fleurirefleur さん プロフィール

  •  
fleurirefleurさん: 『マリヨ』の美しく愛おしい花たち
ハンドル名fleurirefleur さん
ブログタイトル『マリヨ』の美しく愛おしい花たち
ブログURLhttp://fleuriref.exblog.jp/
サイト紹介文季節の布花制作を通して気づいた大切なこと、制作や植物にまつわる話を書いています。
自由文布花ブランド「フルーリール フルール」の作家の『マリヨ』です。
「美しく愛しい布花を愛でる喜びは、人をより美しくする」をモットーに制作をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2013/02/25 12:42

fleurirefleur さんのブログ記事

  • 凛凛しい姿は、高貴な星…エーデルワイスとは?
  • 夏がはじまって直ぐ、夏バテになるとは…😞そんなこともあり、更新が滞ってしまいました。暑い日が続きますが、皆様は体調はいかがですか?水分補給、栄養もしっかりとって夏バテに気をつけてくださいね。さて、初夏の花…その中でも私の心を惹き付けるのは『エーデルワイス』??スイス…アルプスなどの高山地方に咲く植物です。映画「サウンドオブミュージック」の劇中歌のタイトルと... [続きを読む]
  • クリスタライズド?エーデルワイスの砂糖づけ⁉
  • 現在エーデルワイスを試作中です。前回制作したエーデルワイスは、象牙で出来たアンティークのブローチをイメージ。エクリュ色のシルク生地を使い、中央の花芯をガラスパウダーでコーティングしてアクセサリーのように輝くコサージュを作りました。エーデルワイスもいくつか種類があり、種類によって花姿も変わります。前回のものは花弁を細く…長くしてヒラヒラとした雰囲気。ちなみに『ホソバヒナウスユキソ... [続きを読む]
  • アジサイ布花が出来るまで…自然を表現する『無作為』と『すきま』
  • 前回の続き…ネットショップで発売中の「降りそそぐ調べを、あなたと共に」ですが ↓生地をふわっと重ねた、二重のセイヨウアジサイのデザインとして作ることに決めました。けれど、ただ重ねただけじゃ芸がありません。染め布花は花弁1枚から、自分の思い通りに形作ることができます。染めた花弁を形作るために、指先で摘まんだり・ひねったり・折り畳んだり…または電気ごてを使って膨らみをつけたり・... [続きを読む]
  • 新作アジサイは二重のセイヨウアジサイ?
  • 本日発売開始いたしました、アジサイ布花。『フルーリール フルール』ネットショップはコチラ↓前回『アジサイのアートフラワーの作りが異質かも?その作り方は…』でした。では続きをお話しますね。アジサイと言って思い浮かべる形は大抵、小さな4枚弁が密集して、こんもり丸い形で咲くものではないでしょうか。それは『セイヨウアジサイ』という種類で、日本原産の『ガクアジサイ』... [続きを読む]
  • アジサイ布花の面白さとは?
  • ああ、なんて蒸し暑さでしょう。もう7月ですからね…夏が来たなあ、と。けれどまだ梅雨は明けて…いないのですよね?我が家〜パート先周辺はアジサイが色鮮やかに咲いているので、まだアジサイ布花の販売間に合うと考えております。とりあえず焦らず急ごう?さて今日は、私のアジサイ布花をチラリとご紹介しますね😉アジサイというモチーフは汎用性が高い、とても便利な花!小花がた... [続きを読む]
  • アジサイ…鋭意制作中です?
  • 昨日発売予定だったアジサイ2種…【シエラ】アジサイのコサージュ【降りそそぐ調べを、あなたと共に】アジサイのアートフラワーは、現在制作中です。発売までもうしばらくお待ちくださいませ。今日は、染色した花弁をちょっとだけお見せしますね…こちらは【シエラ】↓ピンク系、グリーン系、パープル系…それぞれ淡くぼかした、優しい雰囲気の色あいです。シルク生地の花弁は艶があり、染めた色がフワ... [続きを読む]
  • 新作発売日は28日となります。
  • 本日発売とお知らせしました以下の商品。?「アリーシャ」リネンのアネモネのコサージュ(赤)(赤紫)(薄紫)?「サラ」リネンのクチナシのコサージュ?「アヤ」キュプラ+レーヨンのアネモネのコサージュ(薄ピンク)(白地に赤~マゼンタのぼかし) 申し訳ありませんが、明日28日(水曜)発売となります。楽しみにしてくださった方、もうしばらくお待ちください。こちらは「アリーシャ」リネン... [続きを読む]
  • 「生」色の花
  • 今週は耳の手術、歯の治療と続き、ずいぶん辛い思いをしました…。術後は寝込んでしまいましたが、どちらも経過は安定してホッとひと安心。耳はともかくとして、歯は定期検診を怠った…自業自得😢これからはサボらずに行こう!そして、今回先生にすすめられた『せっけんハミガキ粉』がとても使用感が良くて気に入っています🎵刺激が少なくて、無駄に泡立たないのでみがきやすいの... [続きを読む]
  • 晴れた日はアレして、雨の日はコレして…制作と天気の関係。
  • 昨日とは打って変わっての大雨!皆様は大事ありませんか?この時期は雨が多いので、制作にも気を使います。天気によって向き不向きの作業が私にはあるのです。たとえば染色は晴天時がベター。染めた花弁はある程度温かい場所で乾かした方が染まり具合いも良く、色落ちも少なく感じます。科学的な根拠があるわけではないのですが、いわゆる『熱処理』的な効果が働いているからかもしれません。そして晴... [続きを読む]
  • 「いのち」に触れる。
  • 先月伺った『エコールドシモン人形展』のお礼状を頂きました😊以前の記事にも書きましたが、エコールドシモン人形学校で人形作りをされている方が、私の布花をお人形に飾ってくださったのです?何度見ても素敵なお人形さんですよね。うっとり…透明感のある肌は「作りものの人形だから当たり前じゃない」と思うなかれ。この艶やかさを出す為にどれだけ磨きあげるのか。一つひとつのパーツを作... [続きを読む]
  • 一期一会の花
  • 以前フラワーアレンジメントの雑誌で、白地に赤~マゼンタピンクのぼかしが入ったアネモネを見かけました。それがとても素敵だったので再現してみました🎵私はこういった、まだらのような不規則な滲み方がとても好きです。このような染め方をする時は、花弁に染色液を含ませた筆を乗せて色のおもむくままに滲ませます。じんわり、じんわりと…。そうして染まった一枚の花弁。もう二目と同じもの... [続きを読む]
  • 風の花、情熱の色。
  • はじめてアネモネを意識したのは、とあるスピリチュアルセラピストさんを知ったことから。そのセラピストさんは活動名をアネモネの名前から取ったそう。『アネモネの語原はギリシア語で「風」を意味し、自由な風を意識して活動したい』そして、一度だけその方とお会いしてお話したことがあります。透明感のある素肌と、きらきらした人懐こそうな瞳が印象的。スピリチュアルというと、現実離れした話しをするの... [続きを読む]
  • 私の、あなたの、エクスタシー。
  • バラの試作第2回目…この角度から見る、このバラがお気に入り!だけど、真正面から見ると…😥真正面から勝負できないなんて、お話になりません。もう一度やり直し!どうしても中央花弁の付き方が納得できないのです。それとも型紙自体がおかしいのかな…試作はワクワクしつつウンウン唸る、心のアップダウンが激しい作業です。だけど、最後の最後に美しい花が咲いたのなら。何もの... [続きを読む]
  • 夏のレディは、むぎわら帽子にコサージュを。
  • 「むぎわら帽子に合うコサージュを」と、リクエスト。ふと思い付いて、リネン生地を取り出してクチナシを作ってみました。どちらも自然素材だからか、むぎわら帽子にリネンのコサージュはとても馴染みます。白色も、夏には涼しげにうつるので良いですね。八重咲きのクチナシは、巻き込むような花弁が上品な華やかさ。『避暑地のレディ』そんな姿が浮かびます。このリネンはプティリウムの付属品・サシ... [続きを読む]
  • バラへの道のり…
  • 試作のバラ…昨日の記事に載せた写真の花弁を組みたてて作りました。とある『和ばら』をイメージソースに制作しているのですが。ううん…その和ばらにはほど遠く、まだまだ改善点が多い😥今まで作ったバラの型紙とは違う試みの形にしたのですが、まったく生かされず。また型紙を見直さなきゃ!ガンバロウ😆……………………………………………………………『フ... [続きを読む]
  • 私の愛し子。
  • 先週末はアトピーの症状が本当に酷くて大変でした。気を抜くとすぐにかきむしってしまうので常に自分を監視。鉛筆を持つのも辛い時があり、型紙作りも一向に進みません。頭ではたくさんの形が出来上がっているのに、指がうまく使えない…このもどかしさといったら腹立たしいほど!昨日は皮膚科の先生と相談して、新しい薬を処方していただきました。強い薬なので…正直その反動が怖いのですが、先生の言い付けを... [続きを読む]
  • 今日は【ローズの日】魅惑のローズマジックにかかってみる?
  • バラ好きのお客様から、日本では6月2日は『ローズの日』だと教えていただきました。6(ロー)2(ズ)という語呂合せと、日本ではこの時期にバラが見頃を迎えることが由来だそう。お気にいりの「マダム アントワーヌ マリ」と、「スーヴニール ドゥ ラ マルメゾン」を飾って。(もちろん、私が作った布花)これまたお気にいりのCHA YUANの紅茶…バラがブレンドされた「AMOUR(仏語で愛の意)... [続きを読む]
  • 私が欲しい、バラのイヤリング。
  • 我が家の玄関前の小さな花壇には、3人の女王様〜バラの花〜が植わっています。今月始め頃から朱赤のレディローズ(名前はうろ覚え…)が咲き始めて、他の女王様たちも蕾がどんどんふくらんでいます。バラ好きとしては嬉しい季節の到来🎵バラ園や植物園などでもバラのイベントがめじろ押しですよね。スズランが落ち着いたら直ぐにバラの制作に取りかかる予定だったのですが…。気がついたら紫陽... [続きを読む]