長澤席主 さん プロフィール

  •  
長澤席主さん: 雑色駅前将棋サロン
ハンドル名長澤席主 さん
ブログタイトル雑色駅前将棋サロン
ブログURLhttp://xtmsc887.blog.fc2.com/
サイト紹介文東京大田区にある、実在する将棋センターです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/02/22 13:33

長澤席主 さんのブログ記事

  • 勝負について、再び!
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜学校が楽しい、会社が好きだ!そんなときは、時間も忘れ集中力があるときです。 しかし、そんなに良いことばかりではありません。行きたくなくなったり、辞めたくなるときもあります。それでも、勉強や仕事は続けなくてはいけません。社会の中にいる限り、仕方のないことです。 それを解決してくれるのが、「時間」です。過ぎ去る時間(時)は、人の感情を癒してくれます。辞めるのではなく、止める( [続きを読む]
  • 続かない、「理由つくり」とは?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜どんなことでも、技術上達に必要なことは、「時間」とそれに伴う「集中力」です。将棋は、特に当てはまるものです。 こんなことは過去にも多く書いていますし、改めて書かなくても良さそうです。でも、しかし、やっぱり、大切なことだと思うし、そして分かっていても出来ません。それが人間の弱いところでもあるし、しょうがないと思うことでもあります。 普通という言葉があるけれど、出来ないと思う [続きを読む]
  • 「これからが戦いです。」と思うことです。
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜教えることの難しさは、今に始まったことではありません。 最近は、やや子供が減り大人のお客様が増える流れも感じるところです。この辺りは、世の中の流れとか関係あるのでしょうか? 日曜日など子供が多いときには、対局中心になります。これはこれで良し悪しはありますが、「一つのかたち」だと思います。それ以外は、直接将棋を「何かする」ことになるようです。何かする、と書いたのは対局だけで [続きを読む]
  • 教室の棋譜(30)後半戦
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜教室の棋譜(30)後半戦 先手 K・N&T・R 対 後手 長澤&T・H 前回終了図 ここでの好手とは? 先手4六歩後手2六歩 同歩同飛 2七歩2四飛 4五歩3四銀4六銀9三銀 4七金8四銀 6六角5四歩 8五歩9三銀 3六歩同歩まで下図 先手4六歩は金銀の活用で、働いてない駒を働かせる発想です。それに対して後手2六歩と、飛車先の歩を交換しました。歩損なのでどうかと思います [続きを読む]
  • 教室の棋譜(30)ペア将棋!
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜教室の棋譜(30)ペア将棋! 3月14日(火)5時頃練習将棋先後振り駒 30分30秒 先手 K・N&T・R 対 後手 長澤&T・H リレー将棋自体は、大分前から取り入れていました。しかしこれを、技術上達の対局(勉強)にできないかと考えました。今はペア将棋での、一手交代で進める方法を採用しています。同じ将棋での「同じ向き」は、指し手の見え方を変えるのではないかと? 勿論、技術 [続きを読む]
  • 私のメンターは十円、いや十一円の価値です。
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜今日(17日)は、陽射しの強さを感じる中に、暖かなぬくもりも穏やかに流れます。 春だ! 本当の春が来たのか?最近は寒かったせいか、心も塞ぎがちです。ここから一気に季節も変わるのでしょうか? ここ数年、この時期は希望を持てることが多かったようにも思います。そして夏までに、と思うと上手くいきません。 卒業と入学、変化のある季節に夢を持つことは、心の状態も良くしますし、悪い現実を [続きを読む]
  • 教室の棋譜(29)後半戦
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜教室の棋譜(29)後半戦 先手 I・K 3級 対 後手 I・M 1級 前回終了図 上図は後手優勢です。中盤戦の優劣を決めるのは駒の損得ですが、次に大切なことは駒の働きです。先手2六銀の立ち往生で、攻めが遅れているのが分かります。 先手1五歩後手同歩 同銀同香 同香1三歩 1六香2二銀打4六角4九角 1三香成同桂 同香成4五香まで下図  先手の1五歩からの攻めに後手が対応した [続きを読む]
  • 教室の棋譜(29)前半戦
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜教室の棋譜(29)前半戦 3月6日(月)5時頃六郷杯リーグ戦先後指定 持ち時間30分30秒 先手 I・K 3級 対 後手 I・M 1級 I・Mさん対I・K君の対戦です。言わずと知れた親子対決です。親子で教室に来ているお客様は何組かいます。ほとんど始めた時期が同じなので、棋力も近いようです。お子様から見れば、一番のライバルになるのでしょう。 そして一つの目標となる初段に、あと [続きを読む]
  • 誰に?何のために?(欲の使い方と支持)
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜「欲」は、使い方(感じ方)一つで大きく変わるものです。 前回ギャンブルの話で、勝つことによって負ける人がいる。それが遊び程度ならば、問題ではありません。宝くじを見れば、夢を買うことで当たらなくても納得します。遊びを越えることが問題だと言うことです。 株に限らず、投資についてはどうでしょう?普通ならば、企業の成長によって恩恵を受けます。得することに損する人がいなければ、妬み [続きを読む]
  • 誰に?何のために?(原因と欲)
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜人には欲があります。それは、人間である以上(生きている)仕方ありません。そして欲がるからこそ、人類は発展します。 亡くなられた人は、欲が無いから「神様」に昇格できる。キリスト様や御釈迦様、生きている間は最低限の欲で暮らし、世の中のために労苦されました。だからこその功績だと思います。私は、そのように考えます。 誰もが人間であり、欲があります。欲があっても「他人のためになるこ [続きを読む]
  • 誰に?何のために?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜神様とは、どういう意味でしょうか? 一般的には、宗教的な正しい導きを指導して頂ける、「人を越えた存在」を意味しています。キリスト教と仏教は、今の世界秩序を創り出す基本的な思考で、「人の正しい教育」に最も相応しい考え方だと思います。 キリスト教と仏教、細かいことは分かりませんが、外から感じる教えには似ているようにも思えます。何となく、チェスと将棋の違いを感じます。チェスと将 [続きを読む]
  • 夢見月に冴える直感力?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜もともと心配性でもあるし、悪いことから考える習慣もあります。良くA型ですか?とも聞かれるし。当然のことですが、心配することの九割は現実化しないと言われています。問題が起こるときは、不意を突かれるような感じです。 自分のことは鈍い人間だと思っているから、直感自体信頼できないと思っていました。ところが最近、直感力があると言われました。そうなると心配したことが現実的になる、と [続きを読む]
  • 考えるとは?実は、意志の問題です。
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜考えるには、考える材料(知識)では無く「集中力」の問題です。そこにあるのは、環境と言う「習慣」です。 どうして、将棋からそのようなことが言えるのか?詰め将棋にヒントがあります。1手詰みから3手詰み、ルールが分かっていれば自然にできるように「成るはず」です。1手詰みから3手詰みの知識程度は問題ありません。それがいつまで経っても、できない子供はできません。 それは、本人の中で [続きを読む]
  • 考えるとは?集中力とは?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜将棋は考えるゲーム(教育)です。 私が教室で子供たちに、「考えなさい。」としつこく言うのは最近のことです。理由はいくつかありますが、一番大きなことは「知識が無ければ考えられない。」と言うことが少し間違っているのでは、と思うようになったからです。 もともと、どんな教育の専門家や有名な先生でも、「考える」には「知る」ことがなければ、正しい答えが出せない。基本的には、このような [続きを読む]
  • 雑色スタイル?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜私がいる六郷は、若いころ離れていた時期もありましたが、長年住んでいる土地です。ここにいると、基本蒲田に出る方が多かったと思います。しかし今は職場もあるので、雑色中心の生活になります。 やはり小さな街です。サロンも5年目となりますと、「以前の生徒」もだいぶいます。生徒自身は、顔を合わせずらいようにも思います。それは、親御様も同じだと思います。私は、気にする必要は無い(私自 [続きを読む]
  • 自信とは、一度越えるだけで自身になります?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜ZIP!T兄妹一瞬の出演。 報道番組では、ニュースの重要性が一番です。特に素人の出演は、あまり意味がないように思えました。 担当の方から電話を頂いたのが、11時過ぎでした。外国人女流棋士誕生の話題に関しての説明でした。その中で、子供の話を聞きたいので5時ごろ来ますか?とのことです。 サロンは、東京のはずれの小さな道場(教室)です。土日ならともかく、火曜日の夕方では絶対はありま [続きを読む]
  • 考える力は、経験が創ります。
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜「将棋は、なかなか強くなれない。」会話の始まりです。 最近、また見えるようになったI・Tさんです。「日曜日は1時くらいから生徒が来ますので、それまでゆっくりしていて下さい。」と言い時計を見ると、11時45分です。そこから永遠と、将棋の世間話?が続きます。 プロアマ問わず誰それの話から、激指しなどのコンピュータ将棋の話まで、途切れることなく続きます。しかし、その話は過去に何 [続きを読む]
  • 罪悪感がなければ、同じ過ちを繰り返します。
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜前回の初老の女性のお話は、あくまでも私の憶測です。ただ、断片的な雰囲気だけで勝手なことを言ってはいけません。 それでも、憶測を続けます。(あれ?) 食べる物に困っているとか、お金が無いからという分けではありません。心の問題だと思います。もう一つは、「罪悪感」が薄いことも考えられます。たかだか何百円の品物、取ってもたいしたことないと。罪の意識がないと、「分かったよ。払えばい [続きを読む]
  • 人間の差(才人と凡人)などは、大したことありません。
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜最近は、寒さに負けないために動画でラジオ体操。そして、一杯のコーヒーとネットサーフィン。土曜日の朝は9時に起きて、朝の日課を済ませます。 最近の話題は、金正恩と大川隆法(将棋の世間話はしません)ですな。私が長年生きてきた悟り(それほどのことか?)の一つに、少なくても生きている人間に、「大した差は無い」と言うことです。私が言っても、説得力ありません。 差ができる大きな要因は [続きを読む]
  • ステージを上げるために、必要な普通とは?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜生活や人生、将棋や習い事にスポーツと、ステージを上げる方法とは、今ある普通の「足りないところ探し」にあると思います。足りないところが無くなると、次のステージ(チャンスや運)が見えてきます。 または得意なことや、自分自身にしかない才能を伸ばすことも考えられますが、やや一般的ではありません。やはりどの段階にしても、今いる世界の普通の状態を意識した上で、見えてくるものに反応す [続きを読む]
  • 普通とは、出発点のことです。(運を味方にする方法)
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜普通とは、どういうことでしょうか? 日本人の風潮として、普通でなければおかしい。普通でなければダメだ!見下されることがあります。 目に見える身体的なことに関しては、労いの言葉をかけます。目に見えないことには、叱咤激励(お前は馬鹿だ〜頑張れは、同じ意味を表します)で励まします。励ましの言葉には、使い方に難しい(相手のことを知ったうえで使います)こともあります。 いずれにして [続きを読む]
  • 四次元の入り口にある世界とは?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜目の前の勝負に、どれほどの価値があるのでしょうか? 意識がそこのあると、大切なことが見えなくなります。大切なこととは、「全体的」なことです。将棋の場合は、「強くなる」ことだと思います。 そのために、「時間」との関係が出てきます。 三次元に生きる私たちは、時間の解釈一つで世界を変えることができます。(相対性理論ではなく、ドラえもんレベルで考えてください。)目的のある行動のた [続きを読む]
  • 仕事(プロ)として、必要なものとは?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜お客さんとの話で、プロとアマチュアの最大の違いは何ですか?当然の話ですが、それは「時間」です。と答えます。 別に将棋に限った話ではありません。プロというのは、言い換えれば「仕事」です。普通ならば、誰でも大人になれば仕事を持ちます。それを、1日何時間していますか?1週間でしたら、何時間ですか? アルバイトでなければ1週間に最低40時間は仕事しますし、世の中には様々な職種もあ [続きを読む]
  • 勝負という、おかしな遊びは必要ですか?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜将棋の技術上達に、「勝負」は不必要です。勝つこと=強くなることではありません。 私が言うと、お前はプロではないのだから、そんなことが言えるんだ。勝たなければ意味がない。それも間違いではありません。 しかし、人の能力には限界があります。意識が勝つことにあると、強くなるための努力を忘れがちです。負けから学ぶもの、感情の安定が大切になるのだと思います。 もしかしたら、勝負は娯楽 [続きを読む]
  • 2月という春は、心の春(絵画)でしょうか?
  • 〜雑色駅前将棋サロンホーム〜前回の結論めいたことに、ファンゴッホの絵画そのものに価値があるのではなく、ファンゴッホ自身に価値があるのだと。それを絵画という、「もの」で表しています。 人の価値は、お金で計るものではありません。しかし、お金いう「もの」で評価しています。 絵画は、ある一定以上のレベルがあれば、後は描いた人自身の人気というのは、芸能人の絵画が意外と評判になることでも分かります。絵画の技術勝 [続きを読む]