ぼちぼち さん プロフィール

  •  
ぼちぼちさん: 淡海の釣りバカ親父日誌
ハンドル名ぼちぼち さん
ブログタイトル淡海の釣りバカ親父日誌
ブログURLhttp://botibotidesuwa.naturum.ne.jp/
サイト紹介文スタイルはソルトウォーターフィッシングでサビキからジギングまでエリアは越前小浜丹後と三重中南部
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/02/23 13:01

ぼちぼち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 初の試み  之段
  • 御同士の方々お手柄数々と慶祝に存じ上げ候年改まり早や弥生この戯言をご覧頂く故は世に名高き大殿の軍記の賜物にて有り難き幸せしからば此度の越前詣 御同士の巧妙を真似た仕掛を投じたものなり討ち取りの狼煙を上げいおり軍の加勢を待つことに到着されれば 大殿 ももぞ―殿 共にいとも容易くお討ち取り 流石の一語翌日は野良にて竹光ならぬ鍬振らねばならずここらで退散晴天にて畑で鍬振り一汗夕げにはこれを肴に酒あおり昇 [続きを読む]
  • 身の程を知るの段
  • 御同士殿今年も残すところ一月余と申すはいささか気が急いておるやも知れませぬなぁ然るに御同士の軍記御手柄拝読致せば向かわずに居られぬのが煩悩越前あわや加賀 あげくに若狭小浜へと此の一月さ迷わば手柄らしきは小浜樋口殿に助太刀叶うた煽1杯のみはてさて兵糧も底尽きようというもの此処に至ればお市の機嫌取りに策するは必定歳の瀬 風呂 襖 天井 厠の掃除さりとて気になる越前   なに明日は凪ではないか夜中抜け出 [続きを読む]
  • 七転八倒 の段
  • 昨日は祖母の17回忌  門主殿には念ごろに経をあげてくださり感謝  お斎済ませ     いざ 越前詣越前到着  なな何と既に大殿 ひと暴れされたご様子ナ ナ 何とここでも早々に煽討ち取りなられ此度は此処でお別れお見送り申し候さぁて 如何するものぞ  爺独り暗闇の地磯回りなど命が幾つあっても足らぬわ飯でも食らひて 暁に備えるとしんぜよう  これが前の段明け六つの刻まだ暗いが波止場の様子を見ると何ぃっ! [続きを読む]
  • 時は平成 平政に非ず の段
  • お察しのとおりに御座ります此の後及びては また長らく暇を頂戴しとう御座ります御免!!かような潔さ持ち合わせるはずも無く年寄りの戯言 回想録につきお付き合いくださればあり難き幸せ話は一昨昨日  小潮の出来事本日は門徒先代住職の法要信心深き拙者 お参りに候南無阿弥陀仏――――――もはや我慢限界 数珠を竹光に持ち替えていざ越前―――これが罰当たりの始まり昼過ぎには鶴賀に参上海は凪いでおる一刀もしや    [続きを読む]
  • 恐縮至極の段
  • 月日は百代の過客にして何とやらかような趣 微塵も無く生きながらえる此頃そろりそろり徒然に記すもの也遡れば確か如月槍佐衛門との兵法 大殿直伝に授かればその真似事に励み遂に是を得たり(長らく放置の末 絵消失にて御免)しかし之が運の尽き吹雪く波止にて竹光握り続ければ遂には流行り病に暫し床に伏す醜態弥生と卯月は役目に忙殺皐月に復活 黙々と越前詣水無月 文月とも足繁く参れども沈む夕日に心浄われるばかりなり葉 [続きを読む]
  • 行く年来る年  の段
  • 手柄手柄と煩悩未だ消えぬものなぁり弐五日より時化続き大晦日往生際悪く敦賀詣鰤に真鯛、平目に鱸 手当たり次第に撃取り正月の膳埋め尽くさん此度は敦賀の名将彩姫丸殿に乗船相叶い候見事なる操船 同士皆手柄うつけの某にもその機お与下さり候大晦日の今宵 寺の門徒お役目授かり候雪無くば風情無くも役目授かる身には有難きこと火焚き御酒用意し御参り人をお迎え申すお参り人途切れればこそりこそり盗み酒冷や酒が あいや除夜 [続きを読む]
  • このままでは歳が越せぬ の段
  • 歳の暮れ丹後詣叶わず天を憂うばかり夕べは陸前からの純米酒にて一献今朝東の空は暁の如し北の空はお市は今日も奉公残るは某 福知山より帰還の二男 仕官前の三男美味しもの求め北へ氷見の寒鰤 何やら不漁とやらの報せ利家公築かれし加賀じゃ出立じゃ南條の郷は雪が舞うたらしい道中北陸道から降りずして海岸に立てるとは波穏やかならばここより沙悟浄の壱本でも・・・・・御免絵空事に御座るようよう到着一目散に腹拵え     [続きを読む]
  • 寒鰤恋し の段
  • 今年も残すところ数日想ひ起こせば特段手柄上がらずさりとて新しき御同志との出会ひ増して相変わらぬお引き立て賜りし方々に恵まれしきことこそ某唯一の宝はてさて過日は年の瀬なるも平日お役離れぶらりぶらりと越前詣しかるに日頃業悪く散々なる雲行たちまち氷見に向かひ寒鰤食らわばと脳裏よぎるも道中危ぶむが必定向こうた先は越前の魚河岸ここらで寒鰤欲すも残念なれど此の馳走 美味その後やはりここへ足が向くのは我らの嵯峨 [続きを読む]
  • やはり徒然に
  • 急激に冷え込み始め日中もさほど緩まぬこの頃御同志には息災にお暮らしかのうこの爺は骨身に凍み入り戦に出ること儘ならずしかるに愚かなる手記もろくに記すこと叶わず少々間延びして たわいもなき事 徒然に記すこと何卒御赦しくだされ月の初めは菩提寺にて親鸞聖人の報恩講(親鸞聖人の法事)につき      御仏に仕えし候翌週は越前攻めに万難を配すも天に見離された由久々にとお市とふらり越前へ夫婦旅道中 馳走にありつ [続きを読む]
  • 厳しき越前  何とする の段
  • 中秋の候御同士の方々お健やかにお暮らしのことと執着至極に存知候さても良き季節に相なれどもいけませぬな 波が一向に落ち着く気配が御座らぬ某も先週越前に攻め入りましたがかような状況 それでも先端には勇士が ここにも勇士がとは申せ 一つ間違えば御命大事にされませ(祈) かような状況では老体の某 もはや手も足も出ず戦わずして負け戦続くが関の山かくして迎えた参連休夏の盆休が1日残り四連休をいただくことにそうよ [続きを読む]
  • おごれるものは久しからずや の段
  • 秋に御座りまするのぅ栗など拾ろうてみまする此度は長旅からご帰還なさる大殿と越前にお供すること叶ひ候なあに 大殿留守の間に稽古は積んだ由に候爺の働きぶりをシカと御覧いただこうぞそのとおり御同士お察しの通りに御座りまする一晩中 竹光を何度振り回そうが烏賊佐衛門と相まみえ刺し違えることすら叶わず暁を迎えると美濃之國が武者「ののち殿」が彼方よりご参上ご尊顔拝すものなり先だってのお手柄は我等近江之國へも軍記 [続きを読む]
  • 罰当たり者 の段
  • 長き休みも残り弐日今日と明日は御仏に仕える身と悟り己に言い聞かせるやうに夕べ床に入る暁に目覚める爺気付けば岸に出立ち僅か一刻と知りつつ竹光握る愚かな某まぐれまぐれもまぐれ気が済みました由に候思ひ残すことなくお寺へ参りましょうぞ此の罰当たり者 [続きを読む]
  • 丹後へゆるりゆるり  の段
  • 長月の候 新子も幾分かは大きゅうなりおったかのう某の役目処も長き休み此の機をおいて向かわいでか越前お前様 此度はなりませぬぞなな 何故じゃ 市此度は二男の処へゆくのです問答無用の某光秀公築かれし福知山へ仕官の二男も半年奉公して休みをいただけたとのことその機に 丹 後 に宿の手配済と申すでは御座らぬか今 何と申した? 丹 後刹那   脳裏に御同士お察しのとおり大江山 未だふみもみづ 天橋立烏賊がされ [続きを読む]
  • 漁火何年ぶりかの復活 の段
  • 御同志の方々残暑御見舞申上候ふりかえ見れば一月余も手記を残せず老兵も今年の夏は越せぬかと思いましたが「憎まれ者世に何とやら」とはよう申しましたもの麦酒あおりつつ生き長らえておりましたはてさて暑さを避けて夜な夜な越前に出向けば沖の漁火が何とも風情あり美しくされど拙者の桶にはこのところ心境示と同じく溶けた氷僅かに残るばかりなりここに至りて狼藉 あいや一念発起去る中潮の十二日夜若狭國 京極高次公 築かれ [続きを読む]
  • 再会を喜び  血筋を喜びの段
  • 時は元禄あいや御免 僅か十四日前芳しゅう無き天を憂い大殿直伝の兵法 会得の機会と心得たり之即ち我独の越前攻め陽高きうちは兵陽暮れてはあれこれ討ち取る算段但し 翌日我郷は総出の清掃丑三つ時には戻らねば向かひし先には早くも御同士の影もしやっ 越前ともも殿ではござらぬかぁーーっ再びお目にかかることこの上なき喜びに志気高まり渾身の一投一刻経ち瞬間微かの手応え やはり根 武具無念再び投入 用心しつつ引けば生 [続きを読む]
  • 過去の記事 …