Dycu さん プロフィール

  •  
Dycuさん: Y&C〜輝く二つの星〜
ハンドル名Dycu さん
ブログタイトルY&C〜輝く二つの星〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/donchi1015
サイト紹介文homin小説R−18
自由文hominを、中心に今書いているのわ、ホストユノ&チャンミン。sjも登場させていくつもりです。R−18も書いていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/02/20 14:41

Dycu さんのブログ記事

  • 世界で一番愛した人 43
  • 俺の腕の中で眠る愛おしい人・・・・・心が安らぎ癒されていく・・・・・チャンミンを起こさないようにそっとベッドを抜け出した・・・・・ベランダから見える月を眺めながらタバコに火を付けた・・・・・自分の思い通りにならない現実に疲れきった心をチャンミンが癒してくれた・・・・・愛する人が居る事でこれからも頑張れる・・・・・俺が描く未来・・・・・その隣りにはチャンミンがいる・・・・・そのためには会社を絶対に守らなくてはいけないんだ・・・・・自分の背負っ [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 42
  • 「・・・・・一番大切なものを見失うな・・・・・か・・・・・」ドンへと別れ、愛する人が待つ部屋へ帰る・・・・・俺の帰る場所にはチャンミンが居る・・・・・二人の部屋にはお互いの愛が溢れ、強く結ばれていると感じる・・・・・その日常はもう当たり前になっていて・・・・これからずっと変わる事はない・・・・・見失う事などないと信じていた・・・・・ヒョンとチャンミンが話していた事に胸騒ぎを感じながらも、俺は二人を信じていたんだ・・・・・俺の気持ちを一番分かってい [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 41
  • 会社を立て直す事に今まで必死に頑張ってきた・・・・・提携の話しがまとまって、プロジェクトも順調に進んでいた・・・・・俺は必死に頑張ってここまでやってきた・・・・自分のしてきた事は正しかったのか・・・・・いつも信念を持ってやってきた事が初めて分からなくなった・・・・・チェ社長に言われた言葉を思い出す・・・・・今、あなたがしなくてはいけない事は会社を立て直す事だ・・・・・これはビジネスです。成功しなきゃ意味がない・・・・・会社を守る事・・・・・ [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 40
  • 「・・・・・俺は・・・・・・・・・・何も・・・・・知らない・・・・・何がどうなってるいるのか・・・・・」会社の事も、プロジェクトの事も・・・・・俺は何も分かっていなかった・・・・・頭の中が混乱し黙ってしまった俺に静かにチェ社長が話し出す・・・・・まっすぐ見つめその力強い瞳に俺は目をそらす事が出来ない・・・・・「チョンさん・・・・・私はあなたの力になると約束しました・・・・だから、あのプロジェクトも引き受けたんですよ。その変わりに今、うちが手がけてる仕事をチョ [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 39
  • 「ヒョン!じゃあ、俺、プロジェクトの会議行って来るから、提携の話しは任せたよ!」「あぁ、分かった。俺も話しを進めて来る!」提携の話しは順調に進み、俺はイトゥクヒョンに全てを任せ、今、手がけているプロジェクトに専念していた・・・・・会社のために俺が力を入れてきたプロジェクト・・・・・このプロジェクトが上手くいけば大きな利益になる・・・・提携しても、このプロジェクトを中心に会社を立て直したいと考えていた・・・・・これで全て [続きを読む]
  • 君がいる世界
  • 「・・・・・はぁ・・・・・あ・・・・・ユノ・・・・・もう・・・・・無理・・・・・はぁ・・・・・あぁ・・・・・」「・・・・・もっと・・・・・チャンミナ・・・・・まだ・・・・・足りないよ・・・・・」何度も熱を放った身体の中は熱く俺を奥へと誘う・・・・・足を抱え細い腰を掴み奥へとゆっくり入っていく・・・・・部屋に響くお前の甘い吐息が俺を煽る・・・・・何度抱いても足りないんだ・・・・・この甘い熱をずっと感じていたい・・・・・こんな気持ちになるのは心から愛しているから・・・・・君に出会い・・・・・俺の世界は色 [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 38
  • 「・・・・・はぁ・・・どうするべきなんだ・・・・・・」会社の経営がずっと良くない事は知っていた・・・・・今、この会社を守るためには大きな会社と提携するのが一番いい事も分かっている・・・・・大手の会社から提携の話しがある事を父親から聞いた・・・・・でも・・・・・その条件は俺が海外支社の社長になる事だった・・・・・海外に行ったらいつ帰って来れるかわからない・・・・・それはチャンミンと離れ離れになると言う事・・・・・いつ戻れるか分からない俺を待っていて [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 37
  • 離さないよ・・・・・チャンミナ・・・・・俺達はずっと・・・・・一緒だ・・・・・愛してる・・・・・ユノの愛を全身で感じながら・・・・・頭の中はただユノの愛だけを想い・・・・・心から愛されていると感じた・・・・・優しく包む温もりが重なり合うようにお互いへ伝わる・・・・離れないように手を伸ばす・・・・・そこにあるはずの温もりが無くて目が覚める・・・・・「・・・・・・・・・ユノ・・・・・?」まだ暗い部屋・・・・・伸ばした手の先にユノの姿はなかった・・・・・周りを見渡すとカーテンの隙間 [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 36
  • 「・・・・ユノ・・・・・」心に決めた別れを現実に受け止めると寂しさが襲う・・・・・でも・・・・・心に決めた事・・・・・ユノの幸せのため・・・・・そう心に言い聞かせる・・・・・どう別れを告げるか・・・・・考えるだけで怖くなる・・・・・ユノの存在が僕の中で大きすぎて・・・・・全てがなくなってしまう事に僕は耐えていけるのか・・・・・優しく抱きしめてくれる温もり・・・・・全身で感じる愛・・・・・幸せな日々・・・・・全てを手放さなくてはならない・・・・・心の中は揺れてどうにかなりそ [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 35
  • ユノと別れるタイムリミットが決まった現実に僕の心の整理は着かないまま・・・・・部屋に帰ればそこはいつもと変わらない二人だけの世界があって・・・・愛がある・・・・・ユノと過ごした時間を思い返すとたくさんの愛に包まれていた・・・・・愛の告白も・・・・・初めて愛し合ったのも・・・・・全部この部屋だった・・・・・ユノために料理を作ったキッチン・・・・・二人でいつも座っていたソファ・・・・・ユノの愛に包まれて眠るベッド・・・・・二人の愛がたくさん詰まった [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 34
  • ユノと・・・・・別れてくれ・・・・・イトゥクさんの言葉に胸の鼓動は早くなっていく・・・・・別れるなんて出来ない・・・・・別れたくない・・・・・そう言いたいのに・・・・・イトゥクさんの冷たい視線が僕の言葉を奪う・・・・・僕は何も言えずに黙ったまま重い空気が部屋を包んでいた・・・・イトゥクさんの視線はずっと僕を見つめたまま・・・・・静かに話し始めた・・・・・「・・・今・・・・・・この会社にはユノが必要なんだ・・・・・君にも分かるだろ?でも今のユノは会社より・・・・・君 [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 33
  • ユノは何も僕に言わないまま・・・・・僕も何も聞かない・・・・・ただ二人の愛だけがあれば何も変わらないと信じていた・・・・・「チャンミン!ちょっと来てくれ!」「何ですか?ドンへさん?」「あのな・・・・・トゥギヒョンがチャンミンに話しがあるから来て欲しいってさ。」「えっ・・・・・イトゥクさんが?」僕はこの時、なぜか胸騒ぎがした・・・・・イトゥクさんと僕はあまり接点がない・・・・・思い当たる事はユノの事だけ・・・・・緊張と不安が全身を包む・・・・・重い足 [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 32
  • 「・・・・・キュヒョナ・・・・・僕は・・・・・何も知らなかった・・・・・ユノは何も僕に・・・・・言ってくれないのかな・・・・・」「ユノヒョンにはきっとユノヒョンの考えがあるんだよ・・・・・恋人なら信じるしかないだろ・・・・・」「・・・・・うん・・・・・」「・・・・大丈夫だ・・・・・ユノヒョンはちゃんとチャンミナを愛してる・・・・・ドンへヒョンもそう言ってた・・・・・俺もそう思うよ・・・・・」「・・・・・ありがとう・・・・・キュヒョナ・・・・・ユノを信じるよ・・・・・」キュヒョンと別れ、一人になるとい [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 31
  • 取り引き先からの帰り、信号待ちで立ち止まりふと向けた視線の先にユノを見つけた・・・・・反対側の道・・・・・ユノとの距離は遠く僕に気づく事もなく歩いて行く・・・・・「・・・・・ユノ?」ユノの雰囲気が重く・・・・・なぜか僕は胸な騒ぎがした・・・・・僕は何も分かっていなかった・・・・・ユノに起きている事・・・・・胸の中に抱える想いを・・・・・何も知らなかったんだ・・・・・ユノの顔が頭から離れないまま会社へ戻り、ドンへさんに聞こうとしたけれど、忙しそうに仕 [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 30
  • 「・・・・・今日も・・・・・遅いな・・・・・ユノ・・・・・」ユノの帰りを待ちながらソファでいつの間にか眠ってしまった・・・・・最近はずっと帰りが遅く、夕食も一緒に食べる事も出来なかった・・・・・一緒に住んでいるのに過ごせる時間は眠る時だけ・・・・・でも・・・・・ユノの帰って来る場所はここしかない・・・・・そして僕も・・・・・帰る場所はここしかない・・・・・僕達の愛が確かにこの場所にはあるから・・・・・この部屋が僕の寂しい心を支えていた・・・・・ふと感じた温もりに [続きを読む]
  • 逢いたくて・・・・・逢いたくて・・・・・ 2
  • 桜の花びらがヒラヒラ舞い落ちる・・・・・その花びらにそっと手を伸ばす・・・・・「・・・・・ユノ・・・・・」願いを込めるように呼んだ愛おしい名前・・・・・瞳を閉じて思い出すあなたの優しい笑顔・・・・・逢いたくて・・・・・逢いたくてたまらない・・・・・胸の中でずっと我慢していた想いが溢れ出した瞬間・・・・・聞こえた声・・・・・「・・・・・チャンミナ・・・・・」その声は忘れるはずのない愛おしい声に胸が高鳴る・・・・・ゆっくり瞳を開けるとさっきとは違うキラキラ輝く世界が広 [続きを読む]
  • おかえりなさい!ユノ!
  • ユノがついに帰って来た!!王の帰還!!ついに帰って来たんだね!もう、朝からそわそわして、9時半過ぎたら手が震えた!仕事も行かなくちゃだけど、ユノの姿を見れて良かった?ライブ中継してくれたペンに感謝です!ユノ!お疲れ様!そして!!「おかえりなさい!!」やっと・・・・・この言葉が言えたね!チャンミンに会いたい?東方神起の始まり?もう、ユノの言葉に涙が止まらない!私達の時間が動き出したね!完全体まであと少し! [続きを読む]
  • いよいよだね!
  • ついにこの日が来ました!二年前の2015年7月21日にユノに行ってらっしゃいと言ってからいろんな想いでこの日を待っていました。胸にぽっかり穴が空いて、こんなにも自分の中で東方神起の存在が大きいんだと実感したあの日・・・・・この顔を見て、東方神起のユノからチョン ユンホになったと感じ、寂しくもありでも、ユノの人生の中で本当の自分で居られる大切な時間が始まったのだと感じました。軍隊での姿が少しずつ画像が上がるたび [続きを読む]
  • 逢いたくて・・・・・逢いたくて・・・・・
  • 「・・・・やっと・・・・・桜が満開になったな・・・・・ユノ・・・・・早く逢いたい・・・・・桜が満開だよ・・・・」今年の桜はいつもより遅く満開になった・・・・・まるで僕達の再会を待っていてくれたかのように・・・・・この桜の木の下で僕は愛する人の帰りを待っている・・・・・桜が満開の二年前・・・・・僕達はこの場所からお互いの道を歩き出した・・・・・「・・・・・チャンミナ・・・・・これは別れじゃない・・・・・必ず俺はこの場所に・・・・・チャンミナの元に戻って来るから・・・・・」「・・・・・う [続きを読む]
  • カウントダウン
  • ユノが帰って来るまであと6日・・・・・東京ドームで泣いたあの日から二度目の春が来たんだね・・・・・長いようであっという間だった気がします。入隊中もユノは変わらずまっすぐで、誠実で・・・・・何事にも全力で・・・・・みんなから愛される人だった・・・・・チョン ユンホという人柄が本当分かる軍生活だった気がします。私は二人が居ない間・・・どうだったかな?と、最近ブログを読み返しながら考えていました。変わった事・・・・・変わらなかった事・・・・・ [続きを読む]
  • 世界で愛した人 29
  • 「・・・・・チャンミナ・・・・・もう・・・・・こっち来いよ・・・・・」「・・・・・あっ・・・・・うん・・・・・」久しぶりに二人で過ごす休日・・・・・出張から夜遅く帰って来たユノさんはいつの間にか起きていてパソコンに向かう僕の肩にユノさんが持たれかかる・・・・・会社に入ってからお互いに忙しい日々が続いた・・・・・ユノさんは部署が変わり会社で会う事はあまりなくなり、出張が増えて二人でゆっくり過ごす時間もなかった・・・・・ユノさんの唇が耳・・・・・首にキスを落として [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 28
  • 「・・・・・チャンミナ・・・・・ただいま・・・・・」「おかえりなさい・・・・・ユノ・・・・・」仕事から帰って来たユノさん・・・・・キッチンに居た僕を後ろから抱きしめる・・・・・甘い二人だけの空間にユノさんの香水の香りが広がる・・・・・その甘い香りはいつだって胸をドキドキさせる・・・・・その顔が見たくてゆっくり振り返ると優しく見つめる瞳に僕が映る・・・・・その瞳に見つめられると愛が溢れ出す・・・・・大好きで愛おしくてたまらない・・・・・引き寄せられて甘くユノさん [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 27
  • 「・・・・・もうこんな時間か・・・・・ユノ・・・今日も遅いな・・・・・」一緒に暮らすようになって半年が過ぎた・・・・・料理も上手く作れるようになって、二人で暮らす事にも慣れた・・・・・ユノさんは仕事が忙しく帰りが遅くなる事も多かったけれど、デザインの勉強をしながら帰りを待つ事も僕にとっては幸せな時間だった・・・・・「チャンミナ・・・・・ただいま・・・」「・・・・・おかえりなさい!ユノ・・・・・」当たり前に交わす言葉がこんなにも嬉しい・・・・・二人だけの部屋・・ [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 26
  • 「・・・・・はぁ・・・・・ユノ・・・・・もう・・・・・はぁ・・・・・」「・・・・・チャンミナ・・・・・・・・・肩に手を置いて・・・・自分で動いてごらん・・・・・」愛に染まっていく僕の身体・・・・・何度も愛し合った身体はもうユノさんの形を覚え押し開かれていく痛みも快楽へ変わっていく・・・・ユノさんの愛が身体中に広がっていく感覚に愛されていると感じる・・・・・ゆっくり腰を動かしながら・・・・もっと愛を感じたくて奥へと誘う・・・・・「・・・・・はぁ・・・・・ユノ・・・・・深い・・・・・はぁ・・・・・も [続きを読む]
  • 世界で一番愛した人 25
  • 「・・・・・ドキドキするな・・・・・ヒチョルさんって・・・・・どんな人なんだろう・・・・・」今日からデザインの勉強をするためにヒチョルさんのオフィスに向かう・・・・・やりたい事を見つけた僕にユノさんは勉強する場所を見つけてくれた・・・・・いつかユノさんと仕事が出来るように・・・・・今、僕に出来る事を頑張りたい・・・・・ドキドキする胸を落ち着かせるように・・・・・教えられた場所へ向かった・・・・・個性的な外観が目に入る・・・・・看板を確認して扉を開けて中 [続きを読む]