くるみ さん プロフィール

  •  
くるみさん: 学研くるみ教室
ハンドル名くるみ さん
ブログタイトル学研くるみ教室
ブログURLhttp://ameblo.jp/gakken-kurumi/
サイト紹介文読んだ本の感想や日々の出来事を書いていきます。小説、ビジネス書、哲学書、児童書が中心になります。
自由文四日市市小林町で、学研くるみ教室の指導者をしています。月に一度、絵本の読み聞かせ会を開催しています。小学生や中学生、大人も楽しめるような絵本の情報を集めています。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/02/23 17:51

くるみ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ハロウィンパーティーは大賑わい
  • 今日は学研くるみ教室のハロウィンパーティ子供たちが続々やってきました。マントをつけてる子や魔女の宅急便の衣装の子も・・・予定通り、ハロウィン工作から白い紙でお化けを作ったり段ボールにおばけカボチャや似顔絵を描いて庭につるして記念撮影・・・のはずが、チーン(^_^;)みんなで大笑い(≧▽≦) 教室でお昼ご飯を食べてから生徒が持ってきてくれた絵本を読みました。「わたしのいもうと」転校してきた小学生の女の子がい [続きを読む]
  • ハロウィンパーティーをします
  • 夏から幼児さんが増えた学研くるみ教室今日の研修テーマにも興味津々でした。新幼児コースもとっているので教具はすでに教室にあるし実践できそうな内容がてんこ盛りでした。そして、新たに決意したのが、月に一度のわかばちゃんの日。まだ学研教室に通えないような赤ちゃんとママのための日以前から教室が地域のママたちの憩いの場になればいいなと思っていたけどしっかりしたイメージがわかなかったんです。今日の研修で見えてき [続きを読む]
  • 風水というほどではないけれど
  • 風水など気にしたこともないのだけれどやはり風の流れといったものはあるのでしょう。 なかなか捨てられなかった古い教材教材棚に入りきらなかった新しい教材部屋に積み上げられた段ボールソファに置かれた冊子などなど物置の中で勉強しているような雑然とした環境だった。 一念発起して納戸の中なども 2日がかりでお片付け部屋は見違えるようにすっきりした。 すると、不思議なことが起こった。何も言わないでも子どもたちが勉強 [続きを読む]
  • アナログ時計をおすすめします
  • 今日、イオン尾平の「るなぱぁく」の前で休憩していたら、店員さんが素敵な時計を飾り始めました。つつつーっと寄ってくとまだ値札もついていません。入荷したばかりだったんですね。数字が書いてあって分単位の点々もついていて大きくて見やすくて・・・一目惚れってことですね(*^^)vで、いま、教室にあります。 以前から教室ではアナログ時計をかけてあります。ところが、私が座っている席の真後ろで見にくかったんですよね。 こ [続きを読む]
  • アナログ時計をおすすめします
  • 今日、イオン尾平の「るなぱぁく」の前で休憩していたら、店員さんが素敵な時計を飾り始めました。つつつーっと寄ってくとまだ値札もついていません。入荷したばかりだったんですね。数字が書いてあって分単位の点々もついていて大きくて見やすくて・・・一目惚れってことですね(*^^)vで、いま、教室にあります。 以前から教室ではアナログ時計をかけてあります。ところが、私が座っている席の真後ろで見にくかったんですよね。 こ [続きを読む]
  • 英語研修
  • 今日は朝から英語研修でした。学研教室では算数と国語はセットで学習することになっています。そこへ英語もプラスすることのメリットをしっかりお伝えするための研修でした。小学校でも英語が評価対象になってくるし、中学に入ってからいきなり読んだり書いたりじゃ、英語が嫌いになったり苦手になったりしてしまう例が多い。だったら、まだ国語や算数が簡単で時間もかからない小学校低学年の内から英語を始めるのが一番いいよ〜て [続きを読む]
  • 来年の夏休みは宿題会をします
  • さて今日から9月新学期が始まりました。学校へ行かなきゃいけないと思うと憂鬱で最悪の決断をしてしまうお子さんも多いとか確かに、自由な時間はうんと少なくなるし辛いですよね。学研くるみ教室では夏休み中は朝8時20分から開室しました。来年もこの時間にしようと思います。朝からの方が爽やかに勉強に集中できる気がします^^ただ一つ反省は・・・夏休みのイベントができなかったこと。来年は、お楽しみイベントというより [続きを読む]
  • 懇談会での気づきと秋からの方針
  • 昨日もまた個別懇談会でした。これですべての保護者の面談を終えました。どなたもしっかりお子さんと向き合って子育てしてらっしゃいます。とても控えめにお子さんを評価されている方もあります。にこにこお話しくださるママも、お家ではしっかり厳しいママのようです^^お小言は控えめにして、うんと褒めてあげてくださいね宿題については、どの子も言われる前に取り組んでいるようです^^ご家庭で学研の勉強をする時はママがニ [続きを読む]
  • 懇談会とスタンプ
  • 今日は朝から個人懇談会。夕方まで喋り倒しました(≧▽≦)皆さん積極的にお話しくださる方ばかりで、家庭学習の様子をうかがったり成績表を見せていただいたり教室でのエピソードをお伝えしたり心配事や気になることいろいろお聞きしていたら設定した30分はあっという間に過ぎて延長気味になりました(^_^;)カウンセリングハウスのこともお伝えしたらお悩みの方をご存知の方もあってやはり必要としてる方はあるのだなとの意を強くし [続きを読む]
  • 「伝え方が9割」講演会
  • コピーライターの佐々木圭一氏のセミナーです。「伝え方が9割」 「伝え方が9割?」の著者です。 「ノー」を「イエス」に変える技術なんて言われたら、これは営業に使えるかも?と期待しますよね。しかしまぁ、そんなガツガツしたセミナーではありませんでした。職場でのちょっとした依頼や、家族へのお願いにも使えそうな感じです。「イエス」に変える7つの切り口があります。伝え方を変えるだけで成功率が2〜3割アップするそうで [続きを読む]
  • 個別懇談会とセミナー参加
  • ふと気がつけば夏休みも残りわずか昨夜慌てて保護者様の個別懇談をLINEで皆さんに告知しました。グループを作ってあるので申し込み状況がわかって便利です。26日は朝から順に受けていただくことになりました♪水曜日は夫が通所リハビリに行ってくれるので都合がよいのです。予備日も28日に設けてあります。この日は午後からカラオケオフ会に誘われています(*^^)vさて、今日は佐々木圭一氏の「じぶんアップデートセミナー」に行 [続きを読む]
  • 幼児教具が役に立った&ホームページ作り
  • 今日は幼児さんに教具を使ってみた。以前、幼児指導の研修に行ったときに手に入れたもの。たしざんや、いくつといくつなんてのがわかりやすい。 実際に使っているところを撮ってみた。幼児教材も10Bあたりになるとかなり難しい。10は4と□なんて問題が出てくる。プリント教材を見てやる気喪失気味(^_^;)そこでこのシートを使わせたらすぐに使い方を理解して嬉々として解きはじめた♪そして、すいすいと最後まで解けた(*^^)v今 [続きを読む]
  • 放送大学の単位認定試験結果発表とカウンセラー資格
  • 放送大学を初めて9年。ずいぶん便利になりました。成績発表を見てから次学期の登録ができるのですから。今日、2015年1学期の成績が発表されました。 な、な、なんと。全部合格しかも丸がついてるAがあるでしょ。一番苦労した「日本美術史’14」も○Aですよ。ということは、90点か100点ってことです。こういうことは前からよくあって、息子に散々愚痴ってテスト勉強が進まない〜〜と弱音を吐いて結局は好成績♪なんて [続きを読む]
  • 保護者面談でブリーフセラピー活用
  • 学んだことはすぐ実践。カウンセリングの勉強として読んだブリーフセラピーの本の活用です。今日は、保護者面談をしたのだけど、お家での子供への接し方でも使えそうなのをブリーフセラピーの本から紹介しました。 苦手なことを外在化して「イライラ虫」とか「めそめそ虫」「ぼーっと虫」などと名付けてやっつけてしまうというもの。子どもにもいいけど、まず自分に使おうかしら、ですって・・・(≧▽≦)そのほかにも、「どうして [続きを読む]
  • 四日市失語症友の会「ひまわりの会」に参加
  • 久しぶりに四日市失語症友の会の「ひまわりの会」に出た。夫が去年ここを抜けてしまったので、わたしも失語症パートナーとしていくのが久しぶりなのだ。 部屋に入ると懐かしい顔、顔。顔・・・「いちごの会」には来てらっしゃらない方もおられるから1年ぶりぐらいにお会いすることになる。 今日はお盆なので参加者が少なめだったらしい。おかげで部屋を広く使えた。 まずはグッパ体操365歩のマーチを歌いながら手を大きく横に広げ [続きを読む]
  • 「カウンセリングハウス くるみ」の方針
  • まだほんの一部でしか公表していませんが、「カウンセリングハウス くるみ」を始めました。ちゃんと向き合って話したいので対面カウンセリングだけでやっていくつもりです。取り扱う相談も、教育や子育て、ちょっと頑張って、いじめや不登校、うんとがんばって発達障害に限定します。(将来的には範囲や方法を広げるかもしれませんが)今までも生徒といろいろ話したり、保護者の方と話したりはありました。教育相談というには重すぎ [続きを読む]
  • 過去の記事 …