キノシタ さん プロフィール

  •  
キノシタさん: 膵臓がんサバイバーへの挑戦
ハンドル名キノシタ さん
ブログタイトル膵臓がんサバイバーへの挑戦
ブログURLhttp://www.pan-can.tokyo/
サイト紹介文膵臓がんの術後7年で完治宣言。がんとは闘え、死とは闘うな。膵臓がんだって治りたい。
自由文がんとは闘え。死とは闘うな! しかし、がんとの闘いだけに捧げた人生なんて、つまらない。「今ここに」ある自分を生きる。私の理想は「百まで生きて、がんで死ぬ」 こと。
食事療法ではがんは治らない。しかし、食事療法をしなければ(たぶん)がんは治らない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2013/02/21 09:29

キノシタ さんのブログ記事

  • 今日の一冊(78)『65歳からは検診・薬をやめるに限る!』
  • 名郷直樹医師の本は、何度も紹介しています。彼の主張が私の考えに良く合うからです。「長生きするのは善なのか?」スパコン「京」の開発予算の審議で、蓮舫さんは「2番ではダメなんですか?」と言ったが、世界一の長寿国になっても「1番でもダメ」なようで、まだ健康第一だとやっています。これじゃおかしくないですか?ということを書いているのが名郷直樹医師の『「健康第一」は間違っている』なのです。タイトルだけをみると「 [続きを読む]
  • ゲノム・シークエンス
  • 先の記事「プレシジョン・メディシンのまとめ」の続きです。前回の記事を書いたあと、遺伝子解析に関して調べてみたが、どうにも納得できない点がいくつかある。ひとつには、遺伝子解析の費用の問題。SCRUM-Japanでは患者の自己負担はないが、他の北海道大学病院や京都大学病院の場合、検査費用が50万円〜100万円以上となっている。イルミナ社の最新式次世代シーケンサーを使えば、全ゲノムシークエンスでも10万円以下である。遺伝 [続きを読む]
  • ドメインを変えました
  • お知らせです。ココログのURLをNiftyから独自ドメイン「www.pan-can.tokyo」に変えました。(パンキャン・ジャパンとは関係はありません)※以前のURL「http://pancreatic.cocolog-nifty.com」でも正常に表示されます。ドメイン・マッピングというテクニックを使っているので、どちらでも表示されます。 [続きを読む]
  • 今日の一冊(77)『免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ』
  • 『すい臓がんカフェ』でも何人かの方から質問されましたが、ケトン食に挑戦しているがん患者も多いことと思います。ケトン食については、以前の記事『今日の一冊(61)「ケトン食ががんを消す」』でも取りあげている古川 健司さんの著作『ケトン食ががんを消す』がベストセラーになっています。ケトン食=スーパー糖質制限食ですが、私自身はずっと糖質制限を続けてきました。その経験からも、私がもし再発・転移してしまった場合に [続きを読む]
  • NHKの戦争特集がいいね
  • NHKスペシャルの戦争特集が秀逸だね。籾井勝人がいなくなって、本来のNHKが戻ってきた。「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」ハバロフスク裁判での録音テープを良く発掘した。731部隊の人体実験は虚構だという説は完全に否定された。京都大学や東京大学から優秀な医学者がなぜ731部隊に赴任し、人体実験までやったのか。軍部からの豊富な資金を受け、金に目がくらんでのことだった。731部隊の責任者は、実験データをアメ [続きを読む]
  • NHKの戦争特集がいいね
  • NHKスペシャルの戦争特集が秀逸だね。籾井勝人がいなくなって、本来のNHKが戻ってきた。「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」ハバロフスク裁判での録音テープを良く発掘した。731部隊の人体実験は虚構だという説は完全に否定された。京都大学や東京大学から優秀な医学者がなぜ731部隊に赴任し、人体実験までやったのか。軍部からの豊富な資金を受け、金に目がくらんでのことだった。731部隊の責任者は、実験データをアメ [続きを読む]
  • 第7回『すい臓がんカフェ』終わりました
  • 第7回『すい臓がんカフェ』にご参加の皆さん、残暑厳しい中、お疲れさまでした。同じがんで集う仲間から役立つ情報を得て、「希望」を持ち帰ることができたでしょうか。6割の方が初参加でしたが、治療への戦略を確認し、再検討する糧になったでしょうか。同じ膵臓がん患者ならではの、貴重な情報交換、話しができたことと思います。押川先生も、ご多忙の中参加してくださり、丁寧な助言をいただいたと、多くの参加者から感謝の言葉 [続きを読む]
  • 第7回『すい臓がんカフェ』終わりました
  • 第7回『すい臓がんカフェ』にご参加の皆さん、残暑厳しい中、お疲れさまでした。同じがんで集う仲間から役立つ情報を得て、「希望」を持ち帰ることができたでしょうか。6割の方が初参加でしたが、治療への戦略を確認し、再検討する糧になったでしょうか。同じ膵臓がん患者ならではの、貴重な情報交換、話しができたことと思います。押川先生も、ご多忙の中参加してくださり、丁寧な助言をいただいたと、多くの参加者から感謝の言葉 [続きを読む]
  • プレシジョン・メディシンのまとめ
  • 今の話題はプレシジョン・メディシンでしょう。ざっくりとまとめてみます。膵臓がんで「もう効く抗がん剤はありません」と言われた時、まだ諦めるのは早いです。京都大学医学部付属病院におけるプレシジョン・メディシンでは、膵がんで、遺伝性乳がん卵巣がん症候群の原因遺伝子であるBRCA2遺伝子に変異が見つかった人については、BRCA2遺伝子変異のあるがんに効くとされるプラチナ系の抗がん剤オキサリプラチンとS-1を投与したと [続きを読む]
  • プレシジョン・メディシンのまとめ
  • 今の話題はプレシジョン・メディシンでしょう。ざっくりとまとめてみます。膵臓がんで「もう効く抗がん剤はありません」と言われた時、まだ諦めるのは早いです。京都大学医学部付属病院におけるプレシジョン・メディシンでは、膵がんで、遺伝性乳がん卵巣がん症候群の原因遺伝子であるBRCA2遺伝子に変異が見つかった人については、BRCA2遺伝子変異のあるがんに効くとされるプラチナ系の抗がん剤オキサリプラチンとS-1を投与したと [続きを読む]
  • 愛車の車検
  • マイカーの9年目の車検を受けてきた。膵がんの術後10年目、ということは、術後1年目に新車に買い換えた車。当時のことを振りかえると、田舎の墓を元気なうちにと墓終いして東京に移し、最期に備える一方で、なんとはなく死ぬ気はしなかったので新車に買い換えたのだった。まだ4万キロしか乗ってないので、修理する箇所もなく、エンジンオイルとブレーキオイルを交換しただけ。ブレーキパッドも半分しか摩耗してないのでまだまだ乗 [続きを読む]
  • 愛車の車検
  • マイカーの9年目の車検を受けてきた。膵がんの術後10年目、ということは、術後1年目に新車に買い換えた車。当時のことを振りかえると、田舎の墓を元気なうちにと墓終いして東京に移し、最期に備える一方で、なんとはなく死ぬ気はしなかったので新車に買い換えたのだった。まだ4万キロしか乗ってないので、修理する箇所もなく、エンジンオイルとブレーキオイルを交換しただけ。ブレーキパッドも半分しか摩耗してないのでまだまだ乗 [続きを読む]
  • 焼き場に立つ少年
  • 戦争も核兵器も、二度とダメだ! 広島と長崎の平和式典に参列した安倍総理。「あなたはどこの国の総理ですか?」と被爆者から非難される始末。なさけない。焼き場に立つ少年報道写真家 ジョー・オダネル撮影 「焼き場に立つ少年」 (1945年長崎の爆心地にて)幼い弟の亡きがらを火葬にする順番を、歯を食いしばって待つ様子をとらえた。唇には血がにじんでいる。長崎ではまだ次から次へと、死体を運ぶ荷車が焼き場に向かっていた [続きを読む]
  • がん免疫療法、週刊現代の記事について
  • 週刊現代が、がん免疫療法の批判記事を第1弾、第2弾と出して話題になっていますね。第1弾では、免疫細胞療法の最大手、瀬田クリニックグループがやり玉に挙がっています。しかし、週刊現代の2016年2/6号では、免疫チェックポイント阻害剤に関する特集記事の中で、滉志会瀬田クリニックグループ統括院長 後藤重則氏のコメントが掲載されています。まぁ、売れればなんでもありの週刊誌(読賣にも登場しているが)ですから、深追いす [続きを読む]
  • 今日の一冊(76)『マチネの終わりに』
  • 久しぶりの「今日の一冊」ですな。昨年から話題の平野啓一郎の恋愛小説『マチネの終わりに』クラシックギタリスト福田進一が、小説とタイアップして演奏するCDを聞きながら読んだ。◆小説「マチネの終わりに」概要天才ギタリストの蒔野聡史と通信社記者の小峰洋子の二人を軸にした恋愛小説。40代の苦悩、スランプ、PTSD、戦争、生と死、父と子、師弟、嫉妬等、様々なテーマが複雑に絡み合い物語が進んでいく。ま、恋愛小説はそれ [続きを読む]
  • 「Love is Over」の替え歌
  • 「Love is Over」の替え歌だけど、この人、上手いね。笑いながら、忌野清志郎さんのことを思い出した。「浪速の歌う巨人 パギやん」という歌手? カラオケで歌ったらうけるかもね。 組閣後の世論調査で支持率が9%アップしたと言うから、安倍さんにしては、してやったり。世間を騙すのは簡単だよね。安倍総理、こんなことを考えているんだろう。支持率が下がったって、北朝鮮のミサイルを持ち出せば簡単に回復できる。残業代ゼロ法 [続きを読む]
  • 長岡大花火を中継で
  • 長岡の花火を一度は見てみたいが、多分生きている間には叶わないなぁ。で、テレビ中継で。平原綾香の歌「ジュピター」に合わせて上がる「フェニックス」がいちばん良かった。堪能。8/15には多摩川で「大田区平和都市宣言記念事業 第30回花火の祭典」にでも行ってみるか。 [続きを読む]
  • 光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画
  • 光免疫療法について。米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものがYouTubeにアップされています。(なぜかブロリコのCMが表示されることがあるんで、?で消してください) 光免疫療法は、米国国立衛生研究所(NIH)の主任研究員である小林久隆らの研究グループが、ネイチャー・メディシン誌上にて、その開発を発表したものです。ま、おもしろい実験です [続きを読む]
  • 日野原さんのラストメッセージ
  • クローズアップ現代+で、先日105歳で亡くなられた日野原重明さんの『“死”をどう生きたか 日野原重明 ラストメッセージ』を放映していた。『生き方上手』などの著書でで日野原さんは、自らや周囲に対して「死をどう生きるか」という問いを発し続けてきた。「その最期にね、ありがとうっていう、自分が生を与えられたことに対する感謝をね、いろんな方面にね、自然にこう、声が出るようなことがあればいいと思いますね。だから私 [続きを読む]
  • EPA/DHA摂取でがんの生存率向上
  • 魚油成分 生存率に効果 伊賀市立病院チーム魚油成分(EPA=エイコサペンタエン酸、DHA=ドコサヘキサエン酸)を含む市販の栄養剤を毎日摂取したところ、治療効果が上がったとする内容。生存率向上にもつながる。がん悪液質の患者でも栄養剤を摂取した人の生存率が向上したという。EPA/DHAの抗がん効果はすでに実証済みだし、商品名まで記事には書かれていないが、「プロシュア」でしょう。健康保険でも処方されます。Amazo [続きを読む]
  • 病床数を減らせば、がん患者は減るか?
  • NHKで人工知能に関する2つの番組を見た。録画してあったのをやっと再生。1. 人工知能 天使か悪魔か 20172. AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン 1は昨年放送されたものの続編で、チェス・囲碁に続いて将棋でも、佐藤天彦名人を完膚なきまでに打ち負かして、既にAIに勝てるプロはいなくなったと衝撃の内容。AIが人間社会にどんどん入り込んでくるだろうが、将棋の世界での問題は、これからの社会全般の先取りではなかろうか [続きを読む]
  • トースターが壊れて
  • 朝食はトーストに豆乳、サラダとハムエッグが定番なのですが、これで血糖値もコントロールできている。あさイチの血糖値は80〜110mg/dLの範囲で、食後も180mg/dL前後です。これで問題ないのだが、古いトースターが壊れて、真っ黒なパンができてしまう。20年以上も使っている年季の入った品。買い換え時期だよなぁ。娘が欲しいトースターがあるというので訊いてみたら、私が考えていたのと同じバルミューダのザ・トースターだった。 [続きを読む]
  • クルクミン(ウコン)の抗がん作用
  • 佐藤典宏先生のブログ「あきらめない! がんが自然に治る生き方」は、いつも注目しています。補完代替療法について、最新の研究結果を引用しつつ、根拠を示して紹介されているからです。今回はクルクミン(ウコン)の抗がん作用についてでした。クルクミンが癌に効く新たなメカニズムを発見!制御性T細胞を介したがん免疫調整作用内容は読んでいただくとして、がん細胞を助ける役割をしている制御性T細胞を抑える働きがあることが分 [続きを読む]