由佳 さん プロフィール

  •  
由佳さん: バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
ハンドル名由佳 さん
ブログタイトルバルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所
ブログURLhttps://ameblo.jp/institutchiari/
サイト紹介文バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/02/20 21:21

由佳 さんのブログ記事

  • 診療再開
  • みなさん、こんにちは。 本日から当研究所での診療を再開いたしました。当研究所の治療に関するお問い合わせ、または診察・手術をご希望の方は、以下の番号またはメールにてご連絡ください。電話番号:+34 902 350 320+34 932 066 406+34 932 800 836 メールアドレス:ytakahashi@institutchiaribcn.com バルセロナキアリ研究所チーム一同 [続きを読む]
  • 8月の夏期休診のお知らせ
  • みなさん、おはようございます。8月の夏期休診のお知らせです。----------------------バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症研究所は、7月31日から8月20日まで夏期休診とさせていただきます。9月の診療予約は7月中か8月21日以降、メールまたはお電話にてご予約ください。8月21日から通常通り診療いたします。当研究所の連絡先:メールアドレス:ytakahashi@institutchiaribcn.com電話番号:+34 932 066 406--------------- [続きを読む]
  • スペイン語・フランス語担当のサマンタさん
  • みなさん、こんにちは。 本日は、当研究所チームのメンバー、サマンタさんの紹介記事です。---------------------スペイン語・フランス語担当のサマンタさんが当研究所メンバーに加わったのは2008年。当研究所に入った当初は英語担当として業務にあたっていましたが 、その後はスペイン語・フランス語担当して患者さんのケアを行っています。 サマンタさんが多言語・多文化に順応できる背景には、サマンタさんの生い立ちが関係して [続きを読む]
  • ブラジル人のレオナルド君の親御さんの体験談:キアリ奇形
  • みなさん、こんにちは。本日ご紹介するのは、ブラジル人のレオナルド・コルチーニョ君の親御さんの体験談です。当研究所のホームページからご覧になる場合は、こちらから。------------------------レオナルド・コルチーニョ:キアリ奇形 手術日:2015年7月 息子のレオナルドに症状が現れたのは3歳の時でした。複数の小児科と神経内科を受診し、頭部・脳部のMRI検査を受けましたが、確定診断には至りませんでした。病院では偏頭痛 [続きを読む]
  • ブラジル人の患者さん(4歳)のご両親の動画体験談:キアリ奇形
  • みなさん、おはようございます。本日ご紹介するのは、フェリペ-ガブリエル・ダ-コスタ君(4歳)のご両親の動画体験談です。当研究所のホームページからご覧になる場合は、こちらからどうぞ。手術日:2016年9月1日撮影日:2016年9月21日フェリペ君(4歳)のご両親のマルシオさんとダイアネさんは、フェリペ君が確定診断を受けてから当研究所の治療法に辿り着くまでの過程を、動画体験談の中でシェアしてくださいました。お母様のダ [続きを読む]
  • 患者さんからの贈り物:韓国の煮干し
  • みなさん、こんにちは。本日ご紹介するのは、ちょっと前になりますが、韓国からお越しの患者さんから当研究所の韓国語担当者に贈られた煮干しです。煮干しを見たことがないヨーロッパ出身の研究所メンバー数人が不思議そうな顔をして煮干しを見ていたのが印象的でした。ちょっとしたカルチャーショックだったのかもしれませんね。それでは、今週も素敵な1週間になりますように。 [続きを読む]
  • 最新の動画体験談:キアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症
  • みなさん、こんにちは。本日ご紹介するのは、ブラジル人のルーカス君(6歳)のお父様の動画体験談です。手術日:2016年8月ブラジル人のルーカス君(6歳)のお父様のエベルソンさんは動画体験談の中で、ルーカス君がキアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症、水頭症と診断されてから、当研究所での終糸切断手術後の1ヶ月検診に至るまでの様子を語っています。エベルソンさんは2016年5月にルーカス君の診断名が告げられてから、奥様のルシ [続きを読む]
  • 休診のお知らせ:5月1日
  • みなさん、こんにちは。 5月1日(月)はスペインの国民の祝日(メーデー)のため、バルセロナキアリ奇形&脊髄空洞症&脊柱側弯症は休診となります。 送られてきたメールやお問い合わせに関しては、5月2日以降早急に返答いたしますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。 バルセロナキアリ研究所チーム一同 [続きを読む]
  • 『終糸システム®入門』に英語版が加わり7言語に!
  • みなさん、おはようございます。 この度『終糸システム®入門』の英語版が発行され、現在スペイン語、フランス語、イタリア語、ポーランド語、ロシア語、ポルトガル語、そして英語を加えた7言語で発行されています。また、中国語や日本語、韓国語やアラビア語でも現在翻訳作業が始まっております。本書および翻訳版がキアリ奇形、脊髄空洞症、脊柱側弯症などの終糸病、神経頭蓋脊柱症候群の理解を深めたい方のお役に立てることを当 [続きを読む]
  • 日本人患者さんの終糸切断手術前後のMRI画像上の変化
  • みなさん、こんにちは。 本日ご紹介するのは、日本人患者さんで終糸切断手術を受けられた方の終糸切断手術前後のMRI画像の変化です。脊髄内の空洞の明らかな減少がご覧いただけるかと思います。 日本人患者さんの保護者の方が書いてくださった体験談は以前ブログでも紹介させていただきましたが、まだご覧になっていない方はこちらからどうぞ。 [続きを読む]
  • キアリ奇形患者さんが国際ラリーにドライバーとして参戦
  • みなさん、おはようございます。本日ご紹介するのは、当研究所で治療を受けたフランス人のエマヌエル・タルキーニ(Emmanuelle Tarquini)さんについてです。タルキーニさんは、ナビゲーターのセシリア・メルロ(Cécilia Merló)さんと2017年3月19日に、女性だけが参戦できる第27回ラリー・アイシャ・デ・ガゼル(Rallye Aïcha des Gazelles)にドライバーとして参加するため、モロッコに向けバルセロナ港を出航しました。 この [続きを読む]
  • 研究所新メンバー:韓国語担当のキム・セッピョルさん
  • みなさん、おはようございます。本日は、当研究所の新メンバーである韓国語担当のキムさんの紹介です。----------------------当研究所の治療計画である終糸システム®に関心のある世界各国の患者さんの要望に応えるため、去年の3月から韓国語担当として新しくキム・セッピョルさんが研究所チームに加わりました。キムさんはソウルで国際貿易学を学び、在学中はフィンランドに留学し英語力と多文化への理解を深めました。3年前にス [続きを読む]