新サスケ さん プロフィール

  •  
新サスケさん: 新サスケと短歌と詩
ハンドル名新サスケ さん
ブログタイトル新サスケと短歌と詩
ブログURLhttp://ameblo.jp/masakyf/
サイト紹介文新サスケの短歌と詩、他を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供474回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2013/02/26 14:11

新サスケ さんのブログ記事

  • 今日の2首(1−3)腱鞘炎か
  •  昨日に続き、歌稿プリントより、2首をアップします。2首ずつというのは、1ヶ月に50首〜60首を詠むので、ほぼ1ヶ月を保つだろう、という目論見からです。右の手の手首が痛む毎日のネット操作に腱鞘炎か痛めたる右の手首は顕彰の腱鞘炎かマウスを繰りて [続きを読む]
  • 今日の2首(1−1)完全復活!
  •  3月9日の記事で、お休み宣言をして以来、散発的に記事更新して来ましたが、今日(3月27日)、18日ぶりの完全復活です。よろしくお願い致します。毎日2首ずつアップします。推測は重要にして二回目の試みでひとり探し当てたり契約の残るスマホと過ぎたると共に充電させつつ眠る [続きを読む]
  • 歌誌「コスモス」4月号・不採歌(2)終ひの内緒
  •  昨日に続き、結社誌「コスモス」4月号に不採だった6首の内、(2)3首をアップします。方言をあらはに語る老たちに茶房にぎやか睦月六日を喫茶店でタブレットよりアマゾンへ注文したいだけど出来ない札束を輪ゴムにまとめゐることは通夜帳付けの終ひの内緒(またしばらくお休み致します。完全復活は、3月27日頃の予定です。) [続きを読む]
  • 歌誌「コスモス」4月号・不採歌(1)笑ひさざめける
  •  3月18日の記事に続き、結社誌「コスモス」2017年4月号に、不採だった6首より、(1)3首をアップします。十一時半には街のチャイム鳴り昼のご飯を日々焚き始む亭主なるわが退きしあと盛上がる息子夫婦と妻の夕食                          (息子夫婦の帰省)子夫婦と妻とが笑ひさざめける部屋の隣で本を読むわれ [続きを読む]
  • 歌誌「コスモス」4月号の歌
  •  3月17日に、結社歌誌「コスモス」2017年4月号が届きました。 僕の歌は10首出詠の内、4首掲載でした。以下にアップします。手を洗ひ口を漱ぎて拭ひをり熟柿を食べし楽しみのあと一人して冬至南瓜を昼に食ぶ出勤前に妻の作りき食卓に家族四人で焼肉すわが家にかつてなかりしことをめづらしく雀の騒ぐ昼どきを音のちひさく食器を洗ふ なおこの記事は、1時的復活で、またしばらく休みます。 [続きを読む]
  • 3首(21)紐サボテン
  •  昨日に続き、初期ノートより(147)、3首(21)をアップします。仕事場に紐サボテンの鉢に増ゆ分けほしけれど幾日か過ぎぬ帰り来て冬を越しにし一鉢のハイビスカスの紅の大輪妻ととも児の髪を洗ふもういいと泣きて頼むをあやしつつ耐ふ 事情により、明日より20日間弱、記事更新を休みます。必ず復活しますので、宜しくお願い致します。 [続きを読む]
  • 3首(20)株分け想ふ
  •  昨日に続き、初期ノートより(145)、3首(20)をアップします。同僚より分けてもらひし瓢箪の苗は巻きづる伸ばしそめたり混み合うて白に紫に菖蒲咲く来年春の株分け想ふ名を知らぬ常夏系の花盛る小さく赤く切り込み細かに [続きを読む]
  • 3首(19)見する人もが
  •  昨日に続き、初期ノートより(144)、3首(19)をアップします。古典和歌を読み始めた頃らしく、ぎこちないです。一株に群れて咲くばら咲いたると莟を含め百余りならむあぢさゐの赤く青くと咲きてゆく緑葉混み合ふ庭のへりにてピースといふ黄薔薇の名花姿よく咲きにけるかな見する人もが [続きを読む]
  • 3句(39)
  •  2月16日以来の初期ノート(35年くらい以前の)に戻って、(141)3句(39)をアップします。春さきや茶房に生きし蚊のあはれ傘をさし行くに椿の八重の紅雨かすか椿のピンクの淡さかな [続きを読む]
  • 2月度・未発表歌(13)暇あり
  •  昨日に続き、未発表歌(13)4首をアップします。 これで今期の2月度・未発表歌の仕舞いです。実をすべてすでに食はれぬ万両の自然生えなる幼き株は珍しくネットを離れ暇ありクラシックを聴き歌を想ひぬ曲名と作曲者との判らねどクラシック聴く「室内楽」を如月の半ばに来たる大雪を憎みはせねど疎みてをりぬ [続きを読む]