地図を頼りに広大な団地内の投票所を探して、責任を済ませ、 帰途につく。 家を出るとき、カメラをかかえてきた。 ぶらぶら、きょろきょろしながら、あまり大きくない公園に たどり着いた。 うす紅色の、名も知らぬ花をつけた植物が被写体になってく れた。 しばらくファインダーをのぞいていると、公園の外から女性 の声がする。 「写真を [続きを読む]
  • 駅弁彩見34 郡山駅 海苔のりべん
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 東北本線郡山駅は、1887(明治20)年に開業。東京にやっと電灯が灯るようになったころである。その37年後の1924(大正13)年に福豆屋が、郡山駅で駅弁の販売を [続きを読む]
  • 初心の魅力
  • 東京小石川・善仁寺庭園2014幸か不幸か、人間に生まれてきて、女学生のころから 人間ってなんだろう と、今になっても思っている。 生まれた場所のお蔭で、極度の貧困を味わうこともな く10代で両親を失うまで、ひだのない、のっぺらぼ うの精神のまま過ごした。 歳月を経て、それこそ、馬齢を重ね、おぼろげながら、 この世で一番怖いもの、はたまた、素晴らしいのは、 人間ではないか、と 。 が打てるよ [続きを読む]
  • 駅弁彩見 33 新津駅 焼(やき)漬(つけ)鮭ほぐし弁当
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 信越本線の新津駅は、1897(明治30)年に開業した。東京駅開業の17年も前である。新津駅開業から31年後の1928(昭和3)年に三新軒の駅弁の構内営業がスタートし [続きを読む]
  • ガラスのおしゃぶり
  • 浜離宮公園散策2015年9月テレビが日本に初登場したのは,1953(昭和28)年2月1日。 NHK東京地区、契約台数866、1日4時間の放送であった。 私は、その年の3月、学校を卒業したばかりで、もちろん、 貧乏なサラリ-ウーマン。866中の視聴者ではなかった。 時の内閣総理大臣は、自由党の吉田茂さん。 吉田さんちは、たぶん、866の1台に入っていたでしょう。 そして、はや、62年 [続きを読む]
  • 駅弁彩見 32 出水(いずみ)駅 極 黒豚めし
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 鹿児島県北西部、八代(line">やつしろ)海()に面する出水(6.0pt;layout-grid-mode:line">いずみ)に駅が開設されたのは大正12年。関東大震災の年。その6 [続きを読む]
  • マツコ・デラックス
  • 散歩で出会った、群れない葉仕事がら、駅弁に関するメディアの放送や活字は、なる べく見るようにしている。 2015年8月「マツコの知らない世界SP 駅弁」を見た。 解説というか、案内役は、立ち話程度はしている知人の 鉄道ジャーナリスト、櫻井 寛さん。 櫻井さんは、てきぱきと爽やかな語り口で、有名駅弁の 宮島口のあなごめしや北海道厚岸のかきめし、大丸や東 京駅地下のお弁当などを紹介。動く車窓の [続きを読む]
  • 駅弁彩見 31 松本駅 山賊焼
  • JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 標高586メートル。水清くして山高く、風光る地、 松本に駅が誕生したのは、明治35年。シベリア鉄 道が開通した年。その18年後、大正9年に駅前の 飯田屋旅 [続きを読む]