きむらちほ さん プロフィール

  •  
きむらちほさん: 40歳好きなことだけで生きていけ!
ハンドル名きむらちほ さん
ブログタイトル40歳好きなことだけで生きていけ!
ブログURLhttp://ameblo.jp/chihoya-happy/
サイト紹介文40代はライフワーク適齢期!好きなことだけしてるのに周りから喜ばれる生き方へシフトチェンジしよう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供246回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2013/02/27 10:54

きむらちほ さんのブログ記事

  • 11、ビジョンを描いてみる
  • 『40歳からの自分極めシリーズ』 生徒さんたちが、次々とビジョンを更新して、 「本当にそうなったら、嬉しい!」 と笑顔で話す姿をみていると、 「わたし、いい使命(志事)してるなー!」 と心の中で褒めています^^ 人の器に合わせて、描けるビジョンもどんどん大きくなっていきます。 まさか、こんなに素晴らしい種が眠っていたなんて [続きを読む]
  • 10、自分が輝くポジションを知る
  • 『40歳から自分を極めるシリーズ』 わたしが提供するコンテンツは、先人たちに教えてもらったことを、 自分で実践、研究、検証してみて「これ、いい!」と思ったものを、 より良くして、わかりやすくして、寄せ集めたものです(笑) 情報としてなら他のところで学べるかもしれないけど、 ひとつのテーマを、あらゆる角度から学べるのはここだけ。 &nbs [続きを読む]
  • 9、生きる軸を定める
  • 『40歳からの自分を極めるシリーズ』 「生き方が定まってきたな〜!」 と最近、感じることが増えてきました^^ 生きるポリシーというか、軸、選ぶ基準。 そういったものがGiftから導き出されてから、 あぁ、すでにやっていた、 いつも求めていた、と自覚できます。 すると迷わなくなるのよね。 誰かと比べる意味がなくなってくる [続きを読む]
  • 8、「けど」をやめてみる
  • 『40歳から自分を極めるシリーズ』 好きなことがしたい「けど」お金がない。 本当はやりたくない「けど」〇〇さんにわるい。 「けど」が出たら、妥協している。 「けど」の後に出てくるものは、やりたいことを阻む「あるべき」 「あるべき」は、ほぼほぼ自分だけの常識。 「けど」の前にあるものだけ、本気になって取り組めばいいのに、&n [続きを読む]
  • 運命に抗うことはできない
  • Giftでも触れるマヤ歴が第五の城を迎え、 去年の9月から始まったサイクルの最終段階に入りました。 そのときに意図したことが、どんどん具現化し始めています♪ 楽しい52日間になりそうです。 具現化といえば! 先日は夢をますますカンタンに叶えやすくする あるものの勉強が始まりました。 生徒さんが続々と使命と繋がるなかで、 &nb [続きを読む]
  • 7、ちゃんと失敗してみる
  • 『40歳から自分を極めるシリーズ』 「失敗はこわい」 とても正常な感覚です。 失敗は怖いからこそ、宝なの。 そして、 自分の進化のために、ちゃんと失敗しなきゃダメです! 自然やいのちを観ると、失敗がいかに大切かがわかります。 この時期。 暖かくなったと思いきや!急に真冬並みになったりする。 そ [続きを読む]
  • 6、意識的に生きてみる
  • 『40歳から自分を極めるシリーズ』 生徒さんたちが、次々に夢を叶えています^^ その時、想像していたものよりも、遥かに素晴らしい形で!! それは自然に、徐々に育っていくので、 実った瞬間は、これがあの時の種だとは気づかない。 誰かに「叶ったのね!」と言われて気づいたり、 過去のことになったときに、ようやく意識にあがったりする。&n [続きを読む]
  • 5、勉強してみる
  • 『40歳から自分を極めるシリーズ』 わたしは大人ほど勉強が必須!だと思っています。 なぜなら、これまでのうまくいかなかったのは、 無知だったことが大きい! 勉強は学生の頃で十分!!!と思ってきました。 学校で教えてもらうことは半分が洗脳目的、半分が日常ではあまり使えない。 そもそも、学校に行く目的が、 いい学校、いい会 [続きを読む]
  • 4、キレイになってみる
  • 『40歳から自分を極めていくシリーズ』 昨日は母とランチ&お買い物をして、 メイクカウンターをハシゴしました。 半年ほど試そうと思いつつ、後回しにしていたのです。 メイクをしてもらって、美アイテムを揃えて。 自分の直感の素晴らしさに自己評価もあがって(笑) よりキレイになった喜び満開で過ごしていたら、 一日気分がとっ [続きを読む]
  • 3、外を観るフィルターを取り換えてみる
  • 『40歳から自分を極めていくシリーズ』 私たちは好きなように、都合のいいように、 自分や他人や今の環境を観ている。 それはまるで色眼鏡をかけているようのもの。 「楽しいメガネ」をかければ、楽しいことしか目に入らないし、 嫌なことがあっても、嫌なこと自体が楽しくなってしまう。 「不幸メガネ」をかければ、人とちょっとぶつかっただけでも不 [続きを読む]
  • 2、want toで生きてみる(ピザが食べたい編)
  • 『40歳から自分を極めていくシリーズ』 億とか、兆のお金を動かしている人たち、 社会を変革することを始めようとしている人たち、 そんな人たちの話を聞いていると、 「面白そうだからやる」 「自分たちがやりたいからやる」 という言葉がポンポン出てくる。 人のため、社会のため、というと、 なんだか重たく、大変そうだと思 [続きを読む]
  • 1、逢う人を厳選してみる
  • 『40歳から自分を極めていくシリーズ』 わたしのモットーは、むやみに人に逢わない! 単純に孤独好き・人嫌いというのもあるけど、 一番の理由は、人と逢うほど、自分がブレていくから。 だからこそ、逢う人を厳選する。 人と逢うのが億劫なのに、その逢う人がどうでもいい人だったら、尚ツライ! そんなの自分イジメでしかない。 わたした [続きを読む]
  • 傷ついたとか癒すとか、もういいんじゃない?
  • わたしも散々やってきたから、わかるのだけど・・・ そろそろ、 傷ついたとか、癒すとか、あの人が許せないとか、、、 そういうのを超えていきませんか? わたしがセラピストをやっていた頃の葛藤は、 癒しても、癒されても、また同じ痛みを作り続けることでした。 手を変え、品を変え、かわいそうな自分を自ら創り出す。 その先に案内したい [続きを読む]
  • アナタハ、シメイヲ、モトメマスカ?
  • 誰もが、こころの奥に素晴らしい志を秘めている。 それが使命。 求めるか、求めないか。 求めたら、与えられる。 先日もまた、ビックビジョン降臨〜〜〜!!! またまた社会が大きく変わっちゃうよ 本当にみんなすごいなぁ〜素晴らしいな〜〜。 ビックバンが起こる瞬間は、本当に気持ちがいい〜〜!! このために、わたしは [続きを読む]
  • あなたなら、できる!
  • わたしのところには、そこそこ幸せな人は来ない(笑) 行き詰って、これからいったいどうすればいいのだろう? 拠り所を失い、足元がグラグラなとき、 このループから抜け出したい!と、もがいている人たちに響くようです。 不幸はかなり蜜の味。 そこに留まる人たちには、わたしの声は聴こえない。 この悔しさと不快をどうにかしたい!と望んでいる人に [続きを読む]
  • そのボヤキこそ使命じゃない?
  • 誰にでもあるデスポイント。 死神に乗っ取られてしまったような、イケてない自分が発動するところ。 そこにこそ使命があるのでは?と、 研究生と『ギフラボ』で検証をしていますが、 まぁ〜!見事に反転すると面白い世界が現れました。 ちほ先生のめおとブログは生き生きしていて面白い!ちほ先生が楽しんで伝えてるのが伝わります! わたし [続きを読む]
  • 本当にこれがやりたいことなのか?
  • 「本当にこれがやりたいことなのかな?」 わたしはずっと思っていました。 色々取り入れては試すのだけど、「これだ!」というものに出逢えなかった。 でもGiftと出逢って、ベースはずっと変わらず、 その表現方法が自分の成長に応じて変わっていっただけだとわかりました。 とても安心したの。 いつまでも成果にならないことに焦っていたし(実は出して [続きを読む]
  • 「自信がない」は実はウソ!
  • 「自信がないんです・・・」 わたしも昔はよく使ってました。 本当に何もかも、まともにできないと思っていましたよ。 でもGiftを研究していると、それはウソだな!と思うのです。 必ず「私って最高!!」と思ってるところが誰にでもあるから。 自信がないところって、実はひとつしかなくて(笑) その影響力があまりにも大きいから、すべてがダメな気が [続きを読む]
  • 産まない女性の役割
  • わたしたち女性にシビアに突き付けられる課題。 産むか、産まないか。 わたしは結果として、卵巣を摘出したために子供は持てませんでした。 ですが、 20代前半で結婚をしましたが、 最初から子供を産む感覚がありませんでした。 それでも結婚をしたのは、夫婦関係で学ぶことが大きかったからだと、 Giftを知った今ならわかります。 &nb [続きを読む]
  • 自己評価が恐ろしく低くなるポイントを攻略せよ!
  • 自分らしさ勉強会。 今月のテーマは「デス(死神)」 誰にでも自己評価が恐ろしく低くなってしまうポイントがある。 先日の生徒さんは、好きなように自由に生きようとすると、 ちょっと待ったー!!がかかるGiftでした。 まぁ見事に「こうあるべき」に支配され、 本当に果たしたい使命が観えない、観えない 自分のピュアな想いを [続きを読む]
  • ブリ大根、使命に目覚める。
  • 「わたしは何事もなく、ただ穏やかに暮らせたらそれでいい」 と言っていた人がいた。 でもGiftは、ちっともそんなことを語ってない! もし本当に望んでいるなら、何十年も「離婚したくない!」と騒がないでしょ(笑) みんな、平気で自分にウソをつく。 そもそもの始まりは、自分についたウソなのです・・・。 「ありのまま」の泥付き大根で [続きを読む]
  • それでいいんだよ^^
  • わたしたちは本当の本当にやりたいことを、一番奥に隠している。 もし口が滑って言ってしまったら、誰かに否定されるかもしれない。 そんなことをされたら、生きる意味がなくなってしまうほど、 自分にとっては大切なことだから。 きっと昔、ピュアに生きようとして、大切な誰かに理解されなかったのかもしれない。 もう二度と言ってやるものか! そんな [続きを読む]
  • 崖っぷちは幸せの入り口
  • Giftセッションでした。 崖っぷちにいる人は、本当に幸運だなって思います^^ そこそこうまくいっていて、そこそこ幸せなときには聴こえない、 ピュアないのちの声と向き合えるから。 仮面を外して、 「生きたいように生きていい」 「好きなように生きていい」 制限をかけているのは自分しかいなくて。 その呪縛が解 [続きを読む]
  • 他人の人生を歩もうとしていませんか?
  • デスが使命か?という検証で、 反応した生徒さんがデスを使命へと反転させました。 業界を覆すビックビジョンが観えてから、 今までとらなかった行動をするようになり、 その結果、画集が売れたり、やりたいことの依頼が来て、 いのちからGOサインをもらっています^^ 今までも精力的に活動をしていましたが、 使命が観える前と後では、別人 [続きを読む]
  • 私のデス物語
  • 今日はわたしのデス物語を わたしのデスポイントは「パートナー」にあります。 オットに対して見せる顔は、冷酷なところもあるし、クレーマー的な部分もあるのだけど、 なぜか最後まで強気で押し通せないのは、セルフイメージが一気に下がるからです。 デスの勉強をしていた頃。 わたしはラインをしたことがなくて。 ガラケーだったこともあり、料金プランの関係もあり、 な [続きを読む]