ヤソシマ さん プロフィール

  •  
ヤソシマさん: 吾唯知足
ハンドル名ヤソシマ さん
ブログタイトル吾唯知足
ブログURLhttp://evdwdr.blog.jp/
サイト紹介文周易、断易、四柱推命その他。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2013/02/22 03:03

ヤソシマ さんのブログ記事

  • 確率を信じて感応を信じないなら占いをやめるより他にない的な
  •  彖に曰く、咸は感なり。柔上にして剛下なり。二気感応してもって相い与す。止まって説ぶ。男女に下る。ここをもって亨る、貞しきに利あり、女を取るときは吉なり。天地感して万物化生す。聖人人心を感して、天下和平なり。その感ずるところを観て、天地万物の情見るべし。(本田済「易」より) 東晋の慧遠という高僧は、易は感応であるということを述べたらしい。感応という言葉は、仏教ではまた違う文脈で用いられているようだ [続きを読む]
  • 世応卦身考
  •  断易において世爻、応爻、卦身をどう扱うかの問題は、一見単純そうに思えて実に難しい。卜筮正宗では卦身を取るが、ただし、巻末の占例集には卦身の項目がない。増刪卜易によると、卦身は試したが験がなく(自分も今のところそう感じている)、その役割は世爻が担うべきだろうということだ。(つまり、この論を取るなら、世爻は我というだけでなくその占的における主体の意味も含む、ということになる)。一方、応爻は我に対する [続きを読む]
  • 辞と象の関係
  •  周易の占断をするにおいて、辞や象をどう読むべきかはある程度分かっても、それらをどう整理してひとつの占断に落とし込めばいいのかの法則性はなかなか掴めないでいる。辞と象は意識して使い分ける、卦を立て分けるつもりで使わないといけないのか、或いは立った卦を見てその都度整理していくべきなのか。 22日、WBC準決勝が行われ、日本はアメリカに1−2で敗れた。これを周易で占ったのだが、ちょっと実験をした。A卦 [続きを読む]
  • 殺気と生気
  •  陰陽論というのは二者対立の世界観、いわゆる二元論の類だが、ゾロアスター教あたりの二元論とは一線を画する。むこうの二元論にはまず善悪の対立軸があるけれども、陰陽論は基本的に善悪とは無関係だ。強いて言えば、いずれかが長じることでバランスが取れるならそっちが善(吉)になり、もう一方が悪(凶)になる、ということになるだろうか。(しかし陰陽論は勧善懲悪論とは無関係なので、そのように整理するのも今ひとつスッ [続きを読む]
  • 「空亡は神機をあらわす」
  •  断易と四柱推命は、デジタル的な要素の強い占いだ。断易における用神の強弱はもろデジタル的発想の産物だし、四柱推命の格局論も数値化の概念なくしては到底論じられないだろう。 さて。断易も四柱推命も十二支を使うが、八字や六爻を徹頭徹尾デジタルなものとして扱えるかというと、これは実際問題として難しい。なにしろ人や占的は数字で表せる要素だけで成り立ってる訳ではない、それどころか本質的にアナログなものだ。よっ [続きを読む]
  • 矛盾を間違いの証拠と見るか、新たな考え方への扉と見るか
  •  だいぶ昔だが、戦前戦中の歴史に興味があった頃、「昭和の参謀」の異名をとる瀬島龍三氏の回顧録を読んだが、そのなかに印象的な一文があった。曰く、「流れに従い流れを制す」。瀬島氏によると、当時の社会情勢において、どう足掻いても開戦は避けられなかった。しかし、開戦反対を貫こうとすると、参謀の職を続けることができない。だから開戦は承服ざるを得ない。開戦を認めたうえで、最善の結果を模索する以外になかったと、 [続きを読む]
  • 籠池氏の証人喚問、安倍さんに吉と出るか凶と出るか
  •  連日報道されている森友学園問題だが、その理事長が爆弾発言をした。安倍さんから100万円の寄付を領収書なしで受け取ったというのだ。もし本当だとすれば森友の寄付金集めには一切関わってないと答弁した安倍さんには大きなダメージになる。それで自民の国対委員長がキレ気味に、これは首相に対する侮辱だ、籠池さんを、参考人招致を通り越して証人喚問すべきだと言い出し、かねて籠池さんを参考人招致すべきと主張していた野党 [続きを読む]
  • いや参ったね(笑)
  •  北斗柄(もはや敬称をつけるには及ばないだろう)氏のブログの最新記事を見た。貞を問いと読んでなにが悪い、それに基づき義理易を改変しても立派な周易、なんだそうだ。経文解釈の歴史と作法に対するあまりの理解の浅さに唖然とした。実占と学問としての易の区別もついていないんだろう。連山帰蔵も知らんと見える。一覧表への疑義は尋常な解説のついた易経を一冊でも通読したことがある人ならだれでも全否定できるだろうけど、 [続きを読む]
  • 試みに中筮法を使ってみた
  •  とはいえ、占術は理屈より実占してどうかだろう。占術の試し斬りをするなら勝負占がいいと思う。結果がすぐに出るし、白黒もはっきりつく。そこで、昨日のWBC日本対オランダの試合を、中筮法と略筮法で占ってみた。厳密には再占になるが、中筮法と略筮法ではシステムが違うので、まあ大丈夫だろう。 まずは試合内容だが、  https://baseball.yahoo.co.jp/wbc/game/2017031216/top 二回に日本が先制するもすぐおいつかれ、 [続きを読む]
  • 論考三点
  •  最近数秘術という言葉が安易に使われすぎている気がする。数秘術は聖書やダルムードを解釈するためのツールのひとつであるゲマトリアにルーツを持つとされるが、これは因数分解と素数の考え方から成り立つもので、単純に数字をバラして1〜9、11、22に集約して意味づけを整理するものとは根本から異なる。また数秘術というのは大前提として数字に固有の意味があるという考えに立脚するが、これが易に適用されたり紫白九星に [続きを読む]
  • 北斗柄先生のブログを見て驚いた
  •  北斗柄先生といえば大六壬研究における国内の大家で、常々ブログを楽しみに読ませて頂いていたが、なんと、自分がどうせ誰も読んじゃいねえだろと無思慮に書き殴ったテキストが厳しめの論評のもとに取り上げられている。北斗先生はネットにおける論争でも鳴らした方で、自分、正直言ってかなり戦々恐々としている次第だ。なんとかブログ表題の添え書きに免じド素人のたわごとということでご容赦いただけないものだろうか。 それ [続きを読む]
  • 中筮法疑義について、補足
  •  先日書き殴った中筮法疑義のなかで、自分は「中筮法においては、八卦(爻卦)と四象を同一視するというかなり強引なことをしているが、それを裏付けるような易の理論は、自分が知る限りでは存在しない」と書いたが、これは補足ないし訂正の余地があるかもしれない。というのも、説卦伝に「参天両地而寄数」(寄は正確には人偏に奇)とあって、これに基づいて陰を二、陽を三とし、陰陽を三つ重ねて六七八九を出す(朱子説)という [続きを読む]
  • 中筮法疑義
  •  そりゃおまえがヘボで無知なだけだと言われたら御尤もとお答えするしかないが、それを踏まえたうえで、中筮法に対する疑義を一寸論じてみたい。毎度のことながら頭の整理。 まず中筮法というのは由緒の極めて怪しい占法だと言わざるを得ない。中筮法においては、八卦(爻卦)と四象を同一視するというかなり強引なことをしているが、それを裏付けるような易の理論は、自分が知る限りでは存在しない。そもそも、両儀、四象、八卦 [続きを読む]
  • 周易と筮法、判断法
  •  自分は周易には略筮法と四遍筮法を使っている。本当は擲銭法を用いたいのだけどこれは断易をやるときに使っており、周易と併用するとさすがに混線を起こしてしまう。本筮法を取る考えもあるが、これは時間と手間がかかって実用的でないし、システム的には擲銭法に近いので(恐らく擲銭法におけるコインの表裏は本筮法において一変して省かれる筮竹の大小と対応している)、混線を起こす可能性が高いだろう。略筮法も四遍筮法も、 [続きを読む]
  • シムズの物価水準の財政理論は安倍政権に採用されるのか
  •  年が明けてから、シムズという経済学者さんの提唱する「物価水準の財政理論」というものが話題になっている。安倍政権はリフレ理論に基づいて大胆な金融緩和に踏み切ったが、物価は上がっていない。そこで、新たにシムズの理論を採用するのではないかという噂がまことしやかに囁かれている。 自分は経済学は分からないが、それでも頑張って関連テキストをいくつか読んでみた。それによると、要するに日本政府は、マーケットから [続きを読む]
  • 易経とどう向き合うか
  •  易経をどのように読むべきか、どのような姿勢で易経という謎めいた書物に臨むべきか。これについて大変参考になった文章がある。本田済「易」の序文だ。【引用ここから】 最初にことわっておかねばならぬことは、この小著における私の態度についてである。『易』の発生について、また『易』の文章の原義について、近時いくつかの新しい解釈が試みられて来た。私自身も『易』の成立について多少の仮説を立てて見たことがある(平 [続きを読む]
  • 易雑記、人様が立てた卦を読むことの是非
  •  基本的に他人が立てた卦はあまり読まないほうがいいと思う。第一に、その卦がちゃんと立っているかどうか推測しにくい。普段からよく外す人なら、(こういう人はたいてい卦を立てるのがあまり得意でないから)卦が立ってない可能性が高いし、普段からよく当てる人でも、その人の易観をよく理解していないと、どういう視点から読むべきかを間違ってしまうことが多い。切羽詰った人が真剣に立てた卦なら、しっかり機が取れているこ [続きを読む]
  • 金正男氏、マレーシアの空港で暗殺される
  •  金正男氏は北朝鮮の金正日前総書記の長男で、かつて日本に密入国したところをディズニーランドで拘束され、それが大々的に報じられる、ということがあった。このことがあってか、早々に正日の後継者の候補から外れ、海外で生活していた。ところが、ここにきて急に暗殺された。北朝鮮が早々に遺体の引渡しを求めていることから、北朝鮮が背後で糸を引いていたことは公然の秘密となっている。 三柱を見てみた。1971年5月10日の生 [続きを読む]
  • 互卦とジオマンシー
  •  互卦は16種に限られる。互卦は構造上、二・三爻と四・五爻がおなじ組み合わせになる。その組み合わせは四つに一つ。で、全64卦を1/4すれば16になる。  陽陽 ・・ 乾、夬、姤、大過  陽陰 ・: 家人、既済、漸、蹇  陰陽 :・ 睽、帰妹、未済、解  陰陰 :: 頤、復、剥、坤 この互卦16種の重複する2爻を省いて4爻にショートカットし、天地を逆にすると、ジオマンシーのシンボルと重なってくる。な [続きを読む]
  • 元号はもうやめようぜ
  •  今上はいずれにしてもそう遠くないうちに引退されるだろう。で、色々な人が、もう元号はやめようという話をしている。自分もこの意見に賛成票を投じたい。元号は儒教の古典や五行大義などから取られることが多く、祈りのこもった、おめでたくありがたいものだということは重々承知しているが、なにしろ不便でしょうがない。平成何年? あー、西暦何年だよ? みたいに一々計算するのが面倒くさい。西暦に換算しないと年干支や九 [続きを読む]
  • エビ中、松野莉奈さんが急逝
  •  二月七日、体調不良のため大阪のコンサートをキャンセルし、自宅で療養していたが、翌八日の午前五時頃に容態が急変、病院で死亡が確認されたとのこと。ご冥福をお祈りします。当初、事務所が死因を公表しなかったため物議を醸したが、今日、致死性不整脈の疑い、という発表があった。命式を見てみたい。  松野莉奈  1998年07月16日生 / 女命  時 日 月 年  ○ 甲 己 戊  ○ 子 未 寅  80 70 60 50 40 30 20 10 00 [続きを読む]
  • 勝負占の検証:スーパーボウル
  •  あのガガ様がハーフタイムにパフォーマンスを披露した今年のスーパーボウルは、前代未聞の展開になった。第三クォーターまで28−3という大差でリードされていたペイトリオッツが、そこから怒涛の反撃を見せ、第四クォーターの終了までに28−28と追いつき、延長戦でタッチダウンを決めて逆転。ファルコンズを下して優勝を決めた。自分もこの一戦は占った。結論から言うと誤占したが、負け惜しみを言う訳ではないけれども、 [続きを読む]
  • Dr.コパさんの繁栄っぷりを直視しなければならない時が来たようです
  •  本格派を自認する風水系の人が、日本固有の風水を揶揄するときに取り上げることが多いのが、Dr.コパこと小林祥晃氏だ。しかし言っちゃなんだけど、コパさん、その辺の風水師よりよほどカネ持ってんじゃないだろうか。なにしろジーワン馬も所有した馬主さまだ。売れっ子風水作家だ。人も羨む成功者だ。  *** 自分は少々株の売り買いを嗜むので、口先だけのヤツの話をとにかく敬遠する。そんなのまともに聞いていたら迷うば [続きを読む]
  • TRICKを見ていて思ったこと
  •  ほんと仲間由紀恵ってきれいですねえ。最近、YouTubeでTRICKの動画を見つけて、見逃した回などを掘り返している。仲間由紀恵があの凛とした美貌で貧乳とか巨根とか喚くので見てるほうはタマランです。彼女の素晴らしいプロ根性に乾杯。いや、それはいいのだけれど、このドラマはインチキ霊能力者やインチキ占い師というものを題材にすることが多い。TRICKではおもしろおかしく扱われているけれども、世の中には笑い話では済まな [続きを読む]